東洋水産「マルちゃん 麺屋 彩未(さいみ) 札幌味噌らーめん」(2回目)



今日から12月突入ですねー。今月は再び神戸でオフ会の予定があったり、某ブロガー様方の集う忘年会に誘われていたり、バタバタしそうなので、早めの準備をば。「師走」とは上手いこと言ったもんですなー(すたたた・・・)

さて、本日の一杯は、東洋水産の「マルちゃん 麺屋 彩未(さいみ) 札幌味噌らーめん」です。当ブログでは2回目になりますね。パッケージには目立った変化がなく、店主の方が右から左にスライドしたくらいなのでw 味の内容も同じ感じかな? と、思いながらも気になるのは希望小売価格で、去年は260円だったんですけど、今年は240円になってます。うーん、ちょっと悪い予感・・・





は、「なめらかな口当たりとコシを合わせ持つ、黄色みの強いノンフライ麺」とのこと。製品説明も去年と同じですし、体感的にも大きな変化はありませんね。味噌ラーメンにしては少し細めの麺なんですけど、たまご麺っぽい色が雰囲気を醸し出していて、細さの割にしっかりとしたコシと強めの小麦感があるので、なかなかの存在感。去年はもう少し太くても、と思ったんですけど、今年のスープは油脂感が控えめになっていたので、スープとのバランスは向上していたように思いました。縮れがスープをよく拾ってくれたし、細くても札幌味噌ラーメンらしい雰囲気の感じられる麺で、イメージ的にも合ってますね。ずば抜けて美味しいノンフライ麺、ってわけではないのですが、きっちり美味しいノンフライ麺です。

スープは、「北海道産の味噌をベースに、野菜の旨味と山椒を利かせた、まろやかでコクのある味噌味スープ」で、「オイルにローストガーリックを使用したラードを配合し、香ばしさをだし」たとのこと。スープの方向性は変わってないんですけど、明らかに油脂の主張が弱くなってますね。昨年と原材料を見比べてみると、成分としては同じなのですが、ポークエキスの表記が繰り上がってます。しかし、これはポークエキスの濃度が増したのではなく、単純に香味油脂とラードの含有量が下がったとみて間違いないでしょう。舌を包み込むような甘味、鼻を抜けるような山椒の香りと心地のいい蓄積型の麻味、絶妙な香味野菜の主張と生姜が個性となっていて、それぞれが絡み合って生まれる複雑味に「彩未」らしさは感じられました。あ、実店舗には行ったことないんですけどねw ただ、油脂が控えめになったことにより、札幌味噌ラーメンらしい重厚感が薄れてしまったのは残念。油脂が減ることで自ずと調理感も弱くなっていたし、去年は繊細かつ大胆で、クドさを感じさせない油脂感ありきのスープだったので、そこに大きな物足りなさを感じてしまいました。おそらくこれが初見であれば、かなり高く評価していたと思うので、そこは去年の感想と見比べて差し引いてもらえればと思います。

かやくは、「FDチャーシュー、メンマ、ねぎ、味付鶏挽肉」とのこと。具材構成は去年と同じですね。チャーシューは見た目の割にジューシーで、結構美味しいです。フリーズドライっぽさはよく分からないんですけど、質の高い肉具材ですね。メンマはサイズダウンして、量も少なくなったように思うのですが、気の所為か、個体差か。挽肉は甘辛い味付で、スープの生姜や山椒とマッチ。肉具材が2種類入っているのは嬉しいし、内容としても価格帯に見合ったものだと思います。メンマだけちょっと引っかかりましたけど。あとモヤシは復活してませんでした。

(標準は★3です)

うーん、予感的中。値段が下がった分、内容も比例して、って感じでしたね。中でもスープのクオリティが下がってしまったような印象を受けたのが痛かったです。でも20円の差って結構なので、それ考えたらトントンなのかなー、とも思ったり。でもでも、去年は定価260円という高価格帯ながら確実な需要を感じたので、これなら260円のまま去年のクオリティを維持して欲しかったです。もちろん、お店の個性と思われる要素は感じられたし、240円で納得の仕上がりではあります。ただ、どうせならハイエンドカップ麺らしく値段を上げてでも突き抜けて欲しかった、という不満が大きかったので、★ひとつ落としました。過去作を知っているからこその感想なので、そのあたりは差し引いてもらえればと思います。それでも納得の★5には変わりないですし、初見だったら★6でも差し支えないと思えるクオリティなので、オススメの味噌ラーメンですよ。まだ各店舗でも見かけることが多いカップ麺ですし、舌を包み込むような甘味と絶妙な香味野菜の主張、そして山椒の香りと遅効性の麻味が織り成す複雑味が気になる人は、ぜひ手に取ってみてください。一線を画した個性が感じられると思います。でも、記事を見て気になってくれた人にこそ、去年の「彩未」を食べてもらいたかったなぁ…。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:マルちゃん 麺屋 彩未(さいみ) 札幌味噌らーめん
製造者:東洋水産
内容量:125g (めん70g)
発売日:2015年10月19日 (月)
発売地区:全国 (CVS・量販店・一般小売店 他)
希望小売価格:240円 (税別)
JANコード:4901990334341

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:430㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:4袋 (粉末スープ・液体スープ・かやく2袋)

~標準栄養成分表~

1食 (125g) あたり

エネルギー:kcal
たん白質:g
脂質:g
炭水化物:g
ナトリウム:g
(めん・かやく:g)
(スープ:g)
ビタミンB1:mg
ビタミンB2:mg
カルシウム:mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:kcal (めん・かやく:kcal / スープ:kcal)
食塩相当量:g (めん・かやく:g / スープ:g)

原材料名:めん(小麦粉、食塩、食物繊維、卵粉)、添付調味料(みそ、ポークエキス、香味油脂、ラード、砂糖、香辛料、醤油、野菜エキス、ゼラチン、食塩、こんぶエキス、発酵調味料、たん白加水分解物、植物油)、かやく(焼豚、味付鶏挽肉、めんま、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、トレハロース、レシチン、カラメル色素、かんすい、酒精、炭酸カルシウム、香辛料抽出物、増粘多糖類、香料、クチナシ色素、pH調整剤、酸化防止剤(ビタミンE)、ベニコウジ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、ごまを含む)

アレルゲン情報:

引用元URL:http://www.maruchan.co.jp/news_topics/documents/1510_mennya_saimi.pdf

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
260円と240円って購買層ほとんど変わらないと思います。
なのでビミョーな値下げはホントに逆効果ですよね。
日清のラ王カップと似た悪い方のリニューアルと言えるかも・・。

Re:たういパパ
そうなんですよねぇ・・・

カップ麺で20円の差って大きいと思うんですけど、
どうせ240円なら20円高くても本格的なやつ食べたいです。

もちろん、これはこれで美味しかったのですが、
昨年を知っている身としては、やはり残念でしたね。

採算が合わなかったのか、単にお店の味に近いのはコッチなのか、
確かな理由は分かりませんけど、ヘタに弄らず再販して欲しかったです。
No title
takaさん、こんにちは!

なるほど、昨年はもうちょっと厚みがあったのですね!

食べた際に札幌系の厚みをけっこう感じるものの、
全体的に「すっきりした札幌系」の印象が強かったですが、
どうも今年の変更による部分も大きかったのですね!

自分としては昨年のバージョンを知らないので、
今年のようなバランスもけっこう気に入りましたが!(=゚ω゚)

でも厚みの強いスープに生姜のさわやかさが合わさる、
そんなバランスもぜひとも味わってみたいですね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
> なるほど、昨年はもうちょっと厚みがあったのですね!
そうなんですよ…油脂の量は明らかに減ってました。
去年は完成時に湯気が全く立たないくらいだったので!

でもそれによって山椒の主張が強まっていたり
すっきり系の札幌味噌ラーメンというイメージは
きちんと個性的ではあったんですけどね!

個人的には去年のバランスが秀逸だと感じましたが、
これはこれで悪くないと思えたのは収穫でした。

管理者のみに表示

トラックバック