東洋水産「マルちゃん 旨みふぐだしうどん」



「つぶしておいしいたまごのサラダ」っていう茹で卵が丸ごと2個入ったタマゴサラダがあってですね、ずっと気になってて、値引きをきっかけに初めて買ったんですけど、いやー想像以上に好みの味でした。パックの中の玉子をムニムニ潰すのも地味に楽しかったw 惣菜コーナーなんかに行くと、小さなパックに入って売ってるじゃないですか、200円前後でタマゴサラダ。それ買うこと思ったらお買い得だなー、とも思ったんですけど、茹で卵くらい自分で作れるし、中のドレッシング(?)だけ売ってないですかね。茹で卵を自分で用意して、あとは潰して混ぜるだけでタマゴサラダ完成〜、みたいなの。自分で作れなくもないんですけど、あの微妙なニュアンスが出せなくて。タマゴサラダの味付って難しくないですか?

さて、本日の一杯は、東洋水産の「マルちゃん 旨みふぐだしうどん」です。フグですよ、フグ。でも油揚げ麺だし、どうなんだろう…という懸念が無きにしも非ず。フグという高級食材を使用したコンセプトにはインパクトを感じるんですけど、カップ麺だから庶民的というか、どうも釣り合わないような雰囲気もあったり。でもでも、インスタントでフグ雑炊とか結構ありますし、そのイメージで食べたら大丈夫かな。間違っても高級感なんかを期待したら肩透かし喰らいそうなのでw





は、「コシと弾力のある、なめらかな太めのうどん」とのこと。コシと弾力はそんなにないんですけど、つるみのある滑らかな表面は喉越しと口当たりの良さを演出。おそらく同社の「赤いきつね」と同じ油揚げ麺だと思うのですが、油揚げ麺特有の風味が非常にマイルドで、つゆのフグを阻害していなかったのが今回の中で大きな利点でした。テーマ的に優しい味わいだろうと思っていたので、油揚げ麺ということが心配の種だったんですけど、杞憂に終わりましたね。高級感やリアリティこそありませんが、カップうどんらしさを素直に楽しめる麺だと思いますし、今回のフグ出汁とも取り合わせ的な問題は感じませんでした。油揚げ麺特有の風味はあるんだけど、全然暴力的じゃなくて、優しい油揚げ麺です。

つゆは、「ふぐの旨味をベースにした、あっさりとした塩味のつゆ」とのこと。口に含んだ時に干物っぽいなー、と思ったんですけど、なるほどこういった路線なんですね。今回は「ふぐ雑炊」をイメージしているそうなんですけど、いわゆる「てっちり」後の雑炊ではなく(それっぽさも多少ありますが)「一夜干し」で出汁を取った雑炊に近いイメージです。フグと言えば高級で繊細なイメージもありますが、一夜干しならば安くで手に入りますし、そのような方向性から庶民的な味わいで、最初はフグという敷居の高さがカップ麺とは釣り合わないような懸念があったんですけど、これならば大きくハズれないですね。一夜干しっぽい深みのある旨味に加え、クセのない淡白さがフグらしさを演出。一般的な節系や煮干系、鯛だしなんかとは明らかに出汁の風味が異なっていて、派手さこそないものの、かなり仕上がりとしては個性的でした。淡白と言えど弱々しさは感じさせず、昆布エキスが旨味をしっかりとサポート。原材料の魚エキスがフグのみに絞られている潔さも功を奏していて、シンプルが故のストレートな味わいにも好感が持てました。

かやくは、「鶏だんご、たまご、かまぼこ、ねぎ」とのこと。東洋水産の肉具材は基本的に安心して食べられますが、中でも鶏だんごは秀逸で、食感も風味も自然でリアル。量は少なかったんですけど、確かな旨味と大きなサイズで存在感がありました。他の具材は「赤いきつね」と同じだと思うので、あまり印象には残らなかったです。私事ですが、このタマゴちょっと苦手なんですよね…(苦笑)

(標準は★3です)

唸るほど美味しいとかじゃないんですけど、しっかりとした旨味と個性を感じられたのが良かったです。中でも一夜干しっぽさが印象的で、良い意味で予想を裏切られました。その一夜干しっぽさが庶民的な雰囲気を醸し出していたので、フグのイメージにある高級感こそなかったものの、下手に背伸びしてコケるより全然マシだと思うし、フグ=高級のイメージを逆手に取ったような戦略的な仕上がりには好感が持てました。最初はフグ出汁に油揚げ麺ってどうなんだろう…と、不安な面もあったんですけど、そのあたりのバランスも全く問題なかったし、フグ出汁の個性と確かな旨味の効いた和風つゆには味わい深さと新鮮味があり、東洋水産の和風シリーズらしい安定感と美味しさを提供してくれた一杯でした。なんて相変わらず好き勝手ごちゃごちゃ書いてますけど、深く考えずに食べても “旨み昆布だし塩うどん” って感じで素直に美味しかったですw

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:マルちゃん 旨みふぐだしうどん
製造者:東洋水産
内容量:89g (めん66g)
発売日:2015年10月19日 (月)
発売地区:全国 (CVS・量販店・一般小売店 他)
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4901990334396

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:370㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:2袋 (液体スープ・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (89g) あたり

エネルギー:333kcal
たん白質:7.1g
脂質:13.6g
炭水化物:45.6g
ナトリウム:2.0g
(めん・かやく:0.6g)
(スープ:1.4g)
ビタミンB1:0.24mg
ビタミンB2:0.34mg
カルシウム:165mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:333kcal (めん・かやく:312kcal / スープ:21kcal)
食塩相当量:5.1g (めん・かやく:1.5g / スープ:3.6g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、でん粉、食塩、植物性たん白、乾燥酵母、卵白)、添付調味料(ふぐエキス(標準和名:シロサバフグ、クロサバフグ)、醤油、食塩、こんぶエキス、デーツ果汁、香辛料)、かやく(味付鶏肉だんご、たまご、かまぼこ、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、酒精、リン酸塩(Na)、炭酸カルシウム、酸化防止剤(ビタミンC、ビタミンE)、増粘多糖類、レシチン、ベニコウジ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、カロチン色素、(原材料の一部に乳成分、豚肉を含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・大豆・豚肉・鶏肉

引用元URL:http://www.maruchan.co.jp/news_topics/documents/1510_hugudasi_toridasi2.pdf

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
なんかふぐの出汁が最後までよく見えんかったです。
まぁ、それほどあっさりで繊細やっていうことやね・・。
自分はマルちゃんの和風系のつゆは過度な期待を抱いちゃうので
どうしても評価がキビシクなってしまいます(^_^;)
Re:たういパパ
自分は結構フグっぽさを感じたんですけどね!

なんかこう、一夜干しっぽい感じと淡白さがそれっぽくて、
後味に残る旨味とか、結構なかなかだな、って思いました。

たしかにパパはマルちゃんの和風シリーズには
出汁の美味さが流石だというコメントが多いので、
いつも期待値が高めなのは重々承知しております(笑)

好きなブランドだと、余計に厳しくなっちゃいますよねー。
まぁ個人の評価ですし! それもブログの個性になりますから!b
No title
うん...塩味でまとめたのが正解だったのかも
しれませんね...

コスト的に言えば、かやくに使用することなく
スープにだけなら、エキスでどうにでも
なりますからね...

僕も見つけたら、買ってみますわ...(興味津々w)

タマゴサラダいいですねぇ...ポテサラも含めて
大好きなんですよね...
Re:ハシダ・メンさん
このカップ麺はフグ感に賛否両論あるみたいですが
私は明確な個性を持つ一杯だと感じました!

具材にもフグが入ってたら良かったんですけどねw

高級感に期待すると微妙な仕上がりですが、
フグの一夜干しをイメージしたら大きくコケることはないかと。

タマゴサラダもポテトサラダも美味しいですよね!
でも自分で作ると味にムラが出来ちゃったりして…

でも秋に作るサツマイモのポテトサラダは自信作です!(笑)

ちなみに「つぶしておいしいたまごのサラダ」
タマゴサンドを作る時にメチャ便利でした。b
一夜干し
takaさん、こんにちは!

これは自分としてのお気に入りのカップ麺でしたね!

食べた瞬間にまず「あ、一夜干しっぽい」と感じて、
「そういえばふぐの一夜干しってあるし、
ちゃんと鯛とも節系とも違う味になってるなぁ」と
その個性をきっちりと楽しむことができましたね!

最近はラーメン屋さんでも自作の一夜干しでだしを取るなど、
魚介だしにも多様性が広がってきていますが、
それを考えるとラーメンにも応用可能かもですね!(=゚ω゚)

「ふぐ」と名乗るとわかりにくくなるのかもですが、
素直に「一夜干しでだしを取りました」とうたえば、
もっと幅広く受け入れられる余地がありそうです!

そんなポテンシャルも含めて納得の内容でしたね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
> 食べた瞬間にまず「あ、一夜干しっぽい」と感じて、
> ちゃんと鯛とも節系とも違う味になってるなぁ」と
これが自分も印象的で、きちんと個性を感じることができました。

> 最近はラーメン屋さんでも自作の一夜干しでだしを取るなど、
そういったお店も増えてきてるんですね!
カップ麺の魚介系製品にも取り入れられそうですし、
最近は魚介系が多いので、マンネリ打開策にもなりそうです。

> 「ふぐ」と名乗るとわかりにくくなるのかもですが、
> 素直に「一夜干しでだしを取りました」とうたえば、
> もっと幅広く受け入れられる余地がありそうです!
たしかに「一夜干し」という単語で説明があれば
ある程度の疑問符は解決できそうですね。

そこに目がいかないと、旨味はあるけど・・・で、
止まってしまいそうな印象が無きにしも非ずでしたし(苦笑)

我々のレビューが少しでも参考になると幸いですね!

管理者のみに表示

トラックバック