プライムワン「札幌・けやき 旨辛味噌ラーメン」



今日は愛人と神戸三宮で月一定例の馬肉デーです。喰うぞー!(鼻息)

さて、本日の一杯は、プライムワンの「札幌・けやき 旨辛味噌ラーメン」で、製造は日清食品です。プライムワンの「けやき」と言えば、当ブログではどんぶり型が★7を叩き出してるんですけど、今回はタテ型での登場。日清食品が製造するタテ型ビッグサイズの有名店モノは既に確固たる定評がありますし、どんぶり型の実績もあるので、仕上がりが楽しみですね。





は、同社の「有名店シリーズ」ほど高級感のある麺ではありませんでしたが、油揚げ麺なのに特有のネガティブさが控えめで、熱湯5分の油揚げ麺にしては主張が控えめ。でも今回は控えめな麺の自己主張が功を奏し、全体のバランスとしては悪くないと思いました。形状は縮れた平打ち麺で、密度は軽くもなく、重くもなく。いや、どちらかというと軽めの食感ですね。日清食品にしては特筆すべき項目がないというか、やや中庸的な印象も受けたのですが、スープとの一体感が高く、何よりスープの邪魔をしないというのが大きなポイントで(あ、これが特筆すべき項目ですかねw)結果的にバランスの良い取り合わせだったと感じました。もうちょっと経時劣化耐性が高いと良かったかな。

スープは、「野菜の旨みと豆板醤の風味が利いたピリ辛味噌スープが特長」とのこと。ベースは甘味のある味噌が中心となっていて、そこに豚脂やポークエキスなどで明確な動物系の厚みを加え、胡麻の芳ばしさや香辛料と香味野菜のアクセントが心地よく、どんぶり型で感じたイメージを踏襲した仕上がり。そして今回はココに辛味が加わるんですけど、辣油や唐辛子による辣味だけでなく、強めのニンニクと豆板醤の風味によって、カドの無いマイルドな味噌スープに適度なエッジが加わり、明確な個性が表現されています。まったりとした乳成分を思わせるコクを感じさせてくれるんですけど、後味にはキレがあって、さらに今回は何と言っても調味油の風味が強く印象に残るもので、単に辣味を添加するだけでなく、焦がしラードのような独特の芳ばしい風味が感じられ、その風味が加わることでスープの本格感が飛躍的に向上。小袋の端に付いた調味油を直接舐めた時に軽い衝撃を受けたんですけど、しっかりと調味油をスープに馴染ませてからも風味と香りが感じられたことに好感が持てました。どんぶり型で新たに用いられることになった “いかパウダー” がタテ型にも採用されていたり、原材料からも同様の方向性を感じますし、どんぶり型ほどの高級感こそ感じられなかったものの、ひとつの辛味噌スープとして本格的で次元の高い仕上がりだと思います。

かやくは、「キャベツ、味付肉そぼろ、味付メンマ、人参、ニラ」ですね。どんぶり型と構成は似ているのですが、スープに合わせて葱がニラに変わってますね。さすがにボリューム感は劣ってしまいますが、質の高さに関しては上々。やや日清食品のタテ型カップ麺にしては量の少なさが気になったんですけど、キャベツはスープの馴染みが良く、一体感があって相性はバッチリ。肉そぼろも味,質感ともに肉らしさの感じられる肉具材だったし、メンマの主張は強くなかったんですけど、程よい存在感がスープに馴染んでいて良かったです。人参はコリコリとした食感がアクセントになっていたし、ニラの風味もスープの雰囲気と合ってました。もう少し全体的に量が多いと言うこと無しです。

(標準は★3です)

タテ型で油揚げ麺の製品なので、どんぶり型と比較し高級感こそ劣っていたものの、タテ型の中ではしっかりと本格的な出来栄えだったし、けやきクオリティは踏襲されているように思えました。麺と具材の量はもうちょっと頑張れたかなー、という若干の不満は残りましたが、スープが特徴のある独特な辛味噌スープに仕上がっていたので、ひとつの辛味噌ラーメンとして完成度の高さと個性を感じられる一杯だと思います。今回は何と言っても調味油から感じる独特の芳ばしい風味が印象的で、ハッキリと記憶に残る味だったことに価値が見出せました。スープの味だけで言えば、問答無用で★6+は付けたいくらいです。油揚げ麺のタテ型製品なのに、「五感に訴える一品料理としてのラーメン」というコンセプトが垣間見えた気がしました。是非どんぶり型のノンフライ麺で、バリバリ高級志向の辛味噌ラーメンも開発してもらいたいですね。さぞ美味しかろうと思います。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:札幌・けやき 旨辛味噌ラーメン
製造者:日清食品
内容量:105g (めん80g)
発売日:2015年12月22日 (火)
発売地区:全国 (沖縄除くUGHD.系列店舗)
希望小売価格:193円 (税別)
JANコード:4902105238707

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:410㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:1袋 (特製旨辛オイル)

~標準栄養成分表~

1食 (105g) あたり

エネルギー:476kcal
たん白質:11.0g
脂質:19.0g
炭水化物:65.3g
ナトリウム:2.4g
(めん・かやく:1.1g)
(スープ:1.3g)
ビタミンB1:0.28mg
ビタミンB2:0.31mg
カルシウム:156mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:476kcal (めん・かやく:398kcal / スープ:78kcal)
食塩相当量:6.1g (めん・かやく:2.8g / スープ:3.3g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩)、スープ(豚脂、味噌、糖類、小麦粉、ポークエキス、ごま、香味油、でん粉、香辛料(にんにく、生姜、唐辛子、こしょう)、食塩、酵母エキス、チキンエキス、植物油脂、いかパウダー)、かやく(キャベツ、味付肉そぼろ、味付メンマ、人参、ニラ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、炭酸Ca、かんすい、カラメル色素、香料、pH調整剤、セルロース、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、香辛料抽出物、炭酸Mg、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分を含む)

アレルゲン情報:卵・乳成分・小麦・大豆・いか・鶏肉・豚肉・ごま

引用元URL:http://www.circleksunkus.jp/product/detail/index.html?dataId=3702

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
実際のお店の商品は食べていないのですが、
とても無難にまとまった製品でしたね。
麺がお店のとは(ちぢれのたまご麺)ちょっと違いますが、
スープは美味しかったです!
自分的には旨辛オイル無しのほうがよかったですけどww
でもオイルでうまく旨辛味噌ラーメンを演出していたいい製品でした。
Re:たういパパ
自分的にオイルの風味がツボだったので、
そこで点数を稼いだ感じになったんですよね(笑)

どんぶり型が秀逸だった分、
それなりの期待値で挑んだんですけど、
予想以上に綺麗に纏まっていて好印象でした。

できれば次はノンフライ麺で食べてみたいです!
No title
takaさん、こんばんは!

札幌味噌らしい重厚感をしっかりと持ちながら、
豆板醤などによってやや四川風の香りもする
独自の辛味噌スープに仕上がっていましたね!

辛味噌系というと、味噌とラー油の主張で押し込む系統が多い中、
こちらはベースのラーメンの旨さが生きていて、
なおかつプラスされた辛味の要素も個性があり、
このお店らしい良さを感じさせてくれましたね!(●・ω・)

麺が有名店シリーズと全く同じであれば、
より楽しむことができただろうとも思いますが!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

確かに四川風の面持ちもありましたね!

調味油の個性的な風味も印象に残るものだったし、
無難な辛味噌ラーメンじゃなかったのが良かったです。

麺は「有名店シリーズ」ほどのクオリティではありませんでしたが、
これはこれで素直に自分は楽しめたんですよね。

油揚げ麺臭の控えめさは日清食品クオリティでしたし!
それによってスープが殺されることもなかったですからね。

これ、どんぶり型で食べてみたいです、マジで。

管理者のみに表示

トラックバック