日清食品「チキンラーメンビッグカップ かに玉風」



毎週日曜日は休肝日なんですけど、ノンアルコールビールとかを代わりに数本飲んでたんですよね。で、冷静に考えたら肝臓はアルコールの分解以外にも働いている臓器なので、厳密には休んでいるわけではないのですが、休肝日って “肝臓を休める日” なわけで、アルコール休んで人工甘味料まみれのノンアルコールビールを飲んでちゃ意味がないのではないか、と。ちょっとストイック過ぎますかねw 気分の問題かもしれないんですけど、純粋なビールを飲んだ翌日、人工甘味料の入った発泡酒を飲んだ翌日、人工甘味料が入ってるノンアルコール飲料を飲んだ翌日だと、同じ量でも純粋なビールを飲んだ時のほうが、ノンアルコール飲料や発泡酒を飲んだ日よりも翌日が快調なんですよ。飲まないと眠れないのは相変わらずなので、睡眠不足が次の日に響いているだけなのかもしれませんがww

さて、本日の一杯は、日清食品の「チキンラーメンビッグカップ かに玉風」です。8月25日がチキンラーメンの誕生日だったので、その周辺の新商品はチキンラーメンの変わり種リリースが意欲的だったんですよね。「かに香味油」という小袋が貼り付いてるので、効果のほどが気になります。芳ばしい鶏ガラ醤油ベースのチキンラーメンと中華料理のカニ玉ということで、相性は良さそうですね。





は、「しょうゆベースのチキンスープで味付けした、香ばしい『チキンラーメン』の麺」とのこと。製品説明通り、いつものチキンラーメンの麺だと思います。少しトロミのついたスープとの相性もいいですね。ただ、スープの関係か芳ばしさは普段よりも控えめに感じました。吸水性に優れた麺なので(必要以上にw)早めにフタを開けてしまっても問題ないでしょう。っていうか今回はトロミが出るまで結構しっかり混ぜないといけないので、1分30秒でフタを開けて混ぜ始める、くらいの気構えでいいと思います。自分は少し伸びてふやけたチキンラーメンの麺も結構好きだったりするので、かまわずマイペースに食べましたw

スープは、「国産チキンを100%使用した、ローストしょうゆの味わいの元祖鶏ガラスープにとろみをつけて仕上げたあんかけ風スープ」に、別添で「風味豊かなかに香味油」とのこと。あんかけ風スープなのにトロミ成分の入った粉末スープはついてないんだなー、と思ったら先に入れてありました。で、お湯を入れる前に匂いを嗅いでみたんですけど、めっちゃカニ玉w 出来上がったときのトロミの粘度は餡掛け風ってほど強くはなくて、ごく自然な感じのトロミでした。かなり徹底的に混ぜたんですけどね。麺とスープの一体感が高まっていて効果的だったのですが、カニ玉風ならもうちょっと強くてもよかったかな。味のベースにはいつものチキンラーメンがあるんですけど、麺の項目でも触れたように少し芳ばしさは控えめに感じました。別添の “かに香味油” は甲殻類特有の芳ばしさとギュッ、と詰まったような旨味を感じる調味油で、カニ玉らしさを確実に後押ししてくれています。香味油を入れる前にも味見してみたら、フタを開けた時に感じたように先入れの粉末スープにカニの風味があって、決して押しの強い味ではありませんでしたが、じわじわくる旨味がありました。前半は香味油によるカニの芳ばしさが印象的だったんですけど、後半は甘味が強めに効いてくるので、気になる人は気になるかも。この甘味もカニ玉らしくていいなー、と自分は思えたんですけどね。隠し味にオイスターソースを強めに効かせたら本格感が出て良かったかな、と思いました。

かやくは、「かに風味かまぼこ、かきたま、シイタケ、キクラゲ、ネギ」とのこと。かに風味かまぼこは、「シーフードヌードル」に入ってるやつと同じだと思います。それっぽい雰囲気を醸し出すには充分な具材ですね。それに今回は香味油がついてるので、絡めて食べたら普段以上にカニっぽかったですw かきたまとチキンラーメンの相性はバッチリで、カニ玉風を演出するに当たっても必須の具材。玉子の香りがカニ玉らしさを固めていました。キクラゲは大振りで存在感大。中華料理っぽさを強めてくれていたし、主役級の具材だったと思います。効果的。ネギは飾りですね。で、問題は “シイタケ” ですよ。かなり注意深く探したのですが、カケラの一片すら見つけることができませんでした。っていうか原材料にも見当たらないんですけど…ちょっとホントに入ってるの?w

(標準は★3です)

じんわりとしたカニの旨味と餡掛け風の適度なトロミ、具材のタマゴの風味と香りが重なることによって、なるほどカニ玉風ね、みたいな。派手さのないカップ麺でしたが、きちんとコンセプトは体現できていたと思います。後口に残る風味と甘味がカニ玉っぽかった。ただ、もうちょっとココが強かったらなー、もう一捻りあったらなー、という物足りなさをチラホラと感じてしまったので、こんな感じですかね。でも結果としては、お粗末な製品ではなかったですよ。良い意味で普通に美味しい一杯でした。そして今回のカップ麺に於ける最大の疑問符は、製品説明にあって原材料には無かった “シイタケ” の存在w 特別それっぽい風味も無かったし、具材と呼べるサイズの物も見当たらなかったし、うーん…このまま迷宮入りか(苦笑)「シイタケちゃんと入ってたよ!」って人いたらコメントくださいw

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:チキンラーメンビッグカップ かに玉風
製造者:日清食品
内容量:95g (めん85g)
発売日:2015年8月17日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4902105233016

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:410㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (かに香味油)

~標準栄養成分表~

1食 (95g) あたり

エネルギー:432kcal
たん白質:10.6g
脂質:16.9g
炭水化物:59.5g
ナトリウム:2.3g
(めん・かやく:1.2g)
(スープ:1.1g)
ビタミンB1:0.23mg
ビタミンB2:0.34mg
カルシウム:143mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:432kcal (めん・かやく:387kca / スープ:45kcal)
食塩相当量:5.8g (めん・かやく:3.0g / スープ:2.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、醤油、食塩、チキンエキス、糖類、たん白加水分解物、香辛料、香味調味料、オニオンパウダー)、スープ(植物油脂、糖類、でん粉、醤油、豚脂、魚介エキス、香味油、デキストリン、香辛料)、かやく(卵、魚肉練り製品、キクラゲ、ねぎ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、カラメル色素、炭酸Ca、かんすい、酸味料、香料、ベニコウジ色素、酸化防止剤(ビタミンE)、甘味料(スクラロース)、ビタミンB2、ビタミンB1、カロチノイド色素、(原材料の一部に乳成分、えび、かに、やまいも、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・えび・かに・豚肉・鶏肉・大豆・やまいも・ごま

引用元URL:https://www.nissin.com/jp/news/4449

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

これ!美味しかった!
チキンラーメンの味もシッカリあって、カニ玉を思い出す醤油感!

激しくお米と食べたくなった一品でした!(≧∀≦)ノ

ただ、確かに甘味はギリギリだったかな?(笑)
Re:JoJo氏
やはり何気に食べてますねw

最近のチキンラーメンの変り種は
なかなか頑張っていると思います!

このカップ麺の甘味は人を選ぶでしょうね(苦笑)

もう忘れちゃったかもしれないですけど…
シイタケ入ってました?w
えと・・・
入ってなかった!

と思うの・・・

一!二!三!四!エスファイト!

こんにちは!私が、

シイ(ちい)・タケオです!←休日の為昼間から酔っ払い全開なの!
Re:JoJo氏
相変わらずのクオリティ!w

ですよねー、入ってませんでしたよねシイタケ。
単純にメーカーの説明文ミスかな・・・
No title
チキラーはあきましたw

でもたまに食べたくなって
袋めんを購入。
どんぶりにイン。
お湯イン。時間通りにあけて
一口食べて後悔する。

なぜでしょうか?www
No title
昨日はLINEで長々とすみませんでした。
よっぱらげだったので許してねww
でも、おもしろい企画と思うのでマジ考えといてね!

この製品は具はけっこう頑張ってはりました。
どうせならカニ玉ということでもっと卵が一体化していれば
よかったんですが・・・。
とろみは弱すぎた気がします。
やっぱり別封の小袋があったほうがよかったかもしれません。

シイタケは?・・過去のことで記憶にございませんww
でも法定表記に記載されていないのなら絶対に入っていないはずです、
違法になりますから。
Re:カブトムシさん
> なぜでしょうか?www
うむ、弟子よ・・・。

理由はひとつ、「チキンラーメンだから」
この言葉に全てが集約されておるのだ(違)
Re:たういパパ
何を仰いますか! 嬉しかったですよー。
って言うか謝ることちゃうし全然ww
落ち着いたら計画を立てましょう!
まぁ題材さえ決まればトントン拍子だと思いますが(笑)

たしかにもっと玉子が一体化していれば
よりカニ玉らしさも強まりそうですね!

そしてトロミですが、自分も粘度が低いと感じました。

> でも法定表記に記載されていないのなら絶対に入っていないはずです、
> 違法になりますから。
でも原材料には書かれていないんですよね・・・うーん。
No title
これ...ストックしてますわ...
なかなか好感触じゃないですか...

このシリーズで、2年前ぐらいだったかな...
「夏カレー トマト風味」っていうのが
あったんですが...

あれは美味しかったなぁ...
またやってほしい...
Re:ハシダ・メンさん
★の数は3ですけど美味しかったですよ!
もう一捻りあったら化けそうな感じでした。

セルフでオイスターソースや
チューブの生姜を入れたら美味しいかもしれません!

> このシリーズで、2年前ぐらいだったかな...
> 「夏カレー トマト風味」っていうのが
> あったんですが...
「チキンラーメンビッグカップ 夏カレートマト風味」ですかね。
たしか2013年はトマトカレー系が多かったような気がします!

2年ほど前の話なのに、うろ覚えですが・・・w
しいたけ氏いたっけ?
takaさん、こんにちは!

これは食べ始めと後半で味の印象が変わってくるのが面白かったですね!

前半はかに香味油の効果もあってかかにの風味が強く、
後半はとろみがやや強まってくるとともに甘さが前に出て、
かに玉の餡っぽさが強く出てくる感じでしたね!

たしかに後半に何かあと一つ工夫が入っていればと思う面もありましたね!

>しいたけ
しいたけに関しては全く記憶にないですね;
自分の記事の中ではしいたけには全く触れてないですし、
食べていてもしいたけの存在は全く感じ取ってないです;

入れる予定だったけど外してしまったのですかね(;゚ω゚)

>たしか2013年はトマトカレー系が多かったような気がします!

そうそう、チキンラーメンだけでなく、
カップヌードルでも「イタリアンカレー」がありましたね!

カップヌードル版がカレー度がずいぶんと弱く、
トマトカレーとしてはチキンラーメンのほうが満足度が高かったのをおぼえています!

チキンラーメンってカレーともよく合いますもんね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは! キャッチーなタイトルナイスですw

> これは食べ始めと後半で味の印象が変わってくるのが面白かったですね!
どんな食べ物でも食べ始めと後半は印象が変わるものですが、
このカップ麺ではそれが顕著だったような気がします。

個人的には甘味も含めて素直に楽しめる変化でした!
もう一捻りあったら化けたと思うので、少し評価は厳しめにしてます。

そして “しいたけ” ですが、単純なミスだったようですね(苦笑)

> そうそう、チキンラーメンだけでなく、
> カップヌードルでも「イタリアンカレー」がありましたね!
そのカップヌードル…食べ損なったんですよ(泣)

チキンラーメンとカレーの相性は抜群なので、
来年の夏はカレー味も攻めて欲しいですね。

それなら変り種としてのインパクトも
比較的容易に打ち出せると思いますし!

管理者のみに表示

トラックバック