明星食品「明星 一平ちゃん夜店の焼そば 怪味マヨ」



「うまい棒 たこ焼味」に、マヨネーズをつけて食べるのが好きです。変ですか?w これだけでアテになるし、コスパの高さは侮れませんよ。あとあと、「プレミアムうまい棒 わさびソースの和風ステーキ味」も気になるし、久しぶりに「なっとう味」も食べたいなー。ちなみに個人的に推してるのは「チキンカレー味」で、「シュガーラスク味」に至っては反則級の美味しさだと私は常々思っt(ry

さて、本日の一杯は、明星食品の「明星 一平ちゃん夜店の焼そば 怪味マヨ」です。最近よく目にするようになってきた「怪味ソース」がテーマだそうで、怪味(複雑な味)という題材的に「一平ちゃん夜店の焼そば」らしい複合的な要素との共演には興味深いものがありますね。怪味ソースは唐揚専門店が持ち帰り用の唐揚に付けるソースとして別添したことをきっかけに、日本ではブームになったそうです。以前、私は怪味ソース作りに凝っていると冒頭で触れたことがあるんですけど、本格的な中華料理店や、火付け役となった唐揚専門店の怪味ソースは食べたことがないんですよね。自作の怪味ソースは思いっきりtaka :a仕様(塩気控えめ刺激強め)ですしw 私の中にある怪味ソースの基準はユウキ食品の業務用ソースなんですけど…いいですよね?w 今回は一般的にイメージされる怪味らしい複雑味(甘味,酸味,塩味,苦味,旨味,辣味,麻味)と、一平ちゃんらしい複合感がガッチリと噛み合っていることに期待したいと思います。





は、「こってりとしたソースと絡みの良い、しなやかで食べやすい油揚げ麺」とのこと。いつもの汎用麺でしょうか。一平ちゃんらしい細めの縮れ麺で、プリプリとした食感が特徴的です。風味も質感もスナック的な油揚げ麺なんですけど、この麺あってこその一平ちゃんですよね。スナック的な風味はありますが、むしろ油揚げ麺特有の風味はプラスに作用していたと思いますし、自己主張の激しいタイプではないので、今回のソースとも相性に問題は無く、一体感があって良かったです。ただ、今回もオニオンエキス練り込み麺じゃなかった、というのが個人的な不満ですね(毎回のように言ってるw)一平ちゃんのオニオンエキス練り込み麺、効果的で好きなんだけどなー。

ソースは、「ポークベースの塩だれに、怪味ソース(花椒のしびれや辣油の辛味、酢の酸味、練りゴマのコクなどの複雑な味覚が特長)をブレンドしたこってりとした辛旨ソース」で、マヨネーズは、「怪味ソースをブレンドした、シビカラの刺激がたまらなくクセになる、『一平ちゃん夜店の焼そば』のコクをアップさせる特製『怪味マヨ』」とのこと。さすが「怪味」と言うだけあって、様々な味覚が感じられます。製品説明ではポークベースの塩ダレとなっていますが、醤油の風味が明確にありますね。ソース単体だと少し弱さがあるのですが、そこに特製マヨとフリカケが加わることによって、3者が互いのちょっとずつ足りない要素を補い合い、ひとつの味として完成します。特製マヨは混ぜて馴染ませるとボヤけるので、その都度かけながら食べるのがいいでしょう。このシリーズは、ソース,特製マヨ,フリカケの3構成が基本で、たまにどれかひとつ邪魔だったりすることもあるんですけど、今回はそういった無駄がなかったんですよね。これは高く評価できるポイントだと思います。辣味や麻味は控えめですが、たしかに刺激は感じられたし、五味の中でも酸味には食欲をそそられ、効果的なアクセントになっていました。今回、特製マヨが普段のマヨではなく、きちんと怪味ソースらしさがあったことも大きかったです。怪味ソースを知らない方でもちゃんと雰囲気が掴めると思いますよ。

かやくは、「色鮮やかなキャベツ」で、ふりかけは、「すりゴマと粗挽きの黒胡椒(ブラックペッパー)、スイートチリを組み合わせた」とのこと。歯応えのある具材はキャベツのみですが、希望小売価格が180円の製品ですし、特製マヨとフリカケのコストを考えると致し方ないのかもしれませんね。ちょっと寂しいですけど。スイートチリは完全に見た目だけでしたが、擂り胡麻の芳ばしさと黒胡椒の爽やかな刺激は引き立て役として効果的でした。

(標準は★3です)

怪味と言うだけあって、様々な味覚を感じることが出来たのですが、やや無難に仕上げ過ぎているような印象は否めませんでした。ちゃんと美味しかったし、怪味の複雑味とブランドの持つ複合的な方向性は合致していて、特製マヨにもフリカケにも蛇足感はなく、それぞれの要素が見事に調和していたことには好感が持てたのですが、もうちょっと刺激的な要素や突出したインパクトがあっても良かったかな、と思いました。でも、ちゃんと怪味らしさを感じることは出来たし、馴染みがない人でも素直に美味しいと思えるバランスにあったので、ひとつの変わり種としては大いにアリだと思います。一般的に怪味ソースは唐揚げに合わせるイメージが強いようですが、意外と万能な調味料だったりするので、これを機にメジャーな調味料として認知されていくといいですね…って、これじゃが怪味ソースの紹介ですねw ちゃんと怪味らしさの感じられる複雑で個性的なカップ焼そばでした。あんまり感動しなかったのは、違和感なくハマり過ぎてたからなのかもしれません。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:明星 一平ちゃん夜店の焼そば 怪味マヨ
製造者:明星食品
内容量:121g (めん90g)
発売日:2015年10月26日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4902881436021

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:550㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:3袋 (ソース・特製マヨ・ふりかけ)

~標準栄養成分表~

1食 (121g) あたり

エネルギー:548kcal
たん白質:9.9g
脂質:26.8g
炭水化物:66.8g
ナトリウム:1.8g
ビタミンB1:0.28mg
ビタミンB2:0.35mg
カルシウム:138mg

(食塩相当量:4.6g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩)、ソース(しょうゆ、半固体状ドレッシング、糖類、ラード、食塩、香味油、植物油脂、醸造酢、香辛料、ねりごま、豆板醤、ポークエキス、たん白加水分解物、香味調味料)、かやく(キャベツ、ごま、香辛料)、調味料(アミノ酸等)、かんすい、炭酸カルシウム、酒精、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、香料、乳化剤、カロチノイド色素、酸味料、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、炭酸マグネシウム、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分を含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・大豆・ごま

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/4746

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
うまい棒にマヨ付けなんかアンタ食べれるのか?・・
それなら次は王将も行けるな!ww

この製品はちょっとおとなしかったですね。
たしかに不思議な味で適度な刺激もあったのですが、
一平のわりにはおとなしかった気がします。
麺の底力のほうの怪味はよく出来ていたので
それとの比較が楽しいですよ~~♪
No title
うまい棒のシュガーラスクは、みたらし団子に味が似てる気がします( *´艸`)

この商品はストックしてあります。
フロマージュとカレーが評価が高かったので、今度買ってきます(*´ω`*)

金色は美味しかったです。カップ麺の進化にビックリです(親指ビシイッ
Re:たういパパ
> うまい棒にマヨ付けなんかアンタ食べれるのか?・・
> それなら次は王将も行けるな!ww
いや・・・だから、その・・・これには事情がw

一平ちゃんの怪味、ちゃんと個性は感じられたし、
もちろん普通に違和感なく美味しかったのですが、
「で…だから?」みたいな部分がありましたね(笑)

汁ありの怪味は非常に楽しみです!
Re:くま子さん
> うまい棒のシュガーラスクは、みたらし団子に味が似てる気がします( *´艸`)
マジですか! その感覚は無かったなぁ…
次に食べる時は、御手洗団子を意識してみます(笑)

コレ普通に美味しいんですけど、
普通に美味しい止まりでした(笑)

フロマージュとカレーはオススメですよ!
特に「カレーの極み」は手放しにオススメです!(親指ビシイッ)

金色は、どこも評価が高いみたいですねー。
日々進化しているカップ麺に自分も脱帽です!(キランッ)← まだ禿げてないw
No title
takaさん、こんばんは!

怪味らしい良さを感じることができた一方で、
冒険的というよりはむしろ安定的な印象が強く、
バランス重視に仕上がってたのは少し意外でしたね!(●・ω・)

それゆえに幅広い層に受け入れられる力があるとも言えますが!

自分としては怪味ソースにこれまで縁がなかったので、
それを知ることができたという意味で価値を感じつつ、
あと少しくらい攻めてくれても良かったかなとも思いました!

ところでこの少し後に汁ありの怪味系が発売されましたが、
結局コンビニをはじめいまだに全く見かけていません;

個人的には注目していただけに、ドンキに流れてくるのを待ちたいですね!(`・ω・´)

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
テーマには冒険心があったのですが、
仕上がりが綺麗すぎるくらい綺麗でしたね(笑)

いかにもゲテモノ路線な雰囲気を漂わせつつ、
案外すんなり受け入れられる感じだったので、
ある意味そのギャップが意外でもありました。

かーとさんがおっしゃるように
怪味ソース自体に縁がなかった場合
このカップ麺をきっかけに知ることが出来る
という部分には明確な価値が見出せると思います!

反面、カップ麺ファンとしては感動が足りなかったですね。

> ところでこの少し後に汁ありの怪味系が発売されましたが、
> 結局コンビニをはじめいまだに全く見かけていません;
「麺の底力」シリーズから発売されているやつですよね!

たしか調達係が手に入れてると思うんですけど
私自身は1度も目にしたことがありません・・・

タテ型や汁なしは比較的取り扱ってもらえるようですが、
どんぶり型になると急に発見率が下がりますよね(汗)

「アスター」のワンタンも未だに見かけません(涙)

管理者のみに表示

トラックバック