日清食品「カップヌードルリゾット パンプキンポタージュ」



本日2回目の更新で、「カップヌードル パンプキンポタージュヌードル」に続きまして、日清食品の「カップヌードルリゾット パンプキンポタージュ」です。カップヌードルからリリースされたフレーバーのリゾット化ですが、すっかり定番になってきましたね。これまでの流れから察するに、おそらく味付の方向性は同じでしょう。あとはパンプキンポタージュとライスの相性だけですね。ちなみに「日清のどん兵衛」「日清焼そばU.F.O.」のハロウィンパッケージは取扱店舗も少なくなってきましたが、この「カップヌードルリゾット」と「カップヌードル」はセットで未だ陳列棚を埋めている店が多いような気がします。私はライスの変化(したのかどうかは分かりませんが)ニオイが気になってるので、今回も注目しています。





ライスは、「米一粒一粒が立った、コシのある食感が楽しめるごはん」とのこと。いつもの(?)ライスですかね。このライスは加熱時間が500Wで5分の場合、電子レンジから取り出した後、さらに3分以上蒸らした状態でも若干の芯が残るような仕上がりなんですけど、やや芯の残る硬めの食感がリゾットらしくて誂え向きだといつも思います。でも今回は中心部が柔らくなっていくスピードが普段よりも早いような気がしました。普段よりも粘度が高かったので、冷めにくかったのが理由かもしれません。米とポタージュという組み合わせは、ジャパニーズソウル的な観点から見ると違和感が無きにしも非ずですがw もともと洋風なリゾットという観点で見るとパンプキンポタージュ味との相性に違和感はなく、上手くハマっていたように思います。そして私が気になっていたライスの風味ですが、味付の関係に左右されるのか、風化したようなニオイは特に気になりませんでした。

味付は、「カボチャの甘みとチーズのコクを利かせた濃厚なポタージュ味」とのこと。いつもは比較的サラッ、と仕上がるリゾットですが、今回はテーマがポタージュなので、普段よりも調理直後から粘度が高いですね。混ぜていると早い段階から粘りが出てくるんですけど、乳等を主要原料とする食品や小麦粉、溶けた具材のチェダーチーズによるものかと思われます。おそらく、そういった仕様なのでしょう。まず味付ですが、予想通りカップヌードルと基本は同じですね。原材料の構成内容も似てるんですけど、含有量に差が見られるように、こちらの方が若干パンプキンの香りを強く感じたことと、チーズのコクも深いように思いました。チーズの濃厚さに関しては、レンジ加熱の過程で具材のチーズが完全に一体化するので、そこも大きく関係しているのでしょう。そして黒胡椒の量が明らかにカップヌードルよりも多く、ポタージュらしい丸みのある濃厚さやカボチャの優しい甘味を演出しつつ、確実に主張している黒胡椒のピリリとした爽やかな刺激が効果的な引き締め役に。麺ではなく米ですが、題材のポタージュが洋風なので、リゾットとして相性の違和感はありませんでしたし、きちんとリゾットに合わせて調整されていることが体感の域にあったことに好感が持てました。猫舌でも大丈夫なくらいに冷めてくると、まったりとしたチーズの濃厚なコクと旨味が前面に出てきたので、チーズの濃厚さと黒胡椒の刺激が相俟ってカルボナーラっぽい雰囲気になってくるというか、その表情の変化で前半はポタージュ、後半はパンプキン風味のカルボナーラ、みたいな感じで2度美味しかったです。

具材は、「カボチャ、チェダーチーズ、ニンジン、キャベツ」とのこと。カップヌードルのパンプキンヌードルと同じですね。写真では具沢山に “見せて” ますけどw やはり混ぜると少なく感じてしまいます。これに関してはシリーズ共通のネックなので、いまさら量的な不満は言いませんけどね。まずチェダーチーズですが、レンジ加熱によって完全に溶けます。しかし味付として確実に寄与しているので、結果オーライでしょう。キャベツは少し柔らかくて目立ってなかったんですけど、ニンジンのコリコリとした歯応えは食感にアクセントをつけてくれていますね。カボチャはキャベツともニンジンとも違う歯触りなので、思ってたよりも目立ってました。この存在感は嬉しい誤算。テーマに沿ったイメージがハッキリと掴めますし、効果的な具材だったと思います。

(標準は★3です)

個人的には麺の方が合うと思ったんですけど、きちんとライスに合わせて成分が調整されていたし、文字通りパンプキンポタージュのリゾットアレンジで、ライスとの相性など仕上がりにも違和感はなく、素直に楽しめるリゾットでした。甘口で濃厚なテイストでありながら、黒胡椒の絶妙な刺激が見事に指揮を執っていて、非常にトータルバランスに優れた一杯だったと思います。それに表情の変化が楽しかったですね。自分は後半のチーズが前に出た味付が濃厚で好みでした。猫舌ですしw それに今回のライスでは変な風味を感じなかったんですけど、種類が違うのか、味付の関係なのか、単に私の舌か鼻が問題なのか…(苦笑)未だ決定的な尻尾は掴めていないので、今後も注意深く食べていきたいと思いますw ちなみにカップヌードルのパンプキンポタージュと同じく、食塩相当量は1.5gと低い数値でした。カップヌードルのパンプキンが素直に楽しめた人は、一緒に買って損はないでしょう。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:カップヌードルリゾット パンプキンポタージュ
製造者:日清食品
内容量:89g (ライス69g)
発売日:2015年10月5日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:220円 (税別)
JANコード:4902105096864

麺種類:-
容器材質:紙
必要湯量:200㎖
調理時間:電子レンジ加熱500w 約5分
小袋構成:無

~標準栄養成分表~

1食 (89g) あたり

エネルギー:351kcal
たん白質:6.3g
脂質:7.1g
炭水化物:65.6g
ナトリウム:610mg

(食塩相当量:1.5g)

原材料名:ライス(米(国産)、加工油脂、食塩)、味付けの素(豚脂、乳等を主要原料とする食品、パンプキンパウダー、小麦粉、チーズパウダー、砂糖、食塩、オニオンパウダー、ブイヨン、香辛料、野菜エキス、ポーク調味油)、チーズ加工品、キャベツ、かぼちゃ、人参、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、カラメル色素、リン酸塩(Na)、カロチノイド色素、ソルビトール、酸味料、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、炭酸Mg、(原材料の一部に大豆、鶏肉を含む)

アレルゲン情報:小麦・乳成分・豚肉・鶏肉・大豆

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/4733

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック