日清食品「日清ホワイトカレーメシ」



本日の一杯は、日清食品の「日清ホワイトカレーメシ」です。白いカレーと言えば、数年前に北海道発祥の面白カレーとして話題になり、全国的に流行った時期がありましたよね。現地で食べたことはありませんが、初めて口にした時は、うわぁ〜白っぽいのにカレーだコレ、カレーw って少しテンション上がりましたw 私が食べたのはクリームソースの存在感も強かったので、スパイスの効いたクリームシチューっぽい雰囲気でもあったんですけどねw そんなギャップが楽しいホワイトカレーをテーマに、日清食品のカレーメシブランドから白いカレーメシが登場。パッケージも冬使用で、季節感があっていいですね。カレーらしいスパイス感も気になりますし、クリームシチューっぽかったりもするのかなー、とか。ちなみに辛さレベルは、5段階中 “3” だそうです。そういえばこの前、スーパーで買い物をしていると、中学生くらいの女の子がお母さんに、「ねーねー『カレーメシ』って『カレーライス』と何が違うの?」と質問していて、お母さんちょっと困ってましたw で、お母さんは少し間を置いてから、「カ、カレーメシよ…」ってw その後も女の子は容赦無く、「じゃあ『まぜカレー』って何?」と。お母さんは「い、いいからホラッ、行くわよ——」って、私も暇人ですね…w





ライスは、「米一粒一粒が立った、コシのある食感が楽しめるごはん」とのこと。いつものライスでしょうか。私は最近このライスに感じていた違和感(風化したようなニオイ)が気になってたんですけど、今回は気にならなかったです。ライスの量はリゾットだと69gなのですが、カレーメシの時は86gが平均みたいですね。ちょっと硬めに仕上がるので、レンジ加熱調理後に掻き混ぜてからフタを戻し、最低でも2,3分は蒸らすのがいいでしょう。調理直後は沸騰してて食べられませんしw 蒸らすことで水分を含み、ふっくらとしてくるので、カレーメシを食べるときは余裕を持って調理したいですね。あ、ニオイは気にならなかったんですけど、今回ちょっと蒸らした後でも粉っぽいような気がしました。おそらくライスは汎用のはずなので、ルゥの成分によって食感や風味に差が出るのかもしれませんね。

ルゥは、「チキンやポークのうまみをベースにミルクのコクを加え、クミン、カルダモン、コリアンダーなどのスパイスを利かせた白いカレールゥ」とのこと。見た目の他は特に奇抜さもなく、言ってしまえば至って平凡なカレー味です。ややオリジナルよりも乳製品系の柔らかさがあって、スパイスの複雑味は控えめに感じたので、ちょっとまろやかになった雰囲気ですね。ビジュアル的な錯覚もあるのかもしれませんがw きちんとカレーらしいスパイス感が感じられる反面、裏を返せばクリームっぽい色の他に個性は無かったです。薄っすらと後口に脱脂粉乳っぽい丸みを帯びた風味が残るんですけど、意識して微かに感じる程度でした。あくまでも見た目とのギャップを重視しているような仕上がりだったので、クリームソースがベースになっていることが分かるようなクリーミーさや、それっぽい甘味を持たせても良かったかな、と思いました。それこそココナッツミルクのまろやかさとか、すっごく合いそうだったんですけどね。私はホワイトカレーの定義がイマイチ分かってないので、好き勝手なこと言ってますw

具材は、「ダイスミンチ、ポテト、ニンジン、インゲン」とのこと。ダイスミンチとポテトはカットが大きく、今まで以上に存在感があったように思います。クオリティとしては汎用的なものでしたが、ダイスミンチはサイズアップで肉っぽさも強まっていたし、ポテトはホクホクとした食感だけでなく、風味も増しているように感じました。あと、具材にインゲンが入ってると興奮するのって自分だけですかねw いや、特に好きでも嫌いでもないんですけどw 色味やイメージ的にはハマっていたものの、風味は弱かったので、あまり存在感はありませんでした。人参は多めに入っていて、コリコリとした歯応えがアクセントになっていて良かったです。人参は結構な存在感ありました。歯応えって大事ですよねー。

(標準は★3です)

見た目のギャップ以外に面白味はなかったんですけど、まぁそれが今回の売りですし、普通に美味しいクリーム色のカレーメシでした。たしかに意識すると乳等を主要原料とする食品の主張は感じられたのですが、もう少し強調しても良かったように思います。実際、ホワイトカレーを作るときはホワイトソースをベースにするのが基本みたいですし、せっかく期間限定として売り出している変わり種の製品なので、ココナッツミルクで既存のホワイトカレーと差別化を図って個性を持たせてみるとか、味にも一捻り欲しかったですね。一応、総評は及第点としましたが、横に普通のカレーメシがあったら、私はそちらを手に取りますw

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:日清ホワイトカレーメシ
製造者:日清食品
内容量:114g (ライス86g)
発売日:2015年11月2日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:220円 (税別)
JANコード:4902105096949

麺種類:-
容器材質:紙
必要水量:260㎖
調理時間:電子レンジ加熱500w 約5分30秒
小袋構成:無

~標準栄養成分表~

1食 (114g) あたり

エネルギー:451kcal
たん白質:7.9g
脂質:10.0g
炭水化物:82.4g
ナトリウム:1.1g

(食塩相当量:2.8g)

原材料名:ライス(米(国産)、加工油脂、食塩)、味付けの素(豚脂、乳等を主要原料とする食品、糖類(砂糖、麦芽糖)、小麦粉、食塩、香辛料、オニオンパウダー、香味調味料、酵母エキス、醤油、香味油、ポーク調味油)、味付豚ミンチ、フライドポテト、人参、インゲン、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、リン酸塩(Na)、酸味料、カラメル色素、香料、炭酸Ca、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、シリコーン、(原材料の一部に卵、鶏肉を含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆 

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/4788

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
ちょっと前の記事ですが、事故を回避なさってご無事でなによりです。
私もこの前、運転していたらぶつかりそうになりましたし(相手の一時停止無視)。

行列のできる魚介とんこつ食べました~♪
麺、スープも美味しく、後のせタマネギのアクセントが素晴らしい一品でした。
チャーシューも厚くて良かったです(*´ω`*)

コンビニに寄る度に新商品を買うクセが付きました( *´艸`)
No title
ネタ的にはなかなか良かったんじゃないですか、これ!
ホワイトらしい何か特徴的味を追求するより
あくまでも味はフツーのカレーのコンセプトです。
そしてサプライズ感!→よかったです。
でもさすがにもうレンチンシリーズは飽きて来たww
(リゾットも)
でもまた次がもうすぐあって食べなきゃ・・(^_^;)
Re:くま子さん
> ちょっと前の記事ですが、事故を回避なさってご無事でなによりです。
たまたま運良く回避することが出来ましたが、
ほんと、何が起こるか分かりませんね・・・。

> 私もこの前、運転していたら
> ぶつかりそうになりましたし(相手の一時停止無視)
一時停止無視は本当に危ないです。
なのにヘーキでやってる奴が多くて(怒)

もちろん公道で無視は最低ですけど、
駐車場なんかだと特に多いですよね。

> 行列のできる魚介とんこつ食べました~♪
美味しかったでしょ! あれは完成度が高かったです。

> コンビニに寄る度に新商品を買うクセが付きました( *´艸`)
いいですね〜カップ麺ライフ楽しみましょう!

でもうちのブログは大幅なタイムラグがあるので、
新商品選考のアテにならなくて申し訳ないです(ぺこり)

これでも随分と追いついてきたんですけどね(笑)これでもw
Re:たういパパ
ホワイトカレーが流行ってた頃なら兎も角、
自分は今さらだなぁ…と、感じてしまいました(苦笑)

やっぱり新鮮味にかけるような印象が拭えなかったし、
せっかく変わり種なら “+α” なトレンド感を訴求して欲しかったです。

でもホワイトカレーを知らない人だったら
「おおっ!」って驚きがあると思いますけどね!

次は「夜食」でしたっけ?w

最近このシリーズ多いですよねぇ…
私、いま米がキツイのに…(泣)
White Christmas
takaさん、こんばんは!

これは自分もtakaさんと似た感想でしたね!

ホワイトカレーって今ではそれなりに知られてますし、
驚きという点ではもうそれほど強くないですし、
「白いのにカレーだ」という一口目の印象だけ目立って、
あとはいたって普通になってしまうのは難点でしたね;

それがホワイトカレーだと言われればそうなのですが、
ここ最近はいつも味で楽しませてくれたので、
できれば今回もそういう要素を求めたかったですね!

「ホワイトソースらしさも強いのにちゃんとカレーにもなってる!」
ぐらいのバランスだったらまた違ったかもです!(●・ω・)

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

一方では見た目のギャップが高評価でしたが、
どうしてもそこだけ、といった印象が自分は拭えませんでした。

最初かき混ぜた後、スプーンを舐めたら脱脂粉乳的なまろやかさがあって、
おっ、と思ったんですけど、そのひと舐めだけだったんですよね(苦笑)

> 「ホワイトソースらしさも強いのにちゃんとカレーにもなってる!」
私はそれを求めていたので、おそらく評価が厳しかったのかもしれません。

管理者のみに表示

トラックバック