日清食品「麺屋一燈 芳醇香味塩そば」(2回目)



昨日も飲み会、明日も飲み会、今日は休肝日。えらいなー(自分で言うなw)

さて、本日の一杯は、日清食品の「麺屋一燈 芳醇香味塩そば」です。ローソン限定発売のカップ麺で、当ブログでは2回目の紹介になりますね。前回は高評価を叩き出しているので、今回も楽しみです。





は、おそらく前回から大きな変更はないと思うんですけど、少し加水率が高くなったような気がします。それからフタを開けたときに解れにくかったことと、湯伸びの早さが気になりました。タイミングさえ逃さなければ、しっかりとした小麦感と歯切れの良さ、しなやかなコシを体感できるので、その為にも食べるタイミングとスピードには一定の留意が必要かもしれません。スープに浮いた鶏油と相性が良くて美味しかったんですけど、前回のような感動はなかったというか、うーん。やっぱりもっと加水率が低かったように思うんですよね。もしも私の個人的な問題(体調や戻しムラ)で感じ方に差異があったのならゴメンナサイ(苦笑)

スープは、「鶏と魚介の旨みの効いたコク深い鶏だし塩スープ」とのこと。原材料の構成は前回と同じなんですけど、栄養成分表の数値には若干の差異がありますね。配分が変わったのか、単に新たに計測して誤差が生じたのかは分かりませんが、体感的には各パーツの押しが少し弱くなったような気がしました。ベースは鶏が固め、魚介は下支え。そして表面を覆う鶏油の芳ばしい香りが印象深く、それでいて繊細な面持ちが特徴。桜海老を彷彿とさせるような芳ばしい香りも印象に残るポイントのひとつで、そういった個性は前作から踏襲されていたのですが、どこか要所の押しが弱い。繊細さの中でもピシッ、とした素材の主張があって、その秀逸なバランスの良さこそが前回の高い評価へと繋がっていたのですが、その中でも特に魚介の絶妙な主張が鳴りを潜めてしまったような印象を受けたので、そこが残念でした。その分だけ鶏油の風味を明確に感じるのですが、前作のバランスが秀逸だっただけに、★の数は落とさざるを得ないかもしれません。

かやくは、「チャーシュー、ネギ、メンマ、海苔」とのこと。チャーシューは日清食品のハイエンドカップ麺でお馴染み、あの超(スーパー)厚切焼豚です。乾燥チャーシューの中ではダントツのクオリティで、まさに最強のチャーシューと言っても過言ではないでしょう。この分厚くてジューシーなチャーシューが入っているだけで、充足感は一気に加速します。メンマも一定のサイズをキープしていて、メンマ特有の発酵感と自然な歯触りが好印象。ネギは大きめカットで存在感があり、特有の香りと風味、甘味が楽しめます。シンプルな具材構成ですが、不満を感じさせない内容ですね。ただ、スープの魚介を弱く感じてしまったからか、海苔は特別これといって合っているとは思えませんでした。見た目には良かったですけど。

(標準は★3です)

再現カップ麺らしい本格さと美味しさには確かな手応えがあったんですけど、スープが前作と比べてパワーダウンしているような印象を受けたので、必然的に★の数は低くなってしまいました。ただ、塩分的にお湯の量で調節できそうだったので、気持ち喫水線よりも少なめに入れると要所を際立たせることができると思います。希望小売価格が税抜257円というハイエンドクラスのカップ麺ですが、それ相応の価値は見出せるでしょう。前回と比べて魚介が控えめになったとは言え、鶏(鶏油)が濃くなったような印象を受けたので、見方を変えると楽しめました。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:麺屋一燈 芳醇香味塩そば
製造者:日清食品
内容量:95g (めん70g)
発売日:2015年7月27日 (月)
発売地区:全国 (LAWSON)
希望小売価格:257円 (税別)
JANコード:4902105239216

麺種類:ノンフライ麺
容器材質:プラ (PS)
必要湯量:440㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:5袋 (粉末スープ・調味油・焼豚・かやく・焼きのり)

~標準栄養成分表~

1食 (95g) あたり

エネルギー:372kcal
たん白質:11.6g
脂質:10.8g
炭水化物:57.2g
ナトリウム:2.7g
(めん・かやく:1.0g)
(スープ:1.7g)
ビタミンB1:0.34mg
ビタミンB2:0.46mg
カルシウム:174mg

※参考値:調理直後に分別して分析
エネルギー:372kcal (めん・かやく:324kca / スープ:48kcal)
食塩相当量:6.9g (めん・かやく:2.6g / スープ:4.3g)

原材料名:めん(小麦粉、食塩、植物油脂、大豆食物繊維、植物性たん白、卵粉、チキンエキス)、スープ(鶏脂、食塩、チキンエキス、魚介エキス、植物油脂、酵母エキス、糖類、椎茸エキス、昆布エキス、魚介調味油)、かやく(チャーシュー、ねぎ、味付メンマ、海苔)、調味料(アミノ酸等)、かんすい、増粘多糖類、炭酸Ca、香料、乳化剤、酸味料、焼成Ca、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(原材料の一部に乳成分、えび、豚肉、ごま、ゼラチンを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・えび・豚肉・鶏肉・大豆・ごま・ゼラチン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
坂本さんには、名刺をいただいたことも
ありますし...(某コラボイベントで)

彼のラーメンも、二度程いただいたことが
ありますが...ラーメンも人柄も素晴らしかったと
記憶しています。

有名店の店主にありがちな、ふんぞり返った感は
全く無し...僕もこのカップ、見つけたら
買ってみますわ...
No title
5袋構成ですねー。

5袋構成はどうしても手が
出しにくい価格になってたりして
微妙なところなんですが
お師匠さま評価が5を超えてれば
無用で探し回りますw

今日はちょっと重たいです。
病んでます。
No title
↑たしかに5袋構成はMAXですね。
で、これ超アップ画像ばかりでわかりにくいのですが、
どんぶり型カップですよね??
自分の記事を検索したんですが、タテ型BIGで上に小袋張り付くタイプでした。
かなり製品のスタイルが変わっていそうですね。
Re:ハシダ・メンさん
やはり実際のラーメンも素晴らしいのですね!

昨年の完成度が秀逸だっただけに
今回の評価が伸び悩んでしまったのですが、
きちんと価値が見出せるカップ麺だと思います。

お店のラーメン、すごく食べてみたいんですよねー。

> 有名店の店主にありがちな、ふんぞり返った感は全く無し...
何故か店主さんの写真は偉そうなのが多いですからね(苦笑)
特に腕組み写真w あれってちゃんと意味があるんですけど、
どうしても踏ん反り返っているように見えてしまいます…^^;

ローソンにて数量限定発売品の為お早めに!
Re:カブトムシさん
去年は文句無しの★7だったんですよ!

それで期待値が上がってしまったので、
微妙なバランスの変化が目立ってしまったというか、
でもひとつのカップ麺としては完成度の高い製品だと思います。

自分は5袋構成が好きですねw
何て言うんですかね、こう、リッチな感じがww

その分お値段も上がっちゃいますけど(苦笑)

何かあったんですね。
私でよければ話お聞きするのですが…
Re:たういパパ
> で、これ超アップ画像ばかりでわかりにくいのですが、
ごめんなさい・・・

どんぶり型です。「ラ王」とか
「行列のできる」シリーズと同じカップですね。

以前はタテ型での販売だったようですが、
去年から(?)どんぶり型に切り替わったようですね。

今年も美味しかったんですけど、
昨年の完成度の高さが壁になっているようでした。

いや、もちろんハイエンドカップ麺らしい本格さや
クオリティの高さに関しては、さすが日清食品でしたよ。

管理者のみに表示

トラックバック