日清食品「カップヌードル パンプキンポタージュヌードル」


ヤマモト「私、見た目は365日ハロウィンなんですけど・・・」

案の定、すっかりハロウィンは終わってしまいましたがw 本日の一杯は、日清食品の「カップヌードル パンプキンポタージュヌードル」です。パッケージの「ジャック・オー・ランタン」が泣かせるぜっ…w でもこれ、まだ取り扱ってる店も多いですよね。行き付けのスーパーでは同時発売の「カップヌードルリゾット」と一緒にズラーッ、っと陳列棚を陣取ってますw で、隣にはクリスマスケーキ予約開始のチラシ…(カオスだぜニッポンw)はい、というわけで本題に戻りましてw 「カップヌードル」「カップヌードルリゾット」「日清のどん兵衛」「日清焼そばU.F.O.」から、それぞれハロウィンに便乗して「パンプキン」「ブラックカレー」「イカスミ」をテーマにした4品がリリースされました。まずはカップヌードルの「パンプキンポタージュ」食べてみたいと思います。カップヌードルのポタージュ系は安定して美味しいので、このカップ麺には期待してるんですよね。相変わらず今更感満載なカップ麺ブログですが、お付き合いいただけたらと思います(ぺこり)





は、「『カップヌードル』ならではの、つるみとコシのある麺」とのこと。いつものカップヌードルらしい油揚げ麺ですね。原材料から察するに、「シーフードヌードル」からの汎用でしょうか。今回のスープは甘くて粘度があって、まさにポタージュそのものだったんですけど、そんなスープにも難なく順応してしまう柔軟性の高さ、相変わらず見事ですなー。いつも思うことなんですけど、この麺に合わないスープを探すほうが難しいくらいですよねw もともと独立性の強い油揚げ麺ではありませんが、あえて今回はスープを吸って伸びるまで放置して、スープと限界まで一体化させて食べるのが合っていると思いました。

スープは、「カボチャの甘みとチーズのコクを利かせた濃厚なポタージュスープ」とのこと。うん、まさに実直なパンプキンポタージュですね。カボチャを思わせる糖度の高さを立て、ぽってりとした口当たりがポタージュ感を加速。若干の塩気も感じますが、麺に合わせる為というよりも、どちらかと言うと甘味を引き立てる為に加えられたような塩気だと感じました。スープの食塩相当量も1.8gという数値で、まさに減塩カップ麺並みの低さなんですよね。塩分的なキレはないんですけど、方向性が実直なポタージュだったことと、麺がフレキシブルな万能麺なので、バランスとしては問題ないと感じました。それに単なる甘さ一辺倒というわけではなく、ブイヨンの下支えやオニオンとカボチャなどによる野菜の旨味に加え、豚脂が動物性のコクをプラスしてくれていたり、適度なブラックペッパーの刺激が絶妙なアクセントになっていて、まろやかで濃厚ながらも単調さを感じなかったんですよね。塩気が控えめでも野暮ったくなかったのは、香辛料のアクセントが効果的だったからだと思います。甘味は糖類によるものですが、舌に纏わり付いてくるような野暮ったい甘味ではなく、ちゃんとカボチャの香りがあったので、カボチャの甘味として脳内でリンクしてました。そしてチーズが濃厚さを一気に増幅させていたのですが、具材のチェダーチーズによる影響が大きかったんですよね。ちなみに自分は麺とスープを一体化させたので、麺を食べ終わる頃にはスープも残ってませんでしたw なので麺を食べながら感じたスープの感想になります。

かやくは、「カボチャ、チェダーチーズ、ニンジン、キャベツ」とのこと。きちんと具材にもカボチャが採用されているのは嬉しいですね。それに皮付なのが好印象。カボチャの風味もきちんと感じられたし、もちろんスープともマッチしていました。そしてチェダーチーズですが、いつもは半分くらい麺に絡めるようにして食べるんですけど、今回は最初から全てスープの一部にしてしまってもいいかもしれません。チェダーチーズとスープを一体化させることで、スープの厚みが幾層にも増し、濃厚なポタージュスープを味わうことができるんですよね。カボチャのインパクトに負けて、キャベツとニンジンはそんなに目立っていませんでしたが、食感のある具材として仕事はしていました。量はそんなに多くなかったんですけど、チーズはたっぷりだったし、カボチャが個性的だし、もともとポタージュに具沢山なイメージはないので、なんの不満も感じなかったです。

(標準は★3です)

いやいやー、期待通りの一杯でした。甘さで好み分かれるかもしれませんが、ハロウィン関係なく良品だと思います。まずスープなんですけど、ポタージュ “風” のスープとかではなく、思いっきりガチガチのポタージュですねw でも麺が相変わらず柔軟性の高い万能麺なので、ガチガチのポタージュスープでも違和感なくマッチしていたし、ジャンルとしては麺類を食べているんだけれど、素直にポタージュスープとしても楽しめる感じ。この巧妙なバランス感こそ、まさに「カップヌードル」の強みと言えるでしょう。「ポテトチップチョコレート」や「柿の種チョコ」じゃないですけど、甘さの中にある軽い塩気がちょっとクセになるような甘塩っぱさもあったので、そういったテイストが好みな人もハマれると思います。甘いポタージュが苦手な人は絶対にヤメといたほうがいいですけど、甘めのパンプキンポタージュが好きなら食べるべきカップ麺ですね。私はズバッ、とハマりました。兎にも角にも今回は、しっかり混ぜて、なんなら麺も一体化させる勢いでw ポタージュスープを主役にするのが美味しく食べるポイントだと思います。これ真夏に勧められたらキレますけどw 寒い季節にはピッタリですねー。いや、夏でも氷を入れてカボチャのビシソワーズ的に…あ、チーズが溶けないかw 限定カラーが強い商品なので、ピークを過ぎた今では店頭で売れ残ってしまったような哀愁を漂わせていると思うんですけど、このカップ麺はハロウィン関係なくオススメですよ。やっぱりカップヌードルはポタージュに強いなー、と改めて認識しました。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:カップヌードル パンプキンポタージュヌードル
製造者:日清食品
内容量:76g (めん60g)
発売日:2015年10月5日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4902105232095

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:300㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:無

~標準栄養成分表~

1食 (76g) あたり

エネルギー:356kcal
たん白質:8.2g
脂質:15.3g
炭水化物:46.5g
ナトリウム:1.3g
(めん・かやく:0.6g)
(スープ:0.3g)
ビタミンB1:0.88mg
ビタミンB2:0.22mg
カルシウム:122mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:356kcal (めん・かやく:308kcal / スープ:48kcal)
食塩相当量:3.3g (めん・かやく:1.5g / スープ:1.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、たん白加水分解物、醤油)、スープ(豚脂、乳等を主要原料とする食品、小麦粉、糖類、オニオンパウダー、チーズパウダー、でん粉、香辛料、ブイヨン、パンプキンパウダー、ポーク調味油)、かやく(チーズ加工品、キャベツ、かぼちゃ、人参)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、炭酸Ca、かんすい、カロチノイド色素、ソルビトール、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、甘味料(スクラロース)、香料、カラメル色素、炭酸Mg、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に落花生、鶏肉を含む)

アレルゲン情報:小麦・乳成分・落花生・豚肉・鶏肉・大豆

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/4733

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
とってもクリーミーなスープでたいへん美味しかったです。
麺・具・スープの一体感が高い位置で一体化していました。
季節感も十分感じられたし、催事感のスペシャリティもしっかり!
こういう演出はさすが日清食品さん、上手いと思います。

あとは製造ロットがちょっと多すぎた(?)部分は失敗かな?(^_^;)
ぼちぼち処分で値崩れしていmす。
いまでも店頭でふつうに見かけるのがツラい(^_^;)
やっぱり期限がある催事もの製造・販売はむずかしい・・・。
No title
>ヤマモト「私、見た目は365日ハロウィンなんですけど・・・」

wwwwww

冒頭の前に笑いました。こんばんわw

さて、自分もこれは高評価だったのですが、ほんとよかったですよねー。
ただ、気になる点が一点。

お湯ラインからずいぶんとした(ry
Re:たういパパ
これは想像通りバシィッとハマれました!

イベント感もあり、ひとつの製品としても完成度が高く、
さすが天下の「カップヌードル」だなと思いましたね。

> あとは製造ロットがちょっと多すぎた(?)部分は失敗かな?(^_^;)
それは自分も思いましたw 明らかに売れ残ってますw かなりw
でも美味しいから食べて欲しいなー、って素直に思いますね。

行き付けのスーパーに通っているお客さんに
ぜひ自分の記事を読んでもらいたいです(笑)
Re:カブトムシさん
ヤマモトありがとうございますw
ここぞとばかりに捻じ込みました!w

これは美味しかったですね!
自分的にも好みドストライクでした。

> ただ、気になる点が一点。
> お湯ラインからずいぶんとした(ry
そうなんですよー(苦笑)ちょっと今回、手間取ってw
でも伸びるまで待って丁度だったので結果オーライです!w
No title
takaさん、こんばんは!

売れ残りでいうと、パンプキン系は主にスーパーで、
UFOは主にコンビニで今でもよく見かけますね!

どん兵衛だけは作った量が少なかったのかあまり見ないですね!(●・ω・)

今回のパンプキンポタージュは非常に良かったですね!

このあたりの路線にカップヌードルが強いのは予想できましたが、
カボチャの持つ甘さとまったり感もさることながら、
チーズが与えるポタージュ感が特に大きかったですね!

これがあるだけで一気にスープの厚みが増してましたし!(=゚ω゚)

いつもチーズ系は溶かすべきかどうか迷いますが、
これはほんと溶かしたほうが映える内容でしたね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
パンプキン系は未だスーパーにズラ〜・・・っとw

U.F.O.もたまに見かけますけど、
どん兵衛は確かに殆ど見かけなくなりました。

今回のハロウィン関連4品の中で
最も完成度が高いと思ったのがカップヌードルで
自分が最も気に入ったのもカップヌードルでした!

完成度が高そうだとは思っていましたけど、
相変わらず凄まじいと思えるような内容でしたね。

かーとさんも仰っていましたが
今回のキーポイントは “一体感” だと思うので
やはりチーズは溶かすのがベストだと思います!

もうひとつくらい冬の間にポタージュ系を出して欲しいですね!

管理者のみに表示

トラックバック