エースコック「ご当地最前線 東京中華そば」



今夜は他県に移り住んだ親友と約半年振りの再会で、ずっと気になってたオシャレな居酒屋にちょっくら行ってきます。お互い地元に居た時は会わない期間が1年以上とかザラだったんですけど、他県に住むと半年間の長いこと長いことw “いつでも会える距離” じゃなくなっただけで、こんなにも感覚って変わるものなんですね。

さて、本日の一杯は、エースコックの「ご当地最前線 東京中華そば」です。このシリーズは一捻り入れた新しい味わいを演出することがコンセプトにあるのですが、今回は見た感じ思いっきり定番というか、かなりオーソドックスな路線を突いてきたように思えますね。あまりにも王道すぎて、 “ご当地最前線!” とか言われてもパッとしないような(苦笑)「東京中華そば」って、清湯スープを用いた淡麗系醤油ラーメンの原型、みたいなイメージなんですけど…大丈夫ですかねw





は、「適度な弾力と滑らかさのある角刃のめん」で、「めんにも味付けし、スープとの相性も良く仕上げ」たとのこと。動物エキスや野菜エキスが練り込まれた十八番の味付麺かと思いきや、食塩の他は砂糖と醤油くらいしか含まれておらず、拍子抜けするくらいシンプルな内容。しかし味付は結構しっかりめで、スープとの一体感は確実に高めていました。ごちゃごちゃと手を加えず、シンプルに徹した味付が功を奏していたのでしょう。油揚げ麺特有の風味は追いかけると感じましたが、スープをボカしてしまうような主張ではなく、邪魔になるような風味でははなかったです。見た目は白っぽい縮れ麺で、プリプリとしたリズムのいい歯切れの良さが特徴的。ただ、東京中華そばって小麦感の強い黄色い中細麺が入ってるイメージなので、それと比較するとイメージは違うかも。それが “最前線” だからなのか、コスト上の関係なのかは分かりませんがw 経時劣化耐性は高く、最後までヘタらなかったのは良かったです。カドメンほどの自己主張の強さはなく、かつての丸刃麺ほどインスタントっぽくもなくて、汎用性の高そうな油揚げ麺でした。

スープは、「丸鶏と香味野菜の旨みをしっかり利かせた、醤油ラーメンスープ」で、「コクと旨みのある醤油スープに、鶏油の濃厚な風味が加わり、最後まで飽きのこない味に仕上げ」たとのこと。第一印象、美味しいです。たしかにコクのある醤油スープで、生醤油仕立ての醤油感にはやや醤油特有のクセを感じ、鶏油でパンチをつけて適度なこってり感もあり。まさしく中華そばらしい醤油スープなんですけど、一体どのへんが最前線なのか、そういったインパクトは感じられませんでした。一点集中型というわけでもなかったし、言ってしまえば何度か食べたことのある味付。繰り返しますが、味は美味しいです。でも “最前線” と言えるだけのハッキリとした特徴が見えず、インパクトに欠けているような印象が拭えませんでした。繰り返しますが、美味しいですw 和風出汁は主張し過ぎることなく、下支え程度に軽く手を添えていたのも程よいバランス。個人的に鶏油の浮いた醤油スープが好みという理由もあるんですけど、クセのある醤油感でありながらトゲトゲしいカドはなく、余韻として残る甘味と鶏の旨味には味わい深いものがあって、凡そ万人が素直に楽しめる醤油味なんじゃないのかな、と思いました。やや後半はタレ勝ちしてくるんですけど、麺が油揚げ麺ですし、のっぺりボヤけるよりはマシだったと思います。タレ勝ち=ネガティブという印象は私の好みの問題ですしw

かやくは、「程良く香辛料を利かせた鶏肉そぼろと、独自の調味配合を行った焼豚、彩りの良いねぎに食感の良いメンマ」とのこと。独自の調味配合を行った焼豚だー! なんて書かれると、自ずと期待値が上昇してしまったんですけど、実際に食べてみたらエースコックのタテ型ビッグカップによく入ってるチャーシューと大差なかったです。でも味付は濃いめで存在感があり、とりあえず入ってるような薄っぺらいテキトーな汎用チャーシューに有り勝ちなチープさは感じませんでした。これならタテ型カップの汎用チャーシューとして、幅広く使用してもらっても問題ないですね。印象は悪くないです。鶏肉そぼろも美味しい肉具材で、食感もスカスカしてなかったし、スパイスの効いた味付が鶏油の浮いた醤油スープに映えていて、なかなか存在感がありました。乾燥メンマは相変わらず秀逸で、発酵感のある香りと風味、歯応えのある食感が好印象。メンマはスープの雰囲気ともバッチリ合っていたし、ネギもたくさん入ってて良かったです。肉具材が2種類入っていることで充足感も高まり、どれもスープと合っていて具材に不満は感じませんでした。

(標準は★3です)

うーん、麺とスープの相性も良かったし、具材にも特に不満はなかったし、ひとつのカップ麺として見ると出来は悪くなかったんですけど、 “進化系” とか “最前線” なんて言われちゃうと、ちょっと違うんじゃないのかなぁ…とも思ったり。単純に味だけで言えば★5をつけたくなるような美味しさでしたが、「ご当地最前線」という題材を意識してしまうとインパクトに欠けるというか、コンセプト負けしているような印象が否めなかった為、厳しめに★ひとつ落としました。いや、絶賛タイムリーな東京中華そばに詳しいわけではないので、あんまり偉そうなことも言えないんですけどw そんな自分でもコレだ! と思えるような分かり易いポイントが欲しかった、というのが評価が伸び悩んでしまった理由です。でも美味しかったですよw「ご当地最前線」としてではなく、別のカタチでリリースされていたら、おそらく評価も変わっていたでしょう。突飛なインパクトや “進化系” のサプライズに期待するとイマイチな印象を受けてしまいましたが、オーソドックスな中華そばとして見ると全体のまとまりも良く、カップ麺としての完成度は高かったと思います。

あくまで個人的な感想であり、その日の体調・気分・嗜好・その他の理由から感じ方は変わります。
尚、当ブログ内の記事、及び画像の無断転載・二次使用は固くお断り致しますので、ご了承ください。

© Posted by taka :a


【製品情報】

商品名:ご当地最前線 東京中華そば
製造者:エースコック
内容量:93g (めん70g)
発売日:2015年7月27日 (月)
発売地区:全国 (コンビニ・スーパー等)
希望小売価格:205円 (税別)
JANコード:4901071278397

麺種類:油揚げ麺
容器材質:紙
必要湯量:440㎖
調理時間:熱湯3分
小袋構成:1袋 (液体スープ)

~標準栄養成分表~

1食 (93g) あたり

エネルギー:399kcal
たん白質:9.3g
脂質:15.7g
炭水化物:55.1g
ナトリウム:2.5g
(めん・かやく:0.7g)
(スープ:1.8g)
ビタミンB1:0.34mg
ビタミンB2:0.28mg
カルシウム:196mg

(食塩相当量:6.4g)

原材料名:油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、砂糖、しょうゆ)、スープ(鶏油、食塩、砂糖、たん白加水分解物、鶏・豚エキス、植物油脂、しょうゆ(生醤油25%)、でん粉、発酵調味料、香辛料、オニオンパウダー、酵母エキス、カツオエキス)、かやく(味付鶏肉そぼろ、焼豚、ねぎ、メンマ)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、カラメル色素、酒精、香料、かんすい、微粒二酸化ケイ素、酸化防止剤(ビタミンE)、増粘多糖類、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部に卵、乳成分、ゼラチン、ごまを含む)

アレルゲン情報:小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン・ごま

引用元URL:https://www.acecook.co.jp/news/pdf/1506_TLTS.pdf

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
本日の一杯 -Cupmen Blog of taka-
Update notification:Facebook / Twitter / Instagram
関連記事

コメント

No title
こんにちわ^^

いや~、連休いいですね^^
しっかり満喫しています。

初日10時間以上寝て
まさかこんなに寝るとは・・・と
思うほど寝ていました。

さて、カップ麺ですが、チャーシューが
なんとなくとりあえずっぽく
スープが・・・スルーしたい感じ。
最近絞らないとレビューが
適当になりそうなので(え)
なるべく食べたい物を選んでます。
焼そばだらけにならないようにしますwww
No title
たしかにこのシリーズから次は東京とは思いませんでした。
申し訳ないですが東京ラーメンってあまり今ブームじゃないし・・(^_^;)
肉系具材2種は豪華ですね。
でも自分の東京ラーメンっていわゆる中華そばと被るので、
海苔となるとは欲しかったかも。
(海苔はいらんかもですがっw)
Re:カブトムシさん
こんにちはー。

連休満喫よかったです!

> 初日10時間以上寝て
羨ましいw 私、不眠症なので(泣)

このカップ麺は味だけで言うと美味しかったです!
ただ、コンセプト的には疑問符が浮かびますね(苦笑)
Re:たういパパ
まさかの最前線が東京だったので、
いろんな意味で面喰らってしまいました(笑)

> 肉系具材2種は豪華ですね。
両方ともチープさを感じさせない具材でしたよ!

> 海苔となるとは欲しかったかも。
> (海苔はいらんかもですがっw)
海苔はタテ型カップだと難しそうですが、
たしかにナルトはビジュアル的に欲しかったですね。

コンセプト的なインパクトに期待すると★2ですけど、
カップ麺としての出来は素直に頷けるものがあったので、
今回はそちらを優先して感想を書いてみました。
No title
へぇ〜〜っ、想像してたのとは
違いますね...

もっとガツンとタレ勝ちのものを
予想してたんですが...

最近はネタの仕入れが、コンビニ主体に
なってきたので、色々とレポートの
幅が広がりそうです。
Re:ハシダ・メンさん
> もっとガツンとタレ勝ちのものを
> 予想してたんですが...
自分もタレ勝ちなスープを想像していたので、
塩カドに懸念していたのですが、大丈夫でした(笑)
でも醤油の風味には輪郭がありましたよ!

> 最近はネタの仕入れが、コンビニ主体に
おー、今まで以上にカップ麺ウォッチが楽しみですね。
ハシダさんのハイエンドカップ麺レポートが見たいです!

管理者のみに表示

トラックバック