東洋水産「マルちゃん でかまる 濃厚豚そば」



「みかん愛ぶり」という鰤の刺身を食べたんですけど、いやーほんとに柑橘系の風味がするんで驚きましたw 餌に柑橘類などの果物生成物を混ぜて育てた食用魚で、いわゆる “フルーツ魚” と呼ばれている養殖魚ですね。たしかに特有の魚臭さは随分と控えめだったし、ほんのりと柑橘系の風味が香っていて、なんか独特だなー、って。醤油で食べると柑橘系の香りは言われないと分からないくらいだったんですけど、藻塩を付けて食べてみたら確かに奥からミカンでしたw 鰤は生臭いくらいが良いと私は思っているタチなので、個人的な好みとしては微妙な心境だったりするのですが、食べた物は身になるというか、鰤の食べた餌の中に含まれているミカンまで人間が感じられるって凄いことですよね。これをきっかけにフルーツ魚のことを少し調べてみたんですけど、「柑味鮎」という鮎も生産されているようで、特有の魚臭さが消え、内臓に苦味も無いそうです。水の良し悪しで味が決まる香りが売りの鮎に餌で香り付けってw それに鮎の内臓なんて苦くてナンボでしょw と、さすがにちょっと違う気もしたのですが、食べてもないのに決めつけるのはナンセンスですね。まだ見たことはありませんけど、機会があったら食べてみたいです。

さて、本日の一杯は、東洋水産の「マルちゃん でかまる 濃厚豚そば」です。東洋水産の作る豚骨系のカップ麺は、「黄色い博多ラーメン」然り、「ハリガネ」シリーズ然り、スナック的なタイプの豚骨味が多い傾向にありますし、今回は大盛バケツ型の「でかまる」シリーズなので、おそらく “濃厚” の指標は豚骨の骨っぽさや豚骨臭など、そういったリアリティな部分は指していないでしょう。でもブランドのイメージ的にカップ麺らしいジャンキーな豚骨味で良いと思うので、そういった路線の味付を想定した上で食べ進めたいと思います。





は、「歯切れの良い硬さのある細めの麺」とのこと。ここ最近の「でかまる」は熱湯4分の油揚げ麺が多かったんですけど、今回はテイストが豚骨だからか熱湯3分の油揚げ麺となっていますね。当ブログでは、「濃厚コク塩ワンタン麺」以来ですね。製品説明は違いますし、原材料にも若干の違いは見られますが、受けた印象は凡そ同じでした。粉末野菜や香辛料の練り込まれた味付麺で、軽い食感のスナック的な油揚げ麺です。細身の形状と縮れでスープの絡みも良く、しっかりめの味付がスープとの一体感を高めてくれていました。大盛という麺量が相俟って、食感の持続性には頼りなさが否めなかったものの、口当たりの良さは相変わらず好印象だったし、油揚げ麺臭を含めたスナック的な風味も食感も全体の雰囲気とマッチしていて、良い意味でのチープさがカップ麺らしくて美味しかったです。

スープは、「ポークの旨味をベースにした、濃厚でコクのある豚骨スープ」とのこと。ベースの豚骨は想像通りジャンクな豚骨味で、やや化学調味料による旨味成分の主張が強め。ある意味この化調を中心とした旨味成分による主張も東洋水産の豚骨味に見られる個性のひとつですし、いかにもカップラーメン的な豚骨味なんですけど、その路線は良い方向に作用していたと思います。濃厚だと言われれば些か疑問符は否めなかったものの、豚脂のインパクトは印象的で、油脂成分には食物性の油も含まれていますが、体感的に豚脂の含有量も多く、人によってはクドさを感じるレベルにあるかもしれません。ジャンキーな豚骨感に多めの油脂成分ということで、高級感のない豚骨スープに仕上がってるんですけど、大盛バケツ型のカップ麺ということを踏まえると、私は素直に楽しめました。ちょっと化調の主張は野暮ったかったですけどね。少なくとも濃厚な豚骨の風味や骨っぽさ、高級感や本格さなどは感じられないので、そこには期待しないでおきましょうw

かやくは、「チャーシュー(2枚)、味付挽肉、ねぎ」とのこと。チャーシュー2枚が本商品に於ける売りの一つみたいですけど、大盛バケツ型のカップ麺らしいペラペラでチープな肉具材なので、枚数が増えたからって別にどうということはありませんでしたw まぁこのチープさは良い意味で製品の雰囲気にマッチしていたと思います。チャーシューの他にも味付挽肉が入ってて、豚骨ラーメンに挽肉ってのもアレですけど、それも特に違和感なく許せちゃうのがカップ麺の魅力なのかもしれませんねw ジャンキーな豚骨味と相性が良かったし、味付濃いめで美味しかったです。ただ、それほど挽肉の量は多くなかったし、コストの安いペラチャー2枚で誤魔化してるような印象だったので、いっそペラチャーを抜いて挽肉を少しでも多めに入れた方が良かったかな、とも思いました。いや、でもそれだとカップの口径的にボリューム不足だと感じてしまうかも。今回はスープの豚脂に開発費用をかけているような仕上がりだったので、具材は止む無しでしょうか。

(標準は★3です)

具材のチャーシュー2枚は力業でしたけどw ジャンキーな豚骨味に多めの油脂成分という組み合わせは単純で良かったし、大盛バケツ型らしい食べ応えがあって、ブランドコンセプトは果たせていたと思います。こういう大盛仕様のカップ麺が食べたくて手に取る人なら特に心配する必要はないかもしれませんが、こってり感は結構なインパクトだったので、一定の覚悟はしておいた方が無難かもしれません。個人的に化学調味料感満載な旨味成分の野暮ったさが鼻に付いたんですけど、それも想定の範囲内だったので、今回は豚脂推しのインパクトを評価して「+」マークを付けました。そんな豚脂の風味も然る事乍ら、油揚げ麺のスナック感が妙に美味しかったなー、っていうのが最終的に美味しいと思えた感想の大部分を占めてるんですけどねw このシリーズに使われている油揚げ麺の風味が私は好きみたいです。今回は豚脂コーティングの相乗効果もあったのかも。やたら記憶に残っているw

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:マルちゃん でかまる 濃厚豚そば
製造者:東洋水産
内容量:127g (めん90g)
発売日:2015年12月14日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4901990334693

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:530㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:3袋 (粉末スープ・液体スープ・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (127g) あたり

エネルギー: 587kcal
たん白質:15.2g
脂質:31.3g
炭水化物:61.2g
ナトリウム:2.8g
(めん・かやく:0.9g)
(スープ:1.9g)
ビタミンB1:0.34mg
ビタミンB2:0.45mg
カルシウム:404mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:587kcal (めん・かやく:471kcal / スープ:116kcal)
食塩相当量:7.1g (めん・かやく:2.3g / スープ:4.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、卵白、香辛料、粉末野菜)、添付調味料(ポークエキス、たん白加水分解物、植物油、豚脂、食塩、粉乳、香辛料、香味油脂、醤油、すりごま)、かやく(味付挽肉、焼豚、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、増粘多糖類、酒精、カラメル色素、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、クチナシ色素、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、ベニコウジ色素、(原材料の一部に乳成分、鶏肉、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・ゼラチン・大豆・豚肉・鶏肉・ごま

引用元URL:http://www.maruchan.co.jp/news_topics/documents/1512_dekamaru_noukoubutasoba.pdf

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
これは自分は前にあった「辛醤油」とかいうのをイメージしていたんですが
(あれは自分的には美味しかった)、
実際は単なる自分の妄想でぜんぜん違う製品でしたね。
とりあえずチャーシュー2枚はまぁいいとして(笑)、
この豚脂押しのスープは自分は受け付けませんでした・・・(^_^;)
Re:たういパパ
> これは自分は前にあった「辛醤油」とかいうのをイメージしていた
「肉醤油ラーメン」ですかね?

今回のスープは明らかに豚脂が軸だったので、
もっとベースがスナック的でもよかったかなぁ…と。

ちょっとヘタに本格路線を意識していたので、
いっそのこと割り切った方が気持ちよかったです。

東洋水産の濃厚豚骨系って化調の主張が強くって(苦笑)

管理者のみに表示

トラックバック