明星食品「明星 ぶぶか 肉だれ油そば」



今日は世間一般的に、「勤労感謝の日」に当たるわけですけど、もともと「新嘗祭(にいなめさい)」に由来する、というのはご存知でしょうか(詳しくはお手元のスマホやパソコンで調べていただければと思いますw)この歴史に関して意見するつもりは全くありませんが、そういう経緯を “知っておく” というのは大切だと思うんですよね。まぁ知ったところで今世代は「へぇー」くらいのことかもしれませんけど、その「へぇー」が大事なんじゃないのかな、と。そんなことを考えながら師走前、勤労感謝の日なんて関係ねぇ! こちとら今日も通常営業でぃ! な、皆様。午後からも頑張りましょう!(ちくしょう…目から汗が出てきやがっ…)

さて、本日の一杯は、明星食品の「明星 ぶぶか 肉だれ油そば」です。明星食品の準定番ラインナップとして定着した「ぶぶか」のカップ麺ですが、油そばが年に2回リリースされるのは今回が初めてじゃないでしょうか。秋冬限定オリジナルメニューということで、「肉だれ」がキーポイントみたいですね。とにかく「ぶぶか」はジャンクさ満載なイメージなので、その鋭さが活かされていることを願います。





は、「弾力があってもちもちとした食感の、食べごたえのある『ぶぶか』らしさを表現した油揚げ太麺」とのこと。オリジナルと同じ油揚げ麺ですかね。確かに太麺タイプなんですけど、湯戻し時間も熱湯3分ですし、他社の油そばと比較すると少し細め。しかし熱湯3分の油揚げ麺にしては力強く、油そばらしい雰囲気は演出できていると思います。あとはソースの方向性+マヨネーズなど、製品の仕上がりはジャンクさに振り切っているので、麺量130gということを考慮し、胃の空きを確認してから食べましょうw 一般的な大盛カップ焼そば系の製品と比較しても、コイツのボリュームはなかなかですよw

ソースは、「焼豚の旨みが溶けこんだ濃厚な醤油だれに、炒めた豚挽き肉をブレンドした肉感あふれるぶぶか店主特製の『濃厚だれ』」で、「ごま油に炙りチャーシューの風味を加えたオイルを合わせ、食欲をそそる液体ソースに仕上げ」て、「濃厚な味わいを加える、プレーンタイプのマヨネーズ付き」とのこと。相変わらず徹底的にジャンキーですねーw 基本の路線は「ぶぶか」らしいもので、とにかく油脂成分を遠慮なく投入し、油で攻めるタイプの油そばです。さらに別添のマヨネーズの重厚感も重なってくるわけですから、かなりヘヴィーに仕上がります。ジャンク、ひたすらジャンクw 向かう先に一点の曇りもありませんw そして今回かなり肉推しな製品説明なんですけど、いやはや納得できました。焼豚ダレを思わせる肉の旨味とコク、ほのかな甘味を感じるソースで、中でも面白かったのが、「炒めた豚挽き肉をブレンドした」と製品説明にあるように、液体ソースの中にも挽肉と思われる粒が入ってたんですよね。これはちょっと画期的だと思いました。油脂成分の多さから重厚感のあるソースですが、タレには塩カドの鋭さがあって、そのキレでボヤけてなかったのが良かったです。普段は塩分濃度に過剰反応する私ですが、今回ばかりは塩カドありがとうでしたw マヨネーズのかかったところは肉ダレの旨味が埋没してしまうような印象を受けたので、有無のコントラストを意識的に付けながら食べ進めるのがいいと思います。

かやくは、「鮮やかな彩りを演出するキャベツと肉そぼろ」に、「肉そぼろ、キザミのり、小ネギ、ブラックペッパーを組み合わせ、風味と味付けをプラスするふりかけ」とのこと。肉そぼろはダイスミンチ系のジャンクな肉具材で、製品の雰囲気とマッチ。量はそこまで多くなかったのですが、ふりかけやソースにも肉の要素があったので、量的なことは気になりませんでした。そして普段は入らないキャベツですけど、これが結構キーマン。キャベツの優しさがジャンキーな雰囲気の中で緩和要素になっていて、意識的に拾って食べると口の中をリセット出来て良かったです。ふりかけにも肉そぼろが入っているのが面白いですね。カリカリとした芳ばしい食感で、具材の肉そぼろとは違った感覚で楽しませてくれます。いつものようにナルトやメンマは入ってませんでしたけど、汎用的じゃなくて好感が持てました。むしろ構成としては、今回のほうが個人的には好きですね。ブラックペッパーの爽やかなアクセントも効果的だったし、海苔の風味も合っていて良かったです。

(標準は★3です)

「ぶぶか」はオリジナルでも充分ヘビーなカップ麺なんですけど、重厚感に磨きがかかっていて、かなり攻撃的な仕上がりでしたw とにかくジャンクさに振り切ったカップ麺が食べたいとき、しっかりと希望に応えてくれるでしょう。そうでないときは触るな危険ですw あまりにも極端な仕上がりだったんですけど、カップ麺らしくてイイんじゃないですかね。テーマの “肉だれ” にも力が入っていたし、液体ソースに挽肉というアイディアも斬新で、ひたすらジャンクさを追い求めているような姿勢には清々しさすら感じました。かなり人を選ぶ攻めのカップ麺だと思いますけど、「『ぶぶか』はコレで行くんだ!」という意思が強く感じられたので、そこは高く評価したいと思います。ジャンクな食べ物に慣れていない人は、しっかり覚悟してから食べましょうw 繰り返しますが、ジャンクな気分じゃない時は触るな危険ですw 今後も「ぶぶか」は遠慮のないジャンクさで攻めて来て欲しいですね。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:明星 ぶぶか 肉だれ油そば
製造者:明星食品
内容量:175g (めん130g)
発売日:2015年10月12日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:218円 (税別)
JANコード:4902881404747

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:770㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:3袋 (液体ソース・マヨネーズ・ふりかけ)

~標準栄養成分表~

1食 (175g) あたり

エネルギー:835kcal
たん白質:11.7g
脂質:43.2g
炭水化物:99.9g
ナトリウム:2.9g
ビタミンB1:0.34mg
ビタミンB2:0.36mg
カルシウム:262mg

(食塩相当量:7.4g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、粉末油脂、しょうゆ、酵母エキス)、ソース(ラード、しょうゆ、マヨネーズ、糖類、植物油脂、豚挽肉、食塩、豚・鶏エキス、たん白加水分解物、醸造酢、チャーシューエキス、香辛料)、かやく(キャベツ、味付豚肉、豚・鶏味付肉、香辛料、のり、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、炭酸カルシウム、増粘剤(加工でん粉、キサンタンガム)、かんすい、酒精、香料、乳化剤、クチナシ色素、セルロース、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、炭酸マグネシウム、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、ごま、りんごを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆・ごま・りんご

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/4720

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
記事内容見て自分が手を出さないでよかった~(^_^;)
と心底思いましたっw。
先日の豚骨ラーメンは食べれたんですが、
このぶぶかの油そばはもう自分は卒業すべき製品ですね。
しかしぶぶからしさにいっそう磨きがかかって
ジャンキー好きにはたまらない製品になりましたね!
もうこれは来年もアンタにおまかせ定食!ww
まだ・・・
こちらの油そば、買ったけどたべてませんわ・・・

今日辺りに食べよかな?←ホンマか〜い!(笑)
Re:たういパパ
ええ、これは手を出さなくて正解ですw

絶対に “パパ途中棄権系カップ麺” なのでw

「ぶぶか」のラーメンも路線はジャンクですが、
油そばだと凶暴性は一気に増しますからね…(苦笑)

徹底的にジャンクなカップ麺が食べたいときは
まさに誂え向きな製品だと思います!

> もうこれは来年もアンタにおまかせ定食!ww
あいよっ! まかされた! 来年は新商品に追い付くかなぁ…w
Re:JoJo氏
いや、ゼッタイ食べないでしょ(笑)

少なくとも「ちょっとアテにつまむか・・・」
くらいの気構えで食べたら痛い目みますよw

というわけで是非そのタイミングで食べて
リアクションをブログアップしましょう!(≧∀≦)ノおっふぅ
No title
takaさん、こんにちは!

ぶぶかというと、普段からどっしり系で知られてますが、
今回はその中でも際立ったジャンク感を見せてくれましたね!

ぶぶかの油そばに求めるのはそういったジャンク感ですし、
そういう点では十分に満足できる内容になっていましたね!

液体ダレに細かい肉を忍ばせたり、チャーシューダレの風味もあったり、
肉らしさの追求という点でも一本筋が通っていたのが好印象でした!(=゚ω゚)

また、そんな路線だからこそキャベツが効果的にはたらいていて、
押しの強さの裏で見せるそういった配慮もうれしかったですね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
これは数ある油そばカップ麺の中でも強烈でしたね!

> ぶぶかの油そばに求めるのはそういったジャンク感ですし、
自分もそう思っているので、この振り切った感には好感が持てました。

液体ソース内の肉片は斬新でしたね!
あまりにも製品説明の通りで驚きました(笑)

具材のキャベツも効果的で良かったです!

段々と明星食品らしい押しの強さが帰ってきたようで、
日清食品との棲み分けや、今後の展開に期待し始めています。

管理者のみに表示

トラックバック