明星食品「明星 ぶぶか大盛 にんにく背脂豚骨らーめん」



私は毎晩、アボカドを半分ずつ食べているのですが、いつも仕入れてるスーパーのアボカドが最近ちょっと安定してなくてですね…熟し過ぎて腐りかけてるか、青くて若すぎるか…まぁ腐りかけてるのは論外としてw 若い実なら夏場なんかだと放置しとけば家で熟せますけど、この時期そうもいかず。というわけで、私は考えました。適度な温もりを断続的に与えられる場所を…それは大型冷蔵庫の上! もちろん種類にもよりますけど、我が家の冷蔵庫は上部が常に一定の熱を持っているので、そこに置いておけば数日かけてゆっくりと食べ頃を見計らうことが出来るんです。アボカドを育てているわけではありませんが、それに近い感覚というか、そろそろ食べ頃かなー、ってウキウキしたり。自分としては画期的な発見でしたw

さて、本日の一杯は、明星食品の「明星 ぶぶか大盛 にんにく背脂豚骨らーめん」です。2015年から急に「ぶぶか」の新商品が盛んになってきましたね。「油そば」に「ラーメン」どちらも定期的にリリースされるようになってきました。前回は「にんにく辛豚骨」で、今回は「にんにく背脂豚骨」とのこと。「ぶぶか」監修のカップ麺は、いつもニンニクが効いてるので、今回も楽しみです(ニンニク好き)





は、「表面はなめらかでしなやかな食感に仕上げた、食べやすい中細のストレート麺」とのこと。「ぶぶか」ラーメンシリーズの汎用麺でしょうか。ほぼ縮れの無いストレート状の油揚げ麺で、断面は丸く、しなやかさと歯切れの良さが光ります。いやいや、明星食品はノンフライ麺でも油揚げ麺でも、こういった麺を作るのが上手ですね。スープとの相性も良かったし、麺単体としても素直に楽しめる油揚げ麺だと思います。指定は熱湯3分ですが、硬麺好きは少し早めに切り上げても問題無いでしょう。相変わらず完成度の高い油揚げ麺でした。

スープは、「炊き出した豚骨に香味野菜、醤油で味を調え、ペッパーでキレのある背脂豚骨スープににんにくを加え、パンチのある味わいに仕上げた『ぶぶか』監修によるオリジナルスープ」とのこと。例に漏れず豚骨の癖は抑えてありますが、にんにく背脂と銘打つだけあって、しっかりとガーリックの風味を感じます。激しく人を選ぶほどのインパクトではありませんが、食事の後に人と会う予定がある日は控えたほうがいいかも、くらいの主張は感じられました。ベースの豚骨自体は濃度の高いタイプではありませんが、ジャンクな旨味を感じる豚骨味で、ラードのコクで確かな厚みがあります。香味野菜のアクセントも程よく効いていたし、中でも後口にキレを生んでいたペッパーの刺激が的確で効果的でした。ちょっと豚骨の甘さとは違う甘味も目立っていたのですが、製品のジャンクな方向性を考慮すると、そんなに違和感なく受け入れられるかと思います。いや、もしかしたら具材のフライドガーリックを噛んだ後に、余韻として残っていた甘味だったのかも。ちなみに背脂ですが、よく見ると固形状の脂が浮いてます。箸でも掴もうとすると崩れてしまうほど繊細な塊で、それほど量も多いわけではなく、思ったほど主張はしてなかったんですけど、確かに動物性の厚みを生んでいたし、意識的に味わうと背脂らしいコクと甘味が感じられました。普段、液体スープを湯煎したり温めている人は、今回しないほうがいいかと思います。いやでも粉末スープにも塊? が入ってたからもしかするとそれだったのかも…? ちょっとトロミのあるスープなんですけど、気張って何かを演出しようとした、というよりも単純に麺との一体感を高める為に、って感じだったので、特に違和感は無かったです。

かやくは、「そぼろ肉にスクランブルエッグ、ネギで彩りを加え、フライドガーリックを組み合わせたパンチのある具材」とのこと。そぼろ肉はダイスミンチ的なジャンクな肉具材で、ちょっと甘めの味付。麺は本格さすら感じさせる仕上がりですが、全体の方向性がジャンクな方面を向いているので、この肉具材で正解です。スクランブルエッグも明星食品の大盛バケツ型製品ではお馴染みのタマゴで、ほんのり甘めの味付。いつもは単体で取り敢えず美味しいイメージのあるスクランブルエッグですが、今回はスープとの相性も意外に良くて、安心感と同時に明確な存在価値が見出せました。フライドガーリックの主張は顕著で、当たり前ですが、噛むと思いっきりニンニクですw ガーリックのインパクトがモロに楽しめますよw フライド具材特有の芳ばしさと苦味、そしてニンニク特有の辛味を残してあったことが印象的で、これによって製品の攻撃性が高まり、全体のジャンクな印象を底上げ。相変わらずリアルだったし、非常に効果的な具材でした。コストの関係上、難しいことは分かってますけど、フライドガーリックだけ別包装にして後入れ指定だと最高なんですけどね。あとはニラの相乗効果があると嬉しかったかも。

(標準は★3です)

本格さすら感じる完成度の高い油揚げ麺に、それと違和感なく合わさる背脂のコクとジャンクな旨味とペッパーのアクセントが光るスープ。具材のフライドガーリックが製品の攻撃性を明確なものとし、「ぶぶか」監修のカップ麺らしい雰囲気を感じられたことが良かったです。スープの原材料を見ると少し複雑なんですけど、結果的な纏まりとしては小難しさが無く、だからと言って大雑把でもなくて、質より量といったようなネガティブな印象は与えないと思いますし、絶妙なラインのジャンクさが大盛バケツ型特有の荒さを上手くカバーしていました。ただ、せっかく商品名に背脂とあるので、ここはもうちょっと頑張ってもらいたかったですね。とは言え、カップ麺らしいジャンクさが楽しめる刺激的な豚骨ラーメンという視点から見ると、きちんと楽しめる一杯だと思います。どうせ大盛バケツ型のカップ麺を食べるなら、積極的にチョイスしたいと思えるカップ麺でした。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:明星 ぶぶか大盛 にんにく背脂豚骨らーめん
製造者:明星食品
内容量:116g (めん90g)
発売日:2015年11月16日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4902881418317

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
容器胴巻:紙
必要湯量:500㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:2袋 (粉末スープ・液体スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (116g) あたり

エネルギー:530kcal
たん白質:14.2g
脂質:23.7g
炭水化物:65.0g
ナトリウム:3.0g
(めん・かやく:1.0g)
(スープ:2.0g)
ビタミンB1:0.27mg
ビタミンB2:0.30mg
カルシウム:137mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:530kcal (めん・かやく:443kcal / スープ:87kcal)
食塩相当量:7.6g (めん・かやく:2.5g / スープ:5.1g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、卵粉、大豆食物繊維)、スープ(豚・鶏エキス、ラード、食塩、乳等を主要原料とする食品、たん白加水分解物、香味油、酵母エキス、背脂加工品、香辛料、しょうゆ、発酵調味料、デキストリン、ねぎ、糖類、植物油脂、香味調味料)、かやく(鶏・豚味付肉、卵、フライドガーリック)、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、香料、炭酸カルシウム、かんすい、加工でん粉、カラメル色素、乳化剤、酒精、カロチノイド色素、甘味料(スクラロース)、リン酸塩(Na)、セルロース、酸化防止剤(ビタミンE)、微粒二酸化ケイ素、膨張剤、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部にごま、さばを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・さば・大豆・ごま

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/4792

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
お師匠さま、こんにちわ^^
おひさしぅございます。

仕事がひと段落いたしまして
やっとのことで成果も
見えてまいりましたー^^

と、言っても日々勉強ばかりで
忙しいのにかわりないのですがw
実は来年か再来年あたりに
おはずかしながらこの歳で
大学へいこうと思いまして
色々と考えておる最中です。

またきまあす。
Re:カブトムシさん
こんばんは。コッチでは久しぶりですね。

仕事お忙しいんだろうなぁ・・・
って思いながら、ちょっと心配してたんですけど、
ひと段落&成果が見えたとのことで少し安心しました。

> 大学へいこうと思いまして
いいじゃないですか! そういうの素敵です! 本当に!
きっと、勇気の必要な決断でしたよね。応援してます!!
No title
自分は勝手に「ぶぶか」ブランドはあの油そばで暴れん坊的なイメージが
付いてしまっていて、
コレ食べた時はちょっと肩透かし食らった雰囲気でした。
ぶぶか→キワモノ系って先入観がありましたのでww

でも実際は製品的にはとてもまじめに作られた堅実派のとんこつラーメン
ッて感じでひじょうによかったですね。

スープの独特の甘さがとても印象的でした。
背脂ギンギンじゃなかったのが肩透かし・・・(^_^;)
Re:たういパパ
たしかに「ぶぶか」のインパクトが先入観にあると
やや今回は大人しい仕上がりだったかもしれませんね。

もちろんニンニクの要素は明確に感じられますが
それでもあくまで主張は常識の範囲内だと思いますし
自分の中では汁ありだとソツのないイメージがあります!

> スープの独特の甘さがとても印象的でした。
たしかに。なんかジャンキーな甘味でしたよねw
なんともカップ麺らしくて良かったと思います(笑)

> 背脂ギンギンじゃなかったのが肩透かし・・・(^_^;)
そうなんですよねー。ここもうちょっと頑張って欲しかった。
No title
takaさん、こんばんは!

「背脂豚骨」として見るとややさみしげでしたが、
ぶぶからしいにんにくのパンチに胡椒の刺激が加わり、
ジャンク系豚骨らしさはありましたね!

「背脂豚骨」としての狙いどころとは
ちょっとずれてしまってる感はありましたが!

できればぶぶかとして「背脂豚骨」を出すなら、
強烈なにんにく+大量の背脂で攻めてほしかったですが、
コスト面等々からなかなか難しかったのですかね!(=゚ω゚)

ラーメンは油そばに比べるとやや大人しい印象があるので、
今後はラーメンでも大暴れするようなものに期待したいですね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

> 「背脂豚骨」として見るとややさみしげでしたが、
ここに注目してしまうと確かに寂しさは否めませんが、
きちんと「ぶぶか」らしさが感じられたのは良かったです。

個人的にはもうちょっと尖らせてくれても良かったのですが!
それこそ仰るように強烈なガーリック&大量の背脂とかw

たしかにラーメンは油そばと比べて大人しい印象がありますね。

まるか食品やエースコックも度肝を抜くようなインパクトを
持たせて欲しいところですが、まだ今の明星食品では厳しいかもしれませんね。

かつての豚骨臭全開スープが懐かしいです(泣)

管理者のみに表示

トラックバック