東洋水産「マルちゃん正麺 カップ 濃厚とろ豚骨」



本日3回目の更新で、「マルちゃん正麺 カップ 芳醇こく醤油」「同 香味まろ味噌」に続きまして、東洋水産の「マルちゃん正麺 カップ 濃厚とろ豚骨」です。「芳醇こく醤油」「香味まろ味噌」は全国で発売されていますが、この「濃厚とろ豚骨」だけは、関西,中国,四国,九州,沖縄のエリア限定発売となっています。豚骨って関東以東では人気が無いのかなー。同時リリースされた2品の感触が良かったので、自ずと期待しているのですが、それにしても「生麺ゆでてうまいまま製法」って…なんか身も蓋もないネーミングですよねw





は、「生麺のようななめらかな口当たりと粘りのある食感が特長の、白く少し細めの麺」とのこと。湯戻し時間が5分という時点で、おおよそ想像はしていましたが、豚骨ラーメンらしい歯切れの良さを重視した低加水系の麺ではありません。熱湯5分で極細パッツン系だったら逆に怖いですけどw やや厚みと幅のある平打ち麺で、加水率は中くらいでしょうか。製品説明通り粘りがあり、しっとりとした自然な質感はさすがの一言です。ただ、見た目こそ豚骨ラーメンらしく白っぽいんですけど、それ以外の要素に豚骨ラーメンらしさは見受けられませんでした。スープとの関係か、小麦の含有量の問題か、麺自体の風味も幾分か控えめに感じられます。「マルちゃん正麺」の名を冠しているだけあって、もちろんそのクオリティは非常に高い位置にあるのですが、この麺が豚骨スープに合うか否かで評価が分かれそうですね。同じ乳化系のスープでも鶏白湯とかだったら比較的、違和感なく合いそうなんですけど、今回の豚骨スープは麺に合わせて調整されているような様子が見られなかったので、自分は取り合わせに疑問を感じてしまいました。

スープは、「自家製の豚骨だしを使用し、ガーリックなどの香辛料でバランスを調えた、コクのある豚骨スープ」で、「すりごま入り」とのこと。製品名に “濃厚” の文字がありますが、油脂感や粘度の高さでそれを表現するのではなく、旨味を濃厚の指標にしているようです。豚骨は丁寧で特有の臭みや癖はなく、口当たりはまろやか。長浜ラーメンのようなマイルド系の豚骨スープなんですけど、きちんと豚骨らしさを感じるコクと旨味があって、適度なガーリック感が効果的な引き立て役に。擂り胡麻のアクセントも長浜系のスープによく合っています。マイルド系の豚骨スープですが、豚骨らしい旨味によって、薄っぺらい印象を感じさせないのがいいですね。ただ、スープ単体としては一定の水準を確保したクオリティを感じるのですが、麺との相性に自分は疑問を抱いてしまいました。麺が豚骨ラーメンらしい麺ではなかったので、その主張に合わせて豚脂や背脂で油脂感を強めるとか、タレのキレを鋭くするとか、もう一工夫あったほうがバランスとしては良かったかも。セルフでチューブの生おろしニンニクを入れてジャンキーにしてみたり、ペッパー系の香辛料をトッピングしてパンチを加えるとバランスが取れるかもしれません。東洋水産らしくグルタミン酸系の影も濃かったんですけど、鼻に付くほどではなかったです。たっぷりネギのおかげかな。でもやっぱり後半は少し主張が…w

かやくは、「食べ応えのあるチャーシュー、ねぎ、きくらげ」とのこと。チャーシューは脂身が少なく、特筆するようなジューシーさはありませんでしたが、肉の旨味はきちんと感じられる肉具材で、ペラッペラな “とりあえずチャーシュー” ではなかったです。端的に例えると、大盛バケツ型カップ麺に入ってるチャーシューを大きく分厚くして、真っ直ぐレベルアップさせた感じですねw 定価205円の製品なので、この出来であれば及第点以上でしょう。ネギは勝手に後入れしたんですけど、量はたっぷりと入っていて、長浜系のスープとよく合っていました。キクラゲのコリコリとした食感も良いアクセントになっています。フリーズドライ具材に強い東洋水産ですが、キクラゲはフリーズドライよりも通常の乾燥具材のほうが食感が際立つので、上手く使い分けて欲しいですね。スープが長浜系だったので、王道トッピングの生タイプの紅生姜とか高菜が別添で入ってても面白かったかなー。私は基本、ラーメン店で豚骨ラーメンに紅生姜は入れませんけどw

(標準は★3です)

麺自体の完成度は相変わらず申し分のないものだったし、スープもきちんと作り込まれているように思えたんですけど、麺とスープのイメージが完全に一致していたかと言われると、自分は大きな疑問を感じてしまいました。スープが長浜系の豚骨味だったので、やはりそのイメージに沿った博多系の極細低加水麺で食べたかったです。全国展開しなかった理由はコレですかね。特にこだわりさえ無ければ、やっぱりマルちゃん正麺は麺が美味しいなー、と素直に楽しめるかもしれませんが、気になる人は気になると思います。麺だけで言えば★6だったと思うし、スープの出来も★4は確定。そのように部分的に見ると完成度は非常に高かったんですけど、両者を合わせた時のギャップが足を引っ張ってしまったので、総評は差し引いてこんな感じでしょうか。オーソドックスな豚骨ラーメンには極細低加水ストレート麺だろ、という固定概念が私の中にはあるので、そこは差し引いてもらえればと思います。個人的には季節的にも「香味まろ味噌」を推したいんですけど、近所のスーパーでは「芳醇こく醤油」と「濃厚とろ豚骨」の2品が定番ラインナップの座を勝ち取っていました。現段階ではエリア限定発売の豚骨ですが、関西以西での売れ行きが好調であれば、いずれ全国展開されるかもしれませんね。いつの間にか、ひっそりと消える可能性も否定できませんけど…w 今回の麺とスープの相性は兎も角、3品ともに安定した完成度の高さを見せつけてくれたので、新たなフレーバーにも期待したいと思います。次回作は流れ的にベターな「豚骨醤油」か、クリーミー系で麺の帳尻が合わせやすい「鶏白湯」か、長年水産物を取り扱ってきた東洋水産らしく「魚介」で攻めてくるか、新商品情報が楽しみです。もし魚介系で攻めるなら、「日本うまいもん 青森津軽煮干しラーメン 激にぼ」のように、煮干がバチッ、と効いたラーメンをマルちゃん正麺カップから出して欲しいなー。それから「マルちゃん正麺 つけ麺」のラインナップが「魚介醤油」と「豚骨醤油」だったので、その方向性を踏襲したカタチでの2品同時リリースにも期待したいと思います。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:マルちゃん正麺 カップ 濃厚とろ豚骨
製造者:東洋水産
内容量:97g (めん65g)
発売日:2015年10月5日 (月)
発売地区:関西・中四国・ 九州・沖縄 (CVS・量販店・一般小売店 他)
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4901990334150

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:410㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:3袋 (粉末スープ・液体スープ・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (97g) あたり

エネルギー:340kcal
たん白質:11.9g
脂質:8.3g
炭水化物:54.5g
ナトリウム:2.4g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:1.6g)
ビタミンB1:0.23mg
ビタミンB2:0.28mg
カルシウム:395mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:340kcal (めん・かやく:268kcal / スープ:72kcal)
食塩相当量:6.1g (めん・かやく:2.0g / スープ:4.1g)

原材料名:めん(小麦粉、でん粉、食塩、こんにゃく、植物性たん白、大豆食物繊維)、添付調味料(ポークエキス、豚脂、たん白加水分解物、植物油、食塩、ゼラチン、ごま、醤油、砂糖、野菜エキス、香辛料)、かやく(焼豚、ねぎ、きくらげ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、レシチン、かんすい、酒精、炭酸カルシウム、増粘多糖類、香辛料抽出物、pH調整剤、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE、ビタミンC)、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分、鶏肉、りんごを含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・ゼラチン・大豆・豚肉・鶏肉・りんご・ごま

引用元URL:http://www.maruchan.co.jp/news_topics/documents/1510_seimenncup2.pdf

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
うん...確かに全国展開しないのは、麺のことが
大きく絡んでるでしょうね...

特にこれからの季節...寒い地域では
極細低加水麺は,厳しそうですもんね...

某製麺所の話によると、極細麺が主流の九州も
最近は多加水中太麺の流れが来てるみたいですよ...
スープも豚骨だけではなく、清湯のスープも
注目されてるみたいです。
No title
自分はコレ好きでしたね・・。
麺とスープの相性はあるでしょうが。
自分は4と6を足した感じかなww

全国展開しない理由は製造キャパだと思うのですがね~
どうでしょ?

あやうくまた名無しだったww
面倒くさいのでHPリンク無しで
Re:ハシダ・メンさん
自分は季節関係なく極細低加水麺が好きなので、
寒くなってきても大いにウェルカムなんですけどねw

でも、さすがにラードたっぷりの札幌味噌ラーメンに
真っ白な極細低加水麺を合わせようとは思いませんが(笑)

> 某製麺所の話によると、極細麺が主流の九州も
> 最近は多加水中太麺の流れが来てるみたいですよ...
ほほぉー、そのような情報があるのですね_φ(. .*)

スープに背脂が浮いてるとか、マー油のパンチがあるとか、
そういった押しの強さが明確に感じ取れる個性さえあれば、
加水率が高い麺でも合うように思うんですけど、
今回のスープは低加水麺の方が合うと思います。

豚骨ラーメンって本当に奥が深いですよね!

鼻に付くような豚骨臭があるものこそ本物という意見や、
もともとアッサリした癖のないスープこそ元祖という意見。

地域によって豚骨の使い方や表現の仕方も様々ですし、麺も然り。
ご存知、私は極細低加水麺+豚骨臭バリバリのワイルド系が好みですw
Re:たういパパ
自分も嫌いというわけではなかったんですけど、
どうも個人的なバイアスがブロックかけてきて…(苦笑)

それを差し引いてもバランスとしては、
もう少し調整の余地ありだと思いました。

> 全国展開しない理由は製造キャパだと思うのですがね~
製造キャパかー、たしかにそれもあるかも。
その問題の根底にあるのが麺なのかな、って思ったり。

> あやうくまた名無しだったww
> 面倒くさいのでHPリンク無しで
名前あって良かったw HPリンク無し了解でーす。
No title
takaさん、こんにちは!

これはやはりこの麺とスープの組み合わせをどう感じるかに尽きますね!

豚骨ラーメンでも中加水~多加水の麺を合わせるケースはありますが、
このラーメンの場合はスープは純粋な長浜系あっさり豚骨なので、
麺との相性で言えば低加水向きなのですよね!

そうすると、やはり低加水で食べたくなりはしましたね!(●・ω・)

ただ東洋水産の場合はストレート麺がないですし、
「正麺らしい麺を食べさせる」という狙いならば、
どうしてもこのあたりのラインになるのでしょうね!

あっさり系スープ+中加水麺というのは普通ではありますし、
「豚骨だから」というイメージさえ外せばこれはこれでアリなのでしょうね!

自分もtakaさんと同じく低加水麺で食べたくなる派ではありますが!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
自分はどうしても麺とスープのマッチングに
違和感があったので、気になってしまいました。

麺自体のクオリティは高かったので
スープを合わせて調整してほしかったですね!

そうすれば全国展開も夢ではないと思います。

ただ、がっつり背脂でインパクトをつけたり、
辛系のアクセントは人を選ぶ路線になってくるので、
ブランドのイメージ的に調整が難しいのでしょうけれど。

たしかに「豚骨だから」というイメージさえ外せれば
これはこれでアリだとは思いますよ! それが難しいのですがw

だから地域限定なのかもしれませんね(笑)

管理者のみに表示

トラックバック