エースコック「鹿児島ラーメン 豚とろ 中里優士監修 豚骨醤油ラーメン」



リニューアルした「ザ・モルツ」を飲んでみたんですけど、なかなかイイですね。程よいキレが心地よくて、思ってたよりも飲み応えがあって美味しかったです。ただ、あのCMを見ていると、もうアサヒに宣戦布告しているとしか…w

さて、本日の一杯は、エースコックの「鹿児島ラーメン 豚とろ 中里優士監修 豚骨醤油ラーメン」です。たしか9月上旬にローソン限定で発売されていた製品なんですけど、大々的なリリースは行われず、ネット上でも製品情報が見当たりませんでした。「カツオの旨みを活かす中里氏オリジナルの一杯」とのことなので、ジャンルとしては魚介豚骨醤油に当たるのでしょうか。





は、スナック的でオーソドックスなタイプの油揚げ麺で、軽く波のある中麺です。歯切れの良い軽めの食感で、表面は滑らか。食べ応えのある豪快な麺ではありませんが、スープとのバランスは丁度良いと思えました。再現カップ麺にしては、いかにも中庸的ではあったものの、ひとつの製品として見ると、選択としては大きく取り外していないでしょう。ただ、油揚げ麺特有の風味はそれなりにあって、時間経過と共にスープに影響するほどではなかったものの、エースコックのタテ型製品で感じる特有の鼻に付くようなニオイが自分は少し気になったので、敏感な人は油揚げ麺臭を追わないほうがいいと思います。

スープは、比較的ライトな豚骨味だったのですが、動物系のコクと後口に残る骨っぽい風味には豚骨らしさを感じました。豚骨醤油と銘打ってますが、醤油の主張は目立っておらず、比率は豚骨が優勢。そして様々な出汁の要素が含まれていて、鹿児島ラーメンらしさを演出しているようでした。中でも面白かったのは魚介の効かせ方で、節や煮干を砕いた魚粉でシャープでキレのあるインパクトを与えるのではなく、鰹の旨味と芳ばしさをストレートに加えたような仕上がりだったんですよね。派手なスープではないんですけど、一般的に想像される魚介豚骨とは一線を画していて、そこはハッキリと印象に残りました。鶏・豚エキスを軸に豚脂で厚みを持たせ、鰹から抽出したと思われる香味油の芳ばしさと風味豊かな鰹の旨味をストレートに注入し、ホタテや昆布で旨味をサポート。枕崎産の鰹節を使用している、というのもこだわりのようです。個人的には豚骨の荒々しさが欲しかったところですが、実際のお店の豚骨感もヘビーではないようですし、鹿児島の豚骨は福岡や熊本とは少し違っていて、野菜や昆布、煮干などの魚介から取った出汁を用いているお店が多いようなので、そういった意味では鹿児島ラーメンらしい仕上がりなのかな、と。兎にも角にも、今回は何とも素直で実直な鰹の旨味が印象深く、ありそうでなかったタイプの魚介豚骨ということで、きちんと記憶に残る味でした。ただ、体感的な塩分濃度は高く、自分には塩っぱかったです…

かやくは、「キクラゲ、ごま、玉ねぎ、ねぎ」ですね。実際のお店ではトロけるような豚とろチャーシューが売りのようですが、それを思わせる具材は入っていませんでした。ですが、それぞれの具材の量に不足感はなく、キクラゲはコリコリとした食感がアクセントになっていたし、同じく胡麻の芳ばしさもスープとよく合っています。一見すると豚骨ラーメンに玉ねぎという組み合わせはイレギュラーにも思えますが、特に違和感なく馴染んでいました。特に相性が良かったわけでもなかったんですけどw ひとつの薬味として素直に受け入れられるかと思います。ネギも食感と風味がきちんと感じられるネギでした。お店の特徴と思われるチャーシューに当たる肉具材が入ってなかったのは残念でしたが、タテ型カップにそれを求めるのは門違いな話だと思いますし、マイナス要素になってしまうようなハズレ系の肉そぼろを入れて誤魔化してないだけマシですかね。

(標準は★3です)

再現度のほうは分かりませんが、鰹を軸にした魚介の効かせ方にはハッキリとした個性を感じたので、★ひとつプラスしました。麺と具材は汎用感が否めなかったんですけど、スープの味はきちんと印象に残るものだと思います。私には塩気が強いカップ麺でしたが、それだけ鰹の含有量も多かったのかもしれません。それによって一般的にイメージされるであろう魚介豚骨と明確な差別化が図れていたし、そんな鰹の存在感には好感が持てました。お店の売りになっている「豚とろ」の要素は感じられなかったので、鹿児島に行く機会があったら是非、「豚とろラーメン」のチャーシューを食べてみたいです。豚トロで作ったチャーシューかぁ…ビールのアテに最高だろうなー、さぞ芋焼酎にも合うんだろうなー ←

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:鹿児島ラーメン 豚とろ 中里優士監修 豚骨醤油ラーメン
製造者:エースコック
内容量:92g (めん70g)
発売日:2015年9月8日 (火) ?
発売地区:-
希望小売価格:-
JANコード:4901071282561

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:440㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (液体スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (92g) あたり

エネルギー:382kcal
たん白質:9.3g
脂質:16.5g
炭水化物:49.1g
ナトリウム:2.9g
(めん・かやく:0.6g)
(スープ:2.3g)
ビタミンB1:0.26mg
ビタミンB2:0.26mg
カルシウム:293mg

(食塩相当量:7.4g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、砂糖、しょうゆ)、スープ(鶏・豚エキス、食塩、豚脂、しょうゆ、香辛料、カツオエキス、カツオブシエキス(枕崎産)、オニオンエキス、クリーミングパウダー、たん白加水分解物、でん粉、酵母エキス、香味油、ポークコラーゲン、砂糖、ホタテエキス、コンブエキス、全卵粉)、かやく(キクラゲ、ごま、玉ねぎ、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、酒精、香料、増粘多糖類、カラメル色素、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE、ビタミンC)、微粒二酸化ケイ素、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン・ごま

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
これは実際のお店でのメニューなのか、
カップ麺としてのオリジナルメニューなのかどちらなんでしょうね?

自分がお店で食べたのはノーマルな豚とろラーメンだったので
このスープとはまったく別物でした。

うまくとんこつと魚介を合しているな・・と感じる1杯でしたね。
Re:たういパパ
> これは実際のお店でのメニューなのか、
> カップ麺としてのオリジナルメニューなのかどちらなんでしょうね?
お店の売りは何と言っても「豚とろチャーシュー」がメインみたいですし、
スープは標準的な鹿児島系みたいなので、カップ麺オリジナルかもしれませんね。

一般的に魚介豚骨というと、魚粉でパンチをつける傾向にありますが、
このカップ麺での魚介的な要素は実直なまでに “鰹の旨味” だったので、
一般的な魚介豚骨と明確な差別化が図れていて、印象に残る味わいでした。

ただ、あまりにも宣伝されていなかったので、
金銭的に広告費がかけられないような事情があったのか、
それとも試験的な販売だったのか、そのあたりが気になったんですけどね。

リリースがないと説明文や原材料名が引用できないので、
自分のブログスタイルだと少し調子が狂ってしまいますw
No title
このカップも見たことないわぁ...

やはり新商品を見つけるべく、
コンビニをパトロールしてるんでしょうか...

鹿児島ラーメンって、定義が難しいんですよね...
意外に種類も多いし...

動物系も豚骨だけでなく、鶏とミックスの
お店も多いですよね...
Re:ハシダ・メンさん
ローソン限定のカップ麺なんですけど、
おそらくまだ販売中だと思いますよ。

一般的な魚介豚骨ではない仕上がりが印象的でした!

> やはり新商品を見つけるべく、
> コンビニをパトロールしてるんでしょうか...
はい、だいぶ頑張ってるみたいです…w(カリメロ)

> 鹿児島ラーメンって、定義が難しいんですよね...
お店によってかなりテイストが違うみたいですね!
総じて言えるのは、やはり “出汁” でしょうか。
豚骨だけでなく、鶏はもちろん野菜や昆布、
様々な出汁が含まれているようなイメージです。

でも未だ本場では食べたことがないので
いつか食べ歩いてみたいですね!(焼酎の酒造巡りもw)
No title
最近冒頭みて気づくんですが
自分の冒頭文がいかにくだらないかw

こんばんわ、お師匠さま。

これ、見たことない商品ですねー。
なんだか、見たことない商品みると
不思議に思えます。

あ、アレ、ありがとうございました^^
Re:カブトムシさん
> 最近冒頭みて気づくんですが
> 自分の冒頭文がいかにくだらないかw
いえいえ、私の冒頭だって全然・・・
基本的にボヤキになってますからね(苦笑)

> なんだか、見たことない商品みると
> 不思議に思えます。
これはリリースも製品情報もネット上にないので、
なおさら不思議ですw よくあるパターンですけどね。

> あ、アレ、ありがとうございました^^
こちらこそ!
No title
takaさん、こんばんは!(=゚ω゚)

これは今までにありそうでないタイプのスープでしたね!

魚介+豚骨醤油というふうに書いてはいますが、
醤油の主張は控えめで純粋な豚骨に近いですし、
魚介の効かせ方もいわゆる魚介豚骨とは違ってましたもんね!(●・ω・)

こういうふうに豚骨ラーメンの個性をそのまま出しつつ、
そこに魚介をプラスというのは意外に面白いですね!

食べる前の予想をいい意味で裏切ってくれました!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

今までにありそうで無かった魚介豚骨ラーメンでしたね!

「豚骨醤油」という品名ですが、ほぼベースは豚骨メインで、
しかも「カツオの旨み」というのがストレートで驚きました。

ありそうで無かったのに違和感はなく、
きちんと製品としての収まりが良かったので、
新鮮味のあるカップ麺として素直に楽しめましたよね。

ほんと、食べる前の予想をいい意味で裏切ってくれた一杯でした。

このスープを求めてお店に行くと、
実際の味わいとしては違うのかもしれませんが、
お店のラーメンも気になるような魅力があったように思います。

もしかしたら過去に期間限定メニューとして
鰹の効いた豚骨ラーメンが提供されていたのかもしれませんね!

もしくは裏メニューとか?

管理者のみに表示

トラックバック