明星食品「明星 マンゴツリー東京監修 トムヤムクンヌードル」



蕗の薹(ふきのとう)が顔を出したので、摘んできて天麩羅にしました。蕗の薹の天麩羅は、ほぼ毎年のように作っているのですが、自分としては節分や雛祭よりも季節感を感じるんですよね。天麩羅の他にも和え物や蕗の薹味噌なんてのもあるみたいなので、いつか挑戦してみたいと思います。お酒のアテに合いそうだしw

さて、本日の一杯は、明星食品の「明星 マンゴツリー東京監修 トムヤムクンヌードル」です。トムヤムクンやグリーンカレーなど、すっかりエスニック系の料理をテーマにしたカップ麺も珍しくなくなってきましたね。今回は「タイ・バンコクに本店を持つ本格タイ料理レストラン『マンゴツリー東京』監修」だそうです。自分は初めて耳にしたお店なんですけど、都内を中心に18店舗も展開されているそうなので、有名なお店なんでしょうね。トムヤムクン系のカップ麺と言えば、やはり親会社である日清食品の「トムヤムクンヌードル」が真っ先に思い浮かぶので、差別化が図れているのかが気になるところ。とか言いながら、随分とトムヤムクンヌードルご無沙汰なので、ちょっと比較するのは自信ないんですけどね。





は、「香ばしく味付けした、細めで食べやすい油揚げ麺」とのこと。明星食品のタテ型ビッグ製品なのにスチームノンフライ製法のノンフライ麺じゃない、というのが少し意外でした。ある意味、新鮮味のようなものを感じたんですけどw 方向性はヌードル系の油揚げ麺なんですけど、ヌードル麺ほど頼りなく弱々しい麺ではありません。鶏・豚エキス、香辛料、香味調味料などによって味付の施された味付麺で、食感にも持続性があり、加水率の低い歯切れの良さが明星食品らしい食感の油揚げ麺でした。味付と麺の程よい主張が功を奏し、スープとの一体感は高く、カフィルライムやレモングラスの清涼感が効いていたことと、きちんとコクのある力強いスープだったので、油揚げ麺特有の風味も全く気にならなかったです。欲を言えばスチームノンフライ製法のノンフライ麺でも食べてみたかったんですけど、結果的に油揚げ麺でも正解だと思えたので、素直に満足できました。

スープは、「チキンに魚醤を加え、ジンジャー、ガーリックで味を調えたスープに、カフィルライム、レモングラスを加えたトムヤムクンスープ」で、「トムヤムペーストにチキンオイルをブレンドした調味油付き」とのこと。エスニック系のカップ麺によくあるココナッツミルクの主張は多少なりともあるのですが、特有の甘味やクリーミーさは抑えられていて、カフィルライムやレモングラスをフロントに押し出したシャープなトムヤムクンスープに仕上がっています。そしてラードやチキンオイルで動物系の厚みを演出していて、確かなコクと旨味が感じられたのも好印象。今回は強めの酸味が前面にあるので、体感的にはスッキリ感が先行していたものの、このシャープな方向性は確実な個性になっていたし、魚醤のアクセントやトムヤムペーストが入ることで本格感が際立ち、パクチーの主張もハッキリしていて、スッキリ路線でありながらもコクと旨味による厚みをハッキリ感じられたことに好感が持てました。具材にもパクチーが入っているようですが、調味油を直接舐めてみるとガツンとパクチーだったので、そっちの影響が大きかったです。きちんと本格さの感じられるシャープなトムヤムクンスープで、シャープな清涼感と濃度の高さを兼ね備えた仕上がりは、これまでになかった路線かもしれません。あくまでも比較的な話ですが、海外メーカーに近い雰囲気を受けました。辛味は適度に食欲を増進してくれる程度だったので、よほど苦手じゃなければ構えなくて大丈夫だと思います。ほんのちょっとだけトロミがあったんですけど、麺との一体感を高めるサポートをしているような自然な粘度だったので、違和感はありませんでした。でも念の為、しっかり底から掻き混ぜたほうがいいと思います。

かやくは、「エビ、ネギ、赤ピーマン、マッシュルーム、香菜(パクチー)」とのこと。海老は小振りだったんですけど、サイズとしては許容範囲内で、しっかり海老の風味が感じられたことが好印象。数も7尾ちょい入ってたので、物足りなさは感じませんでした。トムヤムクンには必須の具材なので、ちゃんと存在感のある海老で良かったです。葱は食感がアクセントになっていたし、赤ピーマンも特有の風味と甘味があって、意識的に食べるとスープのシャープさとは対照的な優しさが感じられます。マッシュルームもトムヤムクンには必須の具材だと思っているので、この具材も嬉しかったですね。きちんとマッシュルームらしい食感と風味が感じられて、サイズも割と大きめで、メイン具材の海老に匹敵する存在感から印象に残る具材でした。パクチーは具材って感じではなかったんですけど、調味油からの主張もありますし、苦手な人は避けたほうが無難かもしれません。

(標準は★3です)

まろやかなココナッツミルクの甘味であったり、クリーミーさと酸味のバランスが整っている日清食品の「カップヌードル トムヤムクンヌードル」とは方向性が異なっていて、酸っぱ辛い(辛さレベルはピリ辛に毛が生えた程度ですが)に重点の置かれた仕上がりで、尚且つ明確なコクと旨味があり、ちゃんと個性を持ったシャープで濃厚なトムヤムクンヌードルに仕上がっていました。トムヤムペーストによるパクチーの主張が本格的な雰囲気を醸し出していたし、カップヌードルとの方向性の違いから差別化が図れていたのも良かったです。ただ、油揚げ麺でも全く問題なく成立してたんですけど、せっかくスチームノンフライ製法の技術を持っている明星食品なので、味付ノンフライ麺でも食べてみたかったですね。トムヤムクン系のカップ麺でノンフライ麺を起用した製品は食べた記憶がありませんし、ノンフライ麺のほうがスープのシャープさも際立ったと思うので、その路線を開拓して欲しかった、という希望的不満が少なからずありました。と、そう思った反面、スチームノンフライ製法の麺はスープの馴染みが悪い時があるので、そういった意味では油揚げ麺で正解だったのかもしれません。日本のメーカーが作るエスニック系のカップ麺としては珍しく、エスニック感の指標をココナッツミルクよりもシャープさに定めた仕上がりだったので、そこに価値の見出せる一杯だと思います。カップヌードルのトムヤムクンヌードルも秀逸ですが、こちらも甲乙つけがたい出来映えですね。突き詰めるとクセやインパクトを増すことは可能でしょうが、現段階でも充分に満足できるシャープで濃厚なトムヤムクンヌードルでした。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:明星 マンゴツリー東京監修 トムヤムクンヌードル
製造者:明星食品
内容量:97g (めん80g)
発売日:2016年1月25日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4902881427517

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:340㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (調味油)

~標準栄養成分表~

1食 (97g) あたり

エネルギー:443kcal
たん白質:10.7g
脂質:20.1g
炭水化物:54.8g
ナトリウム:2.6g
(めん・かやく:0.9g)
(スープ:1.7g)
ビタミンB1:0.41mg
ビタミンB2:0.35mg
カルシウム:130mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:443kcal (めん・かやく:395kcal / スープ:48kcal)
食塩相当量:6.6g (めん・かやく:2.3g / スープ:4.3g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、鶏・豚エキス、香辛料、香味調味料)、スープ(たん白加水分解物、デキストリン、トムヤムペースト、香辛料、ラード、魚醤、香味調味料、乳等を主要原料とする食品、食塩、魚介エキス、ココナッツミルク粉末、チキンオイル、植物油脂)、かやく(味付えび、ねぎ、赤ピーマン、パクチー、マッシュルーム)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、酸味料、増粘多糖類、香料、炭酸カルシウム、かんすい、カロチノイド色素、乳化剤、カラメル色素、甘味料(スクラロース)、微粒二酸化ケイ素、トレハロース、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、カゼインナトリウム、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、いか、ごま、大豆、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・えび・豚肉・鶏肉・いか・大豆・ごま・ゼラチン

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/4889

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
珍しくアップ時間が遅かったんじゃない?(^_^;)
なんかあったのかと思いましたww

で、この製品同じ日清食品グループの明星製ですが
カップヌードルトムヤムクンとはホントに方向性が違っていましたね。
カップヌードルとの違いを明確にしたのは好感が持てます。
こちらを食べるとカップヌードルのほうがとってつけた感のある味に
感じてしまいました。

自分はこの酸味の強いシャープな味の明星のほうが好き!
おっしゃるとおり、麺はなるほど味付油揚げ麺のほうがいい感じがします。
せっかくいいトムヤムクンのカップ麺なのにやっぱり一発屋カップに
なっちゃうのがとても残念。
No title
こんばんわ^^お師匠さま。

ふきのとういいですね。
天ぷらが一番ですね。

自分はぜんまいとかつくしとか
好きなんですけどいける口ですか?
突き出しとかに出たらそれだけOkですwww

そういえば、トムヤムクンは苦手なので
恐らく手を出すことはなさそうなんですけど
最近体調が悪くって。ラーメン食べると
なんか吹き出物が多くて困ってます。
やめたほうがいいのかなぁ・・・
Re:たういパパ
> 珍しくアップ時間が遅かったんじゃない?(^_^;)
いつも通り12時ジャストに予約投稿していたのですが、
昨夜〜朝方にかけてFC2がメンテナンスを行っていたようなので、
それでタイムラグが発生したんだと思います。ご心配おかけしました;

まずカップヌードルとの差別化が明白だったことに好感が持てましたし
予想以上に本格的な内容だったので満足度は期待値以上だったんですよね!

数量限定なのが勿体ない製品ですが、
取り敢えず常時販売はカップヌードルに任せておいて、
それとは違った方向性のトムヤムクンを定期的にリリースしてもらいたいです。

ただ、唯一の弱点は相変わらず入手に手間取ることですね…(苦笑)
Re:カブトムシさん
うむ、弟子よ・・・よくぞ参った。

って、もしかして自分のコメントのせいで
気を遣わせちゃったでしょうか…すいません;

お忙しい中コメントいただき有り難うございます!

「蕗の薹」本当に季節を感じる瞬間です。
あのホロ苦い素朴な味わい感じがイイんですよね〜。

> 自分はぜんまいとかつくしとか
> 好きなんですけどいける口ですか?
イケる口ですよ! ツクシの佃煮とか大好きです!
基本、山菜系は大好物ですし、アテになるものは何でもw

カブトムシさんはエスニック系が苦手ですもんね…
そうでなければオススメのカップ麺なんですけど、
これは多分、カブトムシさんは厳しいかもしれません。

> 最近体調が悪くって。ラーメン食べると
> なんか吹き出物が多くて困ってます。
揚げ物を控えて野菜を食べましょう! あと、ビタミンですね。
ドンキ待ち
takaさん、こんばんは!

あぁ、これは食べたかったけど見つからなかったのですよね(´・ω・)

明星の新作は期待しても見つからないことが多いですね;
先週発売された「らーめんの千草」も未発見ですし;

こうして見るとかなり本格派のトムヤムヌードルだったようで、
改めて食べてみたかったなぁと思わされてしまいますね!

また1ヶ月後ぐらいにドンキに流れてくるのを待つとします!
案外ここに書き込んでからすぐに見つかることもありますし!(=゚ω゚)

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

これは完成度が高かったですよ〜。
やはりカップヌードルとの違いが好印象でした!

> 明星の新作は期待しても見つからないことが多いですね;
こればっかりは本当にネックだと思います;

> 先週発売された「らーめんの千草」も未発見ですし;
これも予想はしていましたが、同じく発見できていません(泣)

ドンキに流れてきたら是非! かーとさんも気に入ると思います!

> 案外ここに書き込んでからすぐに見つかることもありますし!(=゚ω゚)
それが当ブログのジンクスみたいになると嬉しいのですがw

管理者のみに表示

トラックバック