日清食品「カップヌードル シンガポール風ラクサ」


「へんじがない、ただのしかばねのようだ」

はいw というわけで、絶賛予約投稿中でお送りしております本日の一杯は、日清食品の「カップヌードル シンガポール風ラクサ」です。「"トムヤムクンヌードル" に続く、本格エスニックヌードル第2弾」で、「シンガポールの人気麺料理であるラクサを再現」したとのこと。「ラクサ」日本での知名度は高くないですよね。食べたことがあるような…ないような…と、記憶は曖昧なので、気構えは初体験としますw 「『ラクサ』とは、東南アジア諸国で親しまれている麺料理のひとつで、中でもシンガポールで人気の『ラクサ』は、ココナッツミルクのまろやかな甘さにスパイスの辛味が重なり合ったコク深いスープが特徴」だそうですよ。どうも私はカップ麺にココナッツミルクという組み合わせに弱いみたいので、普段以上に楽しみにしていました。「トムヤムクンヌードル」と同じく、現地の日清食品グループが開発に携わっているようなので、本格的な仕上がりに期待したいですね。





は、「コシとつるみのある、カップヌードルのオリジナル麺」とのこと。原材料を見ると、「カップヌードル しお」や「トムヤムクンヌードル」と同じ構成なので、そこからの汎用でしょうか。サイズに若干の違いを感じましたが、私の気の所為かもしれませんw 体感的には “いつもの” カップヌードルの麺ですね。相変わらず柔軟性の高い油揚げ麺で、今回のようなエスニック系のスープとも違和感なくマッチ。というか、このヌードル麺だからこそ成り立ってるんですよね。油揚げ麺特有の風味にもネガティブさはなかったし、むしろスナック感が良い方向に作用していて、期待を裏切らない安定感を魅せてくれていました。優秀、超優秀。

スープは、「ココナッツミルクの甘みにスパイスの辛味を利かせた、濃厚でクリーミーなスープ」に、別添で「10種類のスパイスとハーブを使用した、フレッシュな香りと風味が特徴のラクサペースト」とのこと。まずしっかりとベースにはココナッツミルク特有の甘味とクリーミーなコクが感じられ、ココナッツミルクらしいマイルドさを主張させているのですが、決して甘過ぎないのは明確なハーブの主張があったから。強めに効かされたレモングラスの爽やかな酸味にパクチーの香り、そして香辛料による引き締め作用が実に効果的で、その複雑味のあるハーブの香りと香辛料の刺激がココナッツミルクのまろやかさと絶妙にマッチ。まさに三位一体で、ここまで歯車がスムーズに噛み合っているとは思いませんでした。本格さからエスニック系特有の癖がありますし、もちろん苦手な人は避けたほうが無難ですが、全体のバランス感は秀逸で、ココナッツミルクやハーブや香辛料だけでなく、ほんのりと海老の風味が感じられたり、かなり複雑味があって本格的なスープに仕上がっていました。もちろん麺とのバランスも計算されていて、きちんと「カップヌードル」として成立。「トムヤムクンヌードル」とは明らかに違う路線ですが、それに匹敵するほどの本格感と雰囲気を感じさせてくれる完成度の高さでした。

かやくは、「蒸し鶏、きざみ揚げ、スクランブルエッグ、赤唐辛子、コリアンダー」とのこと。何と言っても目を引くのは刻み揚げの存在。和風カップ麺なら分かりますけど、刻み揚げなんて到底結びつきそうにないエスニック系のカップ麺ですし、ましてや現地スタッフ開発協力している本格派。しかし、これが実際に食べてみると何の違和感もないから驚きです。っていうか、むしろ相性抜群でしたw ココナッツミルクとハーブと香辛料が見事に調和したスープを吸い込み、噛むとジュワ〜・・・っと旨味が染み出してくる感じが何とも。食べ応えにも一役買っていたし、その意外性を差し引いても今回の具材の中で最も目立っていたと思います。刻み揚げ自体にも少し甘めの味付が施されているようでしたが、ココナッツミルクと相俟って相乗効果を生んでいたように感じました。蒸し鶏はソフトな食感の再現度高め系で、鶏肉らしい風味と香りが好印象。甘いスクランブルエッグもスープと相性が良く、どれも量は申し分なかったです。赤唐辛子の辣味もアクセントになってますね。コリアンダーはスープにも確実に寄与していたと思うし、意識しなくても麺に絡み付いて口の中に入ってくるんですけど、割と遠慮のない主張でインパクトありました。パクチーが苦手な人は手を出したら危険レベルだと思います。

(標準は★3です)

予想以上に本格的で、なんとも異国情緒あふれるカップ麺でした。第1弾の「トムヤムクンヌードル」が秀逸だったので、その勢いに飲まれるか、もしくは便乗してくるんじゃないかという懸念もあったのですが、全く以て杞憂でしたね。これはレギュラーにのし上がる可能性も優に考えられるのでは…と、思わされるような完成度の高さに脱帽です。ココナッツミルクの風味やハーブの癖など、その個性から明らかに人を選ぶテイストかとは思いますが、コアな人しか寄せ付けないような敷居の高さを感じさせるほどアクが強いわけではありませんし、そういった巧妙なバランス感は「カップヌードル」というブランドだったからこそ為せた業と言えるかもしれません。これはなかなか中毒性のある味わいですね。どっぷりハマる人も出ると思います。まだ自分はコアな領域には達していませんが、これは大いにリピートありな一杯でした。エスニック好き、ココナッツミルク好き、パクチー好きは是非お試しあれ。ちなみに “ラクサペースト” は案の定、絞り出すのに若干のテクが必要でしたw でも、そうやって意識して根気よく絞っても小袋の中にペーストが残っちゃうんですよね。このカップ麺に求める改善点があるとするならば、ラクサペーストがスムーズに出てくるような工夫でしょうか。細かな配慮にまで行き届いたインスタント食品に恵まれている日本人ならではの不満なんでしょうね、きっと。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:カップヌードル シンガポール風ラクサ
製造者:日清食品
内容量:81g (めん60g)
発売日:2015年9月28日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4902105232477

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:310㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (ラクサペースト)

~標準栄養成分表~

1食 (81g) あたり

エネルギー:372kcal
たん白質:8.9g
脂質:16.4g
炭水化物:47.2g
ナトリウム:2.0g
(めん・かやく:1.0g)
(スープ:1.0g)
ビタミンB1:1.01mg
ビタミンB2:0.20mg
カルシウム:91mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:372kcal (めん・かやく:308kcal / スープ:64kcal)
食塩相当量:5.1g (めん・かやく:2.6g / スープ:2.5g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、たん白加水分解物、醤油)、スープ(乳等を主要原料とする食品、糖類、ラクサペースト、食塩、ココナッツミルク、香辛料)、かやく(味付油揚げ、味付鶏肉、味付卵、赤唐辛子、香菜)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、炭酸Ca、かんすい、酸味料、乳化剤、カラメル色素、カロチノイド色素、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、甘味料(スクラロース)、シリコーン、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に落花生、えび、豚肉、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・落花生・えび・豚肉・鶏肉・大豆・ゼラチン

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/4708

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
ほぅ...これは期待大ですね...
ストックで眠っておりますが...

このシリーズ...「トムヤムクンヌードル」を
含めて、よく出来ていますよね...

対抗してエースコックも「ぱくぱくパクチー」等で
頑張っているんですが...正直、日清の方が
上のように感じましたわ...
No title
まだ神戸か??
昨日はまた呑んだくれたんか?(^_^;)
清水さんに自分も会いたかった~
って、製品には触れずww
Re:ハシダ・メンさん
「トムヤムクンヌードル」の完成度も高かったですけど、
第2弾の作り込みも丁寧で好感が持てました。

インパクトに関しては最近のエースコックが上を行きますが、
やはり安定した完成度という点で見れば日清食品が強いですね。

それがネックになることも多々ありますけどw

ハシダさんはエスニック系に詳しいので
その目線からの感想を楽しみに待ってます!
Re:たういパパ
昼頃に帰宅して、家でカップ麺を食べました(笑)

> 昨日はまた呑んだくれたんか?(^_^;)
お酒の量は程々で、パパと飲む時の半分くらいかな。
馬のレバーが美味しくて追加注文しました♪

清水さん想像通りの素敵な人でしたよ!
非常に有意義な時間を過ごさせてもらいました。
また機会があるっぽいので次はパパも一緒に飲もう!
No title
こんばんわ、純野です。
記事に関係ない質問で済みません。
「一銭焼き」というのは
どういう食べ物でしょうか?
気になって仕事が手につきません。
Re:純野一益さん
> 気になって仕事が手につきません。
あわわ…w すみません(ぺこっ)

ネギ,キャベツ,揚げ玉,紅生姜,卵 etc.
お店によって具材は多種多様なんですけど、
水で溶いた小麦粉を熱した鉄板に敷き、
そこに具材を乗せて焼いた食べ物です。

味付はソースが基本ですね。
焼いた後は二つ折りになって出てきます。

「一銭洋食」で検索すれば詳細が出てきますよ!
手軽に食べられる小腹に嬉しい粉もん、って感じです。
No title
こんばんわ~^^

お師匠様。
さいきん、いつも飲んでばかりで
レビューすらしてないカブトムシですw

明日は新商品かいにいこうかな~。
バイクあったら・・・|д゚)

最近、いろんな人に誘われて
カラオケだの飲み会だの
自分の時間も少ないです。
でも楽しいですね。

お金がもっとあったら
いろいろできるのになーと
10億円ビッグ買いましたw
No title
カップ麺は週に1回と決めていたのに
週2回になってきている私がお邪魔しま~す♪

このシリーズは香草が好きな人は、ハマる一品ですね♪
私も食べましたが不思議な味でした。

hanautaシリーズを購入したのですが
ハワイは麺にコンニャクが不使用というのを
購入してから気付きました。
(´・ω・`)
Re:カブトムシさん
うむ、弟子よ・・・早く酌み交わしたいものよな。
飲み過ぎに気を付けて楽しんでくださいね!

カブトムシさんライダーなんですか?
> 最近、いろんな人に誘われて
> カラオケだの飲み会だの
> 自分の時間も少ないです。
> でも楽しいですね。
うんうん、アクティブで何よりです。
なんだか自分のことのように嬉しいですよ!

10億円ビッグ当たるといいですねー。

私はくじ運最悪なので、
万が一にも当たろうものなら
その後の人生破滅しそうで買えませんw

何かしらの “しっぺ返し” 喰らいそうでw
Re:くま子さん
> カップ麺は週に1回と決めていたのに
> 週2回になってきている私がお邪魔しま~す♪
その他の食事にさえ気を付けていれば
週7回でも身体に大きな害はないですよ!(今の所w)

カップ麺よりも身体に悪い食べ物は山ほどありますから(苦笑)

このカップ麺はきちんとエスニック感を演出しつつ
ギリギリ万人が楽しめるようなラインにあると思うので、
そういった絶妙なバランスが実に日清食品らしいと感じました。

> hanautaシリーズを購入したのですが
> ハワイは麺にコンニャクが不使用というのを
> 購入してから気付きました。
どうやら “こんにゃく練り込み麺” は、
「イタリアンヌードル」からみたいですね。

最近、発売された「世界のグル麺」シリーズ第2弾
「クラムチャウダー味ヌードル」「ボルシチ味ヌードル」に
採用されている麺には “こんにゃく” が練り込まれているようですよ!
No title
takaさん、こんばんは!

これはほんとよくできてましたね!(`・ω・´)

日清のエスニック系への強さが見事に示されたというか、
マッサマンカレーやトムヤムクンがヒットしたことで、
より冒険的なエスニック料理に挑戦してきた感もありますね!

以前だったらここまでココナッツオイルを
中心に据えたものをカップ麺化しなかったでしょうし!

食べる側としてもココナッツオイルの良さを知ってきたタイミングでしたし、
なおかつアジア系ハーブもビシッと決まっていて、
思っていた以上に満足できる内容でしたね!

でもって、油揚げまで上手くハマってましたし!

カップヌードルにはこれからもどんどん挑戦してほしいですね!(`・ω・´)

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
はい! 完成度の高いカップ麺だと思います。

単なる二番煎じではなく、エスニック系カップ麺として
ひとつの完成系にありますよね。さすがだと思いました。

同じエスニック系を題材にしていても、
エースコックはインパクトで攻めてくる傾向にあったり、
あくまで日清食品は本格的でも万人を見据えていたりと、
そういう方向性の対比が面白かったりもします。

今回の「ラクサ」という目の付け所も新鮮ですし!

たしかに軸のココナッツオイルは明確でしたが、
それでも違和感なく受け入れられるような配慮が見えたり、
またそれが板に付いているというか、世の中の風潮の影響も感じます。

> でもって、油揚げまで上手くハマってましたし!
これは自分も驚きでしたw なんの違和感もなかったですよね。
むしろ相性が良いと思いましたし、油揚げの新たな可能性を垣間見ました(笑)

次のリリースはいつになるか分かりませんけど
エスニックシリーズ第3弾にも大いに期待したいと思います!

管理者のみに表示

トラックバック