日清食品「カレーの極み チキンカレーヌードル」(2回目)



「ザ・プレミアム・モルツ〈コクのブレンド〉」やっと解禁しましたねー。何度かブログの冒頭でも触れてきましたが、去年の9月も完成度が高かったので、 今年も楽しみにしてました。今回は事前にケースで予約注文していたので、しっかり堪能してやろうと思います。でも、なぜ解禁日に届かない…w

さて、本日の一杯は、日清食品の「カレーの極み チキンカレーヌードル」です。「謎のローソン部」がプロデュースしたローソン限定発売のカップ麺で、当ブログでは2回目の紹介になります。今回で13代目になるのですが、ちょっと前にも12代目が発売されてたんですよね。残念ながら謎のローソン部は2015年9月30日に部活動終了との発表があったんですけど、このカップ麺は部活動終了後でのリリースなので、今後も定期的に発売されそうな雰囲気にホッ、と一安心。このカップ麺、私はカレー系ヌードルの完成形にあると評価しているのですが、同じように感じている方も多いのではないでしょうか。おそらく内容に大きな変化はないと思うので、ちょっと今日は駆け足でレビューしますね。すいません(ぺこり)





(標準は★3です)

希望小売価格は186円から200円に値上がりしていましたが、それでも文句無しの★7です。安定感のあるヌードル麺に、不足感は皆無な具材構成。そして特筆すべきはスープのストレートなスパイスの複雑味とメリハリのある刺激で、一般的に見ても辛口と言って差し支えない辣味を持たせつつ、それを包み込むような丸みを帯びた乳製品系の持つコクが織り成す絶妙なコントラストが美味。「カレーの極み」というネーミングに全く引けを取らない完成度の高さで、まさしくカレー系ヌードルの完成形にあると言えるでしょう。パンチのあるカレー味は、クセになること請け合いです。私のような固定ファンは間違いなく多数いらっしゃるでしょうし、今後も完成度を維持しつつ定期的に発売してもらいたいカップ麺ですね。激辛ではありませんが、辛い食べ物が苦手な人は避けたほうが無難なので、そこだけ注意です。裏を返せば刺激的なカレーヌードルを求めている人にとって、まさに理想的な一杯と言えるのではないでしょうか。今後も発売される度に食べたい、そう今回も素直に思わせてくれるレベルの高い一杯でした。カレーヌードルに求めているものがギュッ、と詰まったような理想的な仕上がりに大満足です。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:カレーの極み チキンカレーヌードル
製造者:日清食品
内容量:111g (めん80g)
発売日:2015年10月20日 (火)
発売地区:- (LAWSON)
希望小売価格:200円 (税別)
JANコード:4902105239193

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:410㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:無

~標準栄養成分表~

1食 (111g) あたり

エネルギー:519kcal
たん白質:12.6g
脂質:22.9g
炭水化物:65.7g
ナトリウム:2.3g
(めん・かやく:1.1g)
(スープ:1.2g)
ビタミンB1:2.06mg
ビタミンB2:0.29mg
カルシウム:128mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:519kcal (めん・かやく:421kcal / スープ:98kcal)
食塩相当量:5.8g (めん・かやく:2.8g / スープ:3.0g)

原材料名:油揚げ麺(小麦粉、食物油脂、食塩、たん白加水分解物、醤油)、スープ(豚脂、小麦粉、ポークエキス、カレー粉、でん粉、香辛料、食塩、糖類、ピーナッツバター、マーガリン、たん白加水分解物、加工油脂、醤油、チキンエキス、香味油)、かやく(味付鶏肉、フライドポテト、玉ねぎ、レッドベルペパー、インゲン)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、炭酸Ca、増粘多糖類、かんすい、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、カロチノイド色素、香辛料抽出物、ビタミンB2、香料、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分を含む)

アレルゲン情報:小麦・乳成分・落花生・豚肉・鶏肉・大豆

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
この製品、もうそんなに発売されているんですか・・。
自分もこの製品はカレー味としてはよく出来ていると思います。
まぁ、けっこうピリ辛強めですけど(^_^;)

でも、自分は調べたら記事にしていないんですよね~。
気づきませんでした。
記事にしていたのは5年前のこのシリーズのカレーうどんだけ!
あれも未だに美味しかったのを覚えています。
No title
うん...これはかなり美味しいですよね...

僕も完成形だと思いますわ...

イタチ君がわざわざ買って
持って来たぐらいですからね...(笑)
はい!
発売当時からのファンです!

あの、十分な辛さがいい!(≧∀≦)ノ
Re:たういパパ
> この製品、もうそんなに発売されているんですか・・。
きっと根強い人気があるのでしょう。
そう素直に思えるクオリティの高さですからね!

これを記事にされてないのは少し意外でした。

> 記事にしていたのは5年前のこのシリーズのカレーうどんだけ!
「カレーの極み うどんカレー」ですね!
自分は未食なので、非常に気になるカップ麺です。

復刻版で出ないかなー。
Re:ハシダ・メンさん
ハシダさんも高評価でしたよね!

刺激的なカレーヌードルとして、
ひとつの完成系にあるカップ麺だと思います。

スパイス感が苦手な人にはオススメできませんが
そうでなければ手放しに楽しめると勧めたい一杯です!

「カレーの極み」というタイトルは伊達じゃないですね。

JoJo氏は根っからのファンみたいで(笑)
すっかり私も虜になってますけどね!
Re:JoJo氏
発売当時からとは筋金入りですな!

きちんと辛口なのがいいですよね(≧∀≦)ノ

火を噴くほど辛いわけではありませんが、
「とんがらし麺」のレベル5より辛いと思います(笑)

14代目はローソン部の名を冠してないかもしれませんが、
これからも定期的に製品化を続けて欲しいカップ麺ですよね。
No title
takaさん、こんばんは!

このカレーヌードルはほんと素晴らしいですよね!

今年の中頃に初めて買って食べてみて強い感銘を受け、
そして冬にも食べて完全にファンになりましたね!(●・ω・)

スパイス感、辛さ、カレーヌードルとして完成度、
そのどれをとっても満足度が高いのが見事です!

大抵はどこか一つや二つに弱点があるものですが、
これはそのどれもをちゃんと押さえてくれてますしね!

やはり中でも大きいのは「ちゃんと辛い」点ですね!

激辛狙いというわけではなく、カレーとしての旨さを出すための
「ちゃんとした辛さ」、これを備えたものは少ないですからね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
この製品は間違いなく完成系にありますね!
もうヘタにイジらず再販を続けてほしいです(笑)

カップ麺好きなら間違いなく高評価でしょう!

> やはり中でも大きいのは「ちゃんと辛い」点ですね!
そうですね! この点は大きなポイントだと思います。
「とんがらし麺」の平均値より辛いですから(笑)

きちんとスパイス感があって濃厚で、
安定のヌードル麺に満足度の高い具材構成。

さすが日清食品と手放しに称賛できますし、
謎のローソン部にも深く感謝しています(笑)

管理者のみに表示

トラックバック