日清食品「日清焼そばU.F.O. イカスミ焼そば」



本日2回目の更新で、「日清のどん兵衛 ブラックカレーうどん」に続きまして、日清食品の「日清焼そばU.F.O. イカスミ焼そば」です。これで日清食品のハロウィン関連シリーズ4品、最後の紹介になります。イカスミのカップ麺と言えば、「日清Spa王×クッキングパパ 荒岩流イカスミブラック」が記憶に新しいですね。まずカップ麺だから実食前の違和感も特に無いのでしょうけれど、私のような無駄にヘヴィーなカップ麺ユーザーは、とりあえず麺はいつものU.F.O.の油揚げ麺だろうし、ソースはSpa王の時と似てるのかなー、どうなのかなー、くらいに思っているのですが、冷静に考えたら “イカスミ焼そば” って結構なインパクトですよねw





は、「『日清焼そばU.F.O.』ならではの、コシのある中太麺」とのこと。既存のU.F.O.に使用されている油揚げ麺と同じだと思います。題材はイカスミですが、特にパスタチックに調整しているとか、そういった様子は見られませんでした。でも油揚げ麺らしからぬ上品な麺なので、パスタっぽい雰囲気が無きにしも非ずなんですけどね。ソースの馴染みも良かったし、相性にも違和感はありませんでした。相変わらず密度が高く、しなやかなコシが印象的です。ほとんど油揚げ麺臭も感じられませんし、どんなソースでも喧嘩しない油揚げ麺だと思います。

ソースは、「イカスミのうまみにアンチョビ風味が香る黒色ソース」とのこと。「Spa王」のイカスミと比較すると、今回の方が個性と押しの強さを感じました。鼻に付くほど強烈なわけではありませんが、イカスミ特有の風味を感じられたことが好印象。さらにアンチョビの風味も重なってくるので、磯っぽい香りの相乗効果が得られ、旨味の濃度を高めてくれています。それなりに油脂感もあったし、味付としても濃いめだったんですけど、カップ麺らしくて良いんじゃないですかね。ガーリックオイルのような芳ばしい香味油の主張も効果的で、風味だけでなくオイル感も強めなんですけど、その思い切った仕上がりに好感が持てました。「Spa王」の時は上品で洗練されたイメージを受けたのですが、今回は押しの強いイカスミソースということで、その違いを感じられたのも良かったです。個人的にはコッチの方が好みですね。良い意味での磯臭さが印象に残りました。

かやくは、「赤唐辛子」…だけw なんですけど、真っ黒なソースの中で赤い見た目が映えていたし、きちんと辣味を感じる輪切唐辛子だったので、キレのある刺激が油脂感の高いソースの中で効果的でした。レッドベルで妥協せず、視覚的なギミックではなかったのが良かったです。焼そばだから “とりあえずキャベツ” という安直な発想はナンセンスですけど、こう…入ってないと入ってないで何だか寂しいもんですねw 赤唐辛子は効果的でしたが、フライドガーリックを散りばめるとか、オニオンで食感を楽しませるとか、もう一捻りあると良かったかな。

(標準は★3です)

あまりにも具材が寂しすぎたので、★ひとつ落とそうか迷ったんですけど、イカスミの主張に価値が見出せたことと、単なるハロウィンブームに乗っかった製品ではなく、きちんと内容にも期間限定らしいインパクトが感じられたので、思い切って★5にしました。しっかりとしたソースの作り込みを考慮すると、具材にコストを割けなかったのも納得できますからね。油脂感の高さが人を選びそうな製品ですが、小難しさのない味付がカップ麺らしく、それでいてチープな印象は感じさせない完成度の高さだったので、具材の貧弱さを踏まえても買いだと思いました。雰囲気としては “イカスミを使ったオイルベースのロングパスタ” っぽくもあるんですけど、 “焼そば” として見ても違和感はなく、「日清焼そばU.F.O.」だからこそ製品化できたバランスの仕上がりだと感じました。イカスミや磯の風味が苦手でなければ、買って損のない一杯でしょう。ただ、真っ黒なソースが口内を着色するので、TPOへの配慮は必要ですけどねw 今回のハロウィンシリーズ4品、ちょっと「日清のどん兵衛」はイマイチだったんですけど、他の3品はハロウィンが過ぎた今でも買いだと思います。ちなみに「イカスミ焼そば」は「ドラキュラ伯爵のオススメ」らしいんですけど、あの…それなりにニンニクが効いてますけどw 大丈夫なんですかねw

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:日清焼そばU.F.O. イカスミ焼そば
製造者:日清食品
内容量:119g (めん100g)
発売日:2015年10月5日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4902105234167

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:460㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (液体ソース)

~標準栄養成分表~

1食 (119g) あたり

エネルギー:562kcal
たん白質:9.0g
脂質:27.6g
炭水化物:69.6g
ナトリウム:1.8g
ビタミンB1:0.36mg
ビタミンB2:0.38mg
カルシウム:174mg

(食塩相当量:4.6g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、醤油、香辛料)、ソース(植物油脂、たん白加水分解物、魚介調味油、イカスミ、香味油、イカパウダー、糖類、魚介エキス、食塩、香辛料、魚醤)、かやく(赤唐辛子)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、かんすい、酒精、焼成Ca、香料、増粘剤(キサンタンガム)、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(原材料の一部に卵、乳成分を含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・いか・大豆

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/4733

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
美味しかったけどあまりに具が少ない!
ってか、具はない・・レベルww
なので途中で一本調子になって重くなったのが残念!
荒岩さんのクッキングパパみたく具がほしかったです。
Re:たういパパ
たしかに具材は無いに等しかったですねw

でもソースの完成度は高く
クッキングパパの時に感じた不満が
きちんと埋めてあるようで好印象でした!

でもやっぱり何か歯応えのある具材があったら
モアベターでしたけどね。自分は満足できましたけど!
No title
takaさん、こんにちは!

ペペロンチーノ的な油脂とガーリック、唐辛子が織り成す旨さに、
アンチョビとイカスミという魚介系のどっしりとした旨さが合わさる、
普通にパスタとして登場してもおかしくないクオリティでしたよね!

食べる前はおそるおそるといったところだったのですが、
目指す方向が明確でなおかつイカスミの存在も効果的で
3つの中ではこれが最も楽しい驚きを与えてくれましたね!(●・ω・)

>それなりにニンニクが効いてますけどw
>大丈夫なんですかねw

これは自分もブログの記事で突っ込みましたが、
食べていてものすごく気になりましたね!笑

「おかしいな、どう考えてもにんにくも効いてるぞ」と!

前面に出過ぎないように抑えている感はありましたが、
この味の方向性だとにんにくは欠かせないですしね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
たしかにペペロンチーノっぽくもありましたね!

最近はパスタ系の製品開発に意欲的な日清食品ですが、
さすがそれだけのことはあるな、と思える完成度でした。

自分は “クッキングパパ” を食べた時、
イカスミに物足りなさを感じたのですが、
今回はそういった不満もありませんでしたし、
弱点として具材の貧弱さだけは否めなかったものの、
全体のバランスやソースの完成度には拍手を送りたいと思います。

> >それなりにニンニクが効いてますけどw
> >大丈夫なんですかねw
かーとさんも突っ込んでましたね!
いやほんと…敢えての組み合わせなのでしょうか(笑)

そんなドラキュラはイレギュラーでしたけどw
内容は想像以上にしっかりとしていて良かったです!

管理者のみに表示

トラックバック