東洋水産「マルちゃん 四季物語 秋限定 秋味わうソース焼そば ポテト入り」



本日3回目の更新で、「秋味わう 芋煮うどん」「秋味わうらーめん 味噌バター風味」に続きまして、東洋水産の「マルちゃん 四季物語 秋限定 秋味わうソース焼そば ポテト入り」です。具材にポテトを用いたソース焼そばというと、栃木県足利市,群馬県桐生市周辺で見られるというご当地グルメ「ポテト入りやきそば」が思い浮かびます。以前、まるか食品が「ペヤング ポテトやきそば」というカップ麺を発売していましたが、製品説明を見ても今回のソースは少し甘めに仕上げているようですし、少なからず意識している部分があるのかもしれませんね。具材の皮付ポテトが美味しいのは間違いないので、全体の安定感に期待したいと思います。





は、「なめらかで、弾力のある香味豊かな麺」とのこと。精製ラードの風味が特徴となっている東洋水産らしい油揚げ麺で、油揚げ麺特有の芳ばしさが良い方向に作用しています。他にも粉末野菜や香辛料が練り込まれているんですけど、粉末野菜はオニオンやガーリックなどの香味野菜でしょうか。私の舌ではそこまで判別不能でしたがw 油揚げ麺特有の芳ばしさも含め、きちんと “香味豊かな” というコンセプトは表現できていますね。サイズは中細で、食感はプリプリした感じ。ワイルドな食べ応えや麺の主張を際立たせるようなタイプではなく、あくまでもソースの一体感や全体のバランスに気を配っているような印象。これといって特筆する要素のある油揚げ麺ではありませんが、この製品にはベストな配役だと思いました。

ソースは、「中濃ソースとウスターソースをベースにチキンの旨味を加えた、甘めのスープ」とのこと。(いや…ソースだろw)ベースは極めてオーソドックスな味付ですね。製品説明には “甘めの” とありますが、比較的スパイシーさや酸味などの刺激が控えめというだけの話であって、糖類の主張が顕著なわけではありません。言ってしまえば “ありきたり” とか “無難な” という表現になってしまうんですけど、間違いのない美味しさを保証してくれていると思えば、このオーソドックスな仕上がりも加点要素でしょう。派手さこそなかったものの、誰もが美味しいと思えるソース味だと思います。今回は紅生姜の確実なアクセントがあるので、オーソドックスでありながら単調さは感じませんでした。東洋水産らしい香味豊かな油揚げ麺や、紅生姜との相性も良く、素直に美味しかったです。

かやくは、「ポテト、きゃべつ、もみじ型かまぼこ、紅生姜」とのこと。ポテトは既に各所でも定評のある皮付ポテトで、ポテトらしいホクホク感はもちろん、皮付でしか味わえない芳ばしさは特筆に値します。このポテトは塩で味付されてるんですけど、少し強目の塩加減がポテトの旨味を引き立ててくれていました。今回は麺もソースもオーソドックスで無難な印象を受けるものでしたが、この皮付ポテトが入ることで確実な個性が生まれていますね。キャベツはオーソドックスなソースと相性が良く、紅葉かまぼこで季節感を演出。紅生姜は東洋水産が頻繁に用いてくる別添仕様の生タイプで、質感や風味などの再現性が高いです。酸味だけでなく、生姜特有の辛味も感じられるのが好印象。紅生姜が苦手な人は別添を活かして避けることが出来ますし、そうでなければ紅生姜の爽やかさを引き締め系の効果的なアクセントとして用いることができる。こちらのニーズに合わせられるのは別添ならではの利点ですよね。欲を言えば青のりも欲しかったかなー。

(標準は★3です)

ご当地グルメの「ポテト入りやきそば」を少なからず意識しているような印象を受けましたが、純粋に皮付ポテトの入ったソース焼そばとして安心して楽しめるような内容となっています。劇的なカップ焼そばではないんですけど、安定感のある麺にソースの味付など、全体的に大きな不満はなかったし、再現性の高い皮付ポテトによって、間違いなく満足度には色がつくでしょう。皮付ポテトの個性と生タイプの紅生姜を評価し、希望小売価格を考慮して★ひとつプラスしました。総評は★4としていますが、裏切りのないオーソドックスな味わいに皮付ポテトの付加価値がプラスされているので、常備ストック品のひとつとして買い置きしておくのも充分ありなカップ麺だと思いますよ。今年の「四季物語 秋限定」は、3品とも奇抜さや驚きがない仕上がりではあったものの、どれも間違いのない安定した品質を感じさせてくれる内容でした。私は「冬限定」が好きなので、今年も期待しているのですが、果たして3品そろって手に入るかどうか…(苦笑)

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:マルちゃん 四季物語 秋限定 秋味わうソース焼そば ポテト入り
製造者:東洋水産
内容量:132g (めん100g)
発売日:2015年9月21日 (月)
発売地区:全国 (CVS・量販店・一般小売店 他)
希望小売価格:185円 (税別)
JANコード:4901990334235

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:690㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:3袋 (液体ソース・かやく・紅生姜)

~標準栄養成分表~

1食 (132g) あたり

エネルギー:565kcal
たん白質:10.4g
脂質:26.6g
炭水化物:71.0g
ナトリウム:1.8g
ビタミンB1:0.39mg
ビタミンB2:0.44mg
カルシウム:236mg

(食塩相当量:4.6g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、精製ラード、食塩、醤油、乾燥酵母、粉末野菜、香辛料、卵白)、添付調味料(ソース、植物油、砂糖、食塩、チキンエキス、デーツ果汁、ラード、香辛料)、かやく(ポテト、キャベツ、紅生姜、かまぼこ)、加工でん粉、カラメル色素、酒精、炭酸カルシウム、調味料(アミノ酸等)、香料、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、pH調整剤、増粘多糖類、甘味料(カンゾウ)、アカキャベツ色素、パプリカ色素、クチナシ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、ごま、豚肉、りんごを含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・大豆・豚肉・鶏肉・りんご・ごま

引用元URL:http://www.maruchan.co.jp/news_topics/documents/1509_sikimonogatari_aki.pdf

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
お師匠さま、こんばんわ^^

もうちょっと上をいくかと
思ってましたが
4ですか・・・。
5くらいかなぁと思ってました。

でも、冬もなぜか楽しみです^^
Re:カブトムシさん
うむ、弟子よ・・・。

個人的な好みを入れたら★5でも差し支えないです!
派手なカップ麺ではありませんが、オススメですよ。

時期を外しても食べて損はないかと。
(記事にするメリットは少ないですが…苦笑)
No title
個人的にはフツーに美味しかったのですが、
秋の具材の打ち出しが弱すぎの気がしますね。
「ポテト入りやきそば」自体メジャーじゃないしね。

万人がわかる秋具材にして欲しいですね。
秋刀魚入り焼そばとかww
(出来るかっ!)<`~´>
No title
イモ好きの自分としては、気になる商品では
あるんですけどね...

皮付きのポテトなんて...たまらんじゃないですか...
そんなポテトが入った焼そばがあるなんて
全然知らなかったですわ...

でもなぁ...「秋限定」かぁ...UPするのが
春ぐらいになりそうな予感...(笑)
Re:たういパパ
たしかに秋らしい季節感は弱かったですけど
オーソドックスな仕上がりに皮付ポテトなど
きちんと美味しい製品だと自分は思いました!

「ポテト入りやきそば」
まぁ…地味っちゃ地味ですけどw
自分は甘めのソースにポテトの組み合わせ好きみたい!

> 秋刀魚入り焼そばとかww
> (出来るかっ!)<`~´>
秋刀魚節(魚粉)入りの焼そばなら
違和感なくスムーズに製品化できそうですね!

まぜそば? 油そば? っぽくなっちゃうかもですけど(苦笑)
Re:ハシダ・メンさん
東洋水産の皮付ポテトは
比較的いろいろな場面で目にする具材ですが
とにかく皮付の芳ばしさが印象深い野菜具材ですね!

食感も風味も再現性が高く、
イモ好きも納得のポテトだと思います。
一般的な真四角のポテトとは一線を画していますよ。

この製品ならポテトに期待しても裏切られないかと!
たとえ春になったとしても、イモ好きとしての感想を聞きたいです。

先日の「カップヌードルライトプラス」のサツマイモ評価も!
秋刀魚つみれはアリかも
takaさん、こんばんは!

四季物語のソース焼そばというと、意外と脂質の数字は高めながら、
すっきりと食べられるウスター系ソースが特徴となってますよね!

この味を食べると「四季物語だなぁ」といつも思います!
それでも商品ごとに微妙に構成は変えているようですが!(=゚ω゚)

この焼そばは何と言っても大ぶりの皮付きポテトですね!

大きさ、ホクホクとした食感、皮付きならではの香ばしさと、
さすが主役に据えただけのことはある見事な完成度でした!

「秋刀魚」をテーマにするなら秋刀魚つみれが使えそうですね!(●・ω・)

もしかすると来年あたり登場しても不思議ではないかもです!
これまでにも鮭のつみれなども登場してますしね!

つみれ技術の高い東洋水産なら内容にも期待できそうですし!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
> 四季物語のソース焼そばというと、意外と脂質の数字は高めながら、
> すっきりと食べられるウスター系ソースが特徴となってますよね!
かーとさんの仰る通り、基本の路線はウスターが中心ですし、
だからこそ精製ラードの風味ともバランスがいいんでしょうね。

東洋水産の皮付ポテトは実に秀逸だと思います!
これは満足度の高いポテトですよね!

ポテトのホクホク感に皮の芳ばしさなど、
ここまで存在感のあるポテトは他にないかと。

> 「秋刀魚」をテーマにするなら秋刀魚つみれが使えそうですね!(●・ω・)
たしかに! つみれなら明確な個性を放つ具材になりますし、
出汁ではなく意識的につまむことで、その個性も感じやすいですからね。

鮭のつみれもありましたし、もしかするかもしれません。
相変わらず鋭いですね! 開発陣の方、是非このコメント欄をw

管理者のみに表示

トラックバック