明星食品「味わい堂 汁なしちゃんぽん大盛」



今日は京橋(大阪)で定例のオフ会があるので、今日と明日の記事は予約投稿になります。っていうか最近ずっと予約投稿なんですけどねw 今回は前回のオフ会で食べ損なった馬肉専門店で馬肉を食べるのが大きな目標のひとつ! 今度こそ絶対に食べる! ぜぇーったいに食べる! 待ってろよぉー! 馬ぁー肉ぅー!!(鼻息)

さて、本日の一杯は、明星食品の「味わい堂 汁なしちゃんぽん大盛」、ファミリーマート限定発売のカップ麺です。汁なしちゃんぽんってあんまりスポットが当たってないような気がするので、数量限定のカップ麺の題材として目の付け所がいいですね。実際のお店で汁なしちゃんぽんって食べたことがないんですけど、とても美味しそうなイメージがあります。ちゃんぽんの定義は人それぞれかと思いますが、丸刃のもちもち麺にたっぷり具材と海鮮の風味が自分的定義です(ざっくりw)





は、丸刃でカットされた太麺で、見た目は “the ちゃんぽん!” って感じのビジュアルなんですけど、もちもち感はそんなにないですね。こう表現するとビミョーな感じに聞こえてしまうかもしれませんが、ゴワゴワとした無骨な食感の油揚げ麺です。密度も低く、少し粉っぽいというか、歯触りは軽めの食感。指定の湯戻し時間は熱湯5分ですが、30秒〜1分ほど長めにお湯を吸わせた方が自然かもしれません。コレはコレでソースとジャンクな一体感があって良かったんですけど、もうちょっと粘り気が欲しかったかなぁ。油揚げ麺臭も割と遠慮のない主張だったのですが、暴走はしてなかったし、全体の方向性をジャンク一点に絞っているようで分かり易かったので、コレはコレでアリかなー、と思いました。

ソースは、「豚骨をベースに海鮮の風味を効かせた」とのこと。海鮮の風味を効かせた、と製品説明にはありますが、かなり豚骨の色が濃いソースですね。豚骨の旨味とラードの厚みが前面に押し出されていて、かなり動物系を押した味わい。その中に海鮮らしい風味も確かに感じられるものの、あくまで援護射撃的な主張。後口の残り香にふんわりと、って感じでしょうか。ちゃんぽんのスープは豚骨ベースが基本となっている場合が多々ありますし、そういった意味では想定内とは言え、ここまで動物系のコクと旨味を中心に持ってきているとは思っていなかったので、意外性があって面白かったです。反面、海鮮の風味に強く期待すると、裏切れた気分になるかもしれません。仕上げのスパイス(ふりかけ)は軽くアクセントを加えてくれる感じで、メリハリを生むほどの主張ではなかったのですが、スパイス中に含まれていた野菜フレークの甘味は効果的でした。セルフで黒胡椒を追加投入し、パンチを加えるのもアリでしょう。あ、辣油とか合うかも。

かやくは、「キャベツ・イカ・カマボコ」とのこと。かなりシンプルな具材構成で、雰囲気を醸し出す為に何とか必要最低限の具材を揃えた感じですね。でもイカは存在感なし、カマボコは見た目的要員に過ぎません。キャベツは平均的な量の倍くらいは入っていたので、ボリューム感は演出できていたと思います。ただ、「ちゃんぽん」として見ると、量的にも品数的にも賑やかさに欠ける内容でした。

(標準は★3です)

製造メーカーが明星食品ということと、パッケージ左下に描かれた網目状のデザインから、特製マヨが入ってるもんだと勝手に…(「一平ちゃん」のイメージですねw)しかし予想以上にインスタントらしくて、まっすぐジャンクだったのは意外でしたね。コンビニ限定のカップ麺ですし、そこそこ本格的な路線を狙ってくるかと思ってたんですけど、敢えてチープに仕上げてきたような印象を受けたので、そこが面白くもありました。ただ、海鮮系の要素がかなり弱かったので、人によっては実食前のイメージと大きくかけ離れているかもしれません。少なくとも “ちゃんぽん=海鮮” のスタンスで行くと、確実に物足りなさを感じてしまうでしょう。しかし、ちゃんぽん=海鮮が全てではありませんし、確実にターゲット層を絞って製品化しているような雰囲気には清々しさすら感じたので、ある意味ひとつのかたちを見せてくれたような気がするんですよね。そんなところに好感が持てました。麺もソースもインスタントらしい軽さがあったというか、ひたすらにジャンクな路線だったので、そういったカップ麺が食べたい時にはもってこいでしょう。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:味わい堂 汁なしちゃんぽん大盛
製造者:明星食品
内容量:161g (めん130g)
発売日:2015年7月28日 (火)
発売地区:全国 (Family Mart)
希望小売価格:202円 (税別)
JANコード:4902881471947

麺種類:油揚げ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:770㎖
調理時間:熱湯5分
小袋構成:3袋 (かやく・液体ソース・ふりかけ)

~標準栄養成分表~

1食 (161g) あたり

エネルギー:726kcal
たん白質:14.3g
脂質:32.3g
炭水化物:94.4g
ナトリウム:2.6g
ビタミンB1:0.31mg
ビタミンB2:0.35mg
カルシウム:242mg

(食塩相当量:6.6)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、酵母エキス、ソース(糖類、植物油脂、豚・鶏エキス、ラード、食塩、香味油、しょうゆ、たん白加水分解物、香味調味料、香辛料)、かやく(キャベツ、かまぼこ、味付いか、野菜フレーク、香辛料)、加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、香料、酒精、炭酸カルシウム、かんすい、増粘剤(加工デンプン、キサンタンガム)、トレハロース、乳化剤、クチナシ色素、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、カレメル色素、炭酸水素ナトリウム、炭酸マグネシウム、カロチノイド色素、ベニコウジ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(原材料の一部に乳成分、えび、ごぼう、ごま、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・乳成分・えび・豚肉・鶏肉・いか・大豆・ごま・ゼラチン

引用元URL:https://www.family.co.jp/goods/thisweek/150728/hc0g7400000xnt5b.html

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
いまごろはもう京橋かしら…
馬肉!いいなー!私も馬刺しが本当に大好物で…高くてなかなか食べられないけど…

このカップ麺、ファミリーマート限定発売のカップ麺にしてはひたすらジャンクということで、チープ好きな私としては興味をそそられます。
かまぼこもチープでいいw
No title
もう少し頑張ってほしいと思ったカップ麺です。

だって、ちゃんぽんなら・・・

色々思うところはありますが
やっぱりおいしさをもっと
アピールしてほしいですよねー。
いや、ほんと・・・
No title
この商品、気になってました!!
ちゃんぽんといえば海鮮のダシがポイントですよね♪

本日、北極食べました♪辛くてスープはギブアップ( *´艸`)
No title
昨日はお疲れちゃん!

この製品は重かった~
って、昨日言いましたねww
Re:愛人(清水)
馬刺し美味しかったー!

でも今回いちばん印象に残ったのは、
美味しいビールを提供してくれたマスター(笑)

うーん…このチープさは好みが分かれるかも。

せっかくコンビニ限定のカップ麺だったので、
それなりの個性と完成度を求めてしまいますね。
Re:カブトムシさん
やはり “ちゃんぽん” らしさを
どこにどれだけ求めるかですよね。

コレはコレで、って感じなんですけど、
やはり海鮮の風味は濃くして欲しかったです。
Re:くま子さん
またまたコメントありがとうございます!(ぺこり)

このカップ麺は随分と海鮮の風味が弱かったので、
そこだけが評価の分かれ目になりそうですね。

あとは良くも悪くもインスタントらしかったので、
そこを素直に評価できるかどうか、というところでしょうか。

“ちゃんぽん=海鮮” という固定概念さえなければ、
それなりに楽しめる内容かと思います。

なので海鮮に期待しちゃダメですよw

> 本日、北極食べました♪辛くてスープはギブアップ( *´艸`)
美味しいですよね! スープはギブアップしちゃいましたか(笑)
私は普段、カップ麺のスープは残すようにしてるんですけど、
北極のスープは思わず飲み干してしまいますねw 好きです。b
Re:たういパパ
お疲れ様でした!

いやー今回も楽しかったです。
次は絶対フローズン日本酒をww

このカップ麺は汁なしらしい重さがありながら、
カップ麺らしい軽さがあったというか、不思議なバランスでした。
でもやっぱ海鮮の風味はもっと分かり易く欲しかったですね…
No title
takaさん、こんにちは!

自分もこれを食べたときは海鮮要素の弱さに驚きましたね!
日清の「UFO シーフード」との棲み分けを狙ったのかもですが!

原材料にも魚介エキスが書かれておらず、
豚骨と豚脂を軸にしたジャンクな仕上がりで、
麺ももちもちというよりはわしわしと噛むタイプだったりと、
「汁なしちゃんぽん」として描くイメージとは違いがありましたね!(=゚ω゚)

かといって焼ラーメンというほど豚骨一辺倒でもなく、
ちょっと他にあまりないタイプの立ち位置でしたね!

これはこれでなかなかおいしかったのですが!
もし来年も出るならもう少し海鮮要素が欲しいですね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
Re:かーとさん
こんにちは!

どうしても “ちゃんぽん=海鮮” のイメージがあるので、
過度に期待してしまうと拍子抜けしちゃいますよね(苦笑)

> 日清の「UFO シーフード」との棲み分けを狙ったのかもですが!
たしかにそのイメージもありました!
それにしては海鮮の要素が驚くほど控えめでしたけど(笑)

“ちゃんぽん風” っぽい仕上がりではあったものの、
一般的にイメージされるであろう仕上がりとは離れていて、
ある意味それが個性的でもあったので、面白かったんですけどね。

もしも再販されるなら、同じく海鮮度アップを望みます。

管理者のみに表示

トラックバック