明星食品「明星 大盛 新京都ラーメン」



9月の中旬に “原酒仕立てプレミアム” と題してリニューアルされた、「アサヒスーパードライ ドライプレミアム」を飲みました。今回のリニューアルでアマリロホップを増量したそうで、実際の味わいからもちゃんと体感的なクオリティアップを果たしていますね。ゆっくりと味わいながら飲むビールとして、これからの季節にピッタリだと思います。爽快な夏のビールも最高ですが、寒い季節に飲むビールもオツなんですよねー。ところでビールの原酒って言われも、ちょっとピンときませんけど、考えるなっ! 感じろー! ということでしょうか(笑)

さて、本日の一杯は、明星食品の「明星 大盛 新京都ラーメン」です。「ご当地ラーメンにオリジナルのアレンジを加えた “新ご当地” 大盛カップめん第2弾商品」で、今回のスポットは京都。前回の第1段は、熊本でしたね。現在の京都ラーメンと言えば、一般的に清湯スープの「背脂ちゃっちゃ系」もしくは、白湯スープの「天下一品」を思い浮かべる方が多いと思うのですが、そのイメージを合体させちゃったみたいです。 “濃厚背脂醤油味+豚骨のコク” とパッケージにも記されていて、この+豚骨のコクが “新” 要素なんだとか。要するに、背脂ちゃっちゃ系豚骨醤油ラーメン、ってことですかね。でもハッキリと「『京都ラーメン』を代表する2つの系統の味を合体させ」たと製品説明には書いてあったので、それなら背脂醤油+豚骨ではなく、背脂醤油+ベジポタ系鶏白湯じゃないとダメなんじゃ・・・





は、「京都ラーメンの特長を再現した、しなやかで食べやすい中細ストレートの油揚げ麺」とのこと。明星食品が得意とする歯切れの良さが印象的な加水率低めの中細麺で、製品説明通りストレート。ノンフライ低加水麺も然る事乍ら、明星食品は油揚げ麺でも低加水系の麺を作るのが上手ですね。とてもしなやかな麺質で、オーソドックスな豚骨スープには勿論、正当派の中華そばや、鴨出汁系の和風ラーメンなんかで真価を発揮しそうな油揚げ麺でした。油揚げ麺特有の風味は強めだったんですけど、野暮ったいニオイではなく、製品の雰囲気としては問題なかったです。むしろそのジャンクさは、良い方向に作用していたようにも感じました。経時劣化耐性が高く、大盛でも最後まで歯切れの良さが持続していたのも好印象。ジャンクさと本格感の融合、いいじゃないですか。この麺は完成度高いですよ。この質の高さを大盛バケツ型製品で可能にしているので、おそらく今後も頻繁に目にすることとなるでしょう。ただ、今回のスープと相性が良かったかと問われると、少し麺が押され気味だったような気がしました。清湯スープに低加水麺という組み合わせは私のツボにピッタリと入るのですが、中太くらいのサイズにしたほうがバランスとしては整ったような気がします。

スープは、「背脂を浮かべた醤油味スープに豚骨のコクを加え、濃い味に仕上げた濃厚背脂醤油味スープ」とのこと。これはまた思い切ったスープですね。構成自体は動物系醤油ベースに背脂+ラードというシンプルな組み合わせなのですが、背脂と後入れの調味油の量が多く、油脂感は高め。背脂は写真だと目立って見えませんが、結構な量が入っています。スープの甘味は背脂ですかね。粉末スープと一緒に入っていた乾燥状態の背脂加工品ですが、お湯を入れて戻るとプニプニとした舌触りや甘味がきちんと感じられ、再現度の高い背脂でした。さて、肝心の新要素「豚骨のコク」ですが、ラードと背脂で確かなコクはあったものの、豚骨の存在感は全くと言っていいほど目立っていません。甘味のある濃い味の背脂ちゃっちゃ系こってり醤油スープとしては分かり易い仕上がりだったのですが、豚骨のコクが新しいとハッキリ言っちゃってるので、これだとイメージと実際の仕上がりに大きなギャップがあるのではないでしょうか。本格的なスープではありませんが、背脂と遠慮の無い油脂感で特徴があり、バケツ型らしいジャンクさもプラスに作用していて、これはこれで美味しいです。でも脂のコクと骨のコクって違いますよね?

かやくは、「ダイス肉、タマゴ、ネギ」とのこと。ダイス肉は明星食品の汎用ダイスミンチだと思うんですけど、これ結構美味しいんですよね。ジャンクな肉具材ですが、このカップ麺ならではのジャンクさは個人的に好み。今回のスープとも合っていました。タマゴも明星食品がカサ増ししたいときによく使ってくるような印象なんですけど、今回のタマゴは味付が濃いめで、「カップヌードル」に入ってるタマゴと酷似していて美味しかったです。ただ、京都と結びつくような要素は皆無に等しかったですね。このダイス肉とタマゴの組み合わせは幾度となく見てきましたし、スープにガーリックの要素があると登場するニラが入ったらいつものメンバーw ネギは粉末スープと一緒に入っていて、具材として存在感のあるタイプではありませんでした。京都ラーメンといえば九条ネギのイメージが強いんですけど、このカップ麺では特に凝ってるわけではなかったです。

(標準は★3です)

『京都ラーメン』を代表する2つの系統の味を合体させ」た、なんて言われると背脂醤油は兎も角、何で相方が豚骨…? という疑問符を感じますし、それを差し引いたとしても “豚骨の” コクは一体どこ…? というように、終始クエッションマークが拭えませんでした。油揚げ麺自体のクオリティは高かったものの、今回のスープとベストマッチかと問われると手放しには褒められませんし、具材も明星食品のバケツ型お決まりの構成。一応、ひとつのカップ麺としては普通に美味しかったので、総評は及第点としましたが、コンセプト的には★2かもしれません。私は好きなタイプの味だったので、麺も大盛ですし、味だけで言えば★4〜5でも差し支えないと思ったんですけどね。どうしてもコンセプトを考慮すると仕上がりのギャップが激しかったので、そこが不満要素となってしまいましたが、こってり濃い味の背脂系醤油ラーメンが好きな人は普通に楽しめると思います。少なくとも豚骨のコクや目新しい要素に期待すると肩透かしを喰らうハメになると思うので、そこだけ注意してください。繰り返しますが、こってり系の濃い味しょうゆラーメンとして単純に見ると、食べ応えのある素直に美味しい大盛バケツ型カップ麺だと思います。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:明星 大盛 新京都ラーメン
製造者:明星食品
内容量:113g (めん90g)
発売日:2015年9月14日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4902881418300

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
容器胴巻:紙
必要湯量:500㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:2袋 (粉末スープ・調味油)

~標準栄養成分表~

1食 (113g) あたり

エネルギー:546kcal
たん白質:11.6g
脂質:28.3g
炭水化物:61.1g
ナトリウム:2.9g
(めん・かやく:0.9g)
(スープ:2.0g)
ビタミンB1:0.24mg
ビタミンB2:0.29mg
カルシウム:156mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:546kcal (めん・かやく:468kca / スープ:78kcal)
食塩相当量:7.4g (めん・かやく:2.3g / スープ:5.1g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、卵粉、しょうゆ、大豆食物繊維)、スープ(ラード、食塩、背脂加工品、たん白加水分解物、ポークエキス、しょうゆ、香辛料、酵母エキス、粉末油脂、植物油脂、香味調味料)、かやく(味付豚肉、卵、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、香料、増粘多糖類、炭酸カルシウム、かんすい、カロチノイド色素、酸味料、リン酸塩(Na)、甘味料(スクラロース)、乳化剤、微粒二酸化ケイ素、酸化防止剤(ビタミンE)、膨張剤、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、ごま、鶏肉を含む)

アレルゲン情報:

引用元URL:http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M101177/201508102622/_prw_OR1fl_V7WUH9ee.pdf

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
このシリーズは食べていないのですが、
たしか前回の熊本もややビミョーだったですよね・・・。

京都系を欲張って合わしてもろくなことないってことか?
それとも明星が「新京都系」ってジャンル作るということかな?
なんかちょっと無理ある感じがしますねww

関係ないけど、天一監修の本格的なカップ麺出ないかな?(^_^;)
Re:たういパパ
バケツ型カップ麺としての出来は悪くないんですけど、
「新」とかって言われると・・・うーん、みたいな。

一応、題材のテーマに沿った特徴は感じられて、
例えば今回の京都だと「濃厚背脂醤油味」は明確。

ただ、「豚骨のコク」と言われると
その要素は明らかに物足りないんですよね。

豚骨らしい乳化感があったら分かりやすかったのですが、
これだと普通に美味しい “京都系背脂醤油味” だと思います。

“濃厚背脂醤油味 × ベジボタ系鶏白湯” とかだったら
“ますたに × 天下一品” っぽくて良かったんですけどね。

その両者が調和するかどうかは別としてw

今後もベースにはご当地ラーメンのイメージを踏襲しつつ、
でも「新」は打ち出せていない無難に美味しいカップ麺になるのか、
それとも次回作で無難なイメージを覆してくれるのか、第3弾に注目です。

自分の予想では前者ですけど…(苦笑)

> 関係ないけど、天一監修の本格的なカップ麺出ないかな?(^_^;)
出ませんよねー。やっぱりカップ麺化の敷居が高いのでしょうか…
何度も店に交渉はしているけど、未だに許可がおりないんだよ…みたいな。
ますたに meets 第一旭?
takaさん、こんばんは!

これは結局買わなかったカップ麺なのですが、
ちょっと不思議だなぁと思って調べてみたところ、
おそらくは「ますたに」系の背脂醤油と、
「第一旭」系の豚骨清湯のミックスなのでしょうね!

>それぞれのジャンルの代表店を挙げていくと
>「鶏コッテリ」が「天天有」、
>「背脂醤油」が「ますたに」、
>「豚アッサリ醤油」が「第一旭」というところでしょうか。
http://kyotocf.com/ramenuntiku/theory_of_kyotora-men/ より)

「ますたに」はスープは基本鶏で取りますが、
こちらの原材料は鶏は完全に外してますしね!

商品説明の「豚骨のコク」が誤解を招きやすいというか、
普通は豚骨と書かれると豚骨白湯を連想するので、
今回みたいな「豚骨清湯+背脂」とはズレるのですよね;

でもって、「第一旭」的な路線は他の2つよりは全国的な知名度が低めなので、
なおさら伝わりにくくなってるのでしょうね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

「第一旭(たかばし)」・・・なるほど!
「天下一品」に気を取られていて盲点でした…

たしかに「第一旭」ミックスと思えば納得です!
ただ、それでもインパクト不足感は否めませんが(苦笑)

> 商品説明の「豚骨のコク」が誤解を招きやすいというか、
そうそう、この表記が誤解を招いてるんですよね…
完全に白濁した豚骨スープをイメージしてしまいましたから。
多分、一般的にもイメージされるのは白湯状の豚骨スープでしょう。

それにしても「第一旭」が思い浮かばなかったことが悔しいですw
ここをビシッ、と記事の中でキメてたらカッコよかったのに…w

もうちょっと次回作では注意深く探りたいと思います!

管理者のみに表示

トラックバック