エースコック「JUNKFULL Wガーリック辛ダレ油そば」



青りんご味のお菓子ってあるじゃないですか、あの一発で食べたら分かる青りんご味。でも考えてみたら、あんまりリアルな青りんご(果実)って食べた記憶が無いな…ってw お菓子の青りんご味とは明らかに違ったのは覚えてるんですけど、頭の中では絶対的に香料のイメージが強くて、リアルな青りんごの味が思い出せませんw どこかで見かけたら改めて食べてみよう(と、思ったら見付からないジレンマw)

さて、本日の一杯は、エースコックの「JUNKFULL Wガーリック辛ダレ油そば」です。JUNKFULLの基本路線は、Wガーリックが主体で決まりみたいですね。これまでにも汁なしの油そばや、汁ありの塩豚骨ラーメンがありましたけど、今回は辛ダレの要素が入って油そば復活。ただ、先日にペヤングがガーリックでイッパツやらかしちゃってるのでw インパクトだけで言えば、ちょっと喰われてる感は否めませんね。っていうか然りげ無く商品名が「JUNK FULL」から「JUNKFULL」になってるんですけど、気になっているのは私だけでしょうかw(半角スペースの有無)





は、「適度な弾力と滑らかさを併せもった丸刃のめん」で、「タレと相性のよいめんを大盛りに仕上げ」たとのこと。初版の油そばと同じ油揚げ麺でしょうか。カドメンほど食感に主張は感じられませんが、なかなか密度の高い麺で、丸刃でもきちんと力強さの感じられる油揚げ麺です。サイズは焼そば以上、油そば以下くらいなんですけど、味の馴染みも良く、全体的なバランスとしては丁度良い位置にあると思います。油揚げ麺特有の風味も強めにあるんですけど、スープ(たれ)がジャンキーなので、その風味もプラスに作用しているように思いました。

スープは、「チャーシューの旨みと唐辛子の辛みを加えた醤油ダレに、酢とラー油をバランスよく加えることで食欲をそそる味わいに仕上げてい」て、「すりおろしにんにくを醤油ダレにふんだんに加えることで、パンチの利いたジャンクな味わいを表現してい」るとのこと。方向性は初版と似てますね。具材のガーリックチップとは違う生ニンニクのインパクトが効いていて、一口目からガーリックがガツンと攻め込んできます。そんなガーリックと油そばらしい油脂感を効かせたジャンクなテイストではあるものの、油脂の主成分が植物性であることと、軽めの酢と辣油によるピリ辛なアクセントが程よく主張してくるので、ジャンクでありながらバランス型の表情も垣間見せてくれているようでした。ガーリックのインパクトだけで言えば、圧倒的にペヤングが優勢ですけど、あれは異常(もはや弊害w)なレベルでしたからねw ガーリックを効かせながらも辣味のある油そばとしてソツなく仕上げ、同時にジャンクさもしっかりと感じさせてくれる、ジャンクなのにバランスの良さも光る味付だと思います。やや塩カドが個人的に気になったものの、これもジャンクさとしては加点要素ですかね。動物性の旨味もきちんとあったし、ガーリックと辛味とコクが三位一体になっていたのが良かったです。ちなみに辛味は一般的に見てピリ辛以上、辛口未満だと思います。

かやくは、「風味豊かなごま、にんにく、色調の良いねぎ、唐辛子」とのこと。 “かやく” というより “ふりかけ” ですね。構成も初版の油そばと同しです。たれの生ニンニクとは違うガーリックチップの芳ばしさが製品のインパクトを明確にしていて、その差異がガーリック感に単調さを感じさせないアクセントに。胡麻も弾けるような食感と芳ばしい風味が効果的でした。全体を引き立てるような内容で、蛇足的な要素が無いことにも好感が持てたし、今回のようなシンプルにフリカケと割り切ってくれた方が好印象です。 “あの” 肉そぼろを入れられるよりもずっとw

(標準は★3です)

初版の油そばから豚脂の含有量を抑え、辣油を増やした感じでしょうか。今回も一般的なレベルで見るとジャンクさは満点だったんですけど、脂質が41.8gから33.7gと大幅にダウンしているので、ジャンクさだけで言えば少し鳴りを潜めてしまったような印象も受けました。ただ、完成度としては納得のクオリティだったし、きちんとコンセプトは打ち出せていたように思います。次回作ではマンネリ感を抱かせない工夫が課題となってきそうですが、ガーリックのインパクトとジャンクな製品の雰囲気は、引き続き踏襲していってもらいたいですね。ガーリックのインパクトについては、先日の「にんにくMAX」と比べるのはあまりにも酷なのでw そこは差し引いての総評です。これは無性にビールが欲しくなるカップ麺だったw

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:JUNKFULL Wガーリック辛ダレ油そば
製造者:エースコック
内容量:167g (めん130g)
発売日:2015年11月30日 (月)
発売地区:全国 (コンビニ・スーパー等)
希望小売価格:220円 (税別)
JANコード:4901071207243

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:600㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:2袋 (調味たれ・後入れかやく)

~標準栄養成分表~

1食 (167g) あたり

エネルギー:733kcal
たん白質:12.9g
脂質:33.7g
炭水化物:94.4g
ナトリウム:2.3g
ビタミンB1:0.63mg
ビタミンB2:0.46mg
カルシウム:351mg

(食塩相当量:5.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、砂糖、ソース)、たれ(植物油脂、豚脂、鶏・豚エキス、香辛料、しょうゆ、砂糖、食塩、発酵調味料、たん白加水分解物、醸造酢、オニオンエキス)、かやく(ごま、にんにく、ねぎ、唐辛子)、加工でん粉、炭酸カルシウム、調味料(アミノ酸等)、酒精、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、カラメル色素、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、香辛料抽出物、甘味料(スクラロース)、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部にりんご、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・豚肉・りんご・鶏肉・大豆・ゼラチン・ごま

引用元URL:https://www.acecook.co.jp/news/pdf/1511_WGKY.pdf

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
確かに本物とお菓子の味がゴチャゴチャになるのはわかります( *´艸`)

大寒波は大変でした。今、現在もお湯の出が悪くて本日不動産屋に相談したところです。
ご心配してくださりありがとうございました♪

ジャークチキンの前にヤマダイのお蕎麦の手緒里庵を食べました♪
とっても本格的でこれはリピートしたくなる一品でした。
近くに美味しいお蕎麦屋さんがないので( *´艸`)
Re:くま子さん
> 確かに本物とお菓子の味がゴチャゴチャになるのはわかります( *´艸`)
青りんごもそうですけど、冷静に考えたらバナナも本物とは別物ですよねw

ヤマダイの手緒里庵いきましたか!
このシリーズは本当にクオリティが高いと思います。
素麺も本物さながらなので見つけた際は是非お試しください!

こんなブログやってる私が言うのもアレなんですけど、
くま子さんも何気に結構カップ麺の頻度が高いですよね(笑)

お湯は復活しましたか? 普段、当たり前のように
使っているものが急に使えなくなると不便ですよね・・・
No title
takaさん、こんばんは!

バランスもいいし、おいしいと言えばおいしいのですが、
ジャンク感への期待が先行しすぎると少しこけてしまう、
今回はそういった印象が残る内容でしたね!(●・ω・)

これまでもにんにくを軸にかなり暴れてましたが、
今回はそこに辛ダレまで加わってよりジャンクになるかと思いきや、
むしろ前回よりやや丸みを帯びた仕上がりでしたからね!

それでも変に無駄な要素を入れてこないのは好感が持てますし、
一つのジャンルとしてはきちんと確立してるので、
安心して手に取ることのできるシリーズではありますね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

たしかにジャンクさという点で見ると、
少しインパクトが鳴りを潜めたような印象がありましたね。

ちょっと評価が難しかったんですけど、
こういう路線もアリだろうと自分は思えたので、
総評としての★の数は思い切って5を付けました。

今後いかにマンネリ感を抱かせないか
というのが最大の課題になってきそうですが、
丸みを帯びた路線に変更しないことを祈ります(笑)

管理者のみに表示

トラックバック