東洋水産「マルちゃん 縦型ビッグ 麺家うえだ 焦がし風特濃」



「ブラックサンダー」でお馴染みの有楽製菓が作っている「クリスプサンダー Wナッツカーニバル」というチョコレート菓子にハマってます。ブラックサンダーより好きかも。あんまりアーモンドプラリネは目立ってないんですけど、ナッツの風味とパフの食感が絶妙なんですよねー。つい手が伸びちゃう感じ。いかんいかんw

さて、本日の一杯は、東洋水産の「マルちゃん 縦型ビッグ 麺家うえだ 焦がし風特濃」です。「麺屋うえだ」とは、もともと「鬼火山」というラーメン店を営んでいたらしく、初期は牛骨ラーメンを提供されていたとか。ただ、BSE(狂牛病)の問題でスープを牛骨から軍鶏に変更されたそうで、今度はトリインフルエンザの問題で屋号とメニューを一新し、現在に至るのだそうです。このカップ麺にも商品名になっているように、 “焦がし” が特徴のお店らしく、実際の店舗では女性店主による2丁のガスバーナーを使った炎のショーが楽しめるらしいですよ。そんなお店の再現カップ麺なんですけど、東洋水産のタテ型ビッグ製品ということで、少なからず身構えてしまう部分が…w でも最近は再現系のカップラーメンでも完成度が安定しているように思うので、前ほど不安ではなかったりするんですけどね。今回は “焦がし風” がきちんと感じられるかどうか、そして “特濃” の指標にも注目です。





は、「なめらかでコシのある、太めの角麺」とのこと。「本気盛」風の無骨な油揚げ麺で、相変わらず麺単体としての主張は強く、吸水率の高さによる上部の戻りが悪いことなど、改善されない改善点は挙げられますが、スープとの相性は悪くないですね。今回はスープがしっかりとしていたので、この麺が持つ主張の強さから生まれるネガティブな印象は和らいでました。特製油が麺の表面をコーティングするので、麺を食べている間も油揚げ麺特有の風味は特に気にならなかったです。ただ、若干スープに影響している部分があったので、気になる人は気になるかも。でも基本的なイメージを考慮すると、取り合わせに大きな問題は感じませんでした。再現モノのカップ麺ですが、問題ないと思えたことが大きかったです。再現度に関しては相変わらず、あまり意識していないように思われますが(苦笑)

スープは、「ポークの旨味をベースにしたとろみの強い豚骨醤油スープ」で、「焦がし風味をつけてお店の雰囲気を出し」たとのこと。まず気になっていた焦がし風味ですが、きちんと効いてますね。最初は黒マー油系の調味油で仕上げるのかと思ってたんですけど、別添の特製油は無色透明で、焦がし風味も黒マー油系の芳ばしさとは違い、まるで肉を炙ったような芳ばしさを感じる調理感のあるものでした。この芳ばしさは印象に残りますね。そしてベースになっているスープですが、豚骨臭こそ抑えてあったものの、特製油の油脂感と共に動物性の要素はハッキリとしていて、また魚粉の主張もハッキリとしていたので、互いが拮抗しているような雰囲気。さらに焦がし風味が加わってくるので、まさに三つ巴なんですけど、打ち消しあったり喧嘩したりせず、主張の強い三者が良い意味でぶつかり合っている感じでした。スープが強いおかげで例の油揚げ麺も支えることが出来ていたし、極端でありながら大味ではない仕上がりが好印象。そこまでタレには輪郭がなかったので、ややボヤけたような印象が無きにしも非ずだったんですけど、焦がし風味に特徴があったことと、魚粉とローストガーリックのパンチでカバー出来ていたと思います。ただ、どうしても油揚げ麺特有の風味が後半にかけて滲んできたので、そこだけが残念でした。それから特濃の要素ですが、もうちょっと豚骨の骨っぽさがあると嬉しかったかなぁ。東洋水産は鶏だと強いんですけどね。

かやくは、「味付豚肉、キャベツ、ローストガーリックチップ、ねぎ」とのこと。キャベツは集めると少ないわけではなかったのですが、ひとつひとつのサイズが小さく、混ぜてしまうと存在感は薄め。ネギも同じく、混ぜるとオマケでした。しかし、味付豚肉のクオリティは相変わらず高くて、とてもリアルな肉質を感じさせれくれます。この肉具材は、東洋水産の大きな強みですよね。今回はスープに焦がし風味があるので、その兼ね合いもあって普段以上に美味しく感じました。ローストガーリックは小さめに砕かれているので、具材というほどのサイズ感ではなかったのですが、味として寄与している部分が大きく、明確なパンチを与えてくれています。ローストガーリックの芳ばしさはスープの焦がし風味と方向性が違うので、黒マー油とローストガーリックのような同じ路線にある相乗効果は見込めませんが、コントラストがアクセントになっていて非常に良かったです。

(標準は★3です)

無骨な油揚げ麺のネガティブさを完全に払拭することは出来ませんでしたが、最近は随分と麺を上手く使えるようになってきたと思います。かなり自己主張の強い油揚げ麺ですが、スープや具材のローストガーリックがしっかりとしていたので、全体的なバランスが良かったんですよね。ちょっと再現カップ麺にしてはカップ麺らしい仕上がりかもしれませんが、ヘタに気張ってコケるよりも好印象。特に今回は焦がし風味が肉を炙ったような芳ばしさだったので、きちんと印象に残る風味でした。以前、「シュラスコ」をテーマにしたカップ麺があったんですけど、それに似た芳ばしさですね。ただ、油揚げ麺の難点(特に戻りの悪さに関して)は、カップ麺としてどうなのよ、ってレベルの問題を抱えているので、ここは改善点です。それに今回はスープにトロミ成分が含まれていたので、余計に戻りにムラが生じやすくなっているかもしれません。まぁ東洋水産のタテ型カップ麺に愛があればギリギリ許容範囲内ですけどねw もともと私は東洋水産のタテ型ビッグ製品が好みなんですけど、それを差し引いても随分と前より印象が良くなってきたと思っています。それから自分としては珍しく、海苔が合いそうだなー、と思いました。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:マルちゃん 縦型ビッグ 麺家うえだ 焦がし風特濃
製造者:東洋水産
内容量:109g (めん80g)
発売日:2015年11月23日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4901990334532

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:430㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:1袋 (特製油)

~標準栄養成分表~

1食 (109g) あたり

エネルギー:506kcal
たん白質:12.1g
脂質:22.9g
炭水化物:62.8g
ナトリウム:2.5g
(めん・かやく:1.1g)
(スープ:1.4g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.50mg
カルシウム:190mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:506kcal (めん・かやく:378kcal / スープ:128kcal)
食塩相当量:6.4g (めん・かやく:2.8g / スープ:3.6g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、粉末野菜、チキンエキス、香辛料、卵白)、添付調味料(ポークエキス、植物油、ラード、食塩、でん粉、醤油、砂糖、粉末さばぶし、粉末かつおぶし、香味油脂、香辛料、酵母エキス、発酵調味料、たん白加水分解物)、かやく(味付豚肉、キャベツ、フライドガーリック、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、カラメル色素、香料、炭酸カルシウム、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、pH調整剤、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、ごま、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・ゼラチン・大豆・豚肉・鶏肉・さば・ごま

引用元URL:http://www.maruchan.co.jp/news_topics/documents/1511_mennyaueda.pdf

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
この製品は2013年のバージョンは食べていますが、
スープがすごく美味しかったのを覚えています。
麺は今回のバージョンはかなり太目に変わっているように見えます。
あの美味しいスープ、もう一回いただきたかった・・・(^_^;)
なぜ買わなかったのだろう??
でもこの麺は自分には向かない雰囲気ww
Re:たういパパ
自分は今回が初めてでした!

懸念していた麺とのバランスも問題なかったし、
肉を炙ったような焦がし風味が個性的で、
きちんと印象に残る仕上がりでしたね。

> なぜ買わなかったのだろう??
いやもう完全に東洋水産のタテ型ビッグだからでしょうw
もはや見かけても本能的に避けているのかもしれませんね(笑)
No title
>東洋水産のタテ型ビッグだから
↑あっ、モロバレやww
本気盛ブランドでも通用しそうな雰囲気やし・・
Re:たういパパ
> >東洋水産のタテ型ビッグだから
> ↑あっ、モロバレやww
はいなw 息子たるもの心得ておりますともw

> 本気盛ブランドでも通用しそうな雰囲気やし・・
というか、このカップ麺のクオリティを「本気盛」の
デフォとして見習って欲しいくらいだったんですよね。

シリーズは違いますけど、東洋水産のタテ型ビッグは
少なくともこうあるべきだ、って感じの雰囲気でした。

もしこれがシリーズの標準クオリティになれば
本気盛シリーズも随分とイメージアップすると思います!

最近は麺とスープのバランスも平均的に良くなってるので、
前よりハードルは下がったように感じてるんですけどね。

ただ…そもそも “あの麺” がダメなら未だアウトですw
No title
こんばんわ^^

お・・・夜食にはいきませんよ~w

最近正月太りがかなり問題で
スーツがはいらなく・・・

寒いので気を付けてくださいね。
Re:カブトムシさん
こんばんは!

おっと・・・正月太りが尾を引いてますかw
適度な運動と食生活の改善でシェイプアップです!

ほんと急に寒くなりました・・・
カブトムシさんも気を付けてくださいねー。
No title
takaさん、こんばんは!

正月太りどころか少し増やそうとしても増えない奴が来ましたよ!
相変わらず45kg台の範囲でふらふらと推移しております(●・ω・)

お腹を壊しておかゆ生活とかやってたからでしょうけども;

たしか2013年版は清湯系の「焦がし風醤油」でしたね!
このときも焦がしの風味が良く、なかなかの内容でした!
http://fairysbible.blog22.fc2.com/blog-entry-2020.html

一方で2012年に出たYahoo関連の本気盛版は最悪でしたが;

今回は2012年の本気盛版のリニューアルに近い形ですが、
当時の弱点を払拭して一気に完成度が上がってましたね!

どうしても無骨過ぎる麺が多少気になりはしますが、
スープの焦がし風味が今回も非常によく効いていて、
他にはないタイプのスープに仕上がっていましたね!

東洋水産の濃厚系縦型のあるべき形の一つとも言えるような、
ワイルドながらもきつくない絶妙の内容だと思いました!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
> 正月太りどころか少し増やそうとしても増えない奴が来ましたよ!
BMIが13.8のヤヴァい奴がお迎えします(笑)

> 相変わらず45kg台の範囲でふらふらと推移しております(●・ω・)
身長は168cmなんですけど、体重はかーとさんより低いですね(苦笑)

> たしか2013年版は清湯系の「焦がし風醤油」でしたね!
> 一方で2012年に出たYahoo関連の本気盛版は最悪でしたが;
「麺屋うえだ」自分は今回が初めてだったのですが、
2012年版では珍しくかーとさんが酷評してましたね・・・w

今回は麺とスープのバランスも良かったし
何より焦がし風味に個性を感じられたのが良かったです!

「本気盛」の基礎クオリティは
是非このあたりで安定して欲しいですね(笑)

自分は無条件で好きなシリーズでもあるんですけど!w

管理者のみに表示

トラックバック