日清食品「有名店シリーズ 銀座いし井 中華ソバ」



マクドナルドで1月5日(火)から絶賛発売中の “おてがるマック” ニューカマー、「チキンチーズバーガー(チキチー)」を食べてみました。ソースは「てりやきマックバーガー」や「チキンフィレオ」にも使われているマヨネーズベースのMスイートレモンソースで、具材はチキンパティとレタス。バンズは胡麻がトッピングしてあるタイプのやつで、チキンパティは「チキンフィレオ」のような鶏ムネの一枚肉ではなく、100円マックの「チキンクリスプ」に入っているスパイスの効いたチキンクリスプパティ(成型肉)でした。ちょうど「チキンフィレオ」と「チキンクリスプ」の合いの子、って感じですね。そこにチーズが入って200円なんですけど、「チキンフィレオ」が340円、「チキンクリスプ」が100円という事を考慮すると、ギリギリ妥当なラインでしょうか。結果的に色々と差し引いてマクドナルド側が得するような立ち位置にあるような気もしますけどw コスパは「チキンクリスプ」に軍配ですが、手軽に “なんちゃってチキンフィレオ” が食べたい気分の時には丁度いいかもしれません。なんたってコンセプトは “おてがるマック” ですからね。

さて、本日の一杯は、日清食品の「有名店シリーズ 銀座いし井 中華ソバ」です。毎回このシリーズを食べる時、同じこと書いてるような気もしますけど、このシリーズはタテ型で油揚げ麺の製品なのに、まったくと言っていいほど一般的に懸念されるネガティブな印象が無いんですよね。基礎クオリティが高いんです、本当に。なので必然的にハードルも上がってしまうのですが、今のところ難なく飛び越えているのではないでしょうか。今回は別添に特製鶏油と書かれた小袋が貼り付けてあるので、鶏油好きとしては更なる期待値の上昇が否めません。ちょっと小袋は小さいけど、鶏油が効いてるといいなー。ちなみにシリーズ第8弾だそうです。





は、「しなやかな食感のスープがよく絡む中太麺」とのこと。しなやかで縮れの無い平打ちストレート麺で、やや加水率の低い歯切れの良さが印象的。そして油揚げ麺なのに特有のネガティブな印象が非常に控えめである、というのが最大の特徴であり、このシリーズが持つ最大の強みだと思います。そして今回は歯切れの良さに加え、噛むと軽く跳ねるような弾力があって、そういった部分にも新たな特徴を感じました。きちんと存在感がありながら、決して嫌味な主張はせず、油揚げ麺なのにスープを全く邪魔しませんし、タテ型カップに採用されている油揚げ麺の中では最高峰と言っても過言ではないでしょう。風味こそ違いますが、歯触りや喉越しの良さだけで言うと、中華麺よりも和蕎麦に近い感じですね。なので魚介の輪郭がくっきりとしたスープとの相性は抜群で、それでいて動物性の旨味も明確にある為、これがまた “中華そば” らしいと感じられる絶妙なバランス。スープ自体のバランスも秀逸でしたが、麺とスープのバランスも秀逸だったと思います。

スープは、「煮込んだ鶏をベースに、魚介や野菜のうまみを加えたコクのある濃厚スープ」で、別添に「鶏のコクとうまみを加える『特製鶏油』」とのこと。とにかくバランスが秀逸です。鶏をベースにと書いてありますが、実際には豚脂やポークエキスの効果を強めに感じますね。しかし癖は無くて、それでいて確実に動物性の色を濃く高めています。魚介は節系の芳ばしさを中心に、旨味に輪郭がありますね。濃いですよ。しっかりと動物性の要素が土台を固め、さらに濃厚な魚介感が拮抗するかのように主張し合っているのですが、決して喧嘩することなく、見事に調和を果たしていたのが素晴らしいと思いました。別添の特製鶏油は入れると特有の芳ばしい香りが立ち、それでいて口に含むと上品さを感じさせるもので、癖やパンチを与えるようなタイプではなく、全体の旨味を底上げすることに徹底しているかの様。明確な動物性のコク、輪郭のある魚介の旨味、下支えとして効果的だった野菜が持つ甘味など、その全てが混じりあう絶妙なバランスのスープでした。

かやくは、「チャーシュー、メンマ、白ネギ」とのこと。チャーシューはチップ状で情緒の無い肉具材でしたが、麺とスープの完成度を考慮すると全く以て許容範囲内。メンマは食感に力強さこそなかったものの、その歯触りは非常にリアルで、特有の発酵感を強めに感じました。この風味がスープと絶妙にマッチしていて、単なる箸休めでは終わらなかったです。白ネギも大きめカットの具材系で、白ネギ特有の甘味が印象的。香りも良く、しっかり存在感がありました。

(標準は★3です)

相変わらず強大なブランドですね。まさに期待を裏切らない仕上がりでした。魚介系が苦手な人にはお勧めできませんが、そうでなければ秀逸なバランス感は味わうべき価値のある一杯だと思います。個人的に鶏油の存在感など、どこかひとつ突き抜けた派手さがあってもいいような気はしましたけど、非常に総合力が高く、ある意味このバランスこそが突き抜けた要素と言っても過言ではないかもしれません。★の数は5としていますが、それはこのブランドの持つ基礎クオリティを考慮しての判断なので、気持ちとしては★6つけたいです(そんな時の「+」マークw)様々な旨味を凝縮した濃度の高いスープに、油揚げ麺らしからぬ上品な麺。具材こそコストをかけられなかった印象が否めませんが、それを差し引いても完成度は値段以上で、本当に質の高いシリーズであることを再確認しました。お勧めです。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:有名店シリーズ 銀座いし井 中華ソバ
製造者:日清食品
内容量:104g (めん80g)
発売日:2015年11月16日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4902105235188

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:410㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:1袋 (特製鶏油)

~標準栄養成分表~

1食 (104g) あたり

エネルギー:494kcal
たん白質:11.3g
脂質:22.8g
炭水化物:61.0g
ナトリウム:2.4g
(めん・かやく:0.9g)
(スープ:1.5g)
ビタミンB1:1.16mg
ビタミンB2:0.29mg
カルシウム:139mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:494kcal (めん・かやく:392kcal / スープ:102kcal)
食塩相当量:6.1g (めん・かやく:2.3g / スープ:3.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、たん白加水分解物、醤油)、スープ(豚脂、糖類、でん粉、ポークエキス、チキンエキス、小麦粉、醤油、魚粉、チキン調味油、酵母エキス、食塩、魚介調味油、香辛料)、かやく(味付豚肉、味付メンマ、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、かんすい、炭酸Ca、カラメル色素、増粘剤(キサンタンガム)、グリセリン、酸味料、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(原材料の一部に乳成分、落花生を含む)

アレルゲン情報:小麦・乳成分・落花生・豚肉・鶏肉・大豆

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/4823

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
このスープは魚介風味といえど自分はぜんぜんOK!
とてもおいしかったですね~。
っていうか、
全体のバランスがとてもよくとれたすばらしいカップ麺でした。

この麺は麺としての存在感はしっかりあるのですが、
スープの邪魔(臭いなど)をしないのでいつも全体が
いい製品に仕上がりますよね♪

カップ麺でもこんなすばらしい出来なら
実際のお店に行ってみたい!・・、
って、ほんとうにそういう気になります。
Re:たういパパ
> このスープは魚介風味といえど自分はぜんぜんOK!
やっぱりパパは芳ばしい節系の魚介感だと大丈夫そうですね!

このバランス感は、非常に秀逸だったと思います。
麺は相変わらずのクオリティだったし!
ほんと、間違いの無い一杯でしたね。

> カップ麺でもこんなすばらしい出来なら
> 実際のお店に行ってみたい!・・、
そう思わせる事こそが再現カップ麺の真意だと思います!
No title
ついに『いし井』きましたね♪
これはリピートしたくなる一品で、実際の店舗に行きたくなる味でした。

明日はちょっとお高い中華そばで『末廣ラーメン本舗』という
濃厚黒醤油を試してみる予定です。

ラーメンデータバンク味保証って書いてあるけど
実際はどうなのか楽しみです(*´ω`*)
Re:くま子さん
いやいや納得のクオリティですね、これは。
相変わらずレベルの高いシリーズだと思います。

> 明日はちょっとお高い中華そばで『末廣ラーメン本舗』という
ブログにもコメント行きましたけど・・・
もう買って食べちゃいましたかね(汗)
No title
takaさん、こんにちは!

これは非常にバランスが良かったですよね!

鶏と豚の動物系の要素もしっかりしてましたし、
それ以上に魚介の効かせ方が素晴らしかったですね!

それぞれの要素の立ち方がきちっとしていて、
なおかつバランスもいいとなるとスキがないですよね!(=゚ω゚)

「有名店シリーズ」らしい良さが生かされたカップ麺だったと思います!

今や最も安心して手に取れる縦型カップ麺のシリーズと言ってもいいかもですね!

粕汁の作り方はこれと言った特徴はないですね;

酒粕は遠慮せずにどさっと入れることと、
鮭は焼いてから入れるというぐらいですかね!

あとはひたすら味見しながら好みの味に調節します!

また、粕汁も2日目以降がおいしかったりするのですよね!
味のなじみ具合が1日目より格段に良くなりますし!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

これはバランス型の一杯として実に秀逸だったと思います!

動物性の要素もハッキリと感じられ、
芳ばしい魚介の効かせ方も印象に残るものでした。

シリーズの全体的なクオリティを考慮して、
やや基礎ハードルが上がってはいるものの、
それを踏まえても上出来でしたよね。

> 酒粕は遠慮せずにどさっと入れることと、
> 鮭は焼いてから入れるというぐらいですかね!
お、結構なポイントじゃないですか。メモメモ…_φ(. .*)
自分は牛乳と柚子胡椒を隠し味に使います!

> また、粕汁も2日目以降がおいしかったりするのですよね!
分かります。一晩寝かせたカレーの原理と同じような感覚ですよね(笑)

管理者のみに表示

トラックバック