東洋水産「マルちゃん 本気盛(マジモリ) 辛コクねぎ味噌」



「サントリー クラフトセレクト」第4弾、先週から発売となっているのですが、「インペリアルスタウト」「ゴールデンエール」どちらも近所で取り扱っている店舗がありません。取り分け「インペリアルスタウト」には期待しているので、とりあえず見かけたら6本パック購入は確定と意気込んでるんですけど、第3弾の「ザ・パンプキン」はキワモノ過ぎたか店頭でも売れ残りが目立ちますし、未だ第2弾の「メルツェン」が捌き切れていないようなので、搬入を躊躇しているのかも。「メルツェン」はたしかに微妙だったけど…(苦笑)相方の「スペシャルビター」は秀逸だったし、クラフトビール好きとしては、積極的になってもらいたいんですけどね。おそらくÆONの「クラフトマンズビア」から「クラフトセレクト」を模したビールが今回も出ると思うので、そっちも楽しみにしてるんですけど、先ずは「クラフトセレクト」ですよ。第4弾はイイ線いくと思うんだけどなー。

さて、本日の一杯は、東洋水産の「マルちゃん 本気盛(マジモリ) 辛コクねぎ味噌」です。いつも油揚げ麺の主張とスープのバランスが懸念されているシリーズですが、今回は熱湯5分の設定なので、よりスープの力強さが問われるところですね。テーマが味噌、麺は無骨…塩気で押してこないことを願いますw





は、「丸刃で切った、なめらかで太めの麺」とのこと。いつもは「太めの角麺」という製品説明なんですけど、「今回は丸刃で切った」となっていますね。でも、体感的には “いつもの” 「本気盛」らしい油揚げ麺で、豪快で食べ応えのあるワイルドな油揚げ麺です。油揚げ麺特有の風味も含め、存在感の強い油揚げ麺ですが、今回のスープには重厚感があったので、麺とスープのバランスはバッチリだと思いました。油揚げ麺臭も気にならなかったし、このようにビタッ、とハマってくれると気持ちがいいですね。これは寒くなってきた室温の関係かもしれないんですけど、いつもより歯応えがあるというか、詰まった感じがするというか、ふかふか感が控えめなように思いました。時間経過による伸びも目立って気になりませんでしたし、もしかしたら少しずつ改良しているのかもしれません。お湯を注いだ瞬間から間髪入れずに吸水を始めるのは相変わらずですけどw

スープは、「ポークをベースに香辛料を利かせた、コクと辛味のある味噌味のスープ」で、「別添特製辛油付」とのこと。ベースのポークが想像していたよりもしっかりとしていて、きちんとコクを感じる味噌スープです。味噌の風味は赤味噌っぽい感じだったので、輪郭もはっきりとしているのですが、味噌の鋭さで主張の強い麺を押さえ込むのではなく、豚脂やポークによる重心の低さで根底から麺を支えている感じ。スープ単体で飲むと塩気は強めに感じたのですが、麺とのバランスを考慮すると頷ける濃度でした。別添の特製油は豚脂の効いた胡麻ラー油っぽい感じで、製品名には「辛コク」とありますが、ほんのちょっとピリ辛くらいですね。辛い食べ物が苦手な人でも大丈夫そうな辛味だったので、辛さには期待しないほうがいいと思います。でも軽い刺激はアクセントになっていたし、スープのバランスとしては適正だと感じました。あと、最初から入ってる粉末スープが少し溶けにくかったので、注意深く混ぜたほうがいいと思います。軽めの粘性は自然でした。

かやくは、「FDねぎブロック」とのこと。まさかのネギだけw なんですけど、さすがフリーズドライらしい存在感を放ってますね。風味や食感の再現度は素晴らしく、白い部分からは特有の甘味が感じられ、青い部分からはネギらしい若干の辛味を感じます。重厚感のある味噌スープとの相性も良かったし、きちんと「ねぎ味噌」してました。おそらく麺は汎用でしょうし、今回は明らかにスープにコストをかけていることが分かる仕上がりだったので、理解できなくもないんですけど、欲を言うなら挽肉具材も欲しかったですね。東洋水産の挽肉具材は美味しいので。

(標準は★3です)

今回は油揚げ麺とスープがぶつかることもなく、心配していたバランス感はクリア。肉具材が無かったのは少し寂しかったんですけど、売りのネギはフリーズドライで美味しかったし、濃厚の指標を履き違えていなかった濃度の高いスープは飲み応えあり、麺も存在感があって食べ応えあり、きちんと「本気盛」のコンセプトが活かされた製品だと感じました。スープの雰囲気的に一味唐辛子はもちろん、擂り胡麻をたっぷりと入れたら美味しそうでした。きちんと濃厚な味噌スープだったので、山椒でアクセントを加えて上品にしてみるのも面白そうですし、逆に生おろしニンニクでジャンキーにしてみてもいいかも。どれかひとつ試せばよかったw

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:マルちゃん 本気盛(マジモリ) 辛コクねぎ味噌
製造者:東洋水産
内容量:104g (めん80g)
発売日:2015年9月28日 (月)
発売地区:全国 (CVS 他)
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4901990334266

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:430㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:1袋 (特製油)

~標準栄養成分表~

1食 (104g) あたり

エネルギー:482kcal
たん白質:10.4g
脂質:22.1g
炭水化物:60.3g
ナトリウム:2.7g
(めん・かやく:1.2g)
(スープ:1.5g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.38mg
カルシウム:192mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:482kcal (めん・かやく:357kcal / スープ:107kcal)
食塩相当量:6.9g (めん・かやく:3.1g / スープ:3.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、粉末野菜、チキンエキス、香辛料、卵白)、添付調味料(みそ、豚脂、香辛料、食塩、植物油、香味油脂、ポークエキス、砂糖、粉末野菜、発酵調味料、たん白加水分解物)、かやく(ねぎ、ゼラチン)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、炭酸カルシウム、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、パプリカ色素、香辛料抽出物、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、ごまを含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・ゼラチン・大豆・豚肉・鶏肉・ごま

引用元URL:http://www.maruchan.co.jp/news_topics/entry/2015/09/post_1135.html

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

縺薙l縺ッ鄒主袖縺励°縺」縺氈
縺薙s縺ー繧薙?笙ェ
縺薙l縺ッ遘√b鬟溘∋縺セ縺励◆?
謇玖サス縺ェ縺ョ縺ォ縺九↑繧顔セ主袖縺励¥縺ヲ濶ッ縺九▲縺溘〒縺吶?
繝ャ繝薙Η繝シ縺ッ縺セ縺輔@縺丈サー繧九→縺翫j縺?縺ィ諤昴>縺セ縺吶?
縺薙l繧医j譁ー縺励¥蜃コ縺溷。ゥ諡???ココ繧医j繧ゅ?√%縺」縺。縺ョ譁ケ縺檎セ主袖縺励°縺」縺溘〒縺吶?(^^繧桙
Re:satoさん
先ほどはメッセージ失礼いたしました(ぺこっ)

なんか凄いことになってますよねw

コメントありがとうございました!
これからも暇な時、気軽にお願いします♪
No title
冒頭で、なんとなくお酒への愛が
感じられる弟子です。こんばんわ^^

今日珍しくアップしました(私信)

あ、あとジョブチェンジしますw

生活時間帯が変わるかも・・・
まだ、わかりませんが・・・。

さて、ねぎたっぷりですねー。
なんとなくですが歯にはさまりそうです。
強敵じゃないかと思うんですよね。
歯の治療中の自分にとってw
Re:カブトムシさん
うむ、弟子よ・・・。
愛人にも酒豆知識で褒められましたw

ってまさかのジョブチェンジですか?!
変化は体調に響くので、気を付けてくださいね;;

このネギは大きめだったので、
あんまり歯に挟まらなかったです。

ちなみに私、左側の奥歯に隙間がありまして、
小林製薬の糸ようじを肌身離さず携帯してます。

オフ会の最中でも雰囲気無視で大活躍ですw
(ハニー清水の横で堂々と糸ようじw)

敵はネギよりゴマっすね、ゴマ。
(同じく歯の治療中なうw)
隠れカップ麺ファン!
って、別に隠れていませんよ(笑)

私くらいになりますと、(旧)エースコックの「わかめラーメン」は、絶対に昔の粉末スープの方が美味しかったと言えるレヴェルです!

<(*ΦωΦ*)>フフフ・・・
Re:JoJo氏
カップ麺ファンのほうで良かったです(笑)

> 私くらいになりますと、(旧)エースコックの「わかめラーメン」は、
> 絶対に昔の粉末スープの方が美味しかったと言えるレヴェルです!
なにそれ自慢…? 自慢なの?! そ…そんなレヴェル!
べっ、別にうらやましくなんか…ない…もん(´;ω;`)ブワァ
(とか言いながらもうちょっと詳しく聞きたいのっ♡←)
確かに!
今のわかめラーメンは美味しいです。お醤油の効き方が美味しい!

でもね・・・昔のわかめラーメンを知ってる私はショックでしたよ・・・粉末スープの方が麺との馴染みが良かったんですよ。

あと、衝撃的な石立鉄男!(笑)
No title
いつもの安定したクオリティですね。
でもいつもの暴れん坊ぶりから比べると
今回はちょっとおとなしい感じかな?

辛さのパンチが弱めとのことなので
ここは味噌味なので一味が合いそうですね。
たしかにニンニク系もよく合いそう♪

とすっかり本気盛担当外の自分が好きなこと言っておりますww
Re:JoJo氏
> 粉末スープの方が麺との馴染みが良かったんですよ。
その頃の復刻版とかがカップ麺で出たら面白いのに…
って思いますよね。でも売れないかな(苦笑)

> あと、衝撃的な石立鉄男!(笑)
今でもHPの特設ページにいらっしゃいますよね!
お前はどこのワカメじゃっ! ですよね(笑)
Re:たういパパ
> でもいつもの暴れん坊ぶりから比べると
> 今回はちょっとおとなしい感じかな?
いや、むしろ最近の「本気盛」は
基本的に良い意味で暴れてないですね。

無骨なイメージが強いシリーズだったんですけど、
コンセプトを踏襲しつつ安定してきたように思います。

「本気盛」の「辛」は基本的に辛くないですからねw
このカップ麺はアレンジの幅が広いと感じました!

> すっかり本気盛担当外の自分が好きなこと言っておりますww
たまには敢えての担当外としての意見、聞かせてくださいよ(笑)

管理者のみに表示

トラックバック