日清食品「老舗の逸品 神田まつや監修 鴨南ばんそば」



スーパーで売ってるタルタルソースの話なんですけど、地味にショックな発見がありました。そのスーパーでは同じメーカーのタルタルソースを3通りのカタチで販売していて、まず一般的な冷蔵庫ストック用のチューブタイプが155gで180円(税込194円)、お弁当の時なんかに重宝する小分けになったタイプが12g×10個(120g)で243円(税込262円)、このようにチューブよりも小分けになっている方が割高なのは理解できるのですが、お惣菜を売ってる側なんかに使い切りのソース類が売ってたりするじゃないですか。とんかつソースとか、天つゆとか、ケチャップとか。その中にも前述したメーカーの小分けになった使い切りのタルタルソースが置いてあってですね、値段を見るとソース類各種10円(税込10円)なんですよね。で、タルタルソースの内容量は12g。これってお惣菜コーナーでバラ売されてるやつが最もお買い得じゃないかとw 今まで必要な時はチューブタイプを買っていたので、少し悲しくなりました。いやでも別のスーパーではタルタルソースだけ25円だったので、このスーパーがイレギュラーなのかもしれませんけどねw

さて、本日の一杯は、日清食品の「老舗の逸品 神田まつや監修 鴨南ばんそば」です。「神田まつや」監修のカップ麺と言えば、前回「鶏南ばんそば」を記事にしていたので、再販だろうと最初はリストから外していたのですが、よく見たら “鶏” じゃなくて “鴨” w 凡ミスして食べ逃すところでした…危ない危ない。蕎麦の質は前回の仕上がりからもトップクラスなのは間違いないでしょうし、「日清のどん兵衛 鴨だしそば」で培ってきたであろう技術力と、タテ型でも日清食品なら安心して楽しめるという企業イメージが相俟って、必然的に期待値とハードルの上昇は否めませんが、今回は私の好きな鴨出汁ということもあり、非常に楽しみです。





は、「のどごしのよいまっすぐなそば」とのこと。前回と違って麺には醤油が練り込まれてたんですけど、完成度の高さは相変わらずですね。油揚げ麺らしからぬ上品な面持ちで、とても繊細な雰囲気。蕎麦らしい歯切れの良さと喉越しが感じられ、蕎麦の香りも明確。しなやかで女性的な麺質から、油揚げ麺らしからぬ高級さと気品を感じさせてくれるような油揚げ麺です。油揚げ麺特有の風味も殆ど気にならなかったし、油で揚げた蕎麦の中では最高峰に位置している、と言っても過言ではないでしょう。さすが日清食品、相変わらず驚異的な技術力の高さですね。強いて欠点を挙げるとするならば、少し湯伸びするのが早いことくらいでしょうか。もう少し経時劣化耐性が高ければ、現状では言うことなしです。

つゆは、「本節、宗田節などからとっただしを使った甘辛く濃厚なつゆ」で、「鴨のあぶらの旨みとゆずの香りを利かせ」たとのこと。いやいやいや、素晴らしいですね。日清食品は鴨出汁に強いとは思っていましたが、その中でも最高峰だと思います。しっかりと鴨の旨味やコクを主軸にしつつ、節を中心とした魚粉を用いることでシャープな魚介感が旨味を深め、かえしにある甘味が奥行きを生み、決して主張し過ぎない柚子の上品で繊細なアクセントが光ります。醤油の風味にも輪郭はあるのですが、コクのある甘味が醤油の持つカドを適度に包み込み、醤油の芳醇な部分だけをブラッシュアップさせていて、またその甘味も野暮ったさを感じさせない絶妙なラインにあるんですよね。そして何と言っても別添の特製油による鴨の芳ばしい風味が実に効果的で、この風味によって本格さが一気に加速します。つゆを口に含んだ瞬間、鴨であることを明白に実感できました。今回は別添で七味唐辛子は付いていませんでしたが、ほんのちょっとだけ唐辛子も入っていて、わずかに感じる辣味に気が付いた時、さらなる奥行きと複雑味が。これまでに培ってきたものを遺憾無く発揮していた日清食品の技術力も然る事乍ら、神田まつやのレベルの高さ、そういったものも伝わってくるような鴨出汁つゆですね。個人的にはもう少し甘味が強い方が好みなんですけど、超本格派なのは間違いないです。

かやくは、「鴨つくね、白ネギ、ネギ」とのこと。きちんと原材料に合鴨肉が使われている鴨つくねに、2種類のネギというシンプルな構成ですが、どちらも存在感のある具材ですね。鴨つくねの食感は、ちょっとフワフワしてるんですけど、通常の鶏つくねには無い風味がきちんと感じられたし、ネギも自然な甘味が嬉しいリアルあ具材。量もタテ型として申し分無かったし、きちんと鴨南蛮らしさが演出できていると思います。シンプルでも満足度は高く、蛇足感の無さが好印象でした。

(標準は★3です)

私の中でメーカーの平均的な標準の基準値が高く、このくらいやってもらわなきゃ困る、という思いから厳しめに見たので、★の数は6としましたが、これなら★7つけてもいいんじゃないのかな…と、最後まで悩みました。っていうか、それでも★6つけちゃった、というニュアンスを理解していただけたらと思いますw 素晴らしい逸品でした。最近ちょいちょい鴨出汁系のカップ麺を食べてきましたけど、その中でもトップクラスの出来映えですね。今回は別添が特製油だったので、柚子七味が付いてないのが残念だったんですけど、麺,つゆ,具材の三者が揃って高品質だったし、あまりに隙がなく、目立った非の打ち所は一切ありませんでした。鴨つくねを軟骨入にするなど、そういったワンランク上の工夫があれば、間違いなく★7確定です。でもでも、実食前の期待値は余裕で凌駕してくれていたので、気持ちは★7ということでひとつ。鴨出汁系のカップ蕎麦は「日清のどん兵衛 鴨だしそば」が最強だと思ってたんですけど、その王座を奪いかねないクオリティでした。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:老舗の逸品 神田まつや監修 鴨南ばんそば
製造者:日清食品
内容量:93g (めん72g)
発売日:2015年12月14日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4902105238080

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:410㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (鴨の特製香味あぶら)

~標準栄養成分表~

1食 (93g) あたり

エネルギー:435kcal
たん白質:10.7g
脂質:19.0g
炭水化物:55.4g
ナトリウム:2.0g
(めん・かやく:0.7g)
(スープ:1.3g)
ビタミンB1:0.26mg
ビタミンB2:0.24mg
カルシウム:122mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:435kcal (めん・かやく:366kcal / スープ:69kcal)
食塩相当量:5.1g (めん・かやく:1.8g / スープ:3.3g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、そば粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、醤油)、スープ(醤油、糖類、動物油脂(合鴨、豚)、魚介エキス、食塩、魚粉、たん白加水分解物、魚介調味油、香辛料、チキン調味油、ゆず)、かやく(味付合鴨肉、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、リン酸塩(Na)、炭酸Ca、酸味料、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分、さばを含む)

アレルゲン情報:小麦・そば・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・さば・大豆

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/4862

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
タルタルは応用が利いていいですよね♪
チキン南蛮にかけると美味しいですよ。

このお蕎麦は私も高評価でした。
ヤマダイの手緒里庵がマイブームです(*´Д`)

らんまのお醤油は★3つの普通っぷりでした( *´艸`)
No title
もはやカップ蕎麦として完成の域にある製品ですね。
麺とつゆの安定度はバツグン!
今回は具のつくねもよかったので3拍子揃いましたね!
でも七味は外さないでほしかった~~(^_^;)
具のプラスと七味なしのマイナスの天秤でプラマイゼロ!ww
このシリーズ、プレミア版で一度どんぶりバージョン出して欲しいかも?
Re:くま子さん
チキン南蛮を食べたいと思う理由は
偏にタルタルソースがかかっているから
と言っても過言ではないと思っています!(鼻息)

このカップ麺は素晴らしかったですね!

タテ型とは思えない本格的な内容で、
さすが日清食品だと思わされました。

> ヤマダイの手緒里庵がマイブームです(*´Д`)
手緒里庵は間違いないですね!
もはやヘタな立ち食い蕎麦屋よりも美味しいw

> らんまのお醤油は★3つの普通っぷりでした( *´艸`)
見るからにそんな感じの雰囲気ですもんね(笑)

高橋留美子さんの作品は好きなので、
★3でも見かけたら買ってしまいそうです(笑)
Re:たういパパ
> もはやカップ蕎麦として完成の域にある製品ですね。
はい! 自分もそう思いました!

蕎麦も油揚げ麺の中では最高峰のクオリティだったし、
つゆも具材も質が高く、まさに三拍子揃った仕上がりでした。

たしかに七味のカットは痛かったですけど、
よく見たらチラ〜ッ、と唐辛子も入ってましたよw

> このシリーズ、プレミア版で一度どんぶりバージョン出して欲しいかも?
それいいかもしれませんね! っていうかノンフライ蕎麦を作ってですね、
「ラ王」や「行列」シリーズの和風版カップ麺、みたいなの食べてみたいです。
昨年4位選出
takaさん、こんばんは!

いやほんとこれはとにかく素晴らしかったです!(`・ω・´)

まず何と言っても麺のクオリティが素晴らしかったです!

縦型ってどんぶり型よりも制約がかかりがちですが、
日清は中華麺でもそばでも縦型での麺が見事ですね!

油揚げ麺のそばでここまでいけるのかと、
強く感じさせてくれる見事な麺でした!

そしてスープの鴨の風味・・・これも最高でした!(●・ω・)

添付の鴨油による香ばしい鴨の風味は非の打ち所がなく、
鴨らしさの再現という点でも極めて高水準でしたね!

これまで和風カップ麺は手緒里庵を除いて
それほど注目はしていなかったのですが、
この「老舗の逸品」シリーズはもう見逃せませんね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

このカップ麺はかーとさんの評価も高かったですね!

麺のクオリティも非常に高い位置にあって、
鴨出汁つゆも絶妙なラインを突いていたし、
具材の満足感も含めて三拍子揃いの仕上がり。

そしてタテ型とは思えない高級感があって
かーとさんのランクインにも頷ける内容でした!

おっしゃるように今後の展開にも期待したいと思います!

管理者のみに表示

トラックバック