エースコック「松屋監修 牛めし風うどん」



本日の一杯は、エースコックの「松屋監修 牛めし風うどん」です。まさに一目瞭然、あの「松屋」が監修したカップ麺が登場しました。あまり私は馴染みがないんですけど、全国に1,000店舗以上もあるんですね。一瞬、商品名の “牛めし風” という文字を見て、「米が入ってるのか?! 斬新だなオイ!」と、ひとり勘違いして興奮してましたw どうやら米は入ってないみたいです。残念(ん? 残念なのか…?)「CoCo壱番屋」や「リンガーハット」など、エースコックと大手チェーン店のコラボカップ麺も完全に定番化しましたよね。リンガーハットのコラボカップ麺では、実際の店舗と同じようにカップ麺でも国産野菜を使用するなど、そういったこだわりが特徴のひとつになってるんですけど、このカップ麺でも「天然由来原料の使用を推進する松屋のこだわりをカップめんでも再現し」て、「『人工甘味料』を使用せず仕上げ」ているとのこと。このように店の意向を尊重したこだわりが見られるというのは、やはり好感が持てますね。問題はコストとの兼ね合いですけど…(苦笑)随分と長い間、「松屋」の「牛めし」は食べていないので、もはや味の記憶も薄れている為、こんな有名なチェーン店の定番メニューですら再現度を比較できない自分が悔しいのですがw 牛めしっぽさ? に期待して食べたいと思います。





は、「ツルっとした滑らかさと、弾力を持たせたうどん」とのこと。どんぶり型の一般的な麺と比べると、やや幅が狭く細身の麺ですが、それなりの歯応えを感じさせる密度と厚みがあります。どちらかというとインスタントらしいタイプなんですけど、ヘタに気張った感じや飾り気が無いのがタテ型うどんらしくて好印象でした。油揚げ麺特有の風味もそれなりにありますが、スープが濃い味だったので、そこまで気にならなかったです。ただ、意識的に追いかけるとエースコック特有の鼻にツン、とくるような風味は多少なりともあったんですけどね。鶏・豚エキス,砂糖,野菜エキスなどが練り込まれていて、それもエースコックらしいというか、「日清のどん兵衛」や「赤いきつね」との差別化が図れているし、味付の橋渡しによってスープの馴染みも高まっていたように思います。ちょっと湯伸びするのが早かったので、食べ応え重視の人は少し早めに食べ進めたほうがいいかも。

スープは、「ビーフをベースにカツオや煮干しの旨味、玉ねぎの甘みが利いた一杯」で、「数種類の醤油と調理感のある玉ねぎ、ビーフエキスを含む別添の液体スープを加えることで、松屋の牛めしの雰囲気を再現し」たとのこと。甘辛テイストの醤油味で、ざっくり例えると “すき焼き風の肉うどん” って感じの味わいですね。中でも牛がハッキリとしていて、明確な動物性の力強さを感じます。最初から入っている粉末スープには魚介による和風出汁が効いていて、後入れの液体スープを入れることで醤油の芳ばしさと、牛を中心とした動物性の要素が追加されるのですが、玉ねぎの芳ばしさやビーフエキスの旨味と牛脂を思わせる風味の油脂成分が味わい深く、甘辛テイストの醤油味が好きな人はストライクでしょう。味付の濃さとしては、「牛めし」にしては薄く、「うどん」にしては濃い、と言ったところでしょうか。ちなみに原材料に牛脂は含まれていませんでしたが、牛エキスと香味油や砂糖、甘味料(甘草)などの兼ね合いで、それっぽい風味を感じたのかもしれません。醤油感も割としっかりしてたんですけど、闇雲にキツいわけではなくて、カドよりも芳ばしさを意識している感じ。油揚げ麺特有の風味や主張を考慮すると、バランスは良かったかな、と思いました。玉ねぎの甘味も意識していることがよく分かり、もちろん玉ねぎだけの甘味ではないのですが、甘味料が甘草という自然由来の成分なので、より自然に玉ねぎの甘味として感じられたのかもしれません。とにかく牛の主張が印象に残るスープで、その個性が大きかったです。

かやくは、「程良く味付けした牛肉をメインに、香ばしい揚げ玉、色調の良いねぎと調理感のある玉ねぎ」とのこと。 “牛めし風” ということで、きちんと牛肉を入れてくれてるのが嬉しいですね。その再現度は高く、牛肉らしい繊維質のある歯触りがリアルでした。味付は甘辛く、噛むと肉らしい肉の旨味も感じられ、量にも不足感は無かったです。揚げ玉も結構な存在感があって、特有の油脂感がスープのコクを深めていました。お湯を入れる前にひとつ食べてみたんですけど、お菓子のイカフライ的な芳ばしさがあって、なんか妙に美味しかったですw ふやけると芳ばしさは控えめになりますが、ボリューム感が増して食べ応えアップでした。スープの風味に加え、玉ねぎの存在感も結構あって、ここで「牛めし」っぽさを稼いでいたと思います。量はそんなに多くなかったんですけど、しっかりと存在感があって、フライドっぽい甘味の感じられる玉ねぎでした。かなり美味しかったので、もっとたっぷり入ってたら嬉しかったです。きちんと牛肉、食べ応えアップの揚げ玉、効果的な玉ねぎ、それぞれに意味の見出せる構成でした。題材が「牛めし」なので、生タイプの紅生姜なんかが付いてると、より趣があったかなー。

(標準は★3です)

単純に仕上がりを例えると、要するに “肉うどん” なんですけど、しっかりとした牛の主張に加え、玉ねぎの風味で牛丼っぽさがあり、その組み合わせにも全く違和感は無く、完成度の高さは納得のいくものでした。あとは価格との兼ね合いですね。コンビニ専売ではない為、スーパー等では多少なりとも安く手に入るものの、希望小売価格が220円の製品なので、格安というわけにはいかないでしょう。それを考慮すると手放しに褒めちぎることは出来ませんが、人工甘味料不使用という制約がありますし、その付加価値に免じてトントンでしょうか。というわけで、差し引いて納得の★5です。松屋が監修した “肉うどん” ではなく、あくまでも店の看板メニュー “牛めし” を意識して製品化している、というのが個性的で面白いですよね。セルフで七味唐辛子などによるカプサイシン系のアクセントはもちろん、「牛めし」に擬えて紅生姜を添えるも良し、スープが濃いめの甘辛い味付だったので、生卵も合いそうだなー、と思ったり。すき焼き風の甘辛いテイストだったので、残ったスープに白飯インも間違いないと思います。「CoCo壱番屋」や「リンガーハット」に加え、今回は「松屋」ということで、大手チェーン店とのコラボ枠も広がったわけですけど、そろそろ「サイゼリヤ」とのコラボも来ないかなー、と個人的に。 “ミラノ風ドリア風” (ややこしいw)のカップ麺とか面白いと思うんですけどねw

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:松屋監修 牛めし風うどん
製造者:エースコック
内容量:92g (めん70g)
発売日:2015年10月12日 (月)
発売地区:全国 (コンビニ・スーパー等)
希望小売価格:220円 (税別)
JANコード:4901071278465

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:440㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:1袋 (液体スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (92g) あたり

エネルギー:392kcal
たん白質:8.6g
脂質:15.5g
炭水化物:54.6g
ナトリウム:2.3g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:1.5g)
ビタミンB1:0.27mg
ビタミンB2:0.26mg
カルシウム:194mg

(食塩相当量:5.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、鶏・豚エキス、砂糖、野菜エキス)、スープ(しょうゆ、香味油、砂糖、食塩、デキストリン、オニオンエキス、牛・鶏・豚エキス、魚介エキス、植物油脂、全卵粉)、かやく(味付牛肉、揚げ玉、ねぎ、玉ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、酒精、カラメル色素、リン酸三ナトリウム、増粘多糖類、微粒二酸化ケイ素、酸化防止剤(ビタミンE、ビタミンC)、香料、甘味料(甘草)、酸味料、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分、さばを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・牛肉・豚肉・鶏肉・さば・大豆

引用元URL:https://www.acecook.co.jp/news/pdf/1509_TLMU.pdf

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
この製品はちょっと醤油が・・・(^_^;)
もうちょっと甘いほうが醤油感が和らげられてよかったなぁ~。
黃卵投入すればGOODかな?
でも冷めるしね・・・。

松屋って牛丼以外になんか名物ありましたっけ?
自分の松屋のイメージは定食が安いイメージです。
あんまり美味しくなかった記憶ですがww
このコラボ続けるなら続編が気になります。
No title
これ...僕も食べましたよ...
公開するのはかなり先になりそうですがw

僕は「松屋」は未食なんですが...
香りはそれらしい感じがしましたね...

残ったスープにご飯をぶち込みたく
なりましたわ...(笑)
Re:たういパパ
醤油感はお湯の量が丁度よかったのか、
もしくは規定よりも多く入れてしまったのかw
思ったよりもネガティブではありませんでした。

冷めるの覚悟で卵黄投入はアリだと思います!

> 松屋って牛丼以外になんか名物ありましたっけ?
「牛めし」しかイメージにないですねw
ちょうど今やってるゲームに「松屋」が出てくるんですけど、
結構メニューは豊富でした。超リアルに「松屋」なんで、信憑性はアリかとw

ちょっと続編のアレンジ幅は狭そうですけど、
より「牛めし」らしさを極めるか、はたまた豚で二番煎じかw
もしも続編が出るとするなら、たしかに内容は気になりますね。
Re:ハシダ・メンさん
> これ...僕も食べましたよ...
> 公開するのはかなり先になりそうですがw
やっと甲子園でしたからね!(笑)

自分は「松屋」の記憶が曖昧ですけど
牛丼っぽさはたしかに感じられました!

> 残ったスープにご飯をぶち込みたく
> なりましたわ...(笑)
ぶち込まなかったんですか?!
ハシダさんなら余裕だったでしょうに・・・
No title
takaさん、こんにちは!

これは自分としてはドンピシャの内容でしたね!
事前の期待値が低かったことも功を奏しましたが!(゚◇゚)

食べる前から「牛めし」らしさはあまり求めてなくて、
「これって甘めの肉うどんなのでは」と気付いてみたら、
自分の理想の肉うどんに近く、かなり楽しめました!

価格帯がそこそこ高いのがネックではありますが!

「肉に合うおだしに調整された肉うどん」とも言えますし、
牛めしとしての再現度はちょっと判断しにくいものの、
肉うどんの一つの形としては十分成立してましたね!(●・ω・)

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
かーとさん絶賛されてましたもんね!

強めの醤油感が人を選びそうなスープでしたが、
ひとつの肉うどんとしての完成度は高かったと思います。

ただ、おっしゃるように価格帯がネックでしたね(苦笑)

でも試みとしては非常に面白かったし、
牛丼 × うどんの可能性を打ち出してくれたので、
「吉野家」や「すき家」とのタイアップも食べてみたいですw

その比較には燃えるものがあると思うので!w

管理者のみに表示

トラックバック