エースコック「ご当地最前線 京都こってり鶏白湯麺」



最近、自分の中で落ち着いていた黒胡椒ブームが再来しています。大好きな唐辛子よりもキてるかもw 最初から挽いてあるやつだと物足りないので、ミル付きの容器にホールの黒胡椒を入れて、一口毎にゴリゴリしながら少しずつつ挽いては食べ、挽いては食べ、ってしてるんですけど、やっぱり挽きたてだと爽やかさとか風味が段違いなんですよねー。挽きたて〜ハイッすぐ食べる! 挽きたて〜ハイッすぐ食べる! …と、忙しない動作を織り交ぜながら食事を楽しんでおりますw

さて、本日の一杯は、エースコックの「ご当地最前線 京都こってり鶏白湯麺」です。鶏白湯…(黒胡椒を入れたい衝動に駆られているw )あ、黒胡椒は入ってるんですねw 「山椒や黒胡椒でアクセントをつけた濃厚な鶏白湯スープに、食べ応えのある太めんを合わせた、京都の最前線の味わいを再現」だそうです。どこの店がモデルなんだろう。京都は比較的(あくまで比較的w)近場なんですけど、京都では山椒や黒胡椒のアクセントと太麺が特徴的な鶏白湯ラーメンを提供しているラーメン屋が流行ってる、ということなんですかね。





は、「適度な弾力と滑らかさを併せ持った角刃の太めん」で、「適度な味付けを施し、食べ応えのあるめんに仕上げ」たとのこと。厚みのある縮れた平打ち状の油揚げ麺で、最初ちょっとゴワゴワしてるんですけど、馴染んでくるとプリプリとした食感に変わってきます。京都のラーメンや鶏白湯のイメージから連想される麺とは対極にあるような麺ですが、麺に施された味付と形状からスープとの一体感が非常に高く、熱湯5分の油揚げ麺なのに油揚げ麺臭などのネガティブさは控えめで、全体的なバランスとしては良い取り合わせだと感じました。何かとイメージから外れるような印象はあったものの、スープが思いっきり人工的な路線だったので、それが功を奏したというか、不幸中の幸いだったというかw きちんと食べ応えも感じられたし、カップ麺的には悪くなかったと思います。

スープは、「数種類のチキンエキスを使用し、濃厚な鶏の旨みと厚みを味わえるスープに仕上げ」で、「別添の調味油で増すコクと、程よく利いた香辛料がアクセントを与え、最後まで飽きの来ない味わいが楽しめ」るとのこと。何と無く想像はしてましたけど、「極どろ」シリーズを髣髴とさせる仕上がりですね。テーマは鶏白湯ですが、原材料の筆頭にはポークコラーゲンが陣取っていて、こってりを連想させようとする濃度の指標はコラーゲンを指しています。ポークコラーゲンが主成分と思われる調味油で粘度を高め、おからパウダーのザラついた舌触りで濃厚を演出しようとしているあたり、まさに極どろシリーズの手法そのものですからね。なので、鶏が濃厚な鶏白湯をイメージして食べると、ポークコラーゲンの演出とクセには違和感を感じてしまうかもしれません。感じる甘味も鶏由来の甘さではなく、砂糖による演出が強かったし、乳化感も人工的。私はコラーゲン系のスープもエースコックのカップ麺らしくて好きなので、それなりに楽しめる仕上がりではあったものの、濃厚な鶏白湯を期待して食べると少し肩透かしだと思います。ただ、ほんのり効かされた黒胡椒と山椒のアクセントは効果的だったので、あくまでもコラーゲンが主体であることを理解してやれば、これはこれで良かったかな、と。

かやくは、「程良く味付けした鶏肉そぼろ、メンマ、色調の良いねぎ、唐辛子」とのこと。基本的に茶色い肉そぼろは酷評していますが、白い鶏肉そぼろは比較的安定して美味しい印象です。ほんのり生姜の風味が効いた味付で、食感も肉そぼろらしい歯触り。スカスカなアイツはいただけませんが、この子なら大歓迎です。発酵感が強めのメンマはサイズも大きく歯応えがあって、きちんと存在感がありました。葱も風味と食感がアクセントになっていたし、京都だから九条葱を意識しているのかな、と思ったり。そう考えちゃうと些か頼りなかったりもするんですけどw それぞれの汎用感は否めませんが、取り分け不足感はない具材構成でした。

(標準は★3です)

まずスープに鶏白湯らしさが感じられず、濃度もポークコラーゲンを主体とした人工的なものだったので、そこをどう受け止めるかが評価の分かれ目になると思うんですけど、そこさえ許容してやれば、ひとつのカップ麺としては悪くない出来だと思います。いかにもカップラーメンの味、って感じには個人的に好感が持てたのですが、鶏白湯なのにポークコラーゲンが主体だったり、鶏油よりも豚脂の含有量が多いなど、ちょっと鶏白湯としてどうなのよ、という印象が否めなかったので、総評は差し引いて★3が妥当かな、と。鶏白湯であることを置いとけば、それなりに楽しめるカップ麺だと思います…って、それもどうかと思いつつw でも単純に美味しいカップ麺か、それとも微妙なカップ麺かで★を付けるなら、★4くらいは付けたいですね。鶏白湯云々を抜きにして(っていうのもアレですけどw)ひとつのカップ麺として見たときの纏まりは決して粗末ではなく、個人的には好きな一杯でした。ただ、「極どろ」シリーズが苦手な人は、手を出さないほうが無難です。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:ご当地最前線 京都こってり鶏白湯麺
製造者:エースコック
内容量:89g (めん70g)
発売日:2015年12月21日 (月)
発売地区:全国 (コンビニ・スーパー等)
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4901071278557

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:440㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:1袋 (調味油)

~標準栄養成分表~

1食 (89g) あたり

エネルギー:399kcal
たん白質:10.5g
脂質:16.2g
炭水化物:52.8g
ナトリウム:2.0g
(めん・かやく:0.7g)
(スープ:1.3g)
ビタミンB1:0.40mg
ビタミンB2:0.27mg
カルシウム:187mg

(食塩相当量:5.1g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、しょうゆ、鶏・豚エキス、砂糖、野菜エキス)、スープ(ポークコラーゲン、鶏・豚エキス、食塩、香辛料、糖類、おからパウダー、しょうゆ、豚脂、鶏油、オニオンパウダー、豚ゼラチン、たん白加水分解物、クリーミングパウダー、全卵粉)、かやく(味付鶏肉そぼろ、メンマ、ねぎ、唐辛子)、加工でん粉、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、重曹、微粒二酸化ケイ素、かんすい、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、酸味料、(原材料の一部に卵、乳成分、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン・ごま

引用元URL:https://www.acecook.co.jp/news/pdf/1512_TLTR.pdf

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
ホント...京都のどのあたりをイメージして
作ったんでしょうね...北白川系の鶏白湯とは
違うみたいですし...

京都で濃厚鶏白湯と言えば、普通「唐辛子」
だと思うんですけどね...

あ...僕も家では胡椒をゴリゴリやってますよ...
風味が全然違いますよね...
No title
鶏白湯ラーメンを名乗っているわりに中身がそうじゃないのはツラいです。
なんか騙された感じ・・・。
鶏白湯と書くからは内容もそれに近いものがほしかったですね。
しょうゆ味って書いていて中身が塩味なのと変わらないかなww
商品名に「鶏白湯」の文字外して単に「京都風ラーメン」だったら
自分の評価もまた変わっていたと思いますww
Re:ハシダ・メンさん
こういう製品には、どのお店を参考にしたのかを
協力してくれた店として示してもらいたいところですが、
そうなってくると監修だの何だのが発生するんでしょうし…。

> 京都で濃厚鶏白湯と言えば、普通「唐辛子」
たしかに鶏白湯と唐辛子の相性は言わずもがなですよね!

自分は鶏白湯に洋風なイメージを持っているので、
つい黒胡椒を合わせたくなります。で、+唐辛子だとモアベターw

ハシダさんも黒胡椒はゴリゴリ派でしたか!
そうそう、風味が段違いなんですよねー。今日もゴリゴリしました(笑)
Re:たういパパ
ひとつのカップ麺として自分は楽しめる範疇にありましたが、
鶏白湯を名乗っておきながら鶏が等閑なのはダメだと思いました。

> しょうゆ味って書いていて中身が塩味なのと変わらないかなww
た、たしかにwww そう改めて考えたら致命的な欠点・・・

買う前に原材料の並びを確認する人は稀でしょうし、
やはりパッケージと商品名から受けるイメージが大きいので、
その兼ね合いに裏切られるとこうなる、みたいなカップ麺でしたね(苦笑)

まぁ鶏白湯じゃなければ普通に美味しかったので、
今回はサービス評価ということでどうかひとつw

あ、でも山椒のアクセントは勉強になりました。
「はじめ屋」の鶏白湯で山椒のアクセント試してみます!
No title
おはよございます~~

あたしも黒胡椒ガリガリ~~
大好きです!
なんにでもちょっとガリガリでワンランクアップになるのよね~
って思うのよ。。。

ミルでガリガリ~~なんですが。。
もっと粗くしたいときはちっこいすり鉢であたります~~

ラーメンのお話でなくてすみません~~~。。。


Re:まう母ちゃん
こんにちは!

母ちゃんも黒胡椒ガリガリに共感してくれますか!

そうそう、ちょっとガリガリするだけで、
料理の質がワンランクアップするんですよねー。

ホールの詰め替え用は必須です(笑)

> ミルでガリガリ~~なんですが。。
> もっと粗くしたいときはちっこいすり鉢であたります~~
お、これは良いアイディアですね。
自分のミルは割と粗挽きなんですけど、
ちっこい擂鉢は盲点でした。試してみます!

> ラーメンのお話でなくてすみません~~~。。。
いやいや全然! コメントいただけるだけで有り難いですし
冒頭に触れて貰えたのが何より嬉しいです!
No title
takaさん、こんばんは!

これはいかにも「極どろ」を思わせる味でしたね!

「極どろ」の名前であればまだ事前に想像ができますが、
これは「京都こってり鶏白湯」なんて名乗ってるもので、
ついうっかりガチな鶏白湯を期待するのですよね;

「どう考えてもこんな鶏白湯(?)は京都にないだろ」
と突っ込みたくなってしまう内容ですが!

ただ、胡椒のパンチはなかなか面白かったですし、
名前を忘れてしまえばカップ麺としてはおいしかったので、
もっと割り切れるネーミングにしてほしいところですね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

> これはいかにも「極どろ」を思わせる味でしたね!
はい! しかも「極どろ」から出ましたね鶏白湯w

> これは「京都こってり鶏白湯」なんて名乗ってるもので、
> ついうっかりガチな鶏白湯を期待するのですよね;
ガチな鶏白湯を期待したら完全に肩透かしですけど
これはこれでと割り切ったら楽しめる仕上がりでした!

ネーミングって大事ですよねー。

管理者のみに表示

トラックバック