明星食品「明星 低糖質麺 はじめ屋 糖質50%オフ こってり醤油豚骨味」(2回目)



本日、こちらの変態紳士にお招きいただきまして、関西のグルメブロガー様方が集う忘年会に特別枠で参加させていただくことになりました。なので、今日と明日の記事は予約投稿になります。いま私、カッチコチに緊張してます…w

さて、本日の一杯は、明星食品の「明星 低糖質麺 はじめ屋 糖質50%オフ こってり醤油豚骨味」です。初版が今年の5月に発売され、勢い余って★8をつけてしまった「はじめ屋」の醤油豚骨味がリニューアルしました。同時発売品で新登場の「こってり鶏白湯味」もあるのですが、まずは醤油豚骨味から紹介したいと思います。2回目なので、今回は冷静になりますよw ちなみに私、日本で最もこのシリーズを食べている人間だと自負しています。発売当初から欠かさず毎日3食このカップ麺を食べ続けてる人がいたら私の負けですがw そうでなければ実食数は日本一…いや、多分きっとリアルに世界一だと思います。別に糖質制限しているわけではないんですけどね。いろいろと折り合いがあるんですよ〜(主にビールだろw)





は、「麺本来の味わいはそのままで、糖質をカットした、明星オリジナルの『低糖質麺』」で、「さらに、つるみがあり、なめらかな麺に改良し」たとのこと。たしかに麺は明らかに変化してますね。初版よりも縮れが控えめになり、密度も増しています。初版同様、湯伸びするスピードの早さと、含有量の関係から小麦感の弱さは否めませんが、より自然な質感になり、しなやかさが印象的な低糖質麺になっていました。私は初版の独特な食感(早めにフタを開けて食べた時の “クニッ” とした噛み応え)がツボだったので、手放しに喜べなかったりもしたんですけど、麺としてのクオリティは確実に向上していると思います。ちなみに麺の量は60gから57gに減っていたのですが、コストとの兼ね合いでしょうね、きっと。減ったと言っても3gなので、体感的に少ないとか、量的な不満は感じないと思います。

スープは、「炊き出した豚骨エキスをベースに、チキンエキス、醤油、香味野菜、オイルを加えた、ガーリックの風味が効いた濃厚でこってりとした味わいの醤油豚骨スープ」とのこと。ほぼ初版と同じですね。原材料の構成も全く同じですし、体感的な差も感じられませんでした。なぜか小袋の色は、粉末スープと液体スープが逆転してましたけどw まず機能性カップ麺にありがちな弱々しさは皆無に等しく、こってりとした醤油豚骨味のスープです。動物性の油脂をベースに厚みを持たせつつ、醤油ダレはキレのあるタイプなので、ボヤけた印象や単調さを与えず、最後まで飽きさせません。タレの輪郭も豚骨を喰い殺さず、尚且つピンボケさせないギリギリのラインにあって、こってり感とキレを両立した重厚感のあるスープです。コンセプト的に塩分にもカロリーにも縛りがないので、製作側も我慢しなくていいんですよね。機能性カップ麺とは思えない、ひとつの醤油豚骨味として素直に評価できるスープです。今回も難消化性デキストリンが含まれているので、スープを飲んでも食物繊維が取れますよ。でも塩分過多には気を付けましょうw

かやくは、「チャーシュー、メンマ、ネギ」とのこと。こちらも初版と同じものでしょう。ネギは飾りみたいなものですが、無駄のないオーソドックスな構成で、それぞれのクオリティも一定の水準を満たしてくれています。チャーシューは適度に厚みがあり、味付も程よく、200円オーバーのカップ麺に入る肉具材として及第点は優にクリア。メンマは歯応えしっかりめで存在感があり、意識的に食べると良い箸休めになります。今回は個体差だったのか、やけにメンマが多い気がしました。

(標準は★3です)

このシリーズに於ける最大の特徴は、やはり機能性として成り立たせる為の制限を糖質のみに絞っている、という点ですね。なので減塩製品にありがちな味の薄さだったり、低カロリーをコンセプトにした製品にありがちな厚みの無さなど、そういったネガティブさは皆無に等しいです。あとは麺をどう評価するかだと思うのですが、麺の主原料である小麦粉を大幅にカットしてこのクオリティですから、仕上がりとしては上等かと。ある程度は大目に見てやってくださいw たとえ低糖質という付加価値が無くとも、ひとつのカップ麺として堂々と渡り合えるような総合力の高いシリーズだと思うので、私は高く評価しています。初版の独特だった麺も恋しいですけどね(まだ買い込んだ在庫が2ケースありますけどw)希望小売価格も205円に下がっていて、結構これも大きなポイントだと思います。本当にストイックな糖質制限をされている方は、こんにゃくなどで作られた糖質0の麺を選択されると思いますけども、カップ麺で低糖質をコンセプトにした取り組みは高く評価したいですし、それを成し遂げているのが素晴らしいじゃないですか。今回は “冷静に” 判断してw 尚且つ低糖質という機能面での付加価値を含めての総評ですが、個人的には定価で箱買いを超えて定期購入あり(★8)と、評価したいカップ麺です。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:明星 低糖質麺 はじめ屋 糖質50%オフ こってり醤油豚骨味
製造者:明星食品
内容量:85g (めん57g)
発売日:2015年11月2日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4902881419758

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:410㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:3袋 (粉末スープ・液体スープ・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (85g) あたり

エネルギー:308kcal
たん白質:11.5g
脂質:14.9g
糖質:22.1g
食物繊維:19.5g
ナトリウム:2.6g
(めん・かやく:0.6g)
(スープ:2.0g)

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:304kcal (めん・かやく:224kcal / スープ:84kcal)
食塩相当量:6.6g (めん・かやく:1.5g / スープ:5.1g)

原材料名:めん(小麦粉、植物性たん白、植物油脂、食塩、卵粉、香味調味料、香辛料)、スープ(豚・鶏エキス、ラード、食塩、しょうゆ、香味油、たん白加水分解物、難消化性デキストリン、香辛料、植物油脂)、かやく(チャーシュー、メンマ、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、増粘剤(増粘多糖類、アルギン酸エステル)、香料、乳化剤、酒精、かんすい、クチナシ色素、リン酸塩(Na)、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、甘味料(スクラロース)、微粒二酸化ケイ素、香辛料抽出物、(原材料の一部に乳成分、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ごま

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/4800

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック