サンヨー食品「サッポロ一番 幸楽苑 旨辛らーめん」



本日2回目の更新で、サンヨー食品の「サッポロ一番 幸楽苑 旨辛らーめん」です。定期的に発売されている “サンヨー食品 × 幸楽苑” のカップ麺ですが、今回は「ラーメンチェーン店『幸楽苑』の期間限定メニュー『旨辛らーめん』の味をカップ麺で再現して復活発売」とのこと。パッケージにも記載されているのですが、「旨辛らーめん」は2014年冬期に幸楽苑で販売されていたメニューだそうです。実際に食べていない為、再現度の方は分かりかねますが、このシリーズは200円以下の製品にしては麺が美味しかった記憶があるので、そこが楽しみ(救い?w)ですね。ええ、ハナからスープの “辛” には期待しませんともw





は、「お店の麺をイメージしたやや幅広の麺」で、「コシがありながら歯切れがよく、のど越しがなめらか」とのこと。どんぶり型の幸楽苑シリーズに於いて、一貫して使われている汎用の麺でしょうか。つるみのある表面は口当たりが良く、適度な粘り気と歯切れの良さを両立。小麦の風味も強めに感じられるのが好印象。やや時間経過による劣化が早めなので、旧世代感の漂う麺ではあるんですけど、価格帯を考慮すると充分だと思います。でもスープとの相性は、可も無く不可も無しかなぁ。幅広で厚みがあるので、麺の風味を楽しめるという点で見れば悪くはないんですけど、もう少し幅が細い麺の方が合うような気がしました。

スープは、「ポーク、チキンのうまみ、香味野菜の風味、魚介のうまみがきいた味わい深いしょうゆスープに、豆板醤、唐辛子の辛みがきいた特製調味だれを合わせ」たとのこと。基本は醤油ベースのスープなんですけど、和味噌の主張も強めにありますね。そして和味噌とは違う豆板醤の発酵感と、ほんのり魚介がアクセントに。魚介の要素は魚粉でパンチを加えるようなタイプではなく、ほんのり魚介出汁、って感じです。あまり抑揚や個性の無い味わいだったので、中庸的な平凡さは否めませんが、価格帯を考慮すると許容範囲内でしょうか。辛味は想像通り、大したことなかったです。まぁピリ辛かなー、くらい。豆板醤と少量の辣油で辛味を添加していて、それ以上の手は加えていない様子。ただ、食べ終わる頃には結構ピリピリしてたので、苦手な人は避けた方が無難かもしれません。ちょっとくらい大丈夫だよ、って人は美味しく食べられる辛さだと思います。食塩の含有量が多かったのか、自分は少し塩分が気になるスープでした。

かやくは、「チンゲン菜、肉そぼろ、きりごま、ねぎ」とのこと。青梗菜、素晴らしいです。糖度が高めで青梗菜特有の香りと若干の苦味を感じる風味がリアリティを表現し、葉は大きめで軸には厚みがあったので、確立した存在感を放っていました。これは是非、今後も汎用してもらいたいです。特に担担麺系の製品には、積極的に使用して欲しいと思いました。肉そぼろは少しザラついた舌触りが気になったんですけど、ある程度の水準には達していると思います。量は少なかったんですけど、価格帯が価格帯ですし、濃いめの味付で埋没はしていなかったので、それなりの肉具材といったところでしょうか。切り胡麻のアクセントには期待を寄せていたのですが、そこまで芳ばしさは目立ってなかったです。

(標準は★3です)

麺は価格帯の割に頑張っていますが、平凡なスープにソツのない具材ということで、 “特調が無いのが特徴” みたいなカップ麺でした。あ、でも青梗菜は美味しかったです。それが最も印象に残りましたw 目立ったサプライズこそなかったものの、 全く以て予想通りだったので、価格帯を考慮するとギリギリ及第点ですかね。100円前後で捕獲可能だと思うので、クオリティも相応といったところでしょう。もうちょっとスープに動物系のコクや厚みなんかが欲しかったのですが、実際のラーメンのスープもサラッ、としたシャバシャバ系のスープだったのかなー、なんて思ったり。そもそもこのシリーズの再現度が分からないw 個人的に再食は無いと思ったカップ麺でしたが、価格帯を考慮すると良くも悪くも無難(★3)という意味で。もしも定価購入を強いられていたら(販売ルートがコンビニ限定など)★2ですねw

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:サッポロ一番 幸楽苑 旨辛らーめん
製造者:サンヨー食品
内容量:82g (めん60g)
発売日:2015年8月24日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:180円 (税別)
JANコード:4901734025467

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:370㎖
調理時間:熱湯4分
小袋構成:3袋 (特製スープ・特製調味だれ・かやく)

~標準栄養成分表~

1食 (82g) あたり

エネルギー:285kcal
たん白質:7.7g
脂質:4.6g
炭水化物:53.1g
ナトリウム:2.0g
(めん・かやく:0.5g)
(スープ:1.5g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:285kcal (めん・かやく:231kca / スープ:54kcal)
食塩相当量:5.1g (めん・かやく:1.3g / スープ:3.8g)

原材料名:めん(小麦粉、でん粉、食塩、植物油脂)、スープ(ポークエキス、糖類、食塩、しょうゆ、みそ、豆板醤、植物油脂、豚脂、粉末酒、香辛料、たん白加水分解物、チキンエキス、魚介エキス(魚介類)、酵母エキス、かつおパウダー)、かやく(チンゲン菜、鶏・豚味付肉そぼろ、ごま、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、酒精、増粘多糖類、乳化剤、かんすい、カラメル色素、炭酸カルシウム、パプリカ色素、香料、クチナシ色素、甘味料(カンゾウ)、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、香辛料抽出物、ビタミンB1、(原材料の一部にえび、卵、乳成分、さば、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:えび・小麦・卵・乳成分・ごま・さば・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン

引用元URL:http://www.sanyofoods.co.jp/products/more/more_product_0474.html

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
特徴がないところがしっかり幸楽苑を再現してるのかな?

なんか自分は以前のマ●イ、タテ型カップで
ちょっと幸楽苑はトラウマ気味ww
Re:たういパパ
> 特徴がないところがしっかり幸楽苑を再現してるのかな?
はい(笑)そんな印象が無きにしも非ずでw

タテ型は評判悪かったですよねぇ…

タテ型は食指が動かず食べなかったんですけど、
おそらく再販されても手は出さないと思います(苦笑)
No title
最近幸楽苑が多いんですが
実際食べたのと、カップ麺・・・
まあ皆までいいませんが
さいげん(ry


チラッ
Re:カブトムシさん
うむ、弟子よ・・・。

みなまで言わずとも…!(涙目でハグ)

管理者のみに表示

トラックバック