東洋水産「マルちゃん 四季物語 秋限定 秋味わうらーめん 味噌バター風味」



本日2回目の更新で、「秋味わう 芋煮うどん」に続きまして、東洋水産の「マルちゃん 四季物語 秋限定 秋味わうらーめん 味噌バター風味」です。「皮付きのポテトを合わせ、季節感を演出し」たとのことですが、 “皮付ポテト” と “秋” って結びつきにくいような気がするんですけど、自分だけですかねw 一応、ジャガイモは温暖な地方なら秋植えも可能ですが、あまり秋の味覚というイメージは強くないです。今秋のシリーズは「芋」がテーマなので、無難に取り合わせたのかもしれませんけどね。でもテイストは味噌バター風味なので、相性は良さそうです。自分はエースコックのバター系カップ麺には好ましいイメージがないというか、あまり印象は良くないのですが、東洋水産の味噌バター系カップ麺には好感を持っているので、あまり構えずに食べたいと思います。味噌とバターって鉄板ですよねー。





は、「スープとの相性のいい、食べ応えのある角麺」とのこと。細身で口当たりのいい油揚げ麺なんですけど、細さと厚みの割にモチモチとした弾力があって、きちんと食べ応えを感じます。歯切れのいい軽めの麺を想像していたので、良い意味で予想がハズれました。油揚げ麺特有の風味もそれなりに感じますが、全体のバランスを崩すような主張ではなかったし、本格志向のカップ麺ではないので、素直にインスタントらしいと楽しめる風味かと。ただ、バターの風味と絡むことによって、少しボヤけた印象を受けてしまう人もいるかもしれません。このカップ麺の雰囲気から、自分はそこまで気にならなかったんですけどね。時間経過による劣化も緩やかで、完成度の高い麺だと感じました。スープもよく拾ってくれたし、バランスもいいですね。後半はプリプリとした歯切れが目立ってくるんですけど、ヘタれてしまったような弱々しさは見せず、最後まで美味しかったです。食べ応えのある角麺と製品説明にありますが、きちんと意識していることが分かりました。

スープは、「赤と白の合わせ味噌にポークの旨味を加えた、バターの風味のある濃厚なスープ」とのこと。まず味噌感ですが、合わせ味噌らしくマイルドな風味で、塩カドや鋭さは控えめ。ポークの厚みが土台を固めていて、ほんのりバターの風味が香ります。バターの主張は強すぎず弱すぎず、その適度な存在感には好感が持てました。バター風味ってクドいんじゃ…と、構えなければいけないような主張ではないと思います。ただ、そこで疑問に思ったのが原材料の構成で、添付調味料(スープ)の項目にはバターと思われる乳成分系の原材料は含まれていないんですよね…深く考えないでおこうw そして多めの擂り胡麻による芳ばしい風味も特徴になっていて、けっこう目立ってるんですけど、なぜ製品説明に加えなかったのか不思議に思いました。全体的に丸みを帯びた仕上がりだったのですが、きちんと味噌特有のキレはあったし、濃度としては薄っぺらくないので、のっぺりとはしていません。言ってしまえば無難な味噌スープにバターの風味というイメージしやすい味だったのですが、シリーズ的に方向性は正しいと思うし、自分はアリだと思いました。一味唐辛子も合いそうです(よく見たらちょっと赤いの入ってます)

かやくは、「もみじ型かまぼこ、ポテト、コーン、ねぎ」とのこと。今回の主役でもある皮付ポテトですが、いつも東洋水産の皮付ポテトは再現度が高いんですよね。「hanauta」などに入っているポテトはシャリシャリしてるんですけど、こっちはホクホクとした食感で、ハッキリと感じる芳ばしさに皮付の恩恵を感じます。スープとの相性も問題なく、香るバターの風味も相性の良さに一役買ってました。コーンは味噌バターに定番の組み合わせですよね。きちんとコーンの甘味があって、味噌バターと喧嘩するわけもなく兼ね合いは良好。紅葉かまぼこは見た目に鮮やかで、季節感を演出するにあたって効果的でした。

(標準は★3です)

想像通り、安定の★3です。特別これといったインパクトがあるわけではないのですが、まろやかでバターの風味が程よく香る味噌スープに芳ばしい皮付ポテトとバランスの取れた麺。これぞ安定感ですな。全く以て派手さのないカップ麺ですし、このカップ麺をヘビーローテションする人もいないと思いますけどw 大きくショックを受けるような負のイメージもありませんし、今年も出たし取り敢えず買っとくかー、みたいなノリで手に取って大丈夫なカップ麺だと思います。良い意味で標準の★3は約束してくれる、そんな裏切りのない安定感こそ「四季物語」シリーズの強みなのではないでしょうか。このシリーズのリリースが始まったら3品コンプして食べたくなるのは、そういった最低ラインは確保してくれる安定感があるからだと思います。なんていうんですかね、こう、絶対に解決する火曜サスペンスとか、絶対に負けない水戸黄門とか、いつも筋書きは似たような内容なんだけど、あらすじが分かっちゃうからこそ得られるような安心感に通じるものが…(違w)

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:マルちゃん 四季物語 秋限定 秋味わうらーめん 味噌バター風味
製造者:東洋水産
内容量:86g (めん65g)
発売日:2015年9月21日 (月)
発売地区:全国 (CVS・量販店・一般小売店 他)
希望小売価格:185円 (税別)
JANコード:4901990334228

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:380㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:無

~標準栄養成分表~

1食 (86g) あたり

エネルギー:390kcal
たん白質:8.9g
脂質:17.2g
炭水化物:49.8g
ナトリウム:2.2g
(めん・かやく:0.9g)
(スープ:1.3g)
ビタミンB1:0.28mg
ビタミンB2:0.32mg
カルシウム:168mg

※参考値:調理直後に分別した値
エネルギー:390kcal (めん・かやく:305kcal / スープ:85kcal)
食塩相当量:5.6g (めん・かやく:2.3g / スープ:3.3g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、醤油、卵白)、添付調味料(みそ、ポークエキス、すりごま、食塩、香辛料、野菜エキス、チキンエキス、たん白加水分解物、砂糖、植物油、発酵調味料、豚脂)、かやく(ポテト、コーン、かまぼこ、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、増粘多糖類、かんすい、カラメル色素、クチナシ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、パプリカ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、りんご、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:卵・乳・小麦・ゼラチン・大豆・豚肉・鶏肉・りんご・ごま

引用元URL:http://www.maruchan.co.jp/news_topics/documents/1509_sikimonogatari_aki.pdf

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
昨晩は失礼しましたm(_ _)m
どうも最近FIREFOX使用中でのADOBEフラッシュの調子が悪いので、
ブラウザをCROMEに移行中でキャッシュがありませんでした・・・(^_^;)
先日のADGEの時と同じ状況です、お手数でした。

こちらの製品が味噌味なのでうどんが醤油味になったのかな?
まぁ、芋煮は醤油味でしょうが・・・。
Re:たういパパ
> 昨晩は失礼しましたm(_ _)m
いえいえ…! こちらこそ失礼しました(汗)

FIREFOX? ADOBEフラッシュ?
ブラウザをCROMEに移行中でキャッシュ???
なんのこっちゃサッパリですけどw たしかに前にもありましたね。

コメントの文面を見たらパパって分かるんですけど、
もし万が一、間違えて返信してたら大変ですからね(苦笑)

> こちらの製品が味噌味なのでうどんが醤油味になったのかな?
いや、うどんが醤油だったからラーメンが味噌に…って
単純に “肌寒くなってきたから味噌” なのかもしれませんがw

こちらもソツなくって感じでしたねー。
個人的に今秋は「焼そば」が好みでした!
No title
第二弾!コメ。

このシリーズ・・・
たぶんもうそろそろ爽快で
買おうかと思ってますw

え?遅いですかねぇww
Re:カブトムシさん
良い意味で普通に美味しい一杯でしたね!

買って損はないと思いますけど、
これ買うなら他の買ったほうがいいかも(笑)

記事にするなら揃えたいところですが!(え…私だけ?w)
No title
takaさん、こんにちは!

味噌+バターというありがちな路線ではありましたが、
バターの効かせ方のバランスが良く、なおかつごまもいい感じで、
味噌バターラーメンとしての完成度は高かったですね!

東洋水産もちょくちょくバター系を出すようですが、
他社と比べてもバランスの取り方が旨いのかもですね!

バター系があまり好きではない自分も気に入りましたし!(=゚ω゚)

爆発力はないものの安心して食べることができる、
そんな四季物語の良さが出たラーメンでしたね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
東洋水産の味噌バター系カップ麺というと、
自分は「マルちゃん 縦型ビッグ 味噌バター味コーンラーメン」を
思い浮かべるのですが、そのイメージから安心感があるんですよね。

今回も路線としては平凡でしたけど、
バターの絶妙な主張や全体のバランス感といい
凡そ万人が安心して楽しめる内容だと思いました。

バターが中途半端だと物足りないし、大袈裟だとクドくなるし、
兎にも角にもバランスが非常に重要となるテーマだと思います。

エースコックのバター系はそこが引っ掛かるんですけど
東洋水産は基本的に安定して仕上げてくれる印象ですね!

今回はバター系が苦手なかーとさんでも大丈夫だったみたいですし、
良い意味で四季物語らしい中庸さが功を奏していたように思いました。

冬のリリース(柚子)も発表されましたし
なんとか3品すべて揃えて記事にしたいですね!

なんかこう、ある種の使命感のようなものがw

ちなみに過去の冬限定では、
「鶏つくねと白菜」が好きでした。

管理者のみに表示

トラックバック