東洋水産「マルちゃん正麺 カップ うま辛担担麺」



新物のホタルイカが並び始めましたね! 食べる時に目玉が仕掛けてくる不意打ちが少し苦手なので、食べる前に目玉を徹底的に除去してから器に盛るのですが、冷静に考えてみたら何という猟奇的なワンシーンなんだろうと…まぁ食べる頃には美味しさが優先して忘れてるんですけどw 今年も暫くの間、旬の時期は自分的ホタルイカブームが到来しそうです。こうなってくると飽きるまで食べないと気が済まないので、今のうちから酢味噌を多めに作って冷蔵庫に常備しておくことにしますw

さて、本日の一杯は、東洋水産の「マルちゃん正麺 カップ うま辛担担麺」です。好調なスタートを切った「マルちゃん製麺 カップ」から担担麺の発売ということで、かなり楽しみにしていました。担担麺というテイストのチョイスは、少し意表だったんですけどね。ちなみに担担麺の新商品リリースと同時に、西日本エリア限定発売だった「濃厚とろ豚骨」が販売エリアを全国に拡大したようです。麺に関しては何の懸念もないので、幅広い層を見据えたブランドということを念頭に置き、刺激よりもバランス感に注目しながら食べたいと思います。





は、「生麺のようななめらかな口当たりと粘りのある食感が特長の、透明感のある麺」とのこと。様々なメーカーが趣向を凝らし、強力なノンフライ麺が次々と開発されている昨今、ことリアリティに於いてはズバ抜けている存在だと思います。コシが強くありながら、しなやかさを兼ね備え、粘り気のある密度の高い噛み応えに、しっとりとした滑らかな口当たり。小麦の香りや風味は強く、それでいて嫌味なく主張していて、非常に自然な質感と風味は本物の生麺にも引けを取らず、本物の生麺っぽいリアリティを追求したノンフライ麺としては、これ以上ない仕上がりに思えました。担担麺に使われる麺と言えば、少し柔らかめな低加水麺が合う、というイメージが私の中には漠然とあるので、その固定概念とのギャップは大きく生じてしまったんですけど、リアルで自然な質感と風味からは手放しで楽しめるクオリティの高さが実感できますし、今回の濃厚な担担スープとの相性は申し分なく、イメージとのギャップよりもマッチングが勝っていたので、ほんと違和感なく楽しめました。単純に中華麺らしいノンフライ麺として見ても、スープとの相性を考慮しても、現時点では文句の付けようが無いノンフライ麺だと思います。

スープは、「ポークの旨味をベースに、白味噌、練りごま等を加えた、濃厚でコクのある担担スープ」で、「粗挽唐辛子入り」、「自家製だし使用」とのこと。いつも担担麺には芝麻醤(練り胡麻)、辣味(唐辛子)、麻味(花椒)の主張に注目しているのですが、その全てがハッキリと感じられます。あくまでも主張はバランス型で、幅広い層を見据えていることが表立っているような仕上がりではあるんですけど、それぞれの主張がハッキリと感じられることで重厚感のある仕上がりに。芝麻醤のコクと擂り胡麻の芳ばしさ、辣油による適度な辣味、そして思っていた以上にしっかりと花椒が効いていたのが好印象。麻味(痺れ)は大したことなかったんですけど、鼻に抜けるような花椒の爽やかな香りが明白で、しっかりと存在感を放っていたことが印象に残りました。ここ、ポイント高かったです。担担麺を構築する上で必要不可欠とも言える三大要素に存在感があって、土台には動物系のコクがどっしりと構え、 “濃厚” を小手先の演出で誤魔化そうという素振りは一切見せず、指標を履き違えていなかったことにも好感が持てます。麺のクオリティも然る事乍ら、このスープであれば200円台後半で出されても納得できるような質の高さだと思いますし、予想以上の完成度に脱帽でした。これまで担担麺と言えば、日清食品の「行列」シリーズや、エースコックの「練り胡麻の恵み」が印象的だったんですけど、ここにきて思わぬダークホースが殴り込みをかけてきた感じですね。この時点で既に完成系と言えるようなバランスにあるのですが、あとほんのちょっと酸味のアクセントを加えたら一枚層が増すと思います。

具材は、「味付挽肉、いりごま、ねぎ」とのこと。具材の構成はシンプルな内容で、量もそれほど多くはないのですが、メインの味付挽肉は質が高いですね。麺とスープの完成度が非常に高い位置にあるんですけど、肉具材の質に関して言えば、手を抜いたようなアラは一切感じられません。味付豚肉には定評のある東洋水産ですが、挽肉を作らせても質が高く、麺と同様にリアリティを感じさせてくれる自然な歯触りと肉の旨味。量としての寂しさこそ否めなかったものの、味付も担担スープと馴染むように計算されていて、挽肉具材としての質が非常に高く、きちんと満足出来る内容でした。多めの炒り胡麻は芳ばしさがパンチに一役買っていたし、プチプチとした食感が心地良かったです。

(標準は★3です)

麺のクオリティは相変わらず本物さながらで、価格帯以上の出来映えだったんですけど、スープも希望小売価格205円というレベルを軽く凌いでいると感じました。これはとんでもない担担麺がリリースされましたね…もし常時販売品として今後も店頭に並び続けるようであれば、他社は元より同社にとっても脅威となり得る存在かもしれません。これまでカップ麺での担担麺と言えば、日清食品とエースコックの二強というイメージが強くあったんですけど、今後は三つ巴の戦いとなりそうですね。ノンフライ麺のクオリティはリアリティを追求させれば他社の追従を許さず、スープはバランス型でありながら重厚感のある本格的な仕上がりで、具材の挽肉も質に関して言えば全く妥協を見せていない。文句無しの★7即決でした。担担麺好きもバランス型として納得できるような内容で、特に担担麺には拘りがない人でも、刺激に弱い人でも、本当に幅広い層が楽しめるような担担麺だと思います。前評判が高かったので、それなりにハードルを上げてたんですけど、それを優に飛び越えてしまったような想像以上の逸品でした。素晴らしかったです。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:マルちゃん正麺 カップ うま辛担担麺
製造者:東洋水産
内容量:120g (めん60g)
発売日:2016年1月18日 (月)
発売地区:全国 (CVS・量販店・一般小売店 他)
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4901990335102

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:410㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:3袋 (粉末スープ・液体スープ・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (120g) あたり

エネルギー:457kcal
たん白質:13.6g
脂質:17.4g
炭水化物:61.6g
ナトリウム:2.9g
(めん・かやく:1.0g)
(スープ:1.9g)
ビタミンB1:0.71mg
ビタミンB2:0.40mg
カルシウム:252mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:457kcal (めん・かやく:284kcal / スープ:173kcal)
食塩相当量:7.4g (めん・かやく:2.6g / スープ:4.8g)

原材料名:めん(小麦粉、でん粉、食塩、こんにゃく、植物性たん白、大豆食物繊維)、添付調味料(みそ、ポークエキス、豚脂、ねりごま、砂糖、すりごま、香味油脂、植物油、食塩、でん粉、醤油、豆板醤、香辛料、チキンエキス、酵母エキス、たん白加水分解物)、かやく(味付挽肉、ごま、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、かんすい、酒精、増粘多糖類、炭酸カルシウム、酸化防止剤(ビタミンC、ビタミンE、ローズマリー抽出物)、カラメル色素、クチナシ色素、香辛料抽出物、パプリカ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分を含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・大豆・豚肉・鶏肉・ごま

引用元URL:http://www.maruchan.co.jp/news_topics/documents/1601_seimencap_2hin.pdf

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
こんにちわ~~

これ食べました~~
記事にしてないんですけど(する予定だけど。。できるんかいな)
美味しかったです~~
基本 担々麺が大好きなんですが。。
個人的にはもう少し刺激がほしいとこですけど~~
コクがあって美味しかったです。。

ここんとこの新製品。。
辛いものとか担々麺系が多くないですか?
気のせい??

で。。
ホタルイカ。。
シッカリ目玉と軟骨は引き抜きます。
けっこメンドーな作業ですけどね。。
毛抜きでちまちまと。。。(笑)
酢味噌和えがサイコーではありますが。。
磯辺揚げとかカルパッチョもうまいです~~
No title
やっぱりマルちゃんの看板カップ麺の位置づけなので
高いレベルに仕上げてきましたね。
そしておそらく一発屋じゃなく長期間の販売を見据えているのかな?
味の打ち出し方がひじょうに無難で手堅いです。
欠点がなく、日清食品の製品のようなまとまり方ですね。
それだけにちょっと「これっ!」っていう特徴が薄く感じたりもしました。
で、果たして既存3製品の定番の中に食い込めるかな?
売る方にとっては1ブランド4製品は売り場面積占有度が高過ぎるので!
そこが問題だと思います。

裏を返せばこの先正麺カップの別味が出ても、もう定番には入り込めない
と思いますね~、定番に入ったら別の(例えば豚骨とか)が押し出される
いわゆるところ天状態になるんじゃないでしょうか?
でないと売場が正麺ばかりになっちゃいますww
Re:まう姐さん
こんばんは!

これは非常に完成度の高い逸品だと思います。

確かに刺激の面では物足りなさが否めませんが、
刺激は一味唐辛子や辣油でいくらでも追加できますし、
それもベースの重厚感あってこそのアレンジですから、
そういった意味で好感の持てる仕上がりだったんですよね。

> ここんとこの新製品。。
> 辛いものとか担々麺系が多くないですか?
確かに辛い系のカップ麺が最近は意欲的に開発されてますし、
夏になったら激辛系のカップ麺が増えるので、個人的に嬉しいです(笑)


> ホタルイカ。。
> シッカリ目玉と軟骨は引き抜きます。
軟骨まで?! 手が込んでますねぇ…
目玉は気になりますけど、軟骨とか意識したことなかったです(笑)

> 磯辺揚げとかカルパッチョもうまいです~~
おっ、カルパッチョは作ったりもしますが、
蛍烏賊の磯辺揚げは未体験ですね。参考にします!
ついつい酒が進んじゃう沖漬も美味しいんですよね〜(笑)
Re:たういパパ
基礎クオリティを考慮して
完成度の高さは想像してましたけど
自分の想像を超えた仕上がりでした!

確かに雰囲気的にも一発屋ではなく、
しばらくの間は販売を続けそうですね。

手堅い印象はありますが、無難なイメージとは違っていて、
明白な花椒の香りと重厚感のある仕上がりから満足度は高かったです。

> それだけにちょっと「これっ!」っていう特徴が薄く感じたりもしました。
自分的に花椒の香りが「これっ!」っていう特徴に思えました!

> いわゆるところ天状態になるんじゃないでしょうか?
> でないと売場が正麺ばかりになっちゃいますww
ところてんw たしかにww

3月7日に「旨みだし塩」が新発売されますし、
「濃厚とろ豚骨」がリニューアルされるみたいですね。

これでラインナップが5品になるわけですが、
品数的には揃った感が出てきたので、しばらくの間は落ち着くか、
鶏白湯や豚骨醤油系も攻めてくるか、今後の動きと販売期間が気になります。
No title
takaさん、こんばんは!

これはほんとに素晴らしかったですね!
今年出た新作の中でも最上位クラスだと思います!(`・ω・´)

担々麺というと低加水麺のイメージが強いですが、
こちらの多加水麺でも驚くほどハマってましたし、
スープのまとめ方も素晴らしいものがありましたね!

もともと麺のリアリティでは頭二つか三つは抜けてるだけに、
スープがハマればこのシリーズは無類の強さを発揮しますね!

最近の日清の担々麺が花椒を抑えすぎる傾向にあるのに対し、
(そのかわりどん兵衛焼うどんの担々は花椒が強烈でしたが!)
こちらは強烈とは言わないまでもきっちり花椒も効いていて、
担々麺が求める3つの要素を上手く押さえてきたのも好印象でした!(=゚ω゚)

ちょっとこの「正麺 カップ」の快進撃は当分止まりそうにないですね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

担担麺らしい刺激的な要素こそ控えめだったものの、
販路と客層を考慮すると納得できる仕上がりだったし、
そんな中でも花椒の香りは明白に感じられる効かせ方で、
バランス型としての完成度は非常に秀逸だと思いました。

> 担々麺というと低加水麺のイメージが強いですが、
> こちらの多加水麺でも驚くほどハマってましたし、
自分も担担麺=低加水麺のイメージが強いので、
そのイメージには当て嵌まらない組み合わせではあったものの、
実際の相性としては申し分なく、それで素直に楽しめたんですよね。

麺のリアリティは疑う余地もなく高品質で、スープの着地点も絶妙。
かーとさんの仰るように、まさに快進撃と言えるでしょう。ほんと凄まじいw

> (そのかわりどん兵衛焼うどんの担々は花椒が強烈でしたが!)
その麻味に自分のブロ友さんはヤラれたようですw
個人的には加点要素なので楽しみなんですけどね!

「マルちゃん正麺 カップ」は来週発売の「旨みだし塩」にも期待しています!

管理者のみに表示

トラックバック