寿がきや食品「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」(2回目)



カルビーの「ポテトチップス 肉フェス! スペアリブ味」を食べてみたんですけど、思ってたよりもスモーキーで、炙ったような風味が印象的でした。販路がスーパー向けっぽかったので、期待してなかった分だけ嬉しい誤算。隣に「かっぱえびせん 肉フェス! ガーリックステーキ味」も置いてあったのですが、かっぱえびせんの変わり種は基本的にオリジナルの海老感が強く主張してくるイメージがあるので、いつもスルーしちゃうんですよねぇ…いや、単なる固着観念かもですけど。カップラーメンで言う所の「チキンラーメン」みたいな立ち位置? ですかねw

さて、本日の一杯は、寿がきや食品の「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」です。寿がきや食品の辛辛魚、すっかり冬の風物詩とも言える激辛カップ麺ですよね。日本のメーカーが作る激辛系カップ麺の中でもトップクラスの辣味を感じさせてくれますし、ただ辛いだけじゃないのが好印象。今年は「辛魚粉の配合を改良して、辛み、魚粉、豚骨をより良いバランスに調整し」たそうです。あまりにも有名なカップ麺ですし、当ブログでも2回目の紹介になるので、簡易記事にて失礼します。





(標準は★3です)

相変わらず激辛カップ麺界の王座に君臨しているような一杯で、もはやパッケージを見ただけで一種の風格すら感じますよねw “ノンフライ麺 × 豚骨 × 魚介 × 激辛” という路線に於いて、唯一無二の存在と言えるでしょう。エースコックが「EDGE」シリーズを開発してから、豚骨ベースに魚粉の効いた唐辛子の山を添えるという辛辛魚インスパイアなカップ麺も発売されましたが、やはり本家の存在感は流石の一言。ただ、去年も感じたことなのですが、2014年の辛辛魚から年々ベースの豚骨感が下がっているような気がします。内容量は136g(めん75g)なので、2015年版と同じなんですけど、カロリーや脂質の数値は下がってるんですよね。その分、魚粉のシャープな鋭いパンチや唐辛子のインパクトは強めに感じられるものの、どっしりとした豚骨の濃度が鳴りを潜めてしまったような気がします。スープの粘度も低くなった感じがしました。豚骨の重厚感ありきの辛辛魚だと思うので、改めてバランスを見直し、豚骨感に重きを置いた調整を行って欲しいです。もちろんコストとの兼ね合いもあるのでしょうけれど、このカップ麺の熱烈なファンとしては、値段を上げてでも豚骨の濃度を高めるべきだと思っています。バランスに関して言えば、2014年の辛辛魚が本当に秀逸(★8レベル)だったので、あの頃の見事な「豚骨! 魚粉! 激辛!」のバランス感を復活させて欲しいですね。それから今回、 “ノンフライ麺の全粒粉がカットされた” というのは大きな変化でした。言われても体感的な恩恵を感じられるようなレベルにはなかったので、普通に食べていたら気が付かないような変化だとは思うんですけど、原材料を見ても “小麦全粒粉” の文字は消えていますし、とうとう全粒粉までもが排除されたようです。明らかにコストの調整だと思われますが、原材料の高騰を考慮したら致し方ないのかなー、と。具材は少量の葱だけという在って無いようなものなので、そこはスルーするとして、スープやノンフライ麺にはコスト調整的なニュアンスを感じたのですが、あくまでも許容範囲内だと思ったので、総評は現状維持としました。なんだったら葱とかもう要らないのでw 現状としては真っ先に豚骨の濃度を見直してもらいたいです。激辛フリーク目線で見れば辛さは序の口ですけど、辛い食べ物が苦手な人は間違っても手を出したらヤケドじゃ済まないレベルなので、充分お気を付けください。(「簡易記事」とか言いながら結局いつものように長々と語ってますねw)

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん
製造者:寿がきや食品
内容量:136g (めん75g)
発売日:2016年1月25日 (月)
発売地区:全国 (沖縄除く)
希望小売価格:256円 (税別)
JANコード:4901677081773

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:450㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:3袋 (かやく入スープ・液体スープ・後入れ粉末スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (136g) あたり

エネルギー:484kcal
たん白質:14.8g
脂質:17.4g
炭水化物:67.2g
ナトリウム:2.4g
(めん・かやく:0.7g)
(スープ:1.7g)
カルシウム:126mg

(食塩相当量:6.1g)

原材料名:めん(小麦粉、でん粉、食塩、植物油脂、小麦たん白、大豆多糖類、たん白加水分解物)、スープ(しょうゆ、ポークエキス、動物油脂、唐辛子、糖類、香味油、粉末かつお節、たん白加水分解物、チキンエキス、デキストリン、ポーク調味油、食塩、ポークパウダー、ローストしょうゆ調味液、ガーリックペースト、香辛料)、かやく(ねぎ)、加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、着色料(カラメル、パプリカ色素、クチナシ)、かんすい、炭酸カルシウム、乳化剤、香辛料抽出物、酸化防止剤(V.E、V.C)、香料、(原材料の一部に卵、ごまを含む)

アレルゲン情報:卵・小麦・ごま・大豆・鶏肉・豚肉

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
辛辛魚はあまりにも過激なんでスルーしました。
さすがにこれを「味わえる」のは2口目くらいまでww
値段も安くないわりにたくさん残してしまうのはもったいないですからねw
で、辛さ突き抜けはあいかわらずですか??(^_^;)
でもいろいろ内容は手直しされているんですね。
全てが改良じゃなく改悪もあるのが残念・・・。

自分的には辛さ突き抜けは辛辛魚とEDGEの鬼辛が両横綱です。
No title
こんばんわ~~

カルビーさんの肉フェス~~
スーパーさんで見たけど買わず。。。
お菓子は控えよう(笑)

ポテチのフレーバーはいいけど。。。
かっぱえびせんとか生地?のしっかりしてるのって。。
フレーバーがなじみにくいと思うんですよ。。。
今までいろんなお味をいただきましたけどね。。。
かっぱえびせんにマヨつけると美味しい・・なんて言われてやってみた。。
が。。。
結局外側にマヨ感じるだけで。。
お味がなじまなくて。。
マヨの味とかっぱえびせんの味が別々に感じちゃうんですよ。。

んで~~~
辛辛魚~~
食べました! 
今年も美味しかったけど。。辛い。。。
魚介系ラーメンとか苦手なんですけどね。。
辛さが楽しくて毎年買ってしまいます~~(笑)


No title
ふきとか春菊が苦手なくま子です。
決してお子ちゃま可愛さアピールではりません( *´艸`)

最近、辛いのに弱くなってきたのでスルーしてしまっていた一品です。

寿がきやといえば『奈良天理醤油』を食べました。
パッケージは良かったですが、パンチが足りなかったです(;・∀・)
Re:たういパパ
> 辛辛魚はあまりにも過激なんでスルーしました。
> さすがにこれを「味わえる」のは2口目くらいまでww
ある程度の辛味耐性がないと刺激が先行してしまいますからね;

> で、辛さ突き抜けはあいかわらずですか??(^_^;)
辛さレベルに関しては相変わらずトップクラスでしたよ!
それでいて、ただ辛いだけじゃないのも相変わらず。
で、豚骨が弱くなってるのも相変わらず…(苦笑)

麺も全粒粉がカットされちゃいましたし、
せめてスープの豚骨感は持ち直してもらいたいのが希望です。

EDGEの鬼辛も頑張ってますよね!

似たような路線でもEDGEは油揚げ麺なので、
そういった表情の違いが楽しかったりします。
Re:まう姐さん
こんばんは!

ポテトチップスは身体へのメリットが少ないですからね…
っていうかデメリットの方が圧倒的に多いのは言うまでも(苦笑)

> かっぱえびせんとか生地?のしっかりしてるのって。。
> フレーバーがなじみにくいと思うんですよ。。。
たしかに、そのイメージもありますね。
で、サッポロポテトは基本的に味が薄いw

かっぱえびせんにマヨは未経験ですが、
味の想像は大体ついてしまいます…(苦笑)

ドリトスにサルサソースとかはバッチリなんですけどね!

「辛辛魚」母ちゃんも食べましたか! 

しっかり今年も辛くて好印象だったのですが、
やはり2014年と比べてしまうと見劣りしてしまいますね。

去年も今年も、魚粉に頼り過ぎているような印象を受けました。

来年のコスト調整に早くも懸念を感じているのですが、
ここらでガラッと(特に豚骨感)巻き返して欲しいです。

魚介系のラーメンが苦手でも楽しめる
それだけの魅力は突き抜けた辛さからも確かに感じられますね!
Re:くま子さん
> ふきとか春菊が苦手なくま子です。
なら魚の内臓とか珍味系も苦手な感じですか?
いやいや、そんなお子ちゃま舌も魅力的な…(殴打)

> 最近、辛いのに弱くなってきたのでスルーしてしまっていた一品です。
あらら、弱くなってしまったのですね。
味覚的に? それとも内臓? 自分も少し弱っているかもしれません…

> 寿がきやといえば『奈良天理醤油』を食べました。
「全国麺めぐり」シリーズですね!
前にサンヨー食品の天理ラーメンと比較しましたが、
寿がきや食品に軍配を上げました。自分は結構好きな味でしたよ!
激辛とお腹
takaさん、こんばんは!

辛辛魚、今年はひさびさに買おうと思っていたのですが、
お腹の調子が悪い時期と発売が重なったのでスルーしたのですよね;

ひさしぶりにこの辛さを堪能したかったのですが!

1月にお腹を一時的に壊したことが念頭にあるせいで、
最近は辛いものを食べるときも多少気を使いますね(;゚ω゚)

スープは全部飲まないようにしようとか、
食べた直後には必ず整腸薬を飲もうとか、
でもそのおかげでおおよそ調子のいい時期が続いてます!

辛いものっておいしいけど胃腸には来ますからね;
やっぱり多少は気をつけないとなぁと思っております!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんにちは!

> 辛辛魚、今年はひさびさに買おうと思っていたのですが、
> お腹の調子が悪い時期と発売が重なったのでスルーしたのですよね;
たしかに一時期お腹の調子が悪かったですもんね…;
そんな時の辛辛魚は危険な爆弾だと思います(苦笑)

2014年の辛辛魚が本当に秀逸だと感じたのですが、
そこから年々、豚骨の濃度が落ちてる気がするんですよ。

その分、魚粉や唐辛子のパンチは強く感じるのですが、
やはり豚骨の重厚感あっての辛辛魚だと思うんですよね。

激辛系は少なからず内臓の負担になるので、気を付けてくださいね。
最近は自分も激辛系は自重するようになりました…悲しいかな(泣)

管理者のみに表示

トラックバック