サンヨー食品「サッポロ一番 辛雷門 辛烈担担麺」



最近、「怪味ソース」という中国発祥のソースを作るのにハマってます。もちろん私が作るソースなので、 “咸”(塩気)は最小限に抑えられていて、 “辣”(辛味)と “麻”(痺れ)はビッシバシ効いてるわけなんですけどw 一般的に唐揚げ用のソースというイメージが強い調味料ですが、ピザやブリトー、冷奴や冷しゃぶ、タルタルソースの代わりにもなったり、オニギリの変わり種など、いろいろな用途に幅広く使えるんですよね。隠し味に少量のマヨネーズを入れると簡単にコクが出せるので、イイ感じになりますよ。入れすぎるとアレですけど、マヨネーズって何かと活躍してくれますよねー。他にも食べるラー油とミックスしてみたり、刻んだピクルスを入れて洋風チックに…あれ、そもそも何の為にソース作ってるんだっけw

さて、本日の一杯は、サンヨー食品の「サッポロ一番 辛雷門 辛烈担担麺」です。「辛雷門」というお店があって、その再現カップ麺かと思ったんですけど、そういうわけではないみたいですね。ふふふ… “激辛 × 爆痺” の担担麺なんて、まさに私のような人種にとっては誂え向きな製品じゃないですか。前評判では麻味(痺れ感)が強烈だという意見が多かったので、非常に楽しみです。





は、「コシがありながら歯切れがよく、のどごしが滑らかな細麺」とのこと。縮れの少ない細めの低加水系ノンフライ麺で、豚骨ラーメンにも当て込むことができそうなパッツン系の麺です。湯戻し3分きっちり守ると少し柔らかめに仕上がるので、カタ麺が好きな方は早めに切り上げるといいでしょう。担々麺のイメージ的に密度が軽めの低加水麺を合わせるのは正解だと思いますが、もう少し密度を高めて歯応えを持たせても良かったかもしれませんね。今回はスープが強烈だったので、少し麺が押されているようなところがあったものの、スープの濃度自体はそこまで濃いわけではなかったので、スープ馴染みの良い低加水麺のメリットが功を奏し、花椒の麻味と香りをダイレクトに運んでくれていたのは効果的だったと思います。それに柔らかめと言えど、早々に伸びてしまうようなヤワ麺ではなかったので、食べ終わる頃になっても歯切れの良さが持続してくれていたのが好印象でした。

スープは、「まろやかなうまみのポークエキスにねりごまをブレンドしたスープベースに、赤唐辛子の辛みと花椒の痺れを付与した、刺激的な味わいの担担麺スープ」で、「見た目も香りも辛さを感じられるスープに仕上げ」たとのこと。辣味はピリ辛以上、激辛未満といったところでしょうか。激辛というほど辛くないと思います。しかし、麻味は突き抜けてますね。風味も花椒特有のクセを感じるほどで、痺れ感に関しては強烈といっても差し支えないでしょう。ビシビシと痺れる刺激がダイレクトに舌へ伝わり、鼻を抜けるような花椒特有の爽やかな香りも相俟って、花椒の含有量がいかに多いかを体感できると思います。唐辛子の激辛に期待して手に取ると物足りなさを感じてしまうかもしれませんが、花椒由来の麻味と香りは期待を裏切らないレベルですね。ただ、動物系の旨味にベースを固めるくらいの厚みは感じたのですが、担担麺として見ると芝麻醤が少し弱いような気がしました。芝麻醤の香りや一定のコクは感じられたものの、強烈な麻味を踏まえると濃厚さに欠けるような印象が無きにしも非ず。胡麻パウダーや米粉のザラついた舌触りは効果的な演出となっていましたが、それに匹敵するだけのパワーが胡麻にあったかと問われると、もうちょっと厚みやネットリ感が欲しかったです。とにかく花椒の香りと麻味を前面に押し出した完全に特化型のスープだったので、インパクトは鮮烈でしたけどね。そんな思い切りの良さがカップ麺らしくて好印象だったのですが、食塩相当量はスープだけで6.3gと高めの数値で、体感的な塩分が後半にかけて蓄積されていく為、スープ単体で飲むと徐々に徐々にショッパかったです。強烈な辣味があると塩気も多少は誤魔化せるのですが、今回は激辛というほど突き抜けた辛さではなかったので、もうちょっと唐辛子にも頑張って欲しかったですね。

かやくは、「肉そぼろのうまみがスープとよく合い、おいしさを引き立」て、「白髪ネギが赤いスープに映え、シャキシャキとした食感がアクセントにな」り、「赤唐辛子を加えて彩りよく仕上げ」たとのこと。価格帯を考えると貧弱な内容ですが、スープのインパクトを考慮すると、割り振り的に具材のコストカットは致し方なかったのかもしれません。後入れの白髪葱は特に効果的なアクセントになってくれていたものの、やっぱりちょっと量が少ないですね。それから肉そぼろも後入れ指定なので、かき混ぜて馴染ませなければサクサクしてます。ある意味これはこれでイイとも思えましたけどw 反面、白髪葱はかき混ぜると存在感が薄くなってしまうので、どちらを優先するかで食べ方も変わってくるでしょう。個人的に白髪葱のアクセントがスープによく映えていたことが印象に残ったので、あとのせかやくを入れてからはあまり混ぜずに麺に絡めるようにして食べるのがいいかもしれません。肉そぼろはいつの間にか知らず知らず沈んでましたしw でも味付しっかりめだったので、意識的に拾って食べるとなかなか美味しい肉具材でした。

(標準は★3です)

麻味(痺れ感)の他に取り立てて言うほどの特徴はなかったんですけど、その強烈な麻味はユーザーの脳内に明瞭な記憶として残ってくれるレベルに達していた為、そこを高く評価しての総評です。そんな一点突破の突き抜けた要素には好感が持てたものの、希望小売価格を考慮すると具材を筆頭に担担麺として手薄だった部分が浮いてしまっているような印象を受けてしまったので、そこが評価を伸び悩ませてしまった要因となってしまいました。とは言え、麻味のインパクトには特筆すべきものがあったので、花椒の香りと痺れを求めて買うのであれば、手に取って損のない製品だと思います。花椒の独特な香りが苦手な方は、まず避けたほうが無難ですね。そのくらい振り切っていたトップクラスの痺れと香りが印象的で、カップ麺らしい極端さが魅力的な一杯でした。値段が値段だったので、ちょっと厳しめに評価していますが、突き抜けた麻味のインパクトを評価して★ひとつプラスです。

勝手に激辛アレンジ

って書くほどのアレンジではないんですけどw 単純にブート・ジョロキアパウダーを投下して、物足りなかった唐辛子の辣味を添加しました。ジョロキアは柑橘類を思わせるフルーティな風味が特徴的な激辛唐辛子なんですけど、その爽やかな香りと花椒の風味が絶妙にマッチしていて、相乗効果的な効果が得られ、とても相性が良かったです。ハバネロやトリニダード・スコーピオン・ブッチ・テイラーなんかだと、特有のコクが花椒の香りをマスクしてしまうかもしれません。これに関しては好みの問題かもしれませんが…w もちろん唐辛子特有の風味が強い和製の唐辛子や、粗挽きの朝天辣椒面(四川唐辛子)も合うと思います。この製品に辛味の弱い韓国産の唐辛子を入れてしまうと、おそらく蛇足になってしまうでしょう。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:サッポロ一番 辛雷門 辛烈担担麺
製造者:サンヨー食品
内容量:112g (めん60g)
発売日:2015年8月3日 (月)
発売地区:全国
希望小売価格:250円 (税別)
JANコード:4901734025269

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:490㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:3袋 (特製スープ・液体スープ・あとのせかやく)

~標準栄養成分表~

1食 (112g) あたり

エネルギー:285kcal
たん白質:12.4g
脂質:13.5g
炭水化物:53.4g
ナトリウム:3.4g
(めん・かやく:0.9g)
(スープ:2.5g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:385kcal (めん・かやく:224kca / スープ:161kcal)
食塩相当量:8.6g (めん・かやく:2.3g / スープ:6.3g)

原材料名:めん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、大豆食物繊維、粉末卵)、スープ(ねりごま、食塩、糖類、香辛料、クリーミングパウダー、ポークエキス、植物油脂、香味食用油、豚脂、たん白加水分解物、酵母エキス、ごまパウダー、米粉、発酵調味料、デキストリン)、かやく(鶏・豚味付肉そぼろ、ねぎ、唐辛子)、調味料(アミノ酸等)、酒精、増粘多糖類、香料、かんすい、カラメル色素、パプリカ色素、レシチン、クチナシ色素、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に乳成分を含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉

引用元URL:http://www.sanyofoods.co.jp/products/more/more_product_0468.html

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
印象深い一杯でした。
未だに自分のブログでも検索ワードの上位にきています。
それだけこの製品に興味を持っている方が多いのでしょう。
シビが強烈でしたが自分にも美味しく食べれたいい製品でした。
具の改善か値段の改善を願いたいww
Re:たういパパ
これはインパクトありましたね!

具材に関しては、まぁ仕方ないか
と思えるだけのパワーがスープにあったと思います。

なので改善するなら価格設定ですねw
ついでに唐辛子の辣味をアップしてくれるとモアベターw
No title
こぉれは、美味しそうやぁ...
見つけたら、絶対に買ってしまう
パッケージですわ...

麻味、最高じゃないですか...
興味アリアリ...
Re:ハシダ・メンさん
もちろん麻味のレベルは市販品の枠を出ませんが、
それでも “強烈” と言って差し支えないと思います。

なかなか思い切ってましたよ!

ただ、定価購入だと結構ハイエンドなんですよね(苦笑)
おそらく販売ルートは、コンビニ流通がメインかと思われます。
No title
激辛コーナーきたーーー^^

いやぁ、やはりこのコーナーがないとwww

しかし、このカップ麺いいですね。
ここ最近コンビニで色々と見て回っているんですけど
なんか定番商品ばっかりで
目新しい物がおいてないんですよねぇ。
やる気ないなぁって思うんですが。

やっぱり爽快しかないか・・・。
Re:カブトムシさん
激辛アレンジご無沙汰してましたからね…
っていうかアップしたい調味料もたくさんあるのですが(泣)

カブトムシさんの行動範囲内のコンビニは、
新商品系の陳列枠が少ないようですね。

やはり安定の爽快でしょうかw
No title
これはホントにビシビシきましたね!
インパクト大です!ラ王の担々麺よりジャンクで好みでした。

ただ他は印象薄いですね。レビューは半年後に書きます。

IPAってなに…?独立行政法人 情報処理推進機構…?
Re:愛人(清水)
この痺れ感は特筆に値しますね!

・・・って半年後?!w

> IPAってなに…?独立行政法人 情報処理推進機構…?
予約投稿してる記事の冒頭に書いてあるぜハニー b
痺れ一徹
takaさん、こんばんは!

とにもかくにも花椒に全力を注いだカップ麺でしたね!
これだけ花椒が効いているのは他にないですね!

その一方で力を入れる点の偏りが激しく、
花椒以外はスープにほぼ見るべき点がないという、
何とも評価の難しいカップ麺でもありました!

それだけ花椒にコストがかかったのでしょうね!

この花椒攻めはぜひとも汁なしでも期待したいです!(●・ω・)

汁なしのほうが他の要素も調えやすそうですし、
せっかくの攻めのブランドなだけに1回で終わるにはもったいないですしね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんにちは! いいタイトルですね!b

兎にも角にも、花椒のインパクトが素晴らしかったです。

花椒一辺倒な雰囲気が無きにしも非ずでしたが、
この集中型の仕上がりには確かな価値が見出せましたよね。

花椒がビシビシ効いた汁なし担担麺
今のサンヨー食品なら可能だと思うので来年の夏に期待!

管理者のみに表示

トラックバック