ヤマダイ「T'sレストラン カラダにやさしいタンタンメン」



本日2回目の更新で、「カラダにやさしいスーラータンメン」に続きまして、ヤマダイの「T'sレストラン カラダにやさしいタンタンメン」です。「スーラータンメン」の仕上がりが良かったので、思わず期待が高まってしまいますね。こちらも化学調味料無添加、動物性食材不使用が売りになってます。思わずポークベースのコクが欲しくなってくるところですが、そこをどう補っているのか注目ですね。







は、「添加物を極力使わず良質な小麦粉を中心としたシンプルな素材で作られた当社独自製法ノンフライめんを縦型カップサイズに加工した麺を使用」とのこと。おそらく麺は「スーラータンメン」と共通だと思います。しっかりと小麦っぽさがあって、適度な密度とプリプリとした歯切れの良さが印象的。でも、スープとの相性はベストとは言えませんね。これは個人的な好みのイメージに引っ張られているのかもしれませんが、担担麺には少し柔らかめの低加水麺が合うと思うので、その目線から見るとズレがありました。もう少し肌質が粗いほうが合ってたかなー。とてもマイルドな担担スープだったので、尚更そう感じたのかもしれません。やはり最初は若干スープを弾く傾向にあった為、あえて数分放置して麺を伸ばして馴染ませようと試みたんですけど、これがまた幸か不幸か湯伸びしにくい麺だったので…w 敢え無く作戦失敗となりました。でも食べ始めよりは良かったかな。

スープは、「【おいしく】て【ヘルシー】がコンセプトの自由が丘T'sレストランのタンタンメンを再現し、動物性食材・化学調味料0%で作り上げたスープ」で、「練りごまとピーナッツでコクを出し、豆乳でまろやかさを出し」て、「女性のみならず、ちょっぴり健康を意識した男性にも満足いただけ」るとのこと。まず動物性食材不使用の穴ですが、芝麻醤とピーナッツペーストで補っているようですね。この路線は想像通りだったし、芝麻醤好きとしては素直に嬉しい着眼点だったのですが、そこまで濃厚というわけではありませんでした。液体スープは粘度が高く、小袋から出した時に見た目が芝麻醤そのものだったので、テンション上がって胡麻の濃度に期待して飲んでみるとアレ? みたいな。辣味や麻味も至極控えめで、豆乳でまろやかさをという説明文の通り、ひたすらマイルドな担担スープだったので、どうせなら芝麻醤のコクに振り切って欲しかったですね。ただ、コンセプトを考慮すると味の方向性にブレは無かったので、そこは評価したいと思います。芝麻醤がコスト的にキツかったのなら、ピーナッツペーストでも相乗効果は得られますし、もしくは擂り胡麻を徹底的に入れるとか、そんな一捻りがあると嬉しかったです。玉ねぎと椎茸の下支えは効果的だったと思います。

かやくは、「チンゲンサイ、すりごま、糸唐辛子、挽肉風大豆加工品」とのこと。「挽肉風大豆加工品」は、「スーラータンメン」と同じ偽肉でしょう。普段なら減点対象ですが、動物性食材不使用製品の中では良いアイディア具材だと感じました。ええ、美味しいかどうかは別としてw 青梗菜は厚みがあって大きめで、きちんと青葉の風味を感じます。もうちょっと甘味が強いと嬉しかったんですけど、食感は明確でした。擂り胡麻は結構たくさん入っていて、胡麻特有の芳ばしさがスープに深みを加えてくれていたのですが、スープの項目でも触れたように、ここもっと振り切っても良かったかなー。糸唐辛子は見た目に良かったし、粒状大豆たん白を駆使して基本は押さえたぞ、って感じですね。

(標準は★3です)

女性ウケが良さそうなコンセプトだなー、とは思っていましたけど、スープの説明文にもあるように、ターゲット顧客層には一応、男性も含まれているのですね。自分、当てはまってますな(ちょっぴり健康を意識した男性カップ麺ブロガーw)コンセプト的に方向性はマイルドだとは思っていましたが、ほんと徹底してマイルドな白担担だったので、麺もそれに合わせて調整して欲しかった、というのが今回の不満ですね。やっぱりちょっと孤立しているようなイメージが拭えなかったので、それが勿体無かったです。化学調味料無添加,動物性食材不使用という付加価値は評価できますが、それで言うならトータルバランスに優れていた「スーラータンメン」をオススメしたいですね。というわけで、少し厳しめに評価しました。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:T'sレストラン カラダにやさしいタンタンメン
製造者:ヤマダイ
内容量:67g (めん36g)
発売日:2015年9月28日 (月)
発売地区:-
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4903088011370

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:紙
必要湯量:270㎖
調理時間:熱湯44分
小袋構成:2袋 (かやく・液体スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (67g) あたり

エネルギー:220kcal
たん白質:6.5g
脂質:5.9g
炭水化物:35.1g
ナトリウム:1.6g
(めん・かやく:0.1g)
(スープ:1.5g)

(食塩相当量:4.1g)

原材料名:めん(小麦粉、食塩、大豆食物繊維)、スープ(ごま、食塩、味噌、糖類、ピーナッツペースト、植物油脂、豆乳、酵母エキス、豆板醤、オニオンパウダー、香辛料、シイタケエキス、たん白加水分解物)、かやく(ごま、粒状大豆たん白、チンゲンサイ、糖類、唐辛子)、酒精、加工でん粉、かんすい、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、増粘剤(グァーガム)、カロチノイド色素、香辛料抽出物、香料、紅麹色素

アレルゲン情報:小麦・落花生・ごま・大豆

引用元URL:http://newtouch.co.jp/detail/detail.html?itemid=231

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
これおもしろい製品ですね!
でも自分の近所では売ってなかったです。
ドラッグストアとか狙い目だったかな?
機能系でライトカロリー・・明らかに女性ターゲットですね。
自分はおそらくもう一つのスーラー派かな?
これくらいの軽いのが自分はありがたいww
Re:たういパパ
なかなか面白かったですよ!
ただ、自分の近所でも全く見かけません(苦笑)

はい、おそらくドラッグストアが狙い目かと。

一応、 “ちょっぴり健康を意識した”
“男性” もターゲットみたいですねw

完成度は酸辣湯麺の方が上だと感じました!
多分、パパが好きなのも酸辣湯麺の方かと。
No title
ヤマダイなんですね。
ちょっと最近遠ざかってるので
商品いろいろ見てみようっと。

あ、コンビニなんですが
セブンに固定されそうな
気配です。
Re:カブトムシさん
これはコンビニだと見つからないかもしれませんね。
爽快ならあるかと思ったんですけど、検索ではヒットせず…

セブンに固定だとちょっと集まりにくいかもですね(汗)

管理者のみに表示

トラックバック