エースコック「阪神甲子園球場監修 甲子園やきそば」



本日2回目の更新で、「阪神甲子園球場監修 甲子園カレーラーメン」に続きまして、エースコックの「阪神甲子園球場監修 甲子園やきそば」です。「カレー」はラーメンにアレンジされてましたが、「やきそば」は甲子園球場でも実際に販売されているようですね。自分は食べたことがないので、またもや再現度のほうは分かりませんが…(苦笑)パッケージにも書いてある “酸味” が特徴らしいので、注目したいと思います。あんまり酸味の強いソースは得意じゃないんですけどね…w





は、「適度な弾力と滑らかさを併せもった丸刃のめん」で、「めんにも味付けを行い、ソースと相性良く仕上げ」たとのこと。やや太めの油揚げ麺で、もちもちとした噛み応え。丸刃で口当たりが良く、ソースの馴染みも問題ないですね。極太とか厚切とか、そういった個性や主張があるわけではなかったんですけど、いい意味で程よい位置の油揚げ麺だと思いました。味付麺ということで、醤油,鶏・豚エキス,砂糖,野菜エキスなど、いつものエースコックらしい構成で固めてあるかと思いきや、砂糖を橋渡しにソースで味付が施されているようですね。麺自体の味付はソースと同化していて分かりませんでしたが、一体感は確実に高めてくれていたと思います。あくまでソースとの馴染みに重きを置いているようだったので、そういったスタンスで食べると素直に楽しめるでしょう。

ソースは、「野菜・果実の自然な甘み、香辛料のスパイス感のバランスが良いソースに、鰹の旨みを加えて、深みのある味わいに仕上げ」て、「ふりかけの鰹節の香り、ソースのしっかりとした酸味が食欲をそそ」るとのこと。醸造酢や酸味料でコンセプトの “酸味” を表現してたらヤダなぁ…と思ってたんですけど、果実由来のフルーティさを感じる自然な酸味で一安心。原材料の中にハッキリとした明記はありませんでしたが、アレルゲン情報を見るとリンゴやオレンジ、桃などが含まれているようですね。そして日清食品ほど明確な風味ではありませんでしたが、鉄板で炒めたような調理感を感じられたのが大きかったです。味付自体は酸味も強すぎず、オーソドックなタイプのソース味なんですけど、屋台で提供されているようなB級感があるというか、そういった臨場感が印象に残りました。あ、袋麺の芳ばしさに近いかも。鰹の主張は縁の下の力持ち、って感じでした。

かやくは、「シャキシャキとした食感のキャベツ、程良く味付けした肉そぼろ、風味豊かな揚げ玉、紅しょうがを加え、あおさのふりかけで仕上げ」とのこと。キャベツはソース味のカップ焼そばには必須の具材ですよね。サイズは小振りだったんですけど、シャキシャキとした食感がアクセントになっていました。 “程良く味付けした肉そぼろ” は例に漏れずハズレ系…w 揚げ玉は何故か先入れ指定の小袋に入っていて、ソースを混ぜている段階で9割ほど溶けてしまったのですが、こってり溶けた揚げ玉が麺とソースの一体感を高め、特有の油脂感がコクを深めてくれているような印象を受けた為、なかなか策士な役割だったのではないかと。紅生姜はフリカケに入っているような細切れ乾燥状態のものではなく、サイズは少し大きめで、湯にくぐらせるという工程が入り、ちょっとだけ生タイプに近くなります。オーソドックなソースの中で、これまたオーソドックなアクセントが映えていて効果的でした。 “青のり” ではなく “あおさ” だったのは残念ですが、こちらも引き立て役としては確実に寄与してますね。思ってたより香りも強かったです。フリカケの中には鰹粉も入っていたのですが、ソースと同じく縁の下の力持ち的な役目に徹していました。魚粉を誤魔化しに用いてなかったのが良かったです。

(標準は★3です)

何かの味が突出して目立っているわけではなかったんですけど、全体の方向性は親しみやすくオーソドックスでありながら、鉄板で炒めたような調理感や揚げ玉の効果など、ちょっとした一捻りとリアリティを感じさせてくれたカップ焼そばでした。相変わらず具材の肉そぼろには納得いきませんが…w 新鮮味や派手さこそなかったものの、総合力の高さとバランスの良さには特筆すべきものがあったと思います。王道のソース焼そばを実直に突き詰めたような姿勢が感じられたことと、何よりフライパンで作る袋麺の焼そばに似た芳ばしさを感じたので、そこが最も印象深かったですね。なので★ひとつプラスしました。私の近所のスーパーでは搬入している店も多かったんですけど、甲子園抜きにして美味しいと思えるカップ麺だったので、時期的に投げ売りされているのを見つけたら買って損はないでしょう。これで希望小売価格が180円だったら、おそらく★5をつけていたと思います。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:阪神甲子園球場監修 甲子園やきそば
製造者:エースコック
内容量:128g (めん100g)
発売日:2015年8月3日 (月)
発売地区:全国 (コンビニ・スーパー等)
希望小売価格:210円 (税別)
JANコード:4901071207229

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:630㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:3袋 (焼そばソース・かやく・ふりかけ)

~標準栄養成分表~

1食 (128g) あたり

エネルギー:563kcal
たん白質:8.6g
脂質:24.2g
炭水化物:77.8g
ナトリウム:1.9g
(めん・かやく:0.43g)
(スープ:0.37g)
ビタミンB1:0.43mg
ビタミンB2:0.37mg
カルシウム:269mg

(食塩相当量:4.8g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、砂糖、ソース)、ソース(ソース、植物油脂、砂糖、豚脂、食塩、たん白加水分解物、酵母エキス、香味油、香辛料、カツオブシエキス)、かやく(キャベツ、揚げ玉、鶏・豚味付肉そぼろ、紅しょうが、あおさ、カツオブシパウダー)、加工でん粉、カラメル色素、炭酸カルシウム、酸味料、調味料(アミノ酸等)、香料、かんすい、増粘剤(加工でん粉)、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、紅麹色素、ビタミンB2、ビタミンB1、赤ダイコン色素、(原材料の一部に卵、乳成分、オレンジ、さば、大豆、もも、りんごを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・豚肉・りんご・鶏肉・オレンジ・さば・大豆・もも

引用元URL:https://www.acecook.co.jp/news/pdf/1507_koushien.pdf

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
甲子園やきそばの最大の特徴となると
もっちりとした「太麺」なんですよね...

セプンで高校野球の期間中、甲子園やきそばを
挟んだ「甲子園やきそばロール」が
販売されてたんですが、濃厚フルーティな
ソースに太麺のタッグ...

最高に美味しかったですよ...
Re:ハシダ・メンさん
> 甲子園やきそばの最大の特徴となると
> もっちりとした「太麺」なんですよね...
そうなんですね! なら麺の再現性はダメだなこりゃ…(苦笑)
でもひとつの製品としてはバランスの良いサイズだと思いました!

「甲子園やきそばロール」
いや、まさかロールケーキとかそっちじゃないですよねw
やきそばパン的な感じでしょうか? インスタントじゃないでしょうし、
そちらは太麺ということなので、再現度は絶対にカップ麺より上でしょう。

最近やきそばパンとか食べてないなー。
ハシダさんが美味しいって言うと無性に食べたくなりますw
数ヶ月前のカキフライの記事を皮切りに影響力が日に日に増してるんですよねw
No title
太麺いいですね^^
もう焼そば+太麺だけで
ごはん3杯はいけます?
あれ?炭水化物ばっかりだwww

と、言うのは流していただいて
焼そばに太麺なら絶対に
食べたいと言うのが自分の条件です。
そろそろ爽快でも注文したいのですが
いかんせん食べる機会が・・・;;
Re:カブトムシさん
ちょっとだけ太めでした。

ちなみに自分は細麺が好きですw
「俺の塩」に使われてる麺とか最高ですねー。
太麺はワシワシ系だと少し苦手だったりします(苦笑)

“やきそば × ごはん” “おこのみやき × ごはん”
関西人です。ばっちり任せてください(親指ビシイッ)
(という理解はあるが最近は胃が小さくなってやってないw)

カブトムシさん太麺が好きですもんね!
そろそろ厚切シリーズから新商品が出ないかなー、と思ってますが、
冬になると汁なし系のリリースが少なくなるので、来年でしょうか。
No title
こんばんわ~♪
カレーにウスターソースがおkの私がお邪魔しますよ~( *´艸`)

これは私も食べました。いまいちこう、パンチが足りなかった記憶がありますね。

北極のスープまで完食とは恐れ入りました(゚д゚)!
Re:くま子さん
こんにちは! 頻繁にコメントありがとうございます(うるうる)

おっ、カレーにウスターおkですか。いける口ですな b
子どもの頃、婆ちゃんの作るカレーがそうだったんですよ。

この製品は非常にオーソドックスでしたね!
そんな中で調理感や効果的な揚げ玉が印象に残りました。
カレーのほうはパンチ不足感が否めませんでしたが…w

> 北極のスープまで完食とは恐れ入りました(゚д゚)!
完食どころか追加で唐辛子投入しちゃうアホです私ww
甲子園シリーズ
takaさん、こんにちは!

自分はこの焼そばはかなりツボだったんですよね!
すでに3回ぐらいはリピートしてますね!(●・ω・)

オーソドックスだからこそ普段から食べても飽きないというか、
酸味によるすっきり感と溶けた揚げ玉によるコク、
さらに紅生姜の風味もほどよく絡んだりと、
焼そばのポイントを上手く押さえてる印象でした!

またふりかけの削り節粉もその風味を極端に立てるのではなく、
屋台の焼そばなどにちょこっとつく削り節粉のように
軽くアクセントを出すぐらいにとどめてたのも好印象でしたね!

価格がもう少し安ければというのはありますが、
投げ売りされ始めたら一気に5個ぐらいは買うかもです!(`・ω・´)

このいかにも関西B級的な味がツボなのかもですね!
その割りに阪神ファンではなかったりしますが!笑

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんばんは! たしかに評価が高かったですね!

無難だからこその良さというか、
そういうメリットは強く感じられました。

それに鉄板で炒めたような調理感とか、
揚げ玉の使い方が面白かったり、印象に残ってます。

定価購入するには少し高い気もしますけど
投げ売りされてたら買い溜めしてもいい思いました!

> このいかにも関西B級的な味がツボなのかもですね!
自分も関西B級系はツボですね。

ちなみに阪神ファンどころか
スポース観戦自体に全く興味がないので、
甲子園球場は自分にとって何の縁もありませんがw

管理者のみに表示

トラックバック