日清食品「日清のどん兵衛 カレー南蛮そば」



こんにちは :) また夏っぽさが戻ってきましたね。幼い頃、縁側で汗をかきながらスイカを食べてタネ飛ばしをしていた頃を思いだします。今では縁側でスイカよりも断然エアコンのきいた部屋でビールw 嗚呼、この感じが“おとな”になったってことなのかなぁ…なんて、ふと切なくなります。敢えて強い陽射しの暑い日に縁側でスイカのタネ飛ばしでもやってみようかなーなんて思うんですけど、スーパーなんかで買うとスイカって高いんだよなぁ…。と、この時期になると毎年のように同じことを考え、毎年全く実行できていませんw 今年こそはって思うんですけどね。でも、スイカに1000円も使うのなら夏季限定醸造のビールを——…という思考回路からまず何とかしなければいけないということは分かってます。はいw

さて、本日の一杯は、日清食品の『日清のどん兵衛 カレー南蛮そば』です。今年も出ました「日清のどん兵衛 カレー南蛮そば」もうすっかりどん兵衛の夏の定番フレーバーとして今では毎年恒例な感じになっていますね。だいぶ前に1回だけ食べたきりなので、なんだか新鮮。個人的にカレー南蛮そばは好きなので、実食が楽しみです :)





は『まっすぐすすり心地の良い「日清のどん兵衛」ならではのそば』とのこと。いつもの“ピンそば”ですね。間違いのない安定感。この技術、本当に凄いと思います。油揚げ麺とは思えないストレート麺で、のどごしの良さと歯切れの良さ、コシや蕎麦らしい風味もきちんとあって、既存の油揚げ麺のインスタント蕎麦の中では最強なんじゃないでしょうか。本物っぽいです。何度もリニューアルを繰り返してきましたが、現段階でもこれ以上進化できるのかと思うほどの完成度ですね。何度か当ブログでも書いてきたことなんですけど、どん兵衛の蕎麦に関しては改悪ではなく“改良”だと思っています。美味しい。ただ、麺の表面がツルツルとしているので、縮れのあるインスタントらしい蕎麦と比べ若干つゆの絡みが落ちるというのが唯一の欠点かもしれません。

つゆは『かつおだしをしっかりと利かせた、スパイス感のあるカレーつゆ』とのこと。スパイス感は控えめに、鰹を中心としただしが効かされたカレーつゆです。蕎麦は香りを楽しむものなので、蕎麦の香りと風味を大切にするためにスパイス感はこのくらいがいいのかもしれませんが、せっかく夏限定の商品なんだからもっとスパイシーさに振ってもいいんじゃないのかなと思いました。スパイス感が無いわけではないんですけど、あくまでスパイスは香り付け程度って感じです。さらにココナッツミルクが入っていて仕上がりはかなりまろやか。日清のどん兵衛というロングセラーブランドだけに、大人から子どもまで楽しめる味にしたんだろうということを考慮すると、この角のない丸い仕上がりというのにも納得できないわけではないんですけどね。せっかく夏限定の製品なので、それなりのスパイス感も欲しかったです。あと、麺の表面が滑らかでつるみがあるため、もう少しとろみが強くてもいいかなーと思いました。

かやくは『甘くてやわらかい大ぶりで風味豊かな下仁田系ねぎ、きざみあげ、ニンジン、ねぎチップ』とのこと。下仁田“系”(w)ねぎ、たしかに甘くて美味しかったんですが、自分のやつには写真の左側に写っている1個しか入っていませんでした。おそらく個体差だとは思うんですけど、ねぎ1個って…(涙) 刻み揚げは程よく甘辛い味付けで、カレーつゆとの相性はとても良かったです。せっかく下仁田系ねぎを使ったというのであれば主役級に入っていてほしかったし、下仁田系ねぎのコストが高いのあれば刻み揚げを減らして何か肉系の具材なんかが入っているとまた印象も変わっていたと思います。刻み揚げが美味しいかったのが唯一の救いでしたが、ちょっと不満の残る具材構成でした。

満足度:★★★☆☆☆☆☆☆ (3)
(標準は★3です)

美味しいです。普通に美味しいんですけど、無難な仕上がり。日清のどん兵衛ということで安定感はばっちりですし、このブランドは特に尖る必要はないと思ってるんですが、やはり夏限定と言えるだけのインパクトも欲しかったです。抜群の安定感があるブランドだけに、そこが足を引っ張ってしまっているような印象が否めませんでした。こればっかりは仕方ないのかなー。それから下仁田系ねぎ、いくら個体差だとしてもさすがに1個はさみしいですw 下仁田系にしなくてもいいから、普通のねぎと肉系のかやくという具材構成に変えたほうが安定感は増すんじゃないでしょうか。ねぎ自体美味しいのは美味しかったんですけど、下仁田系に拘るのであれば量を増やすべきです。今回のカップ麺で特筆すべき部分があるとすれば“安定感”くらいですかね。普段カップ麺を食べながらいつも思うんですけど、例えば今回の場合だと麺は日清食品が担当、スープはエースコックが担当して作った“カレー南蛮そば”みたいな夢のようなコラボがいつか実現しないかなとw 有名店とのコラボもいいですが、他社とのコラボなんて企画もあったら面白そうなのになー。とりあえず今回のカップ麺は安定して美味しいので、カレー南蛮そばが初体験って方でも安心して召し上がれると思います :)

※あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。ご了承ください。



【製品情報】

商品名:日清のどん兵衛 カレー南蛮そば
生産者:日清食品
発売日:2012年05月12日 (月) (New)
メーカー希望小売価格:170円 (税別)

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:390㎖
調理時間:熱湯分
小袋構成:2袋 (粉末スープ・かやく)

内容量 (めん量):87g (66g)

~標準栄養成分表~

1食 (87g) あたり

エネルギー:382kcal
たん白質:10.0g
脂質:15.1g
炭水化物:51.7g
ナトリウム:2.5g
(めん・かやく 1.0g)
(スープ 1.5g)
ビタミンB1:0.92mg
ビタミンB2:0.28mg
カルシウム:126mg

(食塩相当量:6.4g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、そば粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、醤油)、スープ(糖類、食塩、カレー粉、ポークエキス、酵母エキス、かつおパウダー、野菜調味油、香辛料、ココナッツミルク、ねぎ、昆布パウダー、香味油)、かやく(味付油揚げ、人参、ねぎ(下仁田系))、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、リン酸塩(Na)、カラメル色素、炭酸Ca、香料、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、カロチノイド色素、(原材料の一部に乳成分、ゼラチンを含む)

アレルギー物質:小麦・そば・乳成分・豚肉・大豆・ゼラチン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック