明星食品「明星 低糖質麺 ローカーボNoodles 塩バジル味」



本日の一杯は、昨日の「明星 低糖質麺 ローカーボNoodles コンソメ味」に続きまして、明星食品の「明星 低糖質麺 ローカーボNoodles 塩バジル味」です。コンソメ味の時は、麺とスープのバランスが気になったんですけど、こちらはどうでしょう。塩バジル味…名前からしてスープめっちゃ美味しそうだなー、って漠然とw イタリアンやパスタなんかだと、ジェノベーゼが好きなんです、はい。





は、「ヌードル本来の味わいはそのままで、糖質をカットした、明星オリジナルの『低糖質麺』」とのこと。メーカーの説明にもありますが、麺は「コンソメ味」と同じで、2品共通ですね。まぁ伸びるのが早いこと早いことw 今回は1分でフタを開けて、ちゃちゃっと撮影して、注湯から2分前後で食べ始めたんですけど、あっと言う間にヘタれました。一応、湯戻し1分でも問題なく解れたので、「チョッパヤ」なんかの熱湯1分なカップ麺よろしく、最初からフタは引っ剥がしちゃって、好みの硬さで食べ始めるのが良いと思います。ヘタれる前は初版の「はじめ屋」を思わせる独特な歯触りで、自分は好みでした。この食感が持続してくれてたらなぁ…今後のリニューアルに期待ですね。尚、今回も麺の風味は強めに感じたのですが、コンソメ味よりもスープがしっかりとしていたので、目立って孤立しているような印象は無かったです。コンソメ味のときには必ずしも味付麺がスープとの一体感を高めるわけではない、というのを感じましたが、こちらはバランスが良いですね。あくまでコンセプトの売りとなっているのは、糖質の含有量を抑えることに重点を置いた “低糖質” なので、目を瞑るべき些細なポイントなのかもしれませんが。

スープは、「チキンやポークの旨みをベースに、バジルやオレガノなどのスパイスを加えた塩バジル味のスープ」とのこと。うん、スープは良く出来てますよ。やや方向性が「カップヌードル しお」に近いテイストで、王道の洋風しおスープ、って感じです。こちらはオリーブオイルなどの香りはない為、カップヌードルとは個性の違いを感じるものの、湯気の香りは結構近くて、廉価版が出るならこんな感じかな、と思いました。いや、カップヌードルのスープが完成系に近い高水準な位置にあるので、それと比較したから廉価版という例えを出しましたけど、ひとつの洋風しおスープとして見ても雑な作りではなく、きちんと美味しいスープだと思います。塩のキレと強めに効かされていたペッパー系の清涼感でメリハリがあり、機能性カップ麺にありがちな弱さは皆無と言っていいでしょう。こちらも原材料の先頭は、難消化性デキストリンですね。ブランドコンセプトにピッタリな成分なので、糖質制限に関する相乗効果が期待できるのは高く評価できるポイントです。塩バジル味というだけあって、きちんとバジルの主張を感じられたことにも好感が持てました。ちなみにコンソメ味とは違い、とろみは無かったです。

かやくは、「鶏肉そぼろ、タマゴ、赤ピーマン、ネギ」とのこと。構成は非常にソツなく纏められていて、大きな不満を与えないような内容となっていますね。鶏肉そぼろはソフトな食感で、香辛料の効いた味付が洋風しおスープと合っていました。タマゴは甘くてふわふわで、間違いの無い安心感のある美味しさです。赤ピーマンは意外と大きくて見た目に良かったし、意識的に食べると赤ピーマンらしい風味が感じられました。ネギも大きめにカットされていて、なかなかリアルな風味で意外にも具材系。全体的な量も申し分無く、「コンソメ味」と比較すると、具材のボリューム感は圧倒的にコチラが上でした。それだけ海老にコストがかかるということなんでしょうけれど、一定の水準を確保した具材をソツなく取り揃え、申し分のない量で満足感を満たし、機能性としての弱さをカバーしているコチラの方が手法としては正しいように私は思いました。

(標準は★3です)

やはり麺に関しては発展途上的な印象が否めなかったものの、スープと具材によって機能性カップ麺にありがりがちな弱さは上手くカバーしていますね。量的な物足りなさはありますが、味に関しての物足りなさは殆ど皆無と言っていいでしょう。単体で1食満たすには厳しい量ですけど、小腹が空いた時には嬉しい量ですし、低カロリー,低糖質なので、他の食事とも合わせやすく、間食時には罪悪感が薄れるのもポイントかと。カロリーと脂質の低さだけでなく、食物繊維の量もポイントで、1食当たり15.5gも摂取できますからね。ただし、それはスープまで完飲しての話でしょうから、塩分過多には注意してください。きちんとバジルの香るスープは美味しかったし、低糖質で食物繊維も摂取できる機能性も高く評価できるので、こちらも明確な需要と価値を見出すことが出来ました。スープと具材には目立った落ち度も無かったので、麺の改良を中心に研究を進めてもらいたいですね。期待してます。「カップヌードル しお」に通じるものがあったので、仕上げに手持ちのオリーブオイルを足してみたり、粉チーズをトッピングすると満足度が飛躍的に上昇しそうでした。バジルの効いた王道の洋風しおスープだったので、お湯を注ぐ前に溶けるチーズなんかを乗せて、その上から熱湯を注ぎ、麺に絡めながら食べたりしたら濃厚で美味しそうだなー、とか。アレンジ次第で★5以上に余裕で化けそうです。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:明星 低糖質麺 ローカーボNoodles 塩バジル味
製造者:明星食品
内容量:53g (めん40g)
発売日:2015年11月2日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4902881427487

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:紙
必要湯量:310㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:無

~標準栄養成分表~

1食 (53g) あたり

エネルギー:183kcal
たん白質:8.5g
脂質:7.1g
糖質:14.4g
食物繊維:15.5g
ナトリウム:1.6g
(めん・かやく:0.5g)
(スープ:1.1g)

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:183kcal (めん・かやく:173kcal / スープ:10kcal)
食塩相当量:4.1g (めん・かやく:1.3g / スープ:2.8g)

原材料名:めん(小麦粉、植物性たん白、植物油脂、食塩、卵粉、しょうゆ、糖類、香味調味料、香辛料、食物繊維)、スープ(難消化性デキストリン、鶏・豚エキス、食塩、香辛料、香味調味料、たん白加水分解物、デキストリン)、かやく(味付鶏肉、卵、赤ピーマン、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、香料、かんすい、増粘剤(増粘多糖類、アルギン酸エステル)、乳化剤、カロチノイド色素、セルロース、リン酸塩(Na)、酸化防止剤(ビタミンE)、甘味料(スクラロース)、膨張剤、酸味料、カラメル色素、香辛料抽出物、(原材料の一部に乳成分、ごま、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ごま・ゼラチン

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/4800

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
へ〜〜っ…カラフルで美味しそう。
でも、お腹はいっぱいになりそうにないですね…

僕は「カロリー低め」なんて書いてあると
ついつい敬遠してしまうんですよね…(;^_^A

No title
自分はこちらはたべていないです。
買おうかどうかかなり迷ったのですが。
コンソメよりもこちらのほうが特色あってよかったかもね・・。

はじめ屋といいこのシリーズといい、
「低糖質」って切り口でカップ麺でどこまで需要あるのかがポイントです。
まぁ、低カロなのでそっちがウリのほうが女性とかにウケそうな気が・・。
Re:ハシダ・メンさん
具材は圧倒的にコッチが上でした!

> でも、お腹はいっぱいになりそうにないですね…
はい、ならないと思います(笑)

でも足りないから2個食いしたとしても
糖質量やカロリー的に大きな問題はないでしょう!

> 僕は「カロリー低め」なんて書いてあると
> ついつい敬遠してしまうんですよね…(;^_^A
たしかにハシダさんのコンセプトとはハズれますね(笑)
そっち系のカップ麺レビューは私にお任せください!w
Re:たういパパ
比較するとコンソメよりも完成度に安定感がありました!
具材のボリュームも明らかに充足感が得られましたからね。

> 「低糖質」って切り口でカップ麺でどこまで需要あるのかがポイントです。
糖質に対してストイックなっている人は多いと思うので、
きちんと需要は見込めていると思います。

ただ、どんぶり型と比べてタテ型の方は
まだ改善点が多いですね。特にメインの低糖質麺(笑)

糖質制限されている人はもちろん
ダイエット中の女性にも嬉しいコンセプトだと思います!

管理者のみに表示

トラックバック