寿がきや食品「中華そばムタヒロ監修 ワハハ煮干そば」



本日の一杯は、寿がきや食品の「中華そばムタヒロ監修 ワハハ煮干そば」です。「東京国分寺と大阪福島に店舗展開している有名店『中華そばムタヒロ』の人気メニュー『ワハハ煮干そば』をカップめんで再現」したとのこと。ちょっと調べてみたんですけど、他にも「ガハハ鶏そば」とか、「アハハ煮干つけそば」とか、「ザハハ鶏つけそば」とかw ユニークな名前のメニューが印象的でした。某有名ファーストフードチェーン店よろしく、「とびっきりのスマイル」は “0円” だそうですw 私は実際の店舗に行ったことはありませんが、「ワハハ煮干そば」はガッツリ煮干に背脂が特徴らしく、パッケージにも「圧巻の煮干だし」なんて書いてあるので、ここは素直に煮干のパンチに期待したいと思います。





は、「もちもち・つるつるとしたコシと弾力のある、のどごしの良いノンフライ太めん」とのこと。寿がきや食品らしいノンフライ麺で、食べ慣れている人にとっては新鮮味こそ一切ないと思いますけど、しっとりとした特有の質感が自分は大好きです。厚みのある縮れの強い平打ち麺で、この形状も寿がきや食品らしいですね。一見すると汎用麺にも思えるのですが、実際のラーメンも平打ち縮れ麺みたいなので、それなりに再現性も高いと言えるかもしれません。全く以て目新しい麺ではないんですけど、きちんとコシや小麦っぽい風味があって、素直に楽しめる安定のノンフライ麺だと思います。今回は麺単体としても主張しつつ、スープの味も尊重していたし、お互いのバランスに問題は感じませんでした。

スープは、「鶏ガラベースに濃厚な煮干だしを加え、さらに背脂を加えた煮干スープ」とのこと。製品説明にもあるように、鶏ガラ+煮干スープに背脂というのが特徴らしいので、きちんとその雰囲気は感じられるのですが、思ってたよりも煮干は控えめですね。いや、きちんと煮干の存在は感じるんですけど、価格帯の割にインパクトは無いんだなぁ…って。実際のラーメンも煮干をきちんと打ち出しつつ、煮干のネガティブさは抑えられているようなので、そういった意味では再現度が高いのかもしれませんが、値段的に煮干感には肩透かし。醤油の主張は割と強めで、煮干スープらしく塩気にもカドを感じたので、塩カドのあるスープが苦手な人は厳しいかもしれません。斯く言う私が塩分濃度に過剰反応する人間ですから、そういった意味ではスープ単体で飲むと厳しかったんですけど、麺を食べてる時にはバランスが良くて、ちゃんと楽しめました。味としては鶏ガラの旨味に煮干のキレと背脂のコク、って感じで美味しかったんですけど、値段が値段なので、もうちょっと煮干の癖が欲しかったかなぁ。 “圧巻の〜” とか言われたら、なおさら。これは私の実食前に抱いていた期待値も強く影響してますね、きっと。背脂は粒感がきちんとあって、意識的に食べるとプニプニ感と甘味が感じられて好印象でした。

かやくは、「肉そぼろ、メンマ、ネギ、焼き海苔」とのこと。高価格帯の製品にしては寂しさが否めませんが、基本的に具材が貧弱な寿がきや食品指標で見ると非常に頑張っていると思いますw 肉そぼろは香辛料の効いたしっかりめの味付で、舌触りは少しザラついてたんですけど、そこまで気にならなかったし、量的な不満も感じませんでした。ただ、メンマの存在感が薄いのなんのって…w 混ぜたら完全に見失うレベルで、ここまで細切れのメンマって珍しいと思います。1,2個だけ目立ったやつ(それでも小さいw)が居て、意識的に拾って食べたら歯応えはしんなりしてたんですけど、風味は良かったです。でも存在感は皆無に等しかったですw 焼き海苔はスープにしっかりと浸し、麺を巻くようにして食べたらイイ感じでした。麺と背脂と焼き海苔って相性いいですね。

(標準は★3です)

鶏ガラと煮干のバランスが光る濃口醤油の背脂醤油ラーメン、って感じで美味しかったんですけど、価格帯だけがネックですね。これで希望小売価格205円なら上出来クラスだったのですが、希望小売価格256円と言えば堂々のハイエンドクラスなので、もうちょっと煮干を前面に押し出すとか、相応のインパクトがないと成立しないように思いました。実際のラーメンを食べた人の感想をレビューサイトなんかで見てみると、そこから思い描いた味のイメージとしては、それなりの再現度かとも思えたんですけど、あくまでカップ麺として評価した場合、これで256円は釣り合わないのではないかと思います。繰り返しますが、美味しいのは美味しいですよ。でも、レシート見たら “ムムム・・・煮干そば” って感じでした…w

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:中華そばムタヒロ監修 ワハハ煮干そば
製造者:寿がきや食品
内容量:120g (めん70g)
発売日:2015年10月19日 (月)
発売地区:全国 (沖縄除く)
希望小売価格:256円 (税別)
JANコード:4901677081742

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:450㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:3袋 (かやく・液体スープ・海苔)

~標準栄養成分表~

1食 (120g) あたり

エネルギー:407kcal
たん白質:12.1g
脂質:14.8g
炭水化物:56.4g
ナトリウム:2.6g
(めん・かやく:0.6g)
(スープ:2.0g)
カルシウム:115mg

(食塩相当量:6.6g)

原材料名:めん(小麦粉、でん粉、食塩、植物油脂、小麦たん白、大豆多糖類、たん白加水分解物)、スープ(しょうゆ、動物油脂、チキンエキス、煮干エキス、香味油、昆布エキス、食塩、たん白加水分解物、魚醤、酵母エキス)、かやく(肉そぼろ、ねぎ、メンマ、海苔)、加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、着色料(カラメル、クチナシ)、かんすい、炭酸カルシウム、乳化剤、セルロース、増粘多糖類、酸化防止剤(V.E、ローズマリー抽出物)、酸味料、(原材料の一部に卵、ごま、さば、豚肉、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:卵・小麦・ごま・さば・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン

引用元URL:http://www.sugakiya.co.jp/products/sokuseki/soku_n_8174.html

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
製品的にはわりと美味しかったんですが
やっぱりこの価格は問題ですね・・・。
寿がきやは基本具はコスパ悪いのでww
麺とスープに期待をかけるわけなんですが、
麺はフツー、スープはOKという感じかな?
でも、なかなかこの価格ならリピはないといえるでしょう。
記憶に残らない一杯に感謝(^_^;)

逆にマズイ方が記憶に残るんですが・・・ww
さっきマズイので有名な(笑)、日清のラーメンボウルの動画を
You Tubeで見てそう思いました。
No title
いくら店カップとは言え...再現性は別にして
そのカップの出来自体が、評価の対象に
なりますからね...

確かにビジュアル的に見ても、その価格だと
割高に感じてしまうかな...

Re:たういパパ
そうなんですよ。味だけで言えば美味しかったんですけど、
これに256円+税を出すのはコスパが悪いなぁ…って。

> 寿がきやは基本具はコスパ悪いのでww
> 麺とスープに期待をかけるわけなんですが、
> 麺はフツー、スープはOKという感じかな?
そんな感じでしたね(苦笑)ギリギリ及第点w

> 逆にマズイ方が記憶に残るんですが・・・ww
あまり良いことではありませんけどw たしかにw

> さっきマズイので有名な(笑)、日清のラーメンボウルの動画を
> You Tubeで見てそう思いました。
海外のカップ麺は恐ろしくハズれることがあるので、
いかに日本のカップ麺が高レベルなのか分かりますよね。

「Nissin Bowl Noodles」は食べたことないんですけど、
あんまり評判良くないんですか…(苦笑)

いつかネタでイギリスのアレを食べてみたいですw
Re:ハシダ・メンさん
“寿がきや食品にしては” 具材も頑張ってましたけどw
この価格帯じゃ手放しには楽しめなかったですね。

仕上がりとしては決して悪いわけではなかったので、
これで定価205円だったら★4〜5はつけてたと思います。

お店の雰囲気は皆無ではありませんでしたが、
これ食べてお店に行こうとは思えなかったかなぁ・・・
福島のお店は・・・
JR大阪環状線の半周分の煮干し感でしたよ!←分からんて・・・

私には、お店のは煮干しの雑味込みの一杯だと感じてました分、肩透かしでしたね〜

今度また行ってみますね〜来年には・・・
Re:JoJo氏
> JR大阪環状線の半周分の煮干し感でしたよ!←分からんて・・・
いや、なんとなくニュアンスは伝わりましたよ(笑)

JoJo氏的には肩透かしなカップ麺でしたかぁ・・・
雑味込みの一杯なら再現度は低いということになりますね。

このカップ麺を食べて実際に行こうとは思えませんでしたが、
様々な意見が絡み合うと自分の舌で確かめたくはなりました(笑)

また行ったら煮干感の状態を教えてください!(≧∀≦)ノ
No title
takaさん、こんにちは!

ちなみに自分はスーパーで税抜き198円で購入したので、
購入価格に50円以上も差があったことになるのですね;

単にコンビニで見つからずにスーパーで見つかっただけなのですが;

自分の場合はお店に行ったときにはもっと強い煮干を期待してて、
食べてみると「あれ、煮干は効いてるけど意外に丸いな」という
感想だったので、それがこのカップへの評価にもリンクしてますね!

実際、お店のほうも「もっと強いと思ってた」という
感想を持つ人は意外と少なくなかったりもしますし!(=゚ω゚)

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
やはりコンビニとスーパーの価格差は大きいです。
こちらもスーパーでは、そのくらいの値段だったかと。

実際のお店の感想にバラつきがあったので、
参考にする意見の基準を定めにくかったのですが、
一方ではかなり強い煮干感だったと言う方もいた為、
お店のコンディションにもよるのかなー、とも思ったり。

それを自分で確かめたいという理由から、
お店のラーメンを食べてみたいと思いました(笑)

値段が値段の製品だったので、
単純にひとつのカップ麺として見ると、
もっと圧巻の煮干らしいインパクトが欲しかったです。

管理者のみに表示

トラックバック