東洋水産「マルちゃん 博多水炊き風鶏だしうどん」



昨日の「旨みふぐだしうどん」に続きまして、本日の一杯は、東洋水産の「マルちゃん 博多水炊き風鶏だしうどん」です。「旨みふぐだしうどん」と同時発売のカップ麺で、テーマは共通して「鍋料理」となっています。これまでも同社の作る製品の中に、「コクの鶏しおうどん」や「鶏油入り塩うどん」など、鶏しお系を題材にしたカップうどんがありましたが、今回は「博多水炊き風」とのことで、これまでと大きく違うのは、透明感のあるスープではなく、濁りのある白湯スープという点ですね。テーマが博多水炊き風なので、鶏の旨味や鍋っぽさに期待したいです。





は、「コシと弾力のある、なめらかな太めのうどん」とのこと。「旨みふぐだしうどん」と同じ油揚げ麺だと思います。PDFの製品説明も共通ですね。優しいタイプの油揚げ麺で、「旨みふぐだしうどん」の時は和風つゆを壊さないというのが利点だったんですけど、それが仇になったか、つゆの塩気に麺が喰われてしまっているような気がしました。なんかもう、麺自体の味付が塩っぱいような錯覚に…w 責任は和風つゆにあると思うので、この子は悪くないです。

つゆは、「チキンをベースに野菜の旨味を加えた、少し白濁したあっさりとした和風つゆ」で、「鶏風味の特製油付」とのこと。うーん、これは…うーん(苦笑)たしかに “水炊き風” と言うだけあって、それっぽさは何と無く感じられないこともないのですが、いまいち薄いです。で、体感的な塩気は強めというバランスの悪さ(苦笑)本来であれば、鶏の持つまろやかな旨味とコク、野菜の甘味や優しさが売りになると思うんですけど、塩カドによるエッジが先行して掻き消してる感じだったし、こってり鶏白湯を塩気で〆るなら理解できますが、そういう重厚感は無かったし、食塩の必要性が見出せませんでした。私は塩気に過剰反応する性質ですけど、それを差し引いても、うーん。特製油による芳ばしい鶏油の香りとパンチには食欲をそそられたし、この演出はかなり効果的だったのですが、それだけで他は印象に残りませんでした。途中から鶏油が薄れてくると単調さが浮き彫りになってくる感じだったし、食塩を効かせるのであれば、まったりとした白湯らしい鶏のコクで調整するなどの工夫が欲しかったです。

かやくは、「味付鶏肉、たまご、かまぼこ、ねぎ」とのこと。鶏肉は味付しっかりめで、小さいながらも存在感があります。噛んだ時の鶏肉っぽさは好印象だったんですけど、ちょっと味が濃過ぎるような気がしました。単体で食べると美味しい肉具材なんですけど、総体的に肉も塩っぱいのか…って(苦笑)他の具材は「赤いきつね」と同じですね。取り立てる内容ではありませんでした。「旨みふぐだしうどん」とタマゴの数が随分と違ったのですが、個体差ですかね。

(標準は★3です)

それなりに水炊きを連想させる要素は揃っていましたが、コクが足りないというか、薄っぺらいというか、完成前に出てきちゃったような印象が無きにしも非ず。それで塩気にも意味が見出せなかったんだと思います。「鶏だし」にしては出汁は控えめだし、「白湯」にしてはコクが無いし、みたいな。鶏油のパンチだけは好印象だったんですけど、それを取ったら後は平凡で、もう少しベース頑張って欲しかったですね。香り高く芳ばしい鶏油の主張はかなり効果的だったので、そこは高く評価したいと思います。っていうただの鶏油好きw この風味があると私は無条件で評価を上げてしまう為、気を付けなきゃいけないポイントです…(苦笑)なので味だけで言えば★3でもいいかなー、と思ったんですけどね。でも、もうちょっと頑張れると思ったので、ロシアより愛を込めて。ピシィッ(愛のムチ)

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:マルちゃん 博多水炊き風鶏だしうどん
製造者:東洋水産
内容量:80g (めん66g)
発売日:2015年10月19日 (月)
発売地区:全国 (CVS・量販店・一般小売店 他)
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4901990333764

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:370㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:3袋 (粉末スープ・特製油・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (80g) あたり

エネルギー:369kcal
たん白質:7.7g
脂質:17.1g
炭水化物:46.1g
ナトリウム:2.1g
(めん・かやく:0.7g)
(スープ:1.4g)
ビタミンB1:0.26mg
ビタミンB2:0.25mg
カルシウム:148mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:369kcal (めん・かやく:312kcal / スープ:57kcal)
食塩相当量:5.3g (めん・かやく:1.7g / スープ:3.6g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、でん粉、食塩、植物性たん白、乾燥酵母、卵白)、添付調味料(食塩、植物油、鶏脂、チキンエキス、粉乳、ゼラチン、醤油、砂糖、野菜エキス、こんぶエキス、たん白加水分解物、酵母エキス)、かやく(味付チキンダイス、たまご、かまぼこ、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、リン酸塩(Na)、炭酸カルシウム、増粘多糖類、レシチン、酸化防止剤(ビタミンE)、ベニコウジ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、カロチン色素、(原材料の一部に乳成分、ごま、豚肉を含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・ゼラチン・大豆・豚肉・ごま

引用元URL:http://www.maruchan.co.jp/news_topics/documents/1510_hugudasi_toridasi2.pdf

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
「博多の水炊き」えおテーマにした製品はこれまでにも
いくつかあったと思うのですがなんかあまり良いイメージが
ないんですよね・・。
まぁ、ホンモノを現地で食べたことのない人間が偉そうに言えませんがww
アンタのいうように薄っぺらい・・
というのがいちばん的を射てると思います。

塩っ気が強いのはホントに致命傷でしょう。
まだ甘すぎに振ってくれたほうがマシだったかな?
もっと、もっとハイエンドの製品で博多水炊き風のカップ麺が
出てくれれば満足感が得られるかもしれませんね。
Re:たういパパ
> 「博多の水炊き」えおテーマにした製品はこれまでにも
明らかに「W」と「E」を押し間違えましたねww

せっかくなので、もうちょっとコクが欲しかったです。
原材料の構成は水炊きっぽかったんだけどなー。

たしかにハイエンドカップ麺で水炊きは気になりますね!
ただ、東洋水産が作るとグルタミン酸が強烈に来そうですけど(苦笑)
No title
takaさん、こんばんは!

自分は水炊き風と聞くと「あぁ、薄めの味だな」とまず思うので、
これぐらいの軽さは自分が予想していた範囲に入っていましたね!

「薄めだけどそこそこおいしい」というラインを想定すると、
自分としてはその水準は超えてくれている印象でした!(=゚ω゚)

そういえば自分は作るときにちょっとお湯が多くなってしまって、
takaさんの感想を読むとそれが功を奏した面もありそうですね!

この手の水炊き系を楽しむなら、あえてお湯を多めにして薄くしつつ、
柚子胡椒をお好みで投入しながら食べるのがいいのかもしれませんね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
動物性の軽さについては納得できなくもなかったのですが、
コクや旨味の薄っぺらさが少し気になってしまいました。

鶏油のパンチには非常に好感が持てたんですけどね!(←ただの鶏油好きw)

> この手の水炊き系を楽しむなら、あえてお湯を多めにして薄くしつつ、
> 柚子胡椒をお好みで投入しながら食べるのがいいのかもしれませんね!
お、たしかに良いアイディアかもしれません。
薄さは湯量が多いからと自分を納得させられますし(笑)
気になった塩気の主張も伸ばせるので、バランスが良いかも。

物足りない要素は柚子胡椒が担ってくれますし
前にブロ友から頂いた「柚子辛凛」とかも大活躍しそうです!

水炊き系カップ麺+柚子胡椒と言えば
先日のスーパーカップがそうでしたよね!

管理者のみに表示

トラックバック