日清食品「フレンチヌードル 海老のビスク味」



今宵は神戸三宮で、愛人と密会です。馬肉いっぱい食べてきまーす(上機嫌)

さて、本日の一杯は、日清食品の「フレンチヌードル 海老のビスク味」です。イオングループ限定発売のカップ麺で、イオングループが展開しているフェアに合わせて開発されたカップ麺かと思われます。前回の “行ったつもりでイタリア気分” 「イタリアンヌードル マルゲリータ味」は完成度が高く、記事にはしていませんが、「ニューヨーク トマトクラムチャウダーヌードル」も完成度が高かったので、必然的に期待していたカップ麺だったんですけど、ちょっと私の周りでは残念な評価が多いんですよね…。なので期待値は下げて食べるつもりですが、 “日清食品 × ÆON × ヌードル × 海老のビスク味” なんて言われたら、やっぱそれなりに期待しちゃいます。ちなみに「ビスク」とは、エビやカニなどの甲殻類や野菜などを裏漉して作ったクリームスープのことなので、そんな濃厚さを感じたいですね。





は、「カップヌードル」などに使用されている油揚げ麺とは違い、平打ちではない細身の油揚げ麺となっています。プリプリとした歯切れの良さが特徴だとは思いましたが、取り立てて完成度の高い油揚げ麺とは思えませんでした。それに麺自体の存在感は控えめなタイプだと思うんですけど、スープの馴染みがイマイチで、ちょっと麺が浮いてます。これはスープ側にも原因がありますが、カップヌードルのような馴染みの良い平打ち麺を採用したほうがバランスとしてはマシだったかも、と思いました。もしくは麺自体にもエキスで味付を施すなど、工夫が必要だったかと思います。スープが弱かったこともあって、油揚げ麺特有の風味も気になりました。私は油揚げ麺特有の風味には寛容なほうだと勝手に自負しておりますが、後半は無神経なほどスープに影響していて、かなり野暮ったかったです。

スープは、「海老と野菜の旨みを効かせた濃厚なスープが特徴」とのこと。たしかに海老の風味は感じられるものの、どこか核がないというか、コクに欠けるというか、とりあえず濃厚ではないですね。イマイチ題材を活かしきれていないというか、中途半端な印象を受けました。クリーミーさは無きにしも非ずなんですけど、ビスクらしい裏漉し感に期待すると肩透かし。そしてトマトが割と強めに主張してくるので、海老の風味と喧嘩してるような気がしました。橋渡しになるようなアクセントがあると印象も違ってきたと思うんですけど、歯車的なパーツが抜けているというか、海老のビスク味、って言われるとイメージは違うと思います。海老の要素は具材から滲み出る風味も相俟って、それなりに感じられたものの、甲殻類を裏漉したような海老感ではなかったし、結構トロミが付けられたスープだったんですけど、ワザとらしくて人工的。麺の項目でも触れましたが、時間の経過と共に油揚げ麺の風味が遠慮無く侵食してくるので、後半は完全にピンボケしました。

かやくは、フライドポテト,味付えび,トマトですね。カップのサイズを考慮すると、ちょっと量は少なめです。フライドポテトは、「カップヌードルカレー」と同じ具材でしょうか。ホクホクとした食感とポテトの風味が明確な安定の美味しさで、単体で見ると文句無し。ただ、スープと合っているかと言われると可も無く不可も無しでした。海老のサイズは小さめだったんですけど、そこそこの量は入っていたし、風味は申し分無かったし、スープの味にも寄与していたと思います。トマトはもっと主張してくるかと思ったのですが、意外と存在感は控えめでした。

(標準は★3です)

うーん、前評判通りと言うか、何と言うか…。正直、イマイチでした。海老の風味はそれなりだったんですけど、ビスクっぽさは感じられず。それに麺とスープのバランスにも難があって、そのままだと明らかに麺とスープが離れていたので、一体感を持たせようと気持ちゆっくり食べたのですが、それが裏目に出てしまい、スープに侵攻する油揚げ麺臭のほうが最終的に目立っちゃってて、結局ボヤけたまんま終わってしまいました。さらに麺量の多さが仇となり、途中から単調さが否めず、なんか惰性的だなぁ…って思いながら食べなければいけなかったのが悲しかったです。開発途中で妥協したような中途半端さが目立っていて、完成度の低さが露骨でした。もうちょっと頑張れたと思うんですけどね。残念です。でも日清食品とÆONのコラボカップ麺は基本的に完成度が高いので、気を取り直して次回のフェアに期待ですね。兎にも角にも、このまま失速しないことを祈ります。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:フレンチヌードル 海老のビスク味
製造者:日清食品
内容量:107g (めん85g)
発売日:2015年11月16日 (月)
発売地区:全国 (イオングループ限定)
希望小売価格:178円 (税別)
JANコード:4902105239629

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:410㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:無

~標準栄養成分表~

1食 (107g) あたり

エネルギー:501kcal
たん白質:10.1g
脂質:20.7g
炭水化物:68.7g
ナトリウム:1.9g
(めん・かやく:0.9g)
(スープ:1.0g)
ビタミンB1:0.27mg
ビタミンB2:0.25mg
カルシウム:117mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:501kcal (めん・かやく:439kcal / スープ:62kcal)
食塩相当量:4.8g (めん・かやく:2.3g / スープ:2.5g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩)、スープ(糖類、豚脂、小麦粉、でん粉、乳等を主要原料とする食品、クリーミングパウダー、魚介調味油、玉ねぎ、オニオンパウダー、えびパウダー、トマトパウダー)、かやく(フライドポテト、味付えび、トマト)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、カラメル色素、かんすい、炭酸Ca、酸味料、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、ベニコウジ色素、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(原材料の一部に卵、大豆、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・えび・豚肉・大豆・ごま

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
これ、それまでの2製品に比べてかなり自分も評価低いです。
今までの2製品がよかっただけに期待を裏切られた感じでした。
ニューヨーク→イタリア→フランスときて次はどこ??
次はこの製品の汚名挽回してほしい。
Re:たういパパ
そうなんですよね・・・今までの完成度が高かっただけに
おいおい一体どうしたんだ? って感じでした(苦笑)

全体的に中途半端さが否めなくて、
開発途中なんじゃないかと思ったくらい。

次回作での汚名返上を願います!

> ニューヨーク→イタリア→フランスときて次はどこ??
個人的には南米あたりが来て欲しいです(笑)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re:鍵コメさん
すいません・・・(汗)

確認されたと思うので対処しておきますね!
No title
takaさん、こんばんは!(=゚ω゚)

「なんでこんなに物足りなくなってしまったのだろう」感が
食べてるうちにあふれ出てくる感じでしたね;

これまでこの手のシリーズは良作ぞろいだっただけに、
今回のスープと麺のバランスの悪さは意外でした;

スープだけで見るとそれなりに海老の旨さはあるものの、
それほど強いはずではない麺に完全に負けてしまっていて、
量も多いせいで後半はひたすら単調になるという、
どうにももったいない印象の残る仕上がりでした!

タバスコあたりで味変すれば面白かったかもですが、
いずれにしてもそのままでは弱みがありましたね;

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

前評判から期待値は下げて挑みましたが、
それでも今までの完成度が高かっただけに、
もうちょっとナントカ・・・と、思ってしまいました。

目の付け所は良かったと思うんですけど
日清食品 × ÆONならもっと質の向上は図れるかと!

> スープだけで見るとそれなりに海老の旨さはあるものの、
> それほど強いはずではない麺に完全に負けてしまっていて、
> 量も多いせいで後半はひたすら単調になるという、
> どうにももったいない印象の残る仕上がりでした!
まさにそんな感じで(苦笑) 今回は残念でした。

自分はソース系の調味料をあまり使いませんが
たしかにタバスコ投入は効果的かもしれません!

とりあえず次回作での名誉挽回に期待したいと思います!笑

管理者のみに表示

トラックバック