サンヨー食品「サッポロ一番 みそラーメン味 焼そば」



本日2回目の更新で、「サッポロ一番 きのこがおいしい みそラーメンどんぶり」に続きまして、サンヨー食品の「サッポロ一番 みそラーメン味 焼そば」です。まさに満を持して、って感じですね。「塩らーめん味 焼そば」の時は軽く感動を覚えた焼そば化でしたが、今回も実直に袋麺の味わいを再現しているのでしょうか。味噌ベースの焼そばと言えば、私は「ひるぜん焼そば」を真っ先に思い浮かべますが(岡山在住経験有)一般的には変わり種ですよね。でもオリジナルの味付が既に完成系にあるので、その焼そば版というイメージには一種の安心感があります。味の想像は既に確定しているので、良くも悪くもギャップの有無が楽しみですな。いざー。





は、「ハリと粘りがあるめん」とのこと。袋麺のようにラードや醤油は練り込まれていませんが、「みそラーメンどんぶり」同様、味噌は練り込まれています。そして両者にはない粉末卵が含まれていたり、きちんと焼そば用に調整してある模様。やや小麦の粉っぽさを感じるザラついた粒子が「みそラーメンどんぶり」と共有する舌触りで、どちらかというと質感は低加水寄り。味噌ラーメンに合わせる麺といえば、重量感のある多加水麺が基本にあるイメージですが、焼そばだとポソポソとした軽めの食感でも特に違和感はないですね。ソースが馴染み深い袋麺の味わいだったので、それも大きく関係していたのでしょう。っていうか、あのサッポロ一番 みそラーメンのスープに本格的な黄色い縮れた生タイプの多加水麺を合わせる、って何か想像できないですw がっつり食べ応えのあるタイプではなかったし、ちょっとレトロな雰囲気の油揚げ麺だったんですけど、ソースとの一体感は高く、味的にもマッチしていたし、相性の良い取り合わせだと思いました。最近のカップ焼そばにしては旧世代チックな油揚げ麺でしたが、これ以外の油揚げ麺だと、ちょっと想像できないかも。と、思えるような麺でした。

ソースは、「数種類のみそをブレンドし、ガーリックやジンジャーの香味野菜をきかせた、コクのあるみそ味の焼そばソース」とのこと。若干ですが、オリジナルよりも油脂成分が多かったり、原材料から鰹エキスが消えていたりと焼そば用に調整してありますが、基本の路線は袋麺の味を忠実に再現しています。まさに、あの慣れ親しんだ味わいですね。袋麺にお世話になった人であれば、誰もが間違いなく言い当てられるでしょう。奇を衒ったような印象は微塵も感じられず、素直過ぎるまでに「サッポロ一番 みそラーメン味」でした。「あの味」この一言に尽きます。尽きちゃいますw 他に書くこと無さ過ぎて申し訳ないくらいですスイマセンw

かやくは、「シャキシャキとした食感のキャベツと、ニンジン」に、別添で「袋めん同様七味スパイス付」とのこと。キャベツとソースの相性の良さは既に実証済みですし、焼そばという題材からも雰囲気に合ってますね。人参のコリコリとした食感も、時折アクセントになっていたよかったです。そして「塩らーめん」に切り胡麻が付くように、「みそラーメン」に七味スパイスは必須のアクセント。これによってサッポロ一番 みそラーメンらしさに拍車がかかり、より一層あの味わいを思い起こさせる演出となっています。決め手、決め手。でもこれって “七味” 入ってるんですかねw いつも数えるんですけど、絶対7種類も入ってない気がする…w

(標準は★3です)

全く以て想像通りの仕上がりだったというか、まさに「みそラーメン味 焼そば」というコンセプトを忠実に表現したカップ焼そばでした。ただ、「塩らーめん味 焼そば」のときほどバシッ、とはキマってなかったかなぁ。あまりの安定性から欠点というほどの欠点は感じられなかったものの、裏を返せば無難。取って付けたとまでは言いませんが、二番煎じな印象は否めず、発想が安直だったかな、と思ってしまいました。でも昔からあるような落ち着きは好印象で、サッポロ一番 みそラーメンの味が好きなら誰もが初見でも問題なく受け入れられる仕上がりと言えるのではないでしょうか。それだけ幅広い層が安心して手に取ることができる、という矛先の広さはロングセラーブランドならではの為せる業かと。兎にも角にも、間違いのない美味しさは保障されているので、サッポロ一番 みそラーメンが好きなら買って損のないカップ麺だと思います。オリジナルの雰囲気と味わいは、実直すぎるまでにトレースされてますからね。ソースの味噌感はオリジナルと同様にシャープだったので、まろやかに卵黄とかトッピングしたら美味しそうだなー、と思いました。仮に今後アレンジ系の亜種製品が出るとするならば、何の様な捻りが加えられるのか楽しみです。フレキシブルな「塩らーめん」とは違いオリジナルの我が強いので、一筋縄ではいかないでしょうけれど、だからこそ工夫を凝らして欲しいですね。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:サッポロ一番 みそラーメン味 焼そば
製造者:サンヨー食品
内容量:113g (めん90g)
発売日:2015年9月7日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4901734025740

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:510㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:2袋 (液体ソース・七味スパイス)

~標準栄養成分表~

1食 (113g) あたり

エネルギー:494kcal
たん白質:10.0g
脂質:21.3g
炭水化物:65.6g
ナトリウム:1.8g
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:200mg

(食塩相当量:4.6g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、糖類、みそ、粉末卵)、ソース(みそ、ポークエキス、食塩、調味油脂、植物油脂、豚脂、糖類、香辛料、酵母エキス、香味食用油)、かやく(キャベツ、人参、七味唐辛子)、調味料(アミノ酸等)、酒精、カラメル色素、炭酸カルシウム、かんすい、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、増粘剤(キサンタン)、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・豚肉

引用元URL:http://www.sanyofoods.co.jp/products/more/more_product_0476.html

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
う~~ん、あの銘品のサツ1塩焼そばには遠く及ばなかったですね。
とにかく塩焼そばの完成度が高すぎ!
もう一つの銘品の塩カルビ焼そばとばとガチ勝負のサツ1塩味焼そばと
無風の味噌味の違いでしょう・・・。
なんか塩っぱかったし味噌味の焼そばは浸透しない気がしました。
なのでネタ的製品でやがて消えると判断します。
(ひつこいけど醤油味焼そば出してっw)
Re:たういパパ
「塩らーめん味 焼そば」が先に出ちゃってますし、
レギュラーにのし上がったほどの完成度だったので、
みそラーメンの汁なし化は深く印象に残るものではありませんでした。

ロングセラーブランドらしい確実な安定感はあったんですけどね!

せめて塩らーめん味と同時にリリースしていれば、
こっちは時間経過によって自然消滅させられたというか、
うやむやに出来そうだったのに…なんて思ったりw

おそらく今回限りとなるか、仮にアレンジが出たとしても
レギュラー化される兆しは残念ながら現段階では見えないですね。

でたw しょうゆ味ww たしかにそろそろイジってもらいたいです!
No title
あまり野菜を食べない私がお邪魔しますよ~♪
私はトマトときゅうりが好きです。
でも、きゅうりの栄養のなさときたら(;・∀・)

これも気になっていた一品です。
やはり、サッポロシリーズはラーメンでも
焼きそばでも塩が一番ということですね( *´艸`)
Re:くま子さん
野菜は大事ですよー。

キュウリには「アスコルビナーゼ」という成分が含まれているんですけど、
調理(すりおろしたり切ったり)した際に空気に触れることで成分が活性化し、
トマトなどの夏野菜が持つビタミンCを酸化させてしまう恐れがあるので、
夏野菜の多い旬の時期には食べ合わせに気を使いたいですね。

ちなみに「アスコルビナーゼ」は加熱,酢酸,発酵など、
軽く手を加えてやれば活性を失わせることができるようなので、
香の物や酢の物にしちゃえばビタミンCの酸化が防げますよー。

栄養の無さは否めませんがw 体温調節にはもってこいです!
壊れた組織を空気に触れさせなければ活性化も抑えられるので、
キンキンに冷やして丸かじりも解決策のひとつですね(親指ビシイッ)

> やはり、サッポロシリーズはラーメンでも
> 焼きそばでも塩が一番ということですね( *´艸`)
私も塩らーめんファンですし、そういった意見を多く耳にしますが、
実は袋麺の売り上げ数はダントツで「みそラーメン」がトップなんですよ。

ちなみに2014年9~11月の袋麺ランキングでは、
ノンフライ麺を含む各メーカーすべての袋麺の中で
「サッポロ一番 みそラーメン」が1位だったそうです。

ちなみに2位は「マルちゃん正麺」の醤油味で、
「サッポロ一番 塩らーめん」は3位だったようですね。

うーん、サンヨー食品おそるべし。
そこに颯爽と切り込んできた東洋水産もですが!
No title
takaさん、こんばんは!

「みそラーメン味の焼そば」としてはまさにその通りで、
あの味を焼そばとしてきっちり楽しめましたが、
ここに何か一枚焼そばとしての強みを見せるものが
欲しかったと思わせるところもありましたね!(●・ω・)

塩らーめんのほうはそこが上手くハマってたので、
続編が出るなら何かそこに工夫を入れて欲しいですね!

>袋麺のシェア
ほう、正麺が登場してからもまだまだサッポロ一番は強いのですね!

自分も特にみそと塩は時折食べたくなりますし!
どちらも安心して食べられる存在ですからね!

このランキングを見ると醤油味よりも
みそや塩のアレンジ版がよく出る理由がわかりますね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんにちは!

「みそラーメン味 焼そば」として
実直なまでにストレートな仕上がりでしたが、
ドンピシャかと言われると少し微妙でしたよね(苦笑)

間違いのない美味しさは感じられたものの、
どこか消化不良感のようなものが否めませんでした。

「塩らーめん味 焼そば」の完成度が高すぎたので、
必然的な期待値の上昇も評価が伸び悩んだ原因だと思います。

> >袋麺のシェア
自分もアンケート結果(?)を見て少し驚きました。

実は「塩らーめん」よりも「みそラーメン」のほうが
売り上げがいいということは以前から耳にしていましたが、
袋麺でも主流になってきたノンフライ麺の製品も含めた上で、
しかも「マルちゃん 正麺」を抜いて堂々の1位でしたからね。

> このランキングを見ると醤油味よりも
> みそや塩のアレンジ版がよく出る理由がわかりますね!
確かに(苦笑)カップ麺で醤油版のアレンジが出ない
理由のひとつかもしれません。それなりの潜在能力はあると思うのですが…

管理者のみに表示

トラックバック