明星食品「明星 麺の底力 濃厚魚介豚骨みそ」



正月三が日…呑んでますかー! 当ブログは本日より通常営業です(鮮度低い系w)

さて、本日の一杯は、明星食品の「明星 麺の底力 濃厚魚介豚骨みそ」です。おそらく公式発表は未だ出てないと思うのですが、どうやら「ラーメンの底力」から「麺の底力」にブランド名をシフトしたのだと推測。「ラーメンの底力」は、どんぶり型が中心のシリーズだったんですけど、過去に1度だけ(多分)タテ型の製品がありました。で、その時のテイストも今回と同じく「濃厚魚介豚骨みそ」だったんですよね。なので新鮮味こそ感じられませんが、過去作品では★5を付けてますし、このブランドは歴史も長く基礎クオリティが高いので、変に構える必要は無さそうです。と、油断して肩透かしを喰らうハメにならなければいいのですがw 「ラーメンの底力」で発売された時の製品と原材料名や栄養成分表を比較すると、内容に若干の違いはあったので、単なる再販ではないようですね。





は、「濃厚なスープとよく絡む、しなやかで歯切れの良い、もちもちのノンフライ麺」とのこと。「ラーメンの底力」版と同じ麺でしょうか。スチームノンフライ麺製法の麺は基本いつも軽めの食感なんですけど、この麺はしっとり感があって、割ともちもちしてるんですよね。そこまで加水率の高い麺ではありませんが、これまでのスチームノンフライ製法の麺とは一線を画していると思います。純粋な味噌ラーメンに合わせるのであれば、もっと加水率の高い麺が望まれると思うのですが、今回のスープには丁度いい加水率だと感じました。どんぶり型ほどのクオリティは未だ打ち出せてはいないものの、小麦っぽい風味もきちんとあったし、タテ型の範疇で見れば上出来だと思います。タテ型でノンフライ麺を使用しているメーカーは少ないので、これも明星食品の大きな強みですよね。今回もちょっとだけ鼻を通過していくような特有の風味(?)が気になったんですけど、全体の邪魔に感じるほどではなかったです。

スープは、「豚骨エキスに、チキン、ビーフなどの旨みを加えた動物系のだしに、カツオ、サバ、煮干の魚介系のだしを加え、合わせみそを加えて仕上げた、濃厚で強い旨みを感じる魚介豚骨みそスープ」で、「香味野菜や煮干などのオイルを合わせた別添の調味油を加えると、スープのコクや風味が一層引き立」つとのこと。まず最初に魚介が来て、次に動物系と味噌、という感覚は「ラーメンの底力」の時と同じでした。原材料名では末端に記された魚介系の要素ですが、どれも粉末が使用されているので、魚介エキスよりも主張がダイレクトなんですよね。なので体感的に魚介が先行したのでしょう。一応、フロントに感じる魚介感ですが、攻め立ててくるタイプではありません。しかし、煮干のシャープな旨味や節系の香ばしさなどをきちんと感じられたのが良かったです。三者のバランスが程よく整っていて、ある種の安定感を感じる魚介豚骨味噌スープでした。ひとつ飛び抜けた荒々しさがあってもいいような気もしますけど、タテ型だからかそこは大きな不満にならなかったです。 “濃厚” とはちょっと違いましたけど。

かやくは、「濃厚スープに旨みを加える肉そぼろ、彩りのタマゴ、斜め切りネギと小ネギの2種類のネギ、スイートチリ」とのこと。「ラーメンの底力」の時と同じ具材だと思います。どれもスープと相性抜群かと言われると、可も無く不可も無しなんですけどw 肉そぼろはジャンキーな濃い目の味付で美味しかったし、量にも不満は感じないでしょう。玉子もスープとの相性は良くも悪くも、って感じだったのですが、タテ型だからか何故か許せちゃう甘めの玉子w ネギは2種類とも存在感があって良かったです。うーん、やっぱりメンマが欲しかったかな。

(標準は★3です)

明星 ラーメンの底力 濃厚魚介豚骨みそ」と比較しながら食べましたが、体感的な差は殆ど無かったです。ただ、ちょっと魚介が弱くなったかなー、と思ったので、★ひとつマイナスしました。何かが突き抜けているわけではないんですけど、ひとつのタテ型カップ麺として総合力が高く、このクオリティをブランドの基準としていいのなら、今後シリーズ内で展開されていくであろうタテ型製品にも安心できますね。私は「ラーメンの底力」版を食べているので、新鮮味こそ感じられませんでしたが、ノンフライ麺の長所とタテ型のメリットを上手く取り入れて融合しているカップ麺だと思います。次はタテ型の豚骨ラーメンも食べてみたいですな。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:明星 麺の底力 濃厚魚介豚骨みそ
製造者:明星食品
内容量:89g (めん65g)
発売日:2015年11月9日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4902881427449

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:紙
必要湯量:400㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:1袋 (調味油)

~標準栄養成分表~

1食 (89g) あたり

エネルギー:357kcal
たん白質:11.3g
脂質:9.4g
炭水化物:56.9g
ナトリウム:2.5g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:1.7g)
ビタミンB1:0.27mg
ビタミンB2:0.37mg
カルシウム:137mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:357kcal (めん・かやく:282kcal / スープ:75kcal)
食塩相当量:6.4g (めん・かやく:2.1g / スープ:4.3g)

原材料名:めん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、しょうゆ)、スープ(みそ、デキストリン、ラード、糖類、ポークエキス、食塩、ビーフエキス、たん白加水分解物、香辛料、香味油、乳等を主要原料とする食品、鶏肉エキス、酵母エキス、かつおぶし粉末、さばぶし粉末、にぼし粉末)、かやく(鶏・豚味付肉、卵、ねぎ、香辛料)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、炭酸カルシウム、かんすい、香料、乳化剤、カラメル色素、カロチノイド色素、セルロース、リン酸塩(Na)、甘味料(スクラロース)、微粒二酸化ケイ素、酸化防止剤(ビタミンE)、膨張剤、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部にごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・牛肉・さば・大豆・ごま

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/4780

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
「ラーメンの底力」と「麺の底力」か・・ややこし~~(>_<)
怪味は「麺の底力」だったので今後は「麺の~」に統一??
「麺の~」なら和風製品にも使えるし!!ww
しかしタテ型底力もあるなんて知りませんでした。

カップ外見は本気盛の明星版って雰囲気。
麺はこっちのほうが好みでしょうが・・・。
Re:たういパパ
> 怪味は「麺の底力」だったので今後は「麺の~」に統一??
過去作品の焼き直しが多くなってきて、
「ラーメンの底力」のテーマがマンネリ化してきたので、
「麺の底力」にブランド名をシフトしたのかなー、と個人的に推測。

あまり意味は無いような気もするのですが(笑)

> 「麺の~」なら和風製品にも使えるし!!ww
この発想は無かったです!

でもノンフライ麺が基本のシリーズですから、
ノンフライ蕎麦の問題(ヤマダイとの関係)や、
ノンフライうどんが製品化されない現実を考慮すると、
まだ先の話になりそうですね。それだけに期待したいですけど!

タテ型の底力は今回で2回目でしたが、
クオリティはタテ型でも中々でしたよ。

> カップ外見は本気盛の明星版って雰囲気。
本気盛は油揚げ麺なので(しかも対極的なw)
印象は全く違いました! いい立ち位置にあると思います。
No title
takaさん、こんにちは!

縦型ながらもノンフライ麺でそこそこもっちり感のある麺に、
目立つ要素はないものの魚介の旨さを上手く立たせ、
その香ばしさを強調したバランスのいいスープは
無難ではありながらもなかなかよくできてましたね!

特に以前の明星の縦型のノンフライ麺は
もっとポソポソとして印象がありましたが、
最近は食感の幅も広がってきましたね!(●・ω・)

縦型カップはどんぶり型よりも店頭に並べてもらいやすいので、
明星には縦型でもどんどん頑張ってほしいですね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

たしかに少し無難ではあったものの、
立ち位置は間違ってないと感じました。

これが基準になれば今後の仕上がりも安心かと!

> 特に以前の明星の縦型のノンフライ麺は
> もっとポソポソとして印象がありましたが、
たしかにスチームノンフライ製法の麺は
そのような印象が基本に強くありましたね。

でもスチームノンフライ製法の麺も進化しているようですし、
ある意味ブランド名の変更もタテ型化が大きかったのかな、と。

> 縦型カップはどんぶり型よりも店頭に並べてもらいやすいので、
> 明星には縦型でもどんどん頑張ってほしいですね!
たしかに! ここは今の明星食品にとって嬉しいポイントですねw
どんぶり型ノンフライ麺にこそスポットを当てて欲しいのですが・・・

管理者のみに表示

トラックバック