日清食品「カップヌードル パスタスタイル 和風タラコ」



「プレミアムうまい棒 わさびソースの和風ステーキ味」を食べました。思ってよりもツ〜ンとキますね、コレ。さすがに「男気わさビーフ」ほどではなかったですけど(コイツにはリアルに泣かされたw)なかなか刺激的でした。プレミアムなステーキっぽさは感じられませんでしたが、ちゃんとビーフパウダーも入ってたし、ワサビの爽やかな刺激がビールや焼酎のアテなんかに合いますよ。うまい棒でビーフと言えば、「牛タン塩味」がありますけど、レモン風味がサッパリしてて美味しいですよねー。「マーボー味」と「ぶたキムチ味」も復活しないかなぁ…。ちなみに私の “推し棒” は、「チキンカレー味」と「シュガーラスク味」です。あーでもでも、王道の「コーンポタージュ味」や、「プレミアムうまい棒 モッツアレラ&カマンベール味」もプレミアム感があってクオリティが高いし、あの独特な粘り気がクセになる「なっとう味」も捨てがt…(分かったからw)

さて、本日の一杯は、日清食品の「カップヌードル パスタスタイル 和風タラコ」です。既存の「ボロネーゼ」がリニューアルされて、新たに「和風タラコ」が登場しました。「ボンゴレ」は絶滅しちゃったんですかね? そういえば具材のアサリとかコスト高そうだったもんなぁ…。ちなみに初版は「イタリア人が認めなかったパスタ」というキャッチフレーズでしたが、今回は「もう、イタリア人の評価は気にしない」と、完全に開き直ってますw 日清食品のタラコ系汁無しカップ麺と言えば、「日清焼そばU.F.O.」や、「日清Spa王」でも製品化されてますけど、今回は「しその風味が香る」そうなので、テイストの路線は今までと少し異なっているようですね。日清食品のタラコ系は基本的に外さないですし、このブランドには特に不安もないので、気楽に食べたいと思います。





は、「弊社独自の太ストレート麺製法による太くて丸い麺」で、「表面のもっちりとした食感とプリッとした歯切れの良さが楽しめ」るとのこと。ほぼ縮れの無いストレートなロングパスタ風の油揚げ麺で、おそらくブランド通しての汎用麺でしょう。日清食品の油揚げ麺は特有のネガティブさが控えめなんですけど、それが大きな特徴となっています。これは「日清焼そばU.F.O.」や「有名店シリーズ」でも言えることですが、油揚げ麺とは思えない上品さを醸し出しているので、ふと食べていて油揚げ麺であることを忘れてしまうんですよね。あくまで油揚げ麺ということを念頭に置いての話ですけど、丸い断面やストレートな形状、密度の高さなど、油揚げ麺でこれだけパスタチックな雰囲気を味わえる麺は他に無いでしょう。

ソースは、「しその風味が香るしょうゆバタータラコ味のソース」とのこと。少し前に出た「日清焼そばU.F.O. たらこ焼そば」のソースは、「日清Spa王 たらこ」を忠実に再現したような仕上がりだったのですが、今回は青紫蘇の風味で明確な差別化が図られていますね。タラコ感はシーズニング的な粉末がメインだったり、ベースも和風しょうゆバター味なので、ルーツは同じ系統になるんですけど、液体ソースに含まれる青紫蘇の清涼感によって、しっかりと個性が表現されていました。原材料に「たらこ」と「明太子」の両方が記載されているのも面白くて、きちんとそれっぽい風味が感じられるし、最初に青紫蘇で清涼感のある印象を与えつつ、じんわりと後半に広がるバター醤油の香りとコクで味に奥行きがあります。明太子の辣味は至極控えめですが、2種類の原材料を使用することによって、風味が確固たるものになっているような気がしました。間違いのない和風しょうゆバター味に青紫蘇の清涼感、きちんと個性の感じられる和風タラコ味です。ちょっと塩気を強めに感じたんですけど、タラコ味だから一定の塩気は仕方ないですかね。

かやくは、「ワケギ」とのこと。これはもうシーズニングを具材のひとつと捉えて自らを納得させるしかないですねw もともと私はタラコ系のロングパスタに具材の多さは求めていないので、これといって特に大きな不満は感じなかったんですけど、分葱よりも刻み海苔なんかが入ってると嬉しかったかな。

(標準は★3です)

やはりシーズニングがメインの風味を担っていた為、ちょっと方向性はスナック的だったんですけど、油揚げ麺の完成度は既に安定した位置にありますし、間違いの無いベースに立ち上がってくる青紫蘇の清涼感によって既存の製品とも差別化が図れていたので、きちんと価値の見出せる製品だと感じました。初版が本格路線だったので、どうせなら生タイプのタラコを使用して欲しかった、という不満が残りましたが、ひとつのタラコスパとしてのクオリティは高いと思います。ちょっと具材が貧弱でしたけどね。ちなみに今回も粉末ソースを先に入れ、液体ソースを後から入れるようにとの指示があるので、調理の際は気を付けてください。経験上、この手順を無視した場合、今回も例に漏れず仕上がりの印象は大きく変わってしまうと思います。液体ソースを潤滑油に出来ない分、どうしても混ぜ難いという不満が出てくると思うので、熱湯を注いで4分後、フタを開けて麺を箸で軽く解し、それから湯切りすると粉末ソースが先入れでも気持ち混ぜ易くなりますよ。湯切りの際、ちょっとカップにお湯を残すのもひとつの手だと思います。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:カップヌードル パスタスタイル 和風タラコ
製造者:日清食品
内容量:87g (めん75g)
発売日:2015年11月2日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:198円 (税別)
JANコード:4902105232569

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:350㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:2袋 (粉末ソース・液体ソース)

~標準栄養成分表~

1食 (87g) あたり

エネルギー:408kcal
たん白質:9.5g
脂質:18.1g
炭水化物:51.9g
ナトリウム:1.6g
ビタミンB1:0.23mg
ビタミンB2:0.23mg
カルシウム:115mg

(食塩相当量:4.1g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、醤油、卵粉、大豆食物繊維)、ソース(植物油脂、たらこ、醤油、明太子、魚介エキス、ねぎ、香辛料、バターオイル)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、リン酸塩(Na)、炭酸K、増粘剤(アルギン酸)、乳化剤、香料、ベニコウジ色素、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、カロチノイド色素、ビタミンB2、香辛料抽出物、ビタミンB1、(原材料の一部にえび、いか、さけ、豚肉を含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・えび・豚肉・いか・さけ・大豆

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/4782

ブログランキングならblogram にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
このシリーズも日清食品がけっこう推している感じですね。
やっぱり新規に女性層と壮年層を重点的に開拓している。
麺の出来上がりがおもったよりいいので、簡単に作れるわりに
適度に本格的でかつスナック的ないい麺になっていると感じます。

ちょっとバターが前に出過ぎていたので、
個人的には邪魔でしたね~・・(^_^;)

すっきり醤油&紫蘇&たらことほんのりバター?
くらいで良かったんですけどww
Re:たういパパ
> このシリーズも日清食品がけっこう推している感じですね。
HPに特設サイトまで作ってますもんね!

パスタ風の麺、自分は結構高く評価してて、
油揚げ麺でココまでやってくれたら上等だなー、って。

いかにも日清食品らしい油揚げ麺だと思います。

バターが邪魔でしたかw

自分的には先ず青紫蘇が前にあって、
後からバター醤油のイメージだったので、
なかなか面白いと感じたのですが、ちょっと塩気が…(苦笑)
No title
takaさん、こんにちは!

こちらもその完成度はなかなかのものでしたが、
最初のボンゴレとボロネーゼの本格度が高かっただけに、
ちょっとスナック的な路線で来たのはもったいなさも感じましたね!

できれば生タイプのソースをベースにしつつ、
そこにこのシリーズ独自の工夫を加えるというか、
生タイプでのたらこ+しそだったりすると、
印象はもっと良くなったような気もしますね!(●・ω・)

ボンゴレのほうは具材でも驚かせてくれましたしね!

でもこのシリーズは今後もときどき新作が出そうですし、
これからの展開にも期待していきたいですね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

> こちらもその完成度はなかなかのものでしたが、
> 最初のボンゴレとボロネーゼの本格度が高かっただけに、
> ちょっとスナック的な路線で来たのはもったいなさも感じましたね!
私も同じように感じました。せっかくなので、今回も本格路線を
狙ってほしかったのですが、キャッチコピーは開き直ってますからねw

> 生タイプでのたらこ+しそ
これだと評価は★6いったかもしれません!

それにしても、ボンゴレが無くなったのは残念です…。

おそらく定期的に新作が出ると思うので、
既存のパスタ系カップ麺との差別化に注目ですね。

今回の紫蘇みたいな捻りには素直に好感が持てました。

管理者のみに表示

トラックバック