エースコック「新潟燕三条系背脂醤油ラーメン」



おそらく現在絶賛帰宅中(予約投稿)

本日の一杯は、エースコックの「新潟燕三条系背脂醤油ラーメン」です。「燕三条系ラーメン」とは、新潟県の燕市,三条市を中心に食べられているラーメンで、工場労働者たちの要望を汲んだ新潟のご当地ラーメンとして、今では全国的にも有名ですよね。私はザックリと、「極太麺」「煮干」「濃いめの醤油」「大量の背脂」「具材の玉ねぎ」が特徴だと解釈しています。ちなみに実際の燕三条系ラーメンを本場で食べた経験はないので、あくまでも世間の一般的なイメージから構築したに過ぎないんですけどねw この製品はファミリーマート限定発売のカップ麺で、2014年3月にも専売カップ麺として販売されていましたが、この2015年版と2014年版の栄養成分表は全く同じなんですよ。パッケージのデザインも変化なし。ほぼ完全な再販と見て間違いないでしょう。旧ブログでは記事にしているのですが、FC2に移転してからは初の実食ですし、前回とても美味しかったと記憶しているので、記録しておきたいと思います。ちなみに初めて燕三条系ラーメンに触れるきっかけとなったのが、このカップ麺だったんですよね。ちょっとした思い出の一杯です。





は、極太麺ではありませんが、やや幅のある平打ちノンフライ麺で、すするとピロピロッ、と跳ねるような躍動感があり、奥歯で圧迫するとモチモチとした弾力のある歯応え。何て言うか雰囲気、うどんっぽい顔立ちです。実際の燕三条系ラーメンの麺は、うどんのような極太麺がデフォルトにあるそうなので、そういった質感を意識したのかもしれません。だとすると少なからず通じる部分はあると思いますし、ひとつのノンフライ麺としての完成度も一定の水準をキープしていて、うどんっぽい雰囲気だったからこそスープとの相性も良かったんだと思います。ただ、スープの油膜に保温効果があったので、やや経時劣化耐性に弱さを感じましたが、そこを除けば特に問題らしい問題はありませんでした。これならノンフライうどんも作れるのでは? と思うんですけど…どうでしょう(笑)

スープは、煮干が攻め立ててくるような攻撃性こそありませんが、後口に広がる旨味と香りには確かな煮干を感じますし、何と言っても大量の背脂が印象的なスープに仕上がっています。後入れの液体スープの中身は、ほぼ背脂を中心とした油脂成分なんですけど(湯煎派注意)獣系の油脂感がスープに確かな厚みをもたらし、煮干の旨味と絶妙に絡み合っていて、旨味に深みのある味わいに。タレには醤油の輪郭を感じるものの、多めの背脂が醤油のカドを包み込み、尖り過ぎないように塩梅調整を行ってくれているような印象。もうちょっと煮干の癖が強くても、という不満は無きにしも非ずですが、背脂を楽しむというスタンスで食べても期待を裏切らない背脂の存在感にはとても好感が持てますし、バランス型として素直に楽しめるスープだと思います。相変わらずエースコックは背脂に強いですね。背脂らしい粒感や特有の甘味がきちんと感じられる質の高い背脂で、それが申し分なく入っているわけですから、ここに思い切ってコストをかけたのは正解だったでしょう。ハイエンドクラスのカップ麺ですが、背脂系としての出来は最高クラスと言っても過言ではないと思います。こってりしてるんですけど、背脂の質が良いから嫌味ではないんですよね。背脂系のスープが好きな人には、特にお勧めしたいです。

かやくは、玉ねぎ,メンマ,ネギですね。肉系の具材は入ってませんが、何と言っても効果的なのが玉ねぎ。自然な食感と特有の甘味が絶妙なアクセントになっていて、燕三条系らしさを感じさせてくれます。エースコックの背脂には安心感があるのですが、この玉ねぎも実は隠れたエースコックの名脇役なんですよね。頻繁に用いられるスープのオニオンパウダーも然り、エースコックは玉ねぎにもこだわりがあるのかもしれません。肉具材の無い寂しさはスープに浮かぶ多めの背脂が補ってくれますし、効果的な玉ねぎが印象に残る個性となっていて、私は不足感を感じませんでした。メンマの食感はしんなり系なんですけど、味付濃いめで発酵感もあり。サイズもそこそこ大きかったし、量にも不足感は無く、箸休めになって良かったです。ネギも歯応えがあって、こちらもアクセントに効果的でした。

(標準は★3です)

実際の燕三条系は極太麺のはずですし、もっとスープの煮干も強いんじゃないのかな、というイメージが漠然とあるんですけど(あくまで個人の想像ですw)煮干の旨味と大量の背脂と具材の玉ねぎが明確な個性となっていて、ひとつのカップ麺として見ても非常に総合力が高く、質の良い背脂と程よい煮干のコントラストを楽しむ為の一杯として上出来だと感じました。たしか取得価格は250円近いハイエンドクラスのカップ麺なので、それを踏まえると★6に踏み切れなかったのですが、個人的には買い置き決定の域です。もうちょっと煮干には攻めてもらいたかったところだったんですけど、全体のバランスを考えた場合、このくらいの主張が絶妙なのかもしれませんね。質の良い背脂が申し分なく入っていることで、価格帯にも納得ですし、手軽に燕三条系ラーメンの雰囲気を感じられる、という部分にも再現カップ麺ならではの良さがありました。2014年から特に手を加えることなく、ホームページの新商品一覧にも掲載されずw しれっと再販されたカップ麺だったんですけど、前作の完成度が高かったので、全くの再販は素直に喜ばしかったです。経営統合によってオリジナルカップ麺の行末がどうなるか、未だハッキリとしたことは分かりませんが、このカップ麺は今後も引き続き定期的に販売して欲しいと思います。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:新潟燕三条系背脂醤油ラーメン
製造者:エースコック
内容量:103g (めん65g)
発売日:2015年11月17日 (火) ?
発売地区:- (Family Mart)
希望小売価格:-
JANコード:4901071282844

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:460㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:3袋 (粉末スープ・液体スープ・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (103g) あたり

エネルギー:429kcal
たん白質:8.5g
脂質:18.2g
炭水化物:57.7g
ナトリウム:2.3g
(めん・かやく:0.7g)
(スープ:1.6g)
ビタミンB1:0.21mg
ビタミンB2:0.24mg
カルシウム:217mg

(食塩相当量:5.8g)

原材料名:めん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、大豆食物繊維、卵白粉)、スープ(豚脂、食塩、砂糖、鶏・豚エキス、でん粉、しょうゆ、魚介エキス、たん白加水分解物、香辛料、オニオンパウダー、酵母エキス)、かやく(玉ねぎ、メンマ、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、トレハロース、カラメル色素、炭酸カルシウム、増粘剤(増粘多糖類、加工でん粉)、乳化剤、重曹、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE、ビタミンC)、香料、酸味料、微粒二酸化ケイ素、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(原材料の一部に卵、乳成分、さばを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・さば・大豆・鶏肉・豚肉

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
これ自分は2014年版を記事にしていたので購入しませんでしたが、
まったくの焼き直し製品だったのですね!
でもスープの美味しさはMAXなので焼き直しでも十分OKでしょう。
自分もスープの評価が満点の★5個でした!(^O^)/
定期的に販売してほしいのはホントに同感です!
Re:たういパパ
> まったくの焼き直し製品だったのですね!
はい、まったくの焼き直しと見て間違いないでしょう。
そして仰る通り前作が秀逸だったので嬉しい再販です!

エースコックは背脂に強いメーカーなので、
そのチカラが遺憾無く発揮されているようでした。

経営統合によるオリジナルカップ麺の行末が気になりますが、
プライムワン然り、質の高い製品は開発販売を継続して欲しいですね。
No title
takaさん、こんばんは!

背脂系カップ麺としてはこれが完成度で突出してますね!

エースコックの背脂に対する強さも発揮されていて、
なおかつそのバランスの良さも光ってますし、
変にアレンジしていないのも正解かもですね!

麺だけは多少変化をつけるのもアリかもしれませんが!(=゚ω゚)

煮干はもっと強くてもいいかもしれませんが、
煮干し・背脂・玉ねぎという燕三条系の
三大要素がきちんとそろっているのも高得点ですね!

ところで「フレンチヌードル 海老のビスク」の記事での
最初のコメントで「汚名挽回」とあったことを受けてか、
その後のtakaさんの返答では「汚名返上」と「名誉挽回」と
正しいほうの2つのフレーズがさりげなく入ってましたね!笑

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

やはりエースコックは背脂に強い!
それをハッキリと体感させてくれるカップ麺ですよね!

どこかひとつ突出させてもとは思いますが、
バランス型としては秀逸なカップ麺だと思います。

これは是非とも開発を続けて欲しいですね!

> ところで「フレンチヌードル 海老のビスク」の記事での
> 最初のコメントで「汚名挽回」とあったことを受けてか、
> その後のtakaさんの返答では「汚名返上」と「名誉挽回」と
> 正しいほうの2つのフレーズがさりげなく入ってましたね!笑
おおっw かーとさん私よりもチェックマンw
特に意識はしてなかったので、言われて気が付きましたよ(笑)


管理者のみに表示

トラックバック