サンヨー食品「サッポロ一番 カップスター 豚汁うどん 粕汁仕立て」



昨日の「サッポロ一番 カップスター すき焼き風醤油らーめん 本みりん仕立て」に続きまして、本日の一杯は、サンヨー食品の「サッポロ一番 カップスター 豚汁うどん 粕汁仕立て」です。冬になると豚汁うどんが各メーカーから発売されますが、 “粕汁仕立て” というのはインパクトがありますね。カップ麺では初めての体験です。ほんのり酒粕の風味が漂う感じなのか、しっかりと主張させているのか、兎にも角にも酒粕の存在感に注目ですね。ところで皆さん豚汁ってどう発音します? 「とんじる」? それとも「ぶたじる」? ちなみに私は「とんじる」です。





は、「もっちりとした食感のボリューム感のあるうどん」とのこと。先日の「あばれ節うどん」で暴れていた暴力的な油揚げ麺ほど強烈では無かったものの、日清食品の「日清のどん兵衛」や、東洋水産の「赤いきつね」と比較すると、完成度の低さは否めません。やはり前述した2社のように、サンヨー食品にはカップうどんの常時ラインナップが無いせいか、うどん系のカップ麺に対して若干の弱さを感じてしまいますね。湯戻し時間も熱湯3分で、何世代も前に発売されていたかのようなペラッペラなやつ。いや、個人的には好きなんですけどねw このチープさがいかにもカップ麺! って感じでw ただ、ペラペラで薄い割に油揚げ麺特有の風味は強目にあって、スープが優しかった分、余計に目立っているように感じました。この風味も個人的に嫌いではなかったので、問題無く楽しめるくらいの余裕があったんですけど、チープなスナック感を良しとするか、それとも悪しとするかで大きく評価が分かれるかもしれません。あと食べ始めた時は割と硬めだったので、途中からモチモチしてくるのかなー、と思いきや、後半は粉っぽい感じでしたw 繰り返しますが、個人的には好きです。思いっきり廉価版っぽかったけどw

スープは、「赤みそと白みそをベースに、ポークと野菜のうまみを合わせた豚汁風みそ味に、酒粕のまろやかなコクが合わさり、七味唐辛子で味を引き締めた味わいのスープ」とのこと。おっと、なかなか酒粕が明確じゃないですか。若干のザラついた舌触りも酒粕ですかね。ほんのり香る程度かと思ってたんですけど、結構フロントから攻めてきますよ。想像以上に香りにも味にも酒粕の主張が明白にあって、若干の癖も感じられたので、苦手な人はヤメといたほうがいいかも。その個性に私は好感が持てました。味噌感に鋭利なカドは無く、でも合わせ味噌らしい旨味はきちんとあります。豚らしい動物性の要素は控えめだったんですけど、とにかく酒粕の個性が際立っていた為、物足りなさは全く感じられませんでした。後口には酒粕らしい余韻が残り、七味唐辛子の適度な刺激が効果的なアクセントに。兎にも角にも、酒粕らしさが強く印象に残るスープでした。油揚げ麺は単体で食べると特有の風味を少し強目に感じましたが、スープに影響するほどではなかったので、スープを飲む分には最後まで麺が酒粕らしさを阻害することはなかったです。

かやくは、「豚肉、きざみ揚げ、ごぼう」とのこと。豚肉はリアルな肉質の感じられる歯触りで、きちんと風味にも豚肉らしさがありました。サイズは小さめだったんですけど、質の高い肉具材だと思います。刻み揚げは特に甘辛い味付が施されている様子もなくて、軽く下味を整えた程度。その分、素の刻み揚げらしい風味が家庭的というか、刻み揚げからも酒粕の風味が感じられたりして、甘辛い味付を施さなかったのが敢えてなら正解だと感じました。ゴボウは量が多く、香りが豊か。スープの味にも確実に寄与してたと思うし、小さいながらも存在感は大きかったです。食感も風味もゴボウらしさがきちんと感じられ、豚汁らしさもアップでした。

(標準は★3です)

個人的な好みは置いといて、うどんの完成度には難ありと感じた為、★ひとつマイナスしたんですけど、それを補って余るほどの個性が酒粕の風味から感じられたので、及第点以上としました。豚汁に酒粕を隠し味として使うこともあるのですが、それをカップ麺で味わえるとは思っていませんでしたね。最初は無難に★3だろうなー、くらいの期待値だったんですけど、良い意味で予想を裏切られました。酒粕の隠し味、味噌ラーメンにも使えそうです。評価のターニングポイントとして、やはり油揚げ麺の完成度が足を引っ張る懸念は否めなかったものの、酒粕の風味がダメじゃなかったら、買って損はないかと思います。「すき焼き風醤油らーめん」よりも確実に個性的だったし、酒粕という新鮮味が印象に残るカップ麺でした。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:サッポロ一番 カップスター 豚汁うどん 粕汁仕立て
製造者:サンヨー食品
内容量:68g (めん50g)
発売日:2015年11月9日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4901734026235

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:330㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:無

~標準栄養成分表~

1食 (50g) あたり

エネルギー:304kcal
たん白質:6.7g
脂質:12.9g
炭水化物:40.2g
ナトリウム:1.7g
(めん・かやく:0.5g)
(スープ:1.2g)
ビタミンB1:0.75mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:200mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:304kcal (めん・かやく:248kcal / スープ:56kcal)
食塩相当量:4.3g (めん・かやく:1.3g / スープ:3.0g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、でん粉、食塩)、スープ(糖類、ポークエキス、みそ、食塩、酒粕パウダー、粉末ポテト、香辛料、豚脂、野菜エキス、かつお節粉末、デキストリン、酵母エキス、発酵調味料、植物油脂)、かやく(味付豚肉、味付油揚げ、ごぼう)、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、加工でん粉、トレハロース、リン酸塩(Na)、レシチン、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・乳成分・ごま・大豆・豚肉

引用元URL:http://www.sanyofoods.co.jp/products/more/more_product_0496.html

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
日本の即席麺メーカーは、どれもが
レベルが高く、それなりに考えて
いるんでしょうけどね…

コストの部分とか、色んな制約も
あるのかなぁ…当然他社のも
研究してるでしょうしね…

でも、うどんに限らず、サンヨー食品の
カップ専用麺は、日清やマルちゃんと
比べると、少し落ちるような気も
しますね…
Re:ハシダ・メンさん
日本の即席麺メーカーは世界単位で見ても
間違いなくトップクラスだと思います!

> でも、うどんに限らず、サンヨー食品の
> カップ専用麺は、日清やマルちゃんと
> 比べると、少し落ちるような気も
たしかに油揚げ麺だとそう感じますが
(私はカップ麺らしくて好きなんですけどね)
ノンフライ麺の完成度は非常に高いと思っています!

特に多加水系の麺なんかは印象的なものが多く、
かなり個人的には気に入ってるんですよね。

サンヨー食品のノンフライ麺を食べるときは、
どんな麺なのかなー、って楽しみになります。
No title
この製品は食べておらず気になっていたので参考になりました。
酒粕風味・・・いいですね~~♪
こういう斬新なアイデアは成功・失敗に関係なく大歓迎♪
ましてや今回は成功の模様(^O^)/
こりゃスープだけいただきたい!ww

>サンヨー食品にはカップうどんの常時ラインナップが無い
言われてみりゃ、まったくそうですね・・・(^_^;)
和風部門は上位2社が飛び出すぎです。
手緒里庵とまではいいませんので、頑張って欲しい!
Re:たういパパ
パパは2種類あると醤油を選んじゃいますもんね(笑)

これは個性的でしたよ! 想像以上に酒粕が香ってました!
食べた瞬間に「あ〜・・・パパもったいない」って思わずw

斬新なアイディアには素直に好感が持てますし、
しかもきちんと個性の感じられる仕上がりだったので、
今からでも買う価値ありかも。たとえ記事にしなくても!

油揚げ麺は旧世代感満載でしたがw
スープは味わうべき価値のある一杯だと思います。
油揚げ麺じゃなくて豆腐とかが合いそうでした(笑)

> 和風部門は上位2社が飛び出すぎです。
カップうどんは独擅場みたいなところがありますもんね・・・
そろそろ手緒里庵がノンフライうどん出さないかなー、とw
No title
takaさん、こんばんは!

おぉ、これはずいぶん気に入られたのですよね!

自分はたしか個性は評価しつつも味をやや薄く感じて、
そこがちょっと足を引っ張ってしまった印象でしたね;

お湯を少なめにしておけばもっと印象も違ったかもですね!

でも、これまで酒粕を取り入れたカップ麺はほぼなかったですし、
そういう点では今後にもつながる作品だったとも言えそうですね!

自分はお酒は飲まないものの、この時期になると粕汁は食べたくなりますね!
必ず年に1回は酒粕たっぷりの粕汁を大量に作ることにしてます!(●・ω・)

ところでサンヨーのうどんの油揚げ麺はけっこう激しいですよね;

さすがに「あばれ節うどん」に比べれば大人しかったですが、
やはりこの点に関しては上位2社とのノウハウの差を感じます!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

とにかく酒粕の香りと風味にインパクトがあって
ハッキリと印象に残るカップ麺でした!

それに自分は味付を薄味だとは思わなかったんですけど、
麺のクオリティは手放しに良しとは出来ませんでしたね。

どうしてもココは今のサンヨー食品が抱える弱みだと思います・・・

ノンフライ麺のクオリティは他社と比べても個性的だと思うので
酒粕の効いた本格的な味噌ラーメンなんかを開発してほしいですね!

> 必ず年に1回は酒粕たっぷりの粕汁を大量に作ることにしてます!(●・ω・)
おおーいいじゃないですか! 余裕があったら記事にしてほしいくらいです!
こだわりとか作る際のポイントとかってありますか?

管理者のみに表示

トラックバック