明星食品「明星 低糖質麺 ローカーボNoodles コンソメ味」



記念すべきPS4最初のゲームは、「ウィッチャー3 ワイルドハント」に決定しましたーぱちぱちぱちー。楽しみだなー、ワクワクするなー、そんなに良いテレビじゃないけどw きっと画質とか感動するんだろうなー。あ、でもPS4の「龍が如く」最新作に向けて、PS3の「龍が如く1&2 HD EDITION」からシリーズおさらい中なので(やっと「4」の2章)もうちょっとPS4は我慢です。本当は「龍が如く0 誓いの場所」をプレイする予定だったのですが、なんていうか、こう、テーマ的にハードコアな世界観なので、連続してプレイしているとブレイクを入れたくなってw なんにせよ、この開封を我慢してる間が結構ピークだったりするんですよねー。ほら、夏休みは始まるまでが楽しい、とかって言うじゃないですか。あんな感じ?

さて、本日の一杯は、明星食品の「明星 低糖質麺 ローカーボNoodles コンソメ味」です。どんぶり型の低糖質麺シリーズ「はじめ屋」のリニューアルと新商品のリリースを同じくして、低糖質麺タテ型バージョン「ローカーボNoodles」シリーズが発売されました。テイストは、「コンソメ味」と「塩バジル味」の2種類。ちなみに「ローカーボ」とは、 “Low Carbohydrate” の略で、 “糖質制限” とか “低炭水化物” という意味らしいです。ほぇ〜(英語ダメw)ん? つまり「ローカーボNoodles」を直訳すると “低糖質麺” ? 嗚呼、頭痛が痛いw ご存知どんぶり型は私の推し麺ですし、明星食品はタテ型でも積極的にノンフライ麺を導入しているメーカー。どんぶり型で低糖質麺の開発は実証済みなので、ある種の安心感がありますね。きちんとタテ型ヌードルであることを念頭に置いて食べ進めたいと思います。





は、「ヌードル本来の味わいはそのままで、糖質をカットした、明星オリジナルの『低糖質麺』」とのこと。おそらく熱湯2分…いや、1分30秒でフタを開けても問題ないでしょう。何せ凄いスピードでヘタれますコイツw それさえ除けば既存のヌードル麺に酷く劣っているわけでもなく、低糖質麺だからと言ってネガティブな印象は感じませんが、湯伸びの速さはウサイン・ボルトでしたねw スープには少しトロミがあったので、ヘタれヌードル麺の頼りなさを一体感として評価できなくもなかったのですが、麺の風味が予想以上に強かったのはネックかも。スープとの兼ね合いかと思ったのですが、そこはあまり関係ないかもしれません。小麦感というよりも香味調味料や香辛料、醤油などによる味付の影響が大きいように思いました。食感こそ頼りないものの、風味に関しては自己主張が強く、食感は頼りないのに麺が孤立しているような印象を受けるという異例の事態にw 何この新鮮味w ちなみに麺量は40gしかないので、これ単体で1食分の空腹感を満たすのは難しいかもしれません。まぁでもメーカーのHPでは「スナック感覚のヌードル」としているので、コンセプトを踏まえると麺量の少なさも加点要素なのかもしれませんね。

スープは、「鶏ガラに香味野菜を加えこしょうで味を調えたコンソメ味のスープ」とのこと。まず原材料を見て最も面白かったのが、難消化性デキストリンが真っ先に記載されている点。ダイエット飲料やトクホの製品なんかだと、よく目にする成分だと思います。要するに水溶性食物繊維のことなんですけど、これを食事の最中に摂取することによって、糖の吸収スピードを遅延する作用が期待できるので、このシリーズにはピッタリの成分なんですよね。ちなみに「はじめ屋」では、「醤油豚骨味」のスープにも含まれています。ちなみにテイストはコンソメ味となっていますが、醤油の風味も結構あって、コンソメスープというよりも洋風の鶏ガラ醤油味っぽい感じ。味の方向性はライトなんですけど、旨味や濃さの希薄さは全くと言っていいほどありませんでした。胡椒のアクセントもいい感じ。機能性カップ麺にありがちなビハインドは、ほぼ皆無と言って差し支えないでしょう。ちょっとトロミがあったので、お腹に溜まる感じがするというか、スープを飲んだら麺量の少なさが気持ちカバーされました。あくまで気持ちw

かやくは、「エビ、肉そぼろ、タマゴ、ネギ」とのこと。王道(「カップヌードル」インスパイア)な組み合わせですね。エビに関しては申し分なく、サイズは大きめで、食感も風味もしっかりとしています。数にも物足りなさを感じませんでした。肉そぼろの食感にダイスミンチほどの存在感はありませんでしたが、ジャンクな味付が美味しかったです。ただ、量が少ないですね。個体差なのかもしれませんけど、それにしても少なかったです。タマゴは甘めのちょっとジャンクな味付で、オーソドックスな洋風スープとマッチ。少なからずカップヌードルのイメージにも引っ張られていますが、ちょっとジャンクな甘めのタマゴには安心感がありました。ネギは分葱っぽい薬味系なんですけど、この風味と食感のアクセントも地味に良い仕事してくれるんですよね。もうちょっと入ってると嬉しかったかな。

(標準は★3です)

どんぶり型の「はじめ屋」と比較すると、スナック的で手軽というタテ型の強みをフル活用したような一杯でした。どんぶり型が糖質制限を余儀無くされた男性ユーザーをターゲット層に見据えているとするならば、差し詰めタテ型の焦点はダイエットに奮闘している女性ユーザーでしょうか(あくまで筆者の勝手なイメージですw)やはり今回は麺の劣化スピードが気になったのと、風味の自己主張によって麺とスープのバランスに難を感じたのですが、機能性カップ麺であることを考慮すると、許容範囲内ですかね。味付としては極めてオーソドックスな路線だったので、そういった意味では人を選ばない製品だと思います。ただ、麺のヘタれ速度は史上に残りそうな勢いだったのでw お湯を注いでからフタは早めに開けたほうがいいかもしれません。1食当たりのエネルギーは178kcal、糖質量は13.6g、しかもノンフライ麺で脂質も7.0gとヘルシーなので、糖質制限中の人はもちろん、ダイエット中の人にもピッタリのカップ麺だと思います。食べ応えという点では日清食品の「カップヌードルライトプラス」に軍配が上がりますが、こちらはそれと比べても糖質量は半分以下(ラタトゥイユ:33.5g / バーニャカウダ:28.5g)なので、やはり「低糖質麺(Low Carbohydrate Noodles)」の名は伊達じゃないですね。糖質制限というコンセプトが個性を確立し、一般的な機能性カップ麺とは一線を画す異色の存在なので、タテ型になっても機能面では確実な需要と価値が見出せると思います。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:明星 低糖質麺 ローカーボNoodles コンソメ味
製造者:明星食品
内容量:52g (めん40g)
発売日:2015年11月2日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4902881427463

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:紙
必要湯量:310㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:無

~標準栄養成分表~

1食 (52g) あたり

エネルギー:178kcal
たん白質:7.9g
脂質:7.9g
糖質:13.6g
食物繊維:16.3g
ナトリウム:1.6g
(めん・かやく:0.5g)
(スープ:1.1g)

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:178kcal (めん・かやく:168kcal / スープ:10kcal)
食塩相当量:4.1g (めん・かやく:1.3g / スープ:2.8g)

原材料名:めん(小麦粉、植物性たん白、植物油脂、食塩、卵粉、しょうゆ、糖類、食物繊維)、スープ(難消化性デキストリン、食塩、香味調味料、しょうゆ、たん白加水分解物、デキストリン、香辛料、酵母エキス、香味油、鶏肉エキス)、かやく(味付えび、豚・鶏味付肉、卵、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(増粘多糖類、アルギン酸エステル)、かんすい、カラメル色素、乳化剤、カロチノイド色素、セルロース、香料、リン酸塩(Na)、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、甘味料(スクラロース)、膨張剤、(原材料の一部に乳成分、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・えび・豚肉・鶏肉・大豆・ごま

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/4800

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
これいいですね。
178kcalでありながらそれを感じさせない内容。
とくに具がよかったと思います。
ヘンなPB買うくらいならこっちのほうがいいかも?、ヘルシーで!
でも価格面考慮ではやっぱりPBかな?ww
どんぶりの方は定着かもですがこちらは次作が出るかビミョーですね。
Re:たういパパ
やはり「糖質」に絞っているのが大きいですよね!

まだタテ型の方は難点を感じますが、
スープも具材もソツのないレベルにあって、
及第点はクリアしていたように思います。

> ヘンなPB買うくらいならこっちのほうがいいかも?、ヘルシーで!
> でも価格面考慮ではやっぱりPBかな?ww
このあたりが難しい所ですね(笑)

今後も常時販売されるかは分かりませんが
麺を改良して1回くらいはリニューアルしてみてほしいです!
No title
takaさん、こんばんは!

ローカーボはどちらもいやにカップヌードルぽい風味であることと、
麺のへたりが速かったのが特に印象に残ってますね!(=゚ω゚)

自分としては「低糖質&低カロリーだけど味がしっかりしてる」
という「はじめ屋」の特徴が好きだったので、
それに比べるとこちらはやや落ちてしまいますね!

でもすっきり系低糖質のニーズもあるでしょうし、
特にダイエット中の女性などがランチに
もう一品加えたいときなどはこちらのほうが最適でしょうね!

それゆえにカップ麺だけをそのまま一食にしてしまう
自分のようなタイプはターゲットから外れがちですが;

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

たしかにカップヌードルインスパイアでしたね(笑)
それはともかく麺のヘタレ具合は私の想像以上でした!w

> 自分としては「低糖質&低カロリーだけど味がしっかりしてる」
> という「はじめ屋」の特徴が好きだったので、
> それに比べるとこちらはやや落ちてしまいますね!
私も同意見です。断然、「はじめ屋」を推したいですね。

もちろんコレはコレで需要を感じましたけど!

でも糖質に対してストイックに取り組んでいなければ、
やはり「カップヌードルライトプラス」が優勢でしょう。

管理者のみに表示

トラックバック