プライムワン「来来亭 塩ラーメン ビッグ」



随分と気温も下がり、紅葉も始まって、すっかり秋らしくなりましたね。あっと言う間に冬が来てしまうと思うので、今のうちに秋っぽいことをしたいんですけど、皆さんは秋と言えば何を思い浮かべられるのでしょうか。食欲の秋? 芸術の秋? スポーツの秋?「今年の秋は “○○の秋” にしよう!」と、毎年のように意気込んでいるのですが、けっきょく決まる前に気が付いたら雪が降ってます…w

さて、本日の一杯は、プライムワンの「来来亭 塩ラーメン ビッグ」、製造はエースコックです。プライムワンブラントなので、サークルKサンクスやアピタ・ピアゴを始めとするUGHD.系列店舗で発売されていると思います。エースコックが手掛ける来来亭の再現カップ麺も定番化しましたが、塩ラーメンは今回が初めてなんじゃないですかね。実際の店舗では期間限定? 数量限定? 軽く調べてみたら、そのような記事を書いてる方がチラホラと(深くは調べなかったw)もちろん自分は未食なので、再現度のほうは分かりませんが、きちんと印象に残る味だといいな。


今回はダブルで例の如く “粉まみれ” でござい…w



は、ポソポソとした加水率の低い麺を想像していたのですが、食べ始めはモチモチとした粘り気のある麺でした。角刃で切られた麺ですが、同社のカドメンほどエッジが立っていないので、主張はそれほど激しくありません。それでいて安っぽい印象は与えないような油揚げ麺だったので、このクオリティが基準、そう思えるレベルに達しているということでしょう。強めの下味がスープとの一体感を高めていて、油揚げ麺臭は控えめ。後半には歯切れの良さが目立ってくるんですけど、同時にスープ馴染みが増しているような印象を受け、前半も後半もスープとの相性が良かったので、食感の変化が素直に楽しめました。取り立てて個性的な麺ではなかったものの、安定感のある油揚げ麺だと思います。ただ、ちょっと鼻に付くような油揚げ麺臭とは違うケミカルな風味を感じたんですよね。この風味、エースコックの油揚げ麺でたまに感じるんですよ。何か別のニオイに例えられるといいんですけど、どうも例えようが無い風味なので、私の拙い文章力では分かり易く伝えることが出来ないのが悔しいのですが…。そこまで大きくマイナスになるほどキツい風味ではないので、もしかしたら私の舌のコンディションの問題かもしれないんですけどね。というわけで、話半分に聞き流してください(なら書くなってかw)

スープは、「チキンエキスをベースに魚介の旨みを合わせ、さらにゆず果汁のさわやかな香りでさっぱりとした塩味スープ」とのこと。原材料を見ると “鶏・豚エキス” を筆頭に、次いで “鶏油” という動物系がメインの構成なんですけど、鶏油の香りはパンチのあるタイプではなかったし、油脂感が特別多いわけでもなく、そこまでこってりしてるわけではありませんでした。それなりの太さはありますが、魚介の旨味は下支えに過ぎず、柚子の香りもほんのりと。そんな派手さのないスープだったんですけど、フリカケの台紙として見るとクセの無さが功を奏しているようにも思えました。ただ、後半にかけてフリカケの焦がし玉ねぎが激しく幅を利かせてくるので、もうちょっと柚子の香りが強いと良かったです。前半と中盤までの変化が徐々に美味しくて、ちょっと後半は単調でした。ちょっと食塩の使い方がワザとらしいと私は感じてしまったのですが、これに関してはエースコックの特徴のひとつということで、最近は受け入れるようにしています(どうでもいいってかw)

かやくは、「焼豚、焦がし玉ねぎ、メンマ、ねぎ、柚子」とのこと。焼豚は所々の丸みを見ても分かるように、バケツ型の大盛カップ麺に入っているような丸型ペラペラチャーシューをチップ状にカットしたような雰囲気ですね。なんかこう、頑張って組み立てたら丸型に戻せそうだなコレ…って食べながら考えてましたw 情緒が感じられず、可も無く不可も無しな肉具材ですが、しっかりめの味付でカップ麺らしいというか、これはこれで美味しかったんですけどね。反面、メンマは相変わらず秀逸。お湯を注ぐ前にフタを開けた段階から香りが漂ってくるほどで、発酵感しっかりめなのが好印象。サイズもそこそこの大きさですし、タテ型カップに入るメンマとしては完成度の高い具材だと思います。ネギは色鮮やかな見た目がスープを飾り、カットの幅にも厚みがありました。さて、今回のカップ麺で主役と言っても過言ではないのがフリカケの焦がし玉ねぎで、フライド系の具材が醸し出す特有の芳ばしさと仄かな苦味が塩スープに映えていて、非常に効果的なアクセントに。ただ、量の多さと主張の強さが相俟って、後半は少し幅を利かせ過ぎているようにも思いました。タテ型という口径の狭さも要因のひとつだと思うので、数回に分けてかけると解決かもしれません。柚子は口の中に入ると存在感を花開かせ、ほのかで奥床しかった柚子の主張を要所で際立たせていたのが良かったです。できれば焦がし玉ねぎの対抗馬として張れるように、量が多いと嬉しかったんですけどね。

(標準は★3です)

麺やスープに目立った個性は無かったものの、フリカケの存在感が印象に残る一杯で、焦がしのパワーを感じることができると思います。その幅の利かせ方には迫力があり、いきなり全投入してしまうと主張が強すぎると私は感じてしまったので、そこで点数が伸び悩んでしまったのですが、良い意味で分かり易い手法でもありますね。焦がし玉ねぎの主張が馴染み過ぎてしまって、後半は単調に思えてしまったので、まずはフリカケなしでオーソドックスな塩スープを楽しみ、それから2,3回に分けてフリカケをかけながら食べるのがバランス的にもいいでしょう。とにかく焦がし玉ねぎの主張には特筆すべきものがあったので、焦がし系の薬味が好きな人は素直に楽しめると思います。実際の来来亭で提供されている塩ラーメンも焦がし玉ねぎの芳ばしさや、軽めに香る柚子が特徴なのでしょうか。機会があったら食べてみたいです。近く(注意:田舎感覚w)に店舗はあるんですけど、ついつい大型チェーン店は後回しにしちゃうんですよね…(苦笑)

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:来来亭 塩ラーメン ビッグ
製造者:エースコック
内容量:89g (めん70g)
発売日:2015年8月25日 (火)
発売地区:全国 (沖縄除くUGHD.系列店舗)
希望小売価格:185円 (税別)
JANコード:4901071282592

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:440㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:2袋 (液体スープ・ふりかけ)

~標準栄養成分表~

1食 (89g) あたり

エネルギー:388kcal
たん白質:8.3g
脂質:16.4g
炭水化物:51.7g
ナトリウム:2.5g
(めん・かやく:0.7g)
(スープ:1.8g)
ビタミンB1:0.30mg
ビタミンB2:0.32mg
カルシウム:187mg

(食塩相当量:6.4g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、砂糖、しょうゆ)、スープ(鶏・豚エキス、鶏油、食塩、植物油脂、魚介エキス、ゆず果汁、香辛料、野菜エキス、でん粉、全卵粉)、かやく(焼豚、焦がし玉ねぎ、メンマ、ねぎ、柚子)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、酒精、かんすい、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、微粒二酸化ケイ素、香辛料抽出物、カラメル色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分、さば、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・さば・大豆・鶏肉・豚肉・ごま

引用元URL:http://www.circleksunkus.jp/product/detail/index.html?dataId=3080

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
柚子風味にもうひと頑張りしてほしかったですね・・。
味自体がかなりしっかりだったのでそれを柚子で和らげてほしかったです。
塩ラーにしては味付けが濃かったのでやや途中で飽きましたが、
まぁ、それなりに美味しかったですね。
でも来来亭行っても自分は決してこのメニューはオーダーしないでしょうww
Re:たういパパ
ですよねー。もうちょっと柚子にパワーが欲しかったです。
それに焦がし玉ねぎのインパクトがここまでとは思いませんでしたw

> でも来来亭行っても自分は決してこのメニューはオーダーしないでしょうww
おそらく自分もw カップ麺を食べて「実際のラーメンも!」
とは思えなかったので(苦笑)どんぶり型だと印象も違ったのかなー。
No title
えっ?えっ?

いやいやいや・・・(滝汗)

お師匠さまの写真につられて
焼そばなんて食べてないですよ(大嘘)
Re:カブトムシさん
うむ、弟子よ・・・。

食べたな弟子よwww
No title
これって店ラーメンのカップ化ってことだから、
「来来亭」は塩ラーメンも出してるんですね...
長らく行ってないので、知らなかったですわ...

ここのラーメンは、炒飯とかのセット物で
旨さが発揮されるのではないかと...
Re:ハシダ・メンさん
> これって店ラーメンのカップ化ってことだから、
> 「来来亭」は塩ラーメンも出してるんですね...
> 長らく行ってないので、知らなかったですわ...
自分も長らく「来来亭」には足を運んでいませんし、
塩ラーメンがメニューにあったかどうかすら記憶にありません(笑)

> ここのラーメンは、炒飯とかのセット物で
> 旨さが発揮されるのではないかと...
たしかにセットの印象わかります!
あと客の好みに合わせてくれるというシステムですよね。
「アナタ次第!」って、ちょっと無責任な気もしますけどw

とりあえずカップ麺は微妙でした;;

管理者のみに表示

トラックバック