日清食品「えびそば一幻 えびしお」



「ザ・プレミアム・モルツ〈芳醇エール〉」を飲みました。ええ、またビールネタですw これは発売日が8月のビールなんですけど、今でも店頭でよく目にします。雰囲気的にヘビィなビールではないと思っていましたが、あまりの苦味の無さに面喰らってしまいました(苦笑)いや、もちろん香りモノとして楽しめる要素はあるんですけどね。ただ、ちょっと軽すぎるというか、自分は通常のプレモルの方が好みでした。軽やかなビールが好きな人や、ビールの香りは好きだけど苦いのは…っていう人にオススメです。でもアルコール度数は6%と少し高めなので、飲みやすいからといってグビグビいくと早く酔いがまわってしまうかも。まぁグビグビ飲むようなビールではないと思いますけどw 店頭に残ってるのも何と無く…(自重)

さて、本日の一杯は、日清食品の「えびそば一幻 えびしお」、ローソン限定発売のカップ麺です。 “日清食品 × ローソン × えびそば一幻” 第2弾の製品ですね。以前から各所でも比較されている、「行列のできる店のラーメン」シリーズから発売されていた「えびそば」ですが、今回は初版の「特濃しお豚骨」を彷彿とさせる製品なので、めちゃくちゃ食べるのを楽しみにしていたカップ麺です。このブログでは時期的に記事にはなってないんですけど、「行列のできる店のラーメン えびそば 特濃しお豚骨」に★をつけるとするなら、間違いなく★8以上は確定ですね。発売日は2013年の製品ですが、未だに深く印象に残っています。と、勝手な予想で結びつけて勝手に期待してるだけなのでw 肩透かしを喰らわないように期待値やイメージの調整をしとかないとですね。





は、「スープによく絡むノンフライストレート中細麺」とのこと。目新しさはありませんが、この慣れ親しんだ高級感には安心感がありますね。プリプリと跳ねるような弾力が特徴的なノンフライ麺で、断面は角刃で口当たりには存在感があり、麺の密度は高いのですが、粘り気よりも歯切れの良さを重視しているような印象。日清食品のハイエンド製品でよく目にするタイプのノンフライ麺だったので、クオリティには確かなものがありますね。スープとの相性も良かったと思います。ただ、これは個人的な好みの問題ですが、歯切れの良い丸刃の低加水麺でも食べてみたいなー、と思いました。

スープは、「香ばしいえびの香りと旨味を活かしたまろやかな味わい」とのこと。とにかく海老の芳ばしさが前面に押し出されたスープで、口当たりはまろやかなんですけど、どちらかと言うと風味には海老が醸し出すエッジがあります。揚げ玉が影響していない部分でも海老の主張は明瞭で、そこに揚げ玉が加わると海老の力強さは一気にブースト。ベースは豚骨なんですけど、明らかに主役は海老です。原材料を見ても “えびパウダー” や “えび醤” など、海老を確固たるものにする材料が含まれていて、その芳ばしい海老の風味は流石 “一幻” 監修といったところでしょうか。海老味噌のような濃厚さには振っておらず、あくまで甲殻類特有の芳ばしさに一点集中したような仕上がりだったのですが、これはこれで分かり易くて良かったと思います。もうちょっと豚骨の厚みが欲しかったところではありますが、ゴリゴリに海老推しだったスープには価値が見出せるのではないでしょうか。

かやくは、「大判チャーシュー、ねぎ、えび揚げ玉」とのこと。焼豚は安定の日清食品クオリティで、分厚くて存在感があり、乾燥焼豚の中では間違いなくトップクラスと言えるでしょう。風格すら感じる肉具材で、カップ麺界肉具材部門(どんな部門やねんw)の玉座に堂々と君臨しています。で、どうやらこの焼豚、大きく分けて2種類あるようですね。脂身の少ないタイプと多いタイプがあって、今回は脂身が少なく肉感を重視したタイプ。包装の色も時によって違いますし、製品によって使い分けているのでしょう。肉らしい存在感が強いのは今回の焼豚ですが、個人的には脂身の多いジューシーなタイプが好きですね。いや、ただの個体差だったらスイマセンw 揚げ玉は海老の芳ばしさが印象的で、なかなかパワフル。それから海老の風味だけでなく、生姜の風味も添加されていますね。シャープなキレのあるアクセントが的確なアクセントになり、それに負けない海老の力強さもあった為、生姜の主張も素直に楽しめると思います。ネギは粉末スープと一緒に入っている小さなものだったので、そんなに存在感はありませんでした。

(標準は★3です)

「行列のできる店のラーメン えびそば 特濃しお豚骨」の感動再来を期待すると別物だったんですけど、美味しさは確かなものでした。いや、そもそも行列シリーズと関連性があるという裏付けは何も無いので、勝手なイメージで比較しただけですけどw でも私と同じように、あの感動を期待して手に取った人は決して少なくないと思います。そういったスタンスで食べるとイメージと少し違うかもしれませんが、一幻が監修しているということで、まず再現度の方はコチラに軍配でしょうね。行列シリーズと比較してしまうと豚骨感が弱く、そこが個人的な不満となってしまったのですが、ひとつの海老推しカップ麺として見るとカップ麺としての完成度は高く、ハイエンドプライスに相応しいと仕上がりで、その満足度も基準値を超えていたと思いますし、しっかりと海老を活かしたコンセプトは間違いなく体感できると思うので、そこを高く評価しての総評です。コンビニ限定発売品の為、定価購入は止むを得えませんが、それだけの価値は十二分に見出せるでしょう。行列シリーズのイメージが強い人は、その印象に引っ張られないよう新鮮な気持ちで食べると素直に楽しめると思います。でもやっぱり行列シリーズの「えびそば 特濃しお豚骨」また再販してくれないかなー。ほんと秀逸だったんですよ!

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:えびそば一幻 えびしお
製造者:日清食品
内容量:113g (めん70g)
発売日:2015年8月25日 (火)
発売地区:全国 (LAWSON)
希望小売価格:257円 (税別)
JANコード:4902105239230

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:440㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:4袋 (粉末スープ・液体スープ・焼豚・揚げ玉)

~標準栄養成分表~

1食 (113g) あたり

エネルギー:431kcal
たん白質:13.4g
脂質:14.6g
炭水化物:61.7g
ナトリウム:2.4g
(めん・かやく:0.8g)
(スープ:1.6g)
ビタミンB1:0.31mg
ビタミンB2:0.33mg
カルシウム:211mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:431kcal (めん・かやく:323kca / スープ:108kcal)
食塩相当量:6.1g (めん・かやく:2.0g / スープ:4.1g)

原材料名:めん(小麦粉、食塩、植物油脂、大豆食物繊維、醤油、卵粉、チキンエキス)、スープ(ポークエキス、たん白加水分解物、豚脂、糖類、えびパウダー、魚介調味油、香辛料、チキンエキス、えび醤、ねぎ、食塩)、かやく(チャーシュー、揚げ玉)、加工でん粉、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、調味料(アミノ酸等)、かんすい、炭酸Ca、カラメル色素、酒精、乳化剤、酸味料、ベニコウジ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(原材料の一部に乳成分、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・えび・豚肉・鶏肉・大豆・ゼラチン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
美味しかった~、
でも美味しかっただけであの感動はなかったという感じかな・・・(^_^;)
定価購入という面からも割高なイメージでした。

やっぱり初回製品がいちばんという構図はこのシリーズでも同じでしたね・・。
行列の~の製品なくなっちゃんですね、HPで確認しました、残念!
まだスーパーとかに残ってる可能性あるかもしれませんね。
Re:たういパパ
素直に感想を言えば美味しかったです!
ただ、行列シリーズと比べると・・・みたいな(苦笑)

それで★の数ちょっと迷ったんですけど、
行列シリーズとは優劣をつけずに評価しました。

たしかに定価購入必須なので、値段は張りますが、
それだけの価値はあると自分は思ったんですよね。

例えば初見のラーメン屋に入って
800円もするラーメンを頼んだのに化調まみれで…
みたいなハズレくじ引くこと考えたらコスパもいいかとw

> 行列の~の製品なくなっちゃんですね、HPで確認しました、残念!
コメントを見て直ぐにLINE飛ばしましたけど日清食品のHPですか?
詳細が知りたくて検索かけてみたんですけど、情報が得られなくて…
No title
さすがのえびしおですね。
ところで・・・
いつの間に・・・
←の流れるコメ欄が
消えてなくなってる;;

チラッ
No title
最近コンビニでよく仕入れるんだけど、
全く見たことが無いなぁ…と思ったら、
ローソン専売品ですか…

みんなの評価も高そうだし、買ってみようかな…
Re:カブトムシさん
「行列シリーズ」のイメージがあるか無いかで
大きく評価が分かれそうなカップ麺だったんですけど、
個人的には良商品だと感じました。

もちろん、比べると劣ってしまうんですけどね(苦笑)

流れるコメントはスピードが狂っちゃって、
HTMLいじっても戻らなくなっちゃったんですよねw

あんまり需要も感じられなかったし、
もう廃止してもいいかなー、と思いまして。
Re:ハシダ・メンさん
はい、ローソン限定発売品ですね。

うちの近所(田舎感覚w)ではまだ売ってました!
それなりに値段は張りますけど、相応の価値はあるかと。

お口に合わなかったらゴメンナサイw
行列の高い壁
takaさん、こんにちは!

チャーシューに関しては自分も赤身メインだったので、
やはり商品によって使い分けてると見て良さそうですね!

逆に今回の行列の新作では脂身が多めのものでした!
自分も日清のチャーシューは脂身多めが好きですね!(●・ω・)

脂臭さではなく脂の旨さを上手く出してきますからね!

今回の「えびしお」、非常に内容はいいのですが、
行列と比べられてしまうのは不幸ではありますね!

でもあの行列の感激度が誰もが高かっただけに、
どうしてもあの高い壁が意識されてしまうのですよね!

とはいえ、こちらもがっつり海老は効いてましたし、
ナチュラルな海老感を楽しめる点では特に秀逸で、
さらに香ばしさの立ち方なども見事だったので、
総合力では非常に高いものを持っているのですけどもね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは!

> チャーシューに関しては自分も赤身メインだったので、
> やはり商品によって使い分けてると見て良さそうですね!
やっぱりそうですよね! 最初は個体差かとも思ったんですけど、
個体差にしては明らかに差があるような気がしていたので。

> 脂臭さではなく脂の旨さを上手く出してきますからね!
そうそう、そこが嫌味じゃないポイントですよね。
脂身のいいとこ取りというか、ジューシーさを素直に楽しめます。

さて、このカップ麺ですが、行列シリーズから発売されていた
例のカップ麺を食べたことのある人は、少なからずイメージを
結びつけてしまうでしょう。斯く言う自分もその一人ですが、
行列の完成度が高かった分だけ壁になってしまってるんですよね。

一応、そのマイナス面は控除して★をつけましたが、
正直なところ、やっぱり物足りなさは感じてしまいました。

こういう時は特に迷います…★の数(苦笑)

管理者のみに表示

トラックバック